2013/1/31  21:15

C-130H新情報の続き  飛行機模型

Lockheed C-130H Heracules

前回追加画像を見て、 「アレ!?書いたのと違うじゃん!」
と気が付いてしまいました(自爆)

いっしょに写っているスケールとデバイダを使って、延長分の寸法あたってみると、
なんと合計6mmもの延長が必要ということになります。 
何を勘違いしていたのでしょう3mm強だなんて言っちゃって。。。。

慎んでお詫びを申し上げますm(_ _ )m 。

「世界の傑作機」でも買ってくるかぁ〜〜
と思い調べてみるとC-130がない、出ていない? リストにないだけ??
あー 新シリーズではまだみたいですね。。。なんてこった 
傑作機中の傑作機なのにね。。
傑作機とも思えないのに、本になってるのがあったりするのにね(笑)

まぁ、こうなりゃやるっきゃない訳で、緊急工事でさらに2mm延長しました。

この状態で比較すると・・・・どんなもんでしょうか

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ナセル上部のアウトレット位置とか、排気管位置なんか微妙なところですが
いいことにします。

これだけ延ばしてさらにプロペラをつけたとすると、プロペラ警戒線にあたる位置が
写真などで見るよりもずいぶん前に来ますがいいのでしょうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ひょっとして、内舷ナセルはこんなに伸ばさなくていいのか??

さすがのインターネットでもちゃんとした三面図は拾えなくて、略図っぽいものが
見られますが、それによると機軸に対し横一線にならんでいます。
一律6mm延長のままでは、内舷プロペラは前に出るようになっています。。   

いいのだろうか・・・・不安だ

今度は詰めるのか??  
そうすると根元側を詰めないと形状が変になりますね。。

基本的には、位置はどうあれ、中身であるエンジンのサイズは排気管も含め変わら
ないはず・・・・
排気管から先端まで同じ寸法にすれば、整うのではないか??

と思い測定してみると、案の定内舷ナセルは2mm長くなってしまってる。

というわけで今度は内舷エンジンナセルを2mm切り詰めることに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

先に伸ばした2mmのプラ板を取り外すとへんなことになるので、中央部を切断し、
のこぎりの幅を考慮して、目分量で1mmほど輪切りにし、あとはヤスリで微調節しました

これで、横一線にナセル先端が並ぶようになります。

クリックすると元のサイズで表示します


が、プロペラ警戒線位置とはまだ違うようだ・・・・

なにがおかしいのかわっからない”o(-_-;*) ウゥム

ともかくエンジン側はこれで行こう(笑)
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう一つ A型からH型に改修するときに、イタレリが間違えたのか?というのも
取り消します。
プロペラ警戒線の位置を比較してみましたが、位置は同じようです
ただし、胴体やフェアリングが違っていないとしてのハナシなんですが。

0

2013/1/27  15:12

C-130Hの新情報  飛行機模型

LOCKHEED C-130H Heracules

気を取り直して、こっちを進めます。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ止まっていたか。。

原因はこれ・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

エンジンナセルがなんと3mm強も寸法不足なのだそうだ・・・最近あるサイトで
改造写真を見つけて愕然としました。
48のC−130を作った時は、気がついていなかったので、そのままイタレリを
信じて作りましたが、分かっていたら・・・・・と考えるとゾッとします。
外舷のナセルの雰囲気がなんとなく違う気はしていたのですが、プロペラ警戒線も
ほぼ合っていたようだし、気のせいだな・・・と


A型からH型に直すときにイタレリが間違えたのでしょうけど、最近再販された
J型はどうなんでしょう。。。

1/72の場合ですと本当ならば、根元で2mmほど、 1/3ほどのところで
さらに1mmほど伸ばすのがエアースクープの位置から言って適当なようですが、
ざっくりと根元で3.5mm伸ばしました。

というわけで、これ読んだ人がC−130を作る場合はナセル延長が標準工事に
なりますので、必ずやるように。(笑)

画像を追加します(しつこいww)

空自C−130(百里航空祭にて)
クリックすると元のサイズで表示します

http://www.hyperscale.com/ より
クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/1/26  23:33

A-340削りあがりTake2  飛行機模型

AIRBUS A-340/300
サーフェーサー後、チェックして再パテや削りなおしを行いました。

けっこう無惨な姿ですが・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

窓のパテ埋めがところどころ気泡で穴になりましたので、パテの再充填。

気になっていた左外翼の厚み(右翼に対して厚い)を削りました 
スジ彫が全部消えましたので、彫りなおしです。

再度のサーフェーサーは主翼を付けてから、・・ということで、主翼を接着
しました。
予想どうり、主翼の上反角が左右で違いました。
根元のモールドがそもそも左右で違いますので、当然といえば当然です。

平らなテーブルに置いて、ノギスを使って左右の翼端の高さを測ったところ
2〜3mm違うので、角度を調整し始めましたら。。。。(--;)

「あ゛ー(+_+)・・・」 「胴体の貼り合わせがー  瞬間なのにー どーして!?」

ぱりぱりと音を立てて剥がれました・・・・・

また削りなおしであります。

左右で、翼のしなり具合がややちがうので、翼端で測るのっても どうなの?と反省

左翼は下面の根元にシムを入れ、右翼には上面の根元にシムを入れて、視覚的には
OKレベルになりましたが・・・・なんで??

思惑に反して、付け根には若干のパテが必要になってしまいました。

0

2013/1/19  21:24

A-340 削りあがり  飛行機模型

AIRBUS A-340

パテとペーパー掛けが終了しましたので、 主翼、尾翼、エンジンを仮組みしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

案外、きっちり嵌りますので(右主翼を除くww)ここから先は・・・・

下面とエンジンの水色はどのくらいですかねぇ〜・・・・
デカールは上手く貼れますかねぇ〜

まだ関門は多いようです。
0

2013/1/18  22:36

A-340進行中  飛行機模型

AIRBUS A-340
これも進めていますが・・・・

いきなりこれだよぉ〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
主翼付け根の厚みが違いました。
さらに下面パーツのうねり方が左右で違っていましたので、矯正が必要でした。

いままでの旅客機キットの造りとは少々違いまして、この主翼部胴体下面ブロック
を別パーツではめ込む方式ですが、これがなかなか・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これは、組み立て図に従わないと、胴体を嵌め合わせてからでは入りません。
さらに別に合わせが良い訳でもありません。

エンジンポットはさらに最悪で各パーツがてんでに引けがありちょこちょこ
とパテが必要です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日現在では、胴体の貼り合わせと窓埋めまで完了しました。
テープで仮組みしましたが、なかなかのボリュームでサスガ4発機
であります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ