2017/1/28  14:59

F-16 CaliforniaANG完成  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 

Complete

お初の田宮1/48 F-16C完成しました。

この飛行隊は防空ミッションですので、空対空装備としました。


クリックすると元のサイズで表示します 

部品数が多く、嵌合具合もシビアで、塗装を削ってキッチリ

嵌るという個所が何か所もありました。

殆ど流し込み接着剤使用です。

パテは主翼下面に溶きパテを使いましたが、これが左翼の

捩じり下げ不足の原因みたいで、大失敗(+_+)

結局のところ、パテは不要みたいですね。。。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

ハセガワ製と完成品レベルで比較すると、やや細身な感じがします

背中の逆Rの違いなんでしょうね・・・

ハセガワは翼の厚みも含めて「もっさり」しています。

 

どちらがどうとは言えませんが、地上姿勢だと田宮はちょっと腰高か??

あと2機、田宮が続きますが反省点をしっかり反映しましょう。

0

2017/1/25  20:17

清流の宝石  

冬の散歩道

なんと、清流の宝石「カワセミ」遭遇です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

とても清流とは言い難い水辺のイメージとロケーション・・・・

こんなところでお目にかかれるなんて思いもしませんでした。

 

1

2017/1/23  22:31

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 

 

デカールほぼ完了しました・・・・

このデカールは少々硬く、糊がうすくて、時間がかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

小さいデカールは注意しないと・・・・と思っていた矢先

すでに、1か所・・・いやタンクのを入れたら3か所か///Orz

 

 

はやいところ、クリアをかけて固定させなくては・・・・

 

今月中にはなんとかなるだろう

と思うが()

0

2017/1/20  21:53

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA

機体の塗装の基本部分も終了し、垂直尾翼も黒になりました。

垂直の黒は#40で行きたかったのですが、例の地元模型店の

在庫管理のせいで、少々お高いガイヤの#221を使っています。

いわゆるジャーマングレイですがほぼ「黒」いので、黒と言えば

これを常用し、普段は#2とか#92とか、#33とかの黒は使いません

クリックすると元のサイズで表示します 

補強板は一部やり直し(黄色い部分)です。

 

そして、今日はひたすら吊るしもの()

クリックすると元のサイズで表示します 

F-16ファルコンのBlock25以降は搭載兵器の種類が飛躍的に増えてきます。

Block32ながら、すでにレーザー誘導弾の適用例があるようです。

・・・・という訳で、500£のペーブウェイUとシグネチャーポッドをはじめ、

空対空ミサイルと燃タンの塗装および、デカールが完了しました。


それらの乾燥の合間にキャノピーのスモーク塗装です。
クリックすると元のサイズで表示します 

サングラス風な、緑がかった風合いで、濃くもなく薄くもなく・・・な

カンジに仕上がりましたので、これでOKとします。



・・・これでも2度やり直しなのよね()

0

2017/1/14  10:52

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

スタビレーターは差し込み式ですので、事実上の士の字

マスキングも完了して、塗装前の状態です。

カッティングロボで作ってもらった、補強板を貼りつけました。

 

さすがの田宮でも、ホイールベイはあっさりしたもので、

今まで通り、パイピングごっこ()です。
クリックすると元のサイズで表示します

それなりに、ごちゃごちゃしてればOKなので、すべて目分量・・・・ 

 

2度とおなじものは作れない(笑)



組立て図では、真ん中の隔壁を主脚柱の取り付け後に

つけるように指示されていますが、機体塗装前に脚柱をつけるのは、

不都合なので、なんとかならんか?
クリックすると元のサイズで表示します

 

 

  ・・・・っと思ったら

少々削り合わせれば、後から差し込むことが可能でした。

パーティングラインはもちろん、塗料の厚みさえもが邪魔して入らないといった

田宮製の精度には、あらためてびっくりです。  

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ