2011/10/30  16:47

多色マスキング  飛行機模型

CANADA救難CD−3のマスキング状態です。
ただの輸送機なんですが、胴体は上面は白 側面は銀 下面はグレーの3色
翼端、尾翼は赤 舵面は銀 翼前縁は黒 と機首アンチグレアをチマチマ
マスキング・・・・

    どこかマスキング漏れはないだろーな…(o´I`)…。oO
クリックすると元のサイズで表示します

マスキングテープを剥がすのが快感なのですが、赤の乾きがイマイチだったので
一抹の不安が・・・・
0

2011/10/22  23:21

デカール完了  飛行機模型


   PLASTYK 1/72 PZL−37 LOS POLAND

がたがたながらキャノピーも装着、スミイレ&デカールであります。
あれ? デカール後にスミイレだっけ??。。。まっ どっちでもよかろう


    思っていたよりもカッコいいのです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なぜかポーランド機は左右の翼でマークの位置がちがう・・・
前から不思議・・・・知っている人がいたら教えてください。


デカールはもっとも派手なものを選んでいますが、発色、食いつきとも
かなり酷い。   

折角の七つ星で文字もはっきり読めるのに、残念ことです。
クリックすると元のサイズで表示します

足回りも色塗り&仮組みが終わっているので、駐機場が確保できれば
完成させられるのですが・・・・・

またしばし中断です。


あ、、、それから国籍マークの件ですが、現用のF−16なんかどうなって
いるのかもご存知のかたお願いしますm(_ _)m


0

2011/10/18  18:01

話題のスポット  

本日は所用で休みでござる(笑) 用事は案外すんなり終わったので、
今、評判のホットスポットへ行って見た。
クリックすると元のサイズで表示します
    荒川取水堰に迷い込んだアザラシです。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 出現する水域です  見物の人々です  志木市役所の担当者殿

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 そしてこのマスコミ・・・・


隣の市に先を越されないようにということなのだろうか、
すばやく特別住民票を発行とか・・・・(爆)

担当者殿の後方にその住民票が掲示されていたらしく、すぐ横にいたのですが
気がつきませんで、見損ないました。
0

2011/10/14  20:50

塗装色変更  飛行機模型

    PLASTYK 1/72 PZL−37 LOS POLAND

上面下面ともに吹きなおしました。  

重ねの筆塗りはムリだから筆塗り仕上げは断念・・・


クリックすると元のサイズで表示します
             
クリックすると元のサイズで表示します
せっかく混ぜたんですが、#12か#304でよかったんじゃないか??
まぁ・・・こんなこともあるか┐( -"-)┌ヤレヤレ...

クリックすると元のサイズで表示します
             
クリックすると元のサイズで表示します
下面は素直にRLM65(#115)にしました。

これでよいと思います、 これで決定〜〜ッ します。


ところで、コッチのお題とアッチのお題の共通アイテムとして、
これなんかどうかな?とちらちら思い始めています。

 元は輸送機のFW58(スウェーデン 機銃手訓練機)なんです

クリックすると元のサイズで表示します

スペシャルホビーの72ですが、48単発ほどの大きさです。

先行品が完成してから、次作のエントリーでしたね。


※majiriさん向けオマケの画像です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

プロペラの幅はこれでよいとは思えませんが どうなんでしょう。
脚カバーはエアーブレーキ状態です。 着陸時はいいかもしれませんが
離陸がダメだろう・・・・ただでさえ重いのに・・・

一応完成するという見本です(笑)
0

2011/10/10  18:56

買い物ネタ  飛行機模型

久々に買い物ネタであります。

アカデミー 1/72 B−50D スーパーフォートレス

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで作例を見て「コレ作りたい!!」と思ったのでヤフオク・・・・とも
考えましたが、 いきつけの飛行機専門店を訪問  ありました。 サスガ!です。

実機は例のB−29の改良型で、1947年ごろに登場した爆撃機です。
そのころはすでにB−47やB−39が登場まちというハイテンポな時代ですので、
短命に終わりはしましたがB−29の欠点は克服できたようです。

そして、朝鮮戦争には参加していますが、MIG−15には苦戦しているようです
というか・・・あるときには、バタバタと・・・・・アーメン

このB−50には、気象観測用として30数機が改造されており、昔の台風の
記録画像にはよく登場しており、何度かテレビで見た覚えがあります。
「ふう〜ん B−29ってこういう操縦席だったんだ」・・・っとか  ね。

さて、いつかかるか・・・・それが最大の問題であります(爆)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ