2017/7/31  0:30

JAGUAR A 攻撃機  飛行機模型

SEPECAT JAGUR A

Armée de l'air française

Heller 1/48

 

フランス空軍の戦闘攻撃機 ジャギャーAです。

茶系の迷彩塗装が完了しました。。 

わかりにくいですけど、4色の迷彩塗装になんですよね・・・

なにせ塗料指示がハンブロールなのと、白黒網目濃淡表示なので

さらに判りにくく、最初は3色と思っていましたので、途中から

混乱してしまいましたが、なんとかなったかな??

まぁ、こんなもんでしょう 当たらずとも、なんとか・・というやつ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

前作のエッシーといい、このエレールといいキットに恵まれていないようです。

 

最近の支那ブランドとなると、お高いし、ジャギャーにそれほどの思い入れもないしねぇ。。

 

ただし、ラズベリーリップルのジャギャーT-2を買いそびれたのは惜しかったナ



その後の作業で、キャノピーの絶望的に合わないことが判明しました。



さー   どーしましょ

 

0

2017/7/26  22:31

97式3号艦上攻撃機  飛行機模型

Airfix  1/72 九七式号艦上攻撃機

中島B5K2

 

97艦攻 完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します 

新生エアーフィックスの新金型です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 

さっさっと作ればいいものを、だいぶ寝かしてしまいました。


 

迷彩はエナメル手描きですが、緑が濃いうえに、くっきりしていて例の偽物

97艦攻みたいになってしまいましたので、機体色をオーバーペイント

してトーンを落としていますが、残念ながらイメージ通りにはなっていません。
  

添付塗装図とは違いますが、日本機の現地暫定迷彩塗装なんて

どうせ、誰もわからない イイノイーノ(笑)


日本機では、零戦21型に続くアイテムで、零戦の場合、その低価格

にも感動したものですが、この97艦攻はその出来に見合ったリーズナブル

なお値段だと思います。  キットの形態バリエーションが豊富なので、

翼の折り畳み状態も作りたいのですが・・・・・

0

2017/7/22  22:11

トレーナーカラー完成  飛行機模型

Aermacchi MB-326HCA-30

Australian Airforce

ITALERIESCI1/48

 

塗装とデカール(カルトグラフ)でやり切り感と、もういいや感があり、

小物製作が億劫で、ジャギャーのマスキング等をやってましたが、

冷房無しの暑い中では小物もマスキングも不適当な作業でした///Orz

 

しかし、やらねば進まないので、昨日は朝からチマチマと・・・

昨日は、午後から通院だったので、半日中止でしたが、

本日完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

極端に、低姿勢な地を這うスタイルで、練習機なのに離着陸が

難しくはないのか?  と、心配になってしまいます。

尻もち対策で後部に小さな車輪を装備していますが、翼端にも

スキッドみたいなものなんか必要ではないのかと思うほど・・・・

 

積んだキットの絶壁のなかでも、気になるアイテムでしたので、

作れて満足、案外カッコよくて満足(流石デザインのイタリア)です。

 

 

 

1

2017/7/19  11:04

トレーナーカラー  飛行機模型

Aermacchi MB-326HCA-30

Australian Airforce

ITALERIESCI1/48

 

エッシーらしくないと思っていたら、金型は日本製という説がありました。

そうなんだろうな、   っと素直に納得できるモールドです。

ただし、チップタンクが小ぶりかなぁ?

選んだ塗装は、オーストラリア空軍の練習機タイプ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

組立てには苦労はありませんでしたが、コクピットはキャノピーが大きく

中が良く見えるわりには、貧相で、残念ながらシートもご同様(笑)・・・・ 

さらに前後席の位置関係も??な出来でなので、

ここは、パイロットを乗せるのが正解??かも。

 

 

 

オレンジ、白、銀の3色塗装ですが、問題はオレンジ・・・

59のサファリオレンジを採用しようと思いましたが、

どうもしっくりこない・・・・もっと赤いかな??

赤系の塗料を眺めていると、バーミリオンとか、スカーレットが

いいのかな?  ということで、ガイア#023スカーレットを採用

本来スカーレットは、もっと赤いのがイメージなのですが、はて!?

0

2017/7/18  0:07

夏の暑さにも負け・・・そう  飛行機模型

飛行教導隊T-2練習機(後期型)

フジミ1/48

 

梅雨明け(宣言)もまだなのに、窓の外からは

早くも「蝉」の鳴き声がしてきました。。。。

 

カラスが少しは静かになったかと思ったら、今度は蝉ですねぇ〜

 

T-2アグレッサーは日の丸が入りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

塗装パターンは極初期の直線的なミグシルエットです。

その後の塗ったくりパターンや日の丸を塗りつぶした汚いパターンは

趣味ではないので、やりません。。。


以前、5空のファントム「モウモウ号」はやりましたが・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します 


フジミは機体塗装をエアクラフトグレー#74と指定しています。

ハセガワの1/72も#74ですが、1/48だとガルグレー#315( -“-)┌ヤレヤレ

エアクラフトグレーでは、青かろうということで#315にしました。

クリックすると元のサイズで表示します 

ウォークウェイラインとレドームは#40、シルエットと防眩は#119です。

#2や#33は使わない主義・・・・・#92はたま〜に(笑)

 

T-2による飛行教導隊の発足時や運用時は、全く詳しくなかった

のですが、今般調べてみて、一気にF-15DJになった理由がわかりました。

 

マイナスGがかかると燃料投棄ベントから燃料漏れする画像なども

見ていますので、想定以上の機動をするんだな・・・とは、なんとなく

想像していましたが、殉職を伴う事故(広義の空中分解)が起こっていたとは。。

 

F-104をアグレッサー用になぜ残さなかったのか?という記事も、当時

みましたが、そんな深刻な戦闘機としての強度不足の疑惑があったとは

知りませんでした。。    ということは、派生型のF-1も?。。。

 

レッドダイヤモンド、大丈夫か??

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ