2014/9/29  21:17

この頃のお仕事・・・たびたび  飛行機模型

田宮1/48 零戦52型を・・・

 

先日の潟nセガワ48 零戦52型甲の代打として進行していた

田宮1/48 を再開しました。

なにがあったか、腰が引けて先に進めないまま放置・・///Orz
頼まれ物の「飛燕」が幸いして、
日本機熱が熱いうちに・・とばかり

すかさず続行して、今こんなカンジ(笑)です。。

 

まずは航法灯やら、燃料注入口やらステップなどの塗装から
クリックすると元のサイズで表示します

そして日の丸の「赤」#327+?が入ります
クリックすると元のサイズで表示します


マスキングを取り払って、エンジンを装着してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

カウルフラップ「開」が良かったのか悪かったのか・・・・
まっ、フラップも「ダウン」だし、キャノピーも「開」だし・・いいのかも。。。。


クリックすると元のサイズで表示します 

大概の場合くっつけ時や後の脱落に不安の残る脚カバーの一部

ですが、しっかりと接着面積が確保されたパーツです。

これが出来ない潟nセガワは今後も田宮を凌駕することは出来ない??

安心して先に組めます(笑)

 

青竹色には、諸説あるのでしょうが、河口湖の復元機の色を見ると

#57番はそのまま使っていいんだ〜・・・って思います。

 

実際はトーンを落とした自己解釈の青竹色にクリアブルーを上掛けして

鮮やかにしてます。。こんなもんでしょうか??

 反論絶賛受付中です(笑)

モチベーションアップに機番を入れてみました。
アンテナ支柱は、購入時から折れていたので、21型あたりのものを
代用しています。あとでカットしますので・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
その名も高きラバウル航空隊なんですが、日の丸の白フチねぇ〜〜

配備直後の新品ということで納得しましょう。
濃緑色で塗りつぶしたのは、勇ましくないし(?!)一般ウケしにくいので
これでよいと思います。

フチを緑にする場合でも、寸法がばっちりなので、キットのデカールが使えます

ただし、このデカール「硬い」です ・・・・
田宮のってこんなに??


1

2014/9/21  16:13

「続」この頃のお仕事・・・  飛行機模型

古い完成品を修理する・・・続き

 

フジミ1/72 AH-1S)の初号機です。
クリックすると元のサイズで表示します

一応「S」とされていますが、最初の2機はAH-1E相当なんだそうです。

そして、その後の量産機はAH-1Fという「S」の能力向上型だそうです。


さらにいろいろと改修されているようなので、今見られる陸自のコブラとは

インテークやエキゾーストの形状がまるでちがいます。

現在この初号機は塗装が陸自迷彩になり、ローターが換装された状態で

朝霞の広報館に屋内展示されていますので、間近で見学できます。

 

ローター表面が溶けた「あばた」、最初は溶きパテでなんとかなるかと思いましたが、

だめでした。

ならば、とポリパテで埋めてみましたが

だめでした。

んん〜〜・・そんなら、 と瞬接+樹脂粉で盛り上げてもみましたが

だめでした。

最後の手段であばたが消えるまで#240サンペで均しました。

結果 ローターが薄くなってカッコよくなりましたとさ()

 

 

 

 

さて、最後のS-55なのですが、御覧の通りの有様で・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな溶け方です。
クリックすると元のサイズで表示します

すべり止めシートのうえに長期間おくと、プラ材はこのように溶けますので

ご注意ください。


クリックすると元のサイズで表示します 

なんと、メッシュまで貼っているし。。案外熱心にやってます(笑)

同タイプなので、再度CanadaHO4-S3に改修しようと

思いましたが、あちこちと違いが散見されますので、やめました。

 

脚の修理は真鍮線を埋め込むのですが、直しても展示保管のスペース

不足ですので、もうしばらくこのままで・・・・

 

 

 

お預かり保管中にこんなバイトも・・・(笑)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 

モデルアート誌に使われていました。
脚をバラバラにしたのは、もしかして・・・・




ところで

イタレリ48のウェストランドHU-5が欲しいゾ!!!
なんで、国内では手に入らないのだ?!

田宮よがんばれ!!
F-104Sもはよ!!

 

 

 

 



0

2014/9/19  23:22

このごろのお仕事は・・・  

古い完成品を修理する

S.L.Bでは、10年ほど前に陸上自衛隊広報館に自衛隊機の模型ばかり
を持ち込んで、一月ほど展示させていただいたことがありました。

その中の陸上自衛隊機(ほぼヘリコプター)は、寄贈するということで
ハナシが進んでいたらしいのですが、いつの間にか沙汰やみになりまして
事務局に永年保管されていましたが、昨年暮れに一斉返却が
ありまして、こちらにも4機が返ってきました。

・・・が。。。。保管箱に敷いていたすべり止めシートに
接触していた個所が侵されて、溶けておりました。  

以来 だいぶほっといてしまいましたが、
もったいないので、修正、補修をしました。
クリックすると元のサイズで表示します
北海道のAH-1S冬季迷彩機です。

記憶が定かではありませんが、多分フジミ製1/48です。
スキッドが侵され、のこぎり状態
ローター表面も溶けて穴があいてましたので、
どちらも均して再塗装しています。

なかなかいい出来と一人悦にいっておりますが・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
現行の陸自迷彩のOH-6です。
これはスキッドの修正で済みました。
あとは、きれいに拭って、透明部にポリマーを
塗ってここまで復元できました。

この迷彩は、茶と、緑が逆のリバースパターンに
なっています。

これは多分潟nセガワの1/48だった・・・・いや、
やっぱりフジミかな???(笑)

こんな迷彩をこんなサイズに・・・・メンドくさそー


後の2機は、次回ですm(_ _)m
0

2014/9/15  13:48

零戦も出来ちゃった  飛行機模型

零式艦上戦闘機52型(甲)

やっと完成しました。

何年ものでしょうか・・・あれこれトラブルとか割り込みとかがあり

日の丸を入れたという記事を最後に2013年の5月以来

停まっておりましたね〜

ご依頼主様「おまたせいたしましたm_ _ m。。」

クリックすると元のサイズで表示します 
                         潟nセガワ 1/48 52型甲
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                       塗装は三菱製がご指定です
クリックすると元のサイズで表示します
                         日の丸も白フチ付がご指定


先の飛燕の完成で再着手する気になったのですが、

やって見れば
約半日程度の作業で完成していますので、

その気になれば、すぐにも完成していたはずですが・・・

履歴をみると。そのころから三角翼にのめりこんで行ってました。

 

・・・となれば、田宮の零戦は???

引っ張りだして、確認しましたが、こっちはケッコウな

残工程がありますのでどうしましょうか・・・・

と言ったところ・・・・また仕舞っちゃう?

1

2014/9/11  23:19

三式戦闘機「飛燕」完成  

陸軍三式戦闘機キ-61 「飛燕」 

完成しました。

全体的に見ての破綻はないと思いますので、これで納品します。

喜んでいただけるとうれしいですが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

塗装図ではアンテナ支柱はありませんが、青山の高級完成模型では

付いていましたし、引き渡された状態でも付いていたので、付けました。

塗装図ではエルロンが灰白色指定ですが、「N氏説」っぽいので、

ピカピカの銀にしましたが・・・なにか。

 

エラクく派手な旧軍機が出来上がりましたがどんなもんでしょう。。



襖の柄がなんかイイ感じだぞ・・・(^^♪

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ