2018/4/30  22:50

LAST Skyhawk完成  

McDonnell Douglas

海兵隊攻撃機 A-4M  Skyhawk

Hasegawa 1/48

LAST Skyhawk 記念塗装機が完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

造り終わっての感想は、いろいろありますが、まぁ、今まで書いてきた通りです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

これで、展示会向けの作品は計画通り(多少プラスですが)完了です。

 

第32回SLB作品展のご案内

テーマ A & T(アタッカーとトレーナー/攻撃機と練習機)

 場 所 所沢航空発祥記念館「研修室」 

 日 時  5月3日〜5月6日の4日間

        AM9:30〜PM5:00

 交 通  電車/西武新宿線「航空公園駅」徒歩8分

       車/関越所沢ICからR463

           所沢市街方面へ約6km

           駐車場は複数あります

          (24時間利用可、2時間まで無料、後は1時間ごとに100円)

 協 賛 所沢航空発祥記念館

        042(996)2225

        http://tam-web.jsf.or.jp/  

問合先 ワールドホビーショップ はせがわ

      入間郡三芳町北永井865−7

        049(259)0169

       http://www016.upp.so-net.ne.jp/slb_hasegawa/ 



1

2018/3/12  15:30

ウチのデビスモンサン  

Messerschmitt-Bölkow-Blohm

MBB Bo 105 PAH-1 Prototype

フジミ 1/48

MBB Bo 105 PAH-1 という対戦車/攻撃ヘリコプターです。

こんな箱絵だったような気がするww
クリックすると元のサイズで表示します

その民間型が遠い日の入間の空で、最新とはいえヘリコプターなのに

宙返りやインメルマンターン、ロール等の曲技飛行にはビックリしました。

 

生産機数は各タイプ(エンジンと機体サイズ)1500機以上で、

軍用だけでも28ヵ国ほどが採用しています。
クリックすると元のサイズで表示します

展示会のテーマに沿った、攻撃型ヘリコプターのタマ不足につき、

部屋のデビスモンサンから現役復帰させました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

全体をブラッシングしてホコリを払い、濡れティシューで清拭、

経年変化で、白が黄変したデカールを貼り直し、破損部分を修理し

透明パーツ部分を磨き、保護剤を擦り込み再生を完了。。。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こりゃ〜、立派な新品ですな(笑)でもね・・・25年ほども昔の作品の

はずなんですが、この頃のぉ〜近年のぉ〜最近のぉ〜完成品とですねぇ〜

あんまり変わんないんですよね〜Orz

この現実と25年を、どう納得すればよいのやら

1

2018/3/2  13:49

3月ともなると  

散歩道点描

徒歩
15分ほどの公園脇の「河津桜」です。
クリックすると元のサイズで表示します

見映えのいい桜になるには、まだ10年はかかるでしょうかね。
クリックすると元のサイズで表示します

「河津桜」の満開の様子がよくわかりませんが、一番日当たりの

よさそうな場所の木だけが5分咲き程度でしょうか・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

全部の木がそこそこ咲くと「メジロ」がやってきます。

今年は写真が撮れるでしょうか。。

 

こちらは、その先にあるフィールドゴルフ広場の「紅梅」 こちらはほぼ満開
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

明日はひな祭りなんだが、まだ飾られていないな・・・・

2

2018/1/1  0:37

新年のご挨拶  

クリックすると元のサイズで表示します

遠くから、除夜の鐘が聞こえてきます。

旧年中の煩悩を払い、新しい年を迎えるという

麗しき風習・・・

 

皆様のご多幸とできれば模型(飛行機ネ)がたくさん

完成しますようお祈りいたします。

0

2017/5/30  21:47

AH-1T 完成  

Bell AH-1T Super Cobra

ITALERI 1/48

アメリカ海兵隊 攻撃ヘリコプター

 

世界初の攻撃ヘリコプターとして登場した、AH-1ヒューイコブラ、

その別シリーズとなった海兵隊専用のトップバッターとして登場しました。

海兵隊は単発のヒューイコブラに飽き足らず、双発エンジンユニットに換装

その後 AH-1Wを経て、AH-1Zとコブラシリーズが継続しています。

 

陸軍が、より強力なアパッチに転換しているのに、発展型とはいえコブラを使っているのは

運用上、戦術上の理由でもあるのでしょうか・・・・

 

53機目の完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 

イタレリ1/48 売り場には AH-1TWZもあったものの、

箱絵と迷彩でAH-1Tを選びましたが・・・これが旧式とは知らなかったな。。

 

 

 

イタレリがどうも日本国内で出回らにくくなったようで、田宮の都合??

どれも、現行品なのですが、WZも見当たらないですなぁ〜

 

 

せっかくなので、旧作のAH-1Sとツーショットで・・・

クリックすると元のサイズで表示します




 

このAH-1のバージョンを使っている、我が陸上自衛隊・・・

 

攻撃ヘリコプターというジャンルに対する思想が固まっていないというか

無策というか・・・・アパッチもあんな調子だし、コブラも損耗、減衰の一途だしで、

機甲部隊や歩兵の対空火器に対して、案外無力という感覚なのかな??

 

 

・・・・ということは、陸自の普通科は、意外と・・・・・

 

この手のヘリがいらないなら、いらないでもっと別の分野で予算使ったら?

 

武装偵察ヘリとか・・・・・っと、言う人もいる。

 

 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ