2011/4/30  20:15

明日開幕・・・なんだが  飛行機模型


SLB第25回作品展 向け E-2C ホークアイ 
航空自衛隊 第601航空隊 50周年記念塗装機

やってます。 明日が初日というのに 完成していません。

4月30日も午後八時を過ぎ ただいまこんな状態です はたして・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

塗装図もデカールも少々正確さに欠けるようで、機首部にあるセンサーの位置
は先にマーキングしておいたほうが「吉」のようです。
0

2011/4/26  0:05

作品展近づく!  飛行機模型


第25回SLB作品展のお知らせです。

nananiya72も水上機1点、グラマン8点、その他3点を出品いたします。

作品展要領は以下のとおりです。

============================================

 テーマ  水上機、グラマン
 場 所  所沢航空発祥記念館「研修室」入場無料
 日 時  5月1日(日)〜5月4日(水・祝)の4日間
       AM9:30〜PM5:00
 交 通  電車/西武新宿線「航空公園駅」徒歩8分
       車/関越所沢ICからR463
          所沢市街方面へ約6km
          有料、無料駐車場が複数あります
 協 賛  所沢航空発祥記念館
       042(996)2225
       http://tam-web.jsf.or.jp/cont/index.htm
 問合先  ワールドホビーショップ はせがわ
       049(259)0169
       http://www.geocities.jp/slb_hasegawa/

☆震災復興支援を目的に会員のストックなどを持ち寄りバザーを予定しています。
  趣旨をご理解の上ご協力をお願いいたします。
☆作品展会場内の写真撮影は自由ですがマナーを守り撮影してください。
☆展示会場には会員が詰めておりますので質問等はお気軽にお声掛け下さい。

============================================

バザーの出品内容はいまのところ不明です。

まぁ〜妙なものをもっている会員が多いので
ヘタな中古専門店よりもレア物が豊富か?・・・

まぁ・・ふたがあくまでわからないという、恐ろしさが期待できますワ。

            2002年の開場前の様子です
クリックすると元のサイズで表示します




0

2011/4/20  21:39

F11F-1 TIGER 完成  飛行機模型


Grumman F-11F-1 TIGER 完成しました。

これで、今回予定していた1/72のGrumman3機が完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します 

一部モデラーの間で流行っているようで、完成儀式として
「ぶーん」ではなく「きぃぃ〜〜ん」とやってみました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

先に完成していた2機と編隊風に並べてみましたが、
本当の完成形は3機をスタンドで並べることですが、そのスタンドが
未着手で・・・・・・

最後には金で解決するか、思いっきり妥協するか(爆)
・・・・・・だな

クリックすると元のサイズで表示します

1/48E-2C ホークアイ 空自50周年記念塗装機は
着々と遅れていますので、もう少しかかる予定ですが、
この数日は、いじり壊しているような・・・・・・
必死でリカバリー中です。


このTIGERについては、製作後少々お勉強しました。

翼の折り畳みは上方にピンっと折りたたむものと思っていましたが
コイツは素直に下方にだらしなくダラ〜ンと垂れ下がります(笑)

アレスティングフックはよりリアエンドに近いところを支点として
フック部分はそれより前方から繰り出されます。

さらに正確にはどうやらSuperTIGERと呼べるバージョンらしい

当時もやはり議会対策でしょうか開発当初、このタイガーは
一緒に写っているクーガーと同じF9F-8というナンバーを付けられて
いたそうですので、この画像はなんか蘊蓄っぽいですね。

 



1

2011/4/14  22:41

F11F-1タイガー完成(もうちょっとw)  飛行機模型


アメリカ海軍艦上戦闘機
Grumman F11F-1 TIGER

もうちょっとで完成です。
クリックすると元のサイズで表示します
製作中に折ってしまった、垂直尾翼にあるピトー管を自作
したのですが、まだつけていません。

さらに、増槽2本とサイドワインダーミサイルが付きます
・・・あ、、塗装は完了してますので、もうちょっとなのだ!(笑)

それにしても、グラマン社製の機体なのに、スマートな
デザインで、前後のグラマン社製とはかなり趣が違いますね。

案外「日の丸」が似合うかもしれませんので、どなたかやってみてください。

小説「不毛地帯」の題材となった事件の一方の機体がコレですので、
もしかしたら、本当に日の丸になっていたかもしれません。

これもカルトデカールなのでイイカンジで作業が進みました
工作よりも、塗装とデカールが好きなので、これは気分よく
完成できますね。

貼っていくにしたがって、どんどん実機らしくなっていくこの工程は
M-ingの楽しみの大きな要素です。

未完や放置がいくらか少ないのもこのデカールに帰するところが
大きいような気がします  


私の場合ですけど・・・・

0

2011/4/8  21:07

EA-18G グラウラー  

プラウラーの完成で
グラウラーなるものが少々気になって調べてみました。
当初は単に複座のスーパーホーネットに電子戦ポッドを装備したものかと
思っていましたが、装備や形状がアチコチ違うものになっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

機内にキャパシティがないせいで持ち物のボリュームがすごいことに
なっています。 さらに対レーダー地対空ミサイルまでも・・・・・。

戦闘機、攻撃機、偵察機の1機三役のF/A-18Eとは一線を画す機体に
なっているようですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、アメリカ空母搭載機はホーネット一族の独占状態になります。

ただね、速度は出ないし、航続距離は短いし、機動はたいしたことないのに
運用のなせるワザなのでしょうか、圧倒的パワーバランスのもとの余裕なのでしょうか
それともそれとも、コストパフォーマンスを極めるの?

一方模型に目を向けると、いち早くイタレリからリリースされておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

基本キットであるF/A−18をかなり前に作製済みですが、いろいろと難点の
あるキットでしたので、まぁいまだにそんなに変わらないのではと思っています。

       イタレリ F-18E (昔の完成品ですが・・・)
クリックすると元のサイズで表示します
ほんの初期型のモデリングですので、エアーブレーキがC型とおんなじと
いうミスがあります(もちろんしっかり修正しました)。

それを、そのまま作った(おまけに開でww)モデルアート誌の作例には
びっくり(爆)!!させられました。

これでも、別売りデカール+ハセガワのウェポンセットからてんこ盛りで
仕上げておりますので、それなりの迫力はあるように思います。

その後発売のレベルにも欠点がありますので、ここにきたらハセガワをチョイス
するのが賢明かと思われます(高いけどねぇ)。

わが国のFX候補としては最有力でしょうし、その運用にあたっては必要不可欠な
給油機も売れるというボーイング「うはうは」なおいしい商談ですね。




あ〜ぁ …(o´I`)…。oO[つまんない]
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ