2011/1/31  22:48

フライング・パパ  飛行機模型

1月も終わりですね。   あ〜ぁ・・・・

年月は非情にもみんなに平等でありますなぁ〜〜

ハセガワのF-14Aは悪しき評判ばっかりで、うぬぼれているほど、
手が速くないななに屋としては、そろそろ言い訳を考え始めようかな??と・・・・・(笑)

化石化したような、ハセガワのトラッカーのデカールをなんとかしないとなぁ〜

と思っていた矢先・・・・


こんなデカールが手に入りました

クリックすると元のサイズで表示します

フライング・パパの手作りデカールであります。

以前 笹塚にありました、「ホビーショップ」のご主人がパソコンと
アルプスのMDプリンターで高品質なデカールを作っています。

MDプリンターでこのようなデカールを作るには、やはりノウハウが
あるようで、MDプリンター使いも唸る出来のようです。

ただ、このデカール、ちょいとロゴの書体がキットのデカールよりも
ヒストリカルでありまして、コマゴマとうるさいむきには
書体がどうのこうの囁かれるかの知れないという マニアックさ・・・・

「ハ」とか「ト」とか「カ」とかの部隊記号で気づいて欲しいな。。。。

キットがないのに、「フライング・パパ」のデカールはあるというところは、
スクラッチ派を意識しておられるのでしょうか・・・・謎です

以前AH-64Dのキットを使って採用前の陸上自衛隊攻撃ヘリコプターを
作った時に使ったのが、この「フライング・パパ」のデカールでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ガナー席のサイドシールドの枠に
「インディアンうそつかない」と書いてあります・・・わかります??
こんな遊び心があるデカールも出していましたので、
悪乗りして、独自な迷彩を想像と妄想を全開にして考えたものです

この作品は陸上自衛隊の広報館に展示したことがありますので、
もしや、関係者の目に止まって・・・・・・・・

などと妄想しましたが、そんなこたぁありませんでした(笑)

明るいサンドが抜けて迷彩効果は高いと思ったんですがね〜〜

0

2011/1/28  21:23

複葉機は作れないのか?  飛行機模型


複葉機は上手く作れない、張り線が苦手といいつつも、
お気に入りの複葉機はありまして、ホンの少々在庫があります。

そのうち作れるようになるだろーという安易な考えのもと、先ごろは
単葉への移行期の機体で、アメリカ陸軍カーチス「A-8シュライク」を完成させました。

複葉機といっても、いろいろありまして、自分としては、「大戦間」と呼ばれる時代の
ものがオイシそうなので、好きですね。

最近またしても、完成品がないままなのに、在庫を増やしてしまいました。

          フィアットCR−32戦闘機であります。クリックすると元のサイズで表示します

元々はSEMERの48・CR−32を作ろうとしていて、デカールもそろえてあるのですが
この度、模型店のセールでクラッシックエアフレームのものを購入しました。

パーツ状態では月とすっぽんでございます。

完成して眺めてみれば、多分 双方そんな違わないような気がするのもたしかで・・・・・・。

2機分のキットに塗装例とデカールはずいぶんたくさんありますので、グズグズと
決めかねてまたしても着手完成が遠のく予感・・・・・・

このほか48ソードフィッシュや95式戦闘機を作りたいと思って在庫しているのですが、

それにしても、制作の順番がなかなか廻って来ませんね〜・・・・。

0

2011/1/24  21:16

ここにもレジン  飛行機模型

またまた買い物ネタでお付き合い願います(笑)

          E-2Cのプロペラブレードです。
クリックすると元のサイズで表示します

キットにもそこそこの   というか、このレジンパーツを見るまでは、
なんの不満もないものだったのですが・・・・

ブレードの角度を決めるためのジグ(ブロック状のもの)がセットされているのも
ポイントが高い

     ランナーについているほうがキットのブレードです。
クリックすると元のサイズで表示します
多少シャープですが・・・・・
扱いにくさを考えれば差し引きどんなもんでしょう。

それにしても、いまだ組立塗装順に悩んでおります・・・・・・。

0

2011/1/19  11:07

秘密兵器?  飛行機模型

のろのろながら着想から4ヶ月
なんとかカタチになりつつあります。


二重反転プロペラ装備の水上戦闘機

      「名前はまだない・・・(爆)」
クリックすると元のサイズで表示します

まぁ・・・ココまで見せれば、大方ばれてしまいますね。。。。

スエズ動乱(第一次中東戦争)出撃!!

0

2011/1/15  22:41

追加投資  飛行機模型

Hawkeye もカタチになってきたので、
いまだカタチのない、F-14Aトムキャットを少し進めなければなりません。

塗装と作り方の方針を決めたつもりでしたが、

アノ、運転席パーツでは、なかなかヤル気がでないと思いませんか?

・・・・・で
クリックすると元のサイズで表示します
アイリスのコクピットパーツであります。

シートと操縦席本体は切り出しました、ざっと2時間かかりました。
これが、無事ハセガワのキットに収まりますでしょうか

ところで、先日買ったパブラのレジンシートが余ってしまいました。
適合する機体はA-6イントルーダー・EA-6プラウラーだそうですが・・・・

プラウラーだと4個必要ですね(2個足りん)。

まだイントルーダーのコクピットにもかかっていない不心得者はおらんか〜?

 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ