25.富士山登頂(3)2006.7.30  

25.富士山登頂(3)大砂走り下山2006.7.30


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場下山ルート

この画像は冨士浅間大社奥宮脇の駒ヶ岳から浅間ヶ岳方面を写す。
お鉢めぐり(時計回り)は右上の尾根から左方面を下山し、左端にある手前の鳥居を潜り撮影場所の方に登り気味に向かって戻り、その後ろが冨士山頂浅間大社奥宮のある場所です。
御殿場下山ルートは真ん中左側にある小さく見える鳥居まで戻り、斜め右下に下りて行くルートです。
鳥居の隣にある白い屋根の建物が頂上銀明館です。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場口下山道砂走りの碑
我らシニアナビ富士山登頂隊一行は12時00分に下山開始


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(1)
下山直後はかなりきつい坂道を下りて行く事になるが、足場の悪い所があるので充分注意して下りる。


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(2)
我ら富士山登頂隊の一行



クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(3)
この辺は山の上にある巨石がズレ落ちて来るようで怖い感じがする。
写真では山の傾斜が良くわからないが、かなりの勾配だ!


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(4)

あれっ・・! 先頭隊員、靴紐が緩んだのかな??
下山の際、シニアナビ登頂隊一行には握りこぶし大の石がゴロゴロしているのでその上に乗らぬよう避けて下りるように注意をした。
ここで捻挫すると「レスキュー隊」のお世話になります。


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(5)
このロープを外れて外へ出ると非常に危険。
人間がズレ落ちるのと同時に石の落下を促し、下にいる下山者に二次災害を起こす恐れがあります。


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(6)



クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(7)



クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(8)
高山植物「イワツメクサ」
下山途中の下山道脇に可憐な白い花が咲いていた。 標高3,400m辺りか?


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(9)
8合目、砂走館(標高3,350m)
ここで休憩したあと登山靴に砂が入らないようにガムテープを巻き、大砂走りの準備をした。


クリックすると元のサイズで表示します
冨士御殿場口下山ルート下山(10)
7合目、日之出館(標高3,100m)


クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り下山ルート(1)
下山道とブル道の交差地点


クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り下山ルート(2)
これから徐々に大砂走りに向かって下りて行く。 ここはまだ地面が堅く滑りやすいので要注意! 標高2,900m辺りか?


クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り下山ルート(3)

この辺りから徐々に火山砂が多く足が埋まるが気持ちよく下りて行けるところですが握りこぶしの石ころが多くそこを避けて下山しなければ危険です。
標高2,700m辺りか?

大砂走りの圧巻はこの後の標高2,700m辺りから2,000m辺りの急斜面を一歩2〜3mで軽快に下りて行くところがあります。
 
この冨士山最大の大砂走りを軽快な阿波踊りテンポに乗ってスイスイと下山した隊員がいます。 シニアナビの皆さん、この方は誰だったんでしょう?

残念ながらこの辺りから運悪く濃霧になり皆がはぐれない様に注意するのが精一杯で写真どころではなかったような気がする。
皆さんにその軽快なテンポ下山する隊員のお姿をお見せ出来ないのが残念でした。



クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り下山ルート(4)
もうこの地点はダラダラと緩やかな斜面がいつまでも続き、足もガクガクして惰性で動いて降りていく・・・。標高1,800m辺りか?

皆さん、時間は倍くらい(普通は2時間)かかったが、怪我のないよう途中途中休憩しながらゆっくり下山し16時過ぎには何とか新5合目(御殿場口ルート、昔の2合目、標高1,440m)へ無事に到着した。

シニアナビ冨士山登頂隊の一行は快晴の中ブルでの登頂お鉢めぐり自力大砂走り下山を出来た事、叉最高のコンデションに見舞われ何事もなく無事下山出来た事にホットしている。

               青葉の百姓 2006.08.15記




2

24.富士山頂噴火口2006.7.30  

24.富士山頂噴火口2006.7.30


富士山頂へ20数回も経験しているが、富士山へ何回登っても、この富士山の噴火口(お鉢)をなかなかこんな天気に見舞われて見る事はめったにない事です・・・。
記念に富士山頂から時計回りにお鉢を1週しながら雄大な噴火口を撮って見た。



クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂、剣が峰
ここを登って時計回りで噴火口写真撮影をスタートする。
説明する事はなさそうだ! 見るだけで迫力があります。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(4)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(5)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(6)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(7)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(8)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(9)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(10)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(11)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(12)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(13)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(14)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(15)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(16)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(番外編)
お鉢めぐりをしているシニアナビ富士山登頂隊です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(17)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(18)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(19)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(20)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(21)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(22)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(23)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(24)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(25)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(26)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(27)
ここはひと回りして後残り僅かな位置で富士山頂、富士山頂浅間大社奥宮を撮影


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(28)
下山するにあたり名残惜しく再度、このしろ池(バイオトイレのある広場)まで戻り噴火口を撮影した(1)
下山前にいつものパターンで急に雲が現れて来た。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(29)
同上(2)


この雄大な噴火口(お鉢)を後にして、我らシニアナビ富士山登頂隊は、12時00分に待望の“大砂走りコース”を目指し下山を開始する。
“大砂走りコース”下山は霧の中へ突入して行く。

次回は、25.富士山登頂(3)大砂走り下山2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/26.html


                  青葉の百姓 2006.08.07



2

23.富士山登頂(2)2006.7.30  

23.富士山登頂(2)お鉢めぐり2006.7.30

ブルトーザは1合目太郎坊ブル基地6時30分出発、富士山頂手前「三島ヶ岳」脇に9時20分(所要時間3時間弱)無事到着した。
これから一旦トイレ休憩のため「浅間大社奥宮」の方へ向かい再び戻り、馬の背を登り「富士山頂剣が峰」へ行き、休憩の後時計回りでお鉢めぐりをすることにした。


クリックすると元のサイズで表示します
シニアナビ冨士山登頂隊の雄姿

正面が元冨士山測候所のある「富士山頂剣が峰」
標高3,776mです。
右の岩肌が見えているのが「三島ヶ岳」でここを越えて右に曲がり一先ずトイレのある地点に向かった。


クリックすると元のサイズで表示します
正面左側の赤い屋根が見えるのが「浅間大社奥宮」で、右側の白く見えるのが「頂上冨士館」、一番右に見える大きな岩の奥の建物がW.C(バイオトイレ)です。


クリックすると元のサイズで表示します
W.C(バイオトイレ)
1回使用するたびに200円を納める。


クリックすると元のサイズで表示します
「馬の背」(1)
我らシニアナビ富士山登頂隊は、予定通り9時40分「お鉢めぐり」を快調にスタートした。


クリックすると元のサイズで表示します
「馬の背」(2)
一歩一歩ゆっくり大地に足をつけ登る


クリックすると元のサイズで表示します
「馬の背」(3)
“馬の背”中間地点


クリックすると元のサイズで表示します
日本最高峰冨士山剣が峰(標高3,776m)10時05分登頂


クリックすると元のサイズで表示します
冨士山剣が峰脇から撮影

一番右から大きな溶岩の塊の上が「富士山頂剣が峰」です。 ここを下りてUターンして手前の方へ下りて時計回りに廻り、向こう正面に小さく見える建物「浅間大社奥宮」まで歩くと1周3.5kmの「お鉢めぐり」コースです。
白い屋根が「頂上冨士館」でその右側の山が「三島ヶ岳」です。
先ほどその地点から我らシニアナビ富士山登頂隊は登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
向こう正面の一番高いところが「富士山頂剣が峰」


クリックすると元のサイズで表示します
我ら富士山登頂隊の一行
富士山頂から下りてもう一山越えて下りてきた地点
誰かポーズを取っている隊員がいます。


クリックすると元のサイズで表示します
我ら富士山登頂隊の一行


クリックすると元のサイズで表示します
西安ノ河原地点(1)


クリックすると元のサイズで表示します
西安ノ河原地点(2)


クリックすると元のサイズで表示します
西安ノ河原地点(3)


クリックすると元のサイズで表示します
西安ノ河原地点(4)


クリックすると元のサイズで表示します
西安ノ河原地点(5)


クリックすると元のサイズで表示します
久須志ヶ岳(1)
久須志ヶ岳の脇を通ってお鉢めぐりをしている隊員


クリックすると元のサイズで表示します
久須志ヶ岳(2)


クリックすると元のサイズで表示します
久須志ヶ岳(3)
久須志ヶ岳より対面の成就ヶ岳方面を写す


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂上浅間大社奥宮(山梨県側)に到着
ここは冨士山測候所からお鉢めぐり1周の約1/3地点、東北奥宮と呼ばれている山梨県冨士吉田ルートの頂上です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂上浅間大社奥宮(山梨県側)で
三人男の一人が欠けたけど元気に冨士山登頂&お鉢めぐりをして来ましたよ。
清水の旦那! 
何時か機会がありましたら何処の山でもいいから一緒に登ろう!
にでも遠くからの富士山を見にシニアナビ仲間を集めて由比の“浜石岳ハイキング”をしようか?


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂上浅間大社奥宮脇、みやげ物売り場


クリックすると元のサイズで表示します
お鉢めぐりと須走口登下山道の分岐点


クリックすると元のサイズで表示します
こんな所で写真を撮っていると後ろはあの世行きだよ!!


クリックすると元のサイズで表示します
東安ノ河原
暫く両サイド溶岩だらけのだらだら道が続く


クリックすると元のサイズで表示します
朝日ヶ岳
この右側は急斜面の崖で万が一滑り落ちると先ず助からないです。


クリックすると元のサイズで表示します
お鉢めぐりの1周の9割くらい歩いた地点です。
遠くに頂上冨士館冨士浅間大社奥宮、右上奥に見えるのが富士山頂剣が峰です。


クリックすると元のサイズで表示します
同上、前方から撮影
さあ・・・、あと残り僅かだ・・・頑張ろう!!


クリックすると元のサイズで表示します
冨士浅間大社奥宮御殿場下山ルートの分岐点


右に真っ直ぐ進むとお鉢めぐり1周ゴール地点の冨士浅間大社奥宮へ向かい、左に下りるルートが御殿場下山ルートです。
我らシニアナビ冨士山登頂隊は一旦冨士浅間大社奥宮へ到着し参拝を済ませ、再び冨士浅間大社奥宮と御殿場下山ルートの分岐点まで戻り、下山する事になる。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり
11時40分全員無事に到着しました。
お鉢めぐりを途中の昼食時間も入れて1周3.5km約2時間かけてゆっくり廻って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
冨士浅間大社奥宮鳥居前で(1)


クリックすると元のサイズで表示します
冨士浅間大社奥宮鳥居前で(2)


クリックすると元のサイズで表示します
冨士浅間大社奥宮鳥居灯篭と富士山頂剣が峰

12時00分御殿場下山ルートを通り下山する事になる。
名残惜しく冨士浅間大社奥宮灯篭を入れて、富士山頂剣が峰を撮り、我らシニアナビ富士山登頂隊“大砂走り”下山に向けて準備に取り掛かった。

“大砂走り”下山の編集は後日順次載せて行きますのでお待ち下さい。 

次は、24.富士山頂噴火口2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/25.html  


              青葉の百姓2006.08.03


3

22.富士山登頂(1)2006.7.30  

22.富士山登頂(1)ブル搭乗2006.7.30


2006年7月30日(日)、
シニアナビ仲間有志5名でブルに搭乗し“富士山登頂&お鉢めぐり”をして来ました。
前日7月29日(土)に御殿場姫路旅館へ17時30分にそれぞれ集合でしたが、皆かなり早く到着していました。 
来る途中に強烈な雨に見舞われ明日の登頂が危ぶまれたが、当日は打って変わって快晴の最高の登山日和となった。
当日起床4時、旅館出発5時と言うのに5時前には出発し、途中のセブンイレブンで飲料水、食料を買い込み、1合目のブル基地のある場所まで車2台で出発する。
ブル基地には予定の1時間前には着いてしまい、未だ時間に余裕があったので2合目にある大駐車場までドライブを楽しんだ。



クリックすると元のサイズで表示します
我らシニアナビ富士山登頂隊の搭乗するブルトーザです。
幌の中及び幌の上に搭乗可能な人数約30名。 但し幌の上は命綱使用厳守です。

クリックすると元のサイズで表示します
1合目太郎坊ブル基地
1合目標高1,533mかな? この合目の標識は各登下山ルートで多少違います。


クリックすると元のサイズで表示します
1合目ブル基地より富士山を写す


クリックすると元のサイズで表示します
2合目大駐車場付近


クリックすると元のサイズで表示します
ブルは6時30分、ブル基地を出発し一路富士山頂まで出発


クリックすると元のサイズで表示します
2合目を超えた付近
なだらかな斜面(ブルの後ろから下の方を写す)


クリックすると元のサイズで表示します
2合目を超えた付近
なだらかな斜面(ブルの前から富士山頂の方を写す)


クリックすると元のサイズで表示します
この辺りになるとブルも直線で進むことが出来なくなり、蛇行が始まる。


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの廃土板の前で


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの廃土板と富士山頂


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物群と富士山頂


クリックすると元のサイズで表示します
雲海(1)


クリックすると元のサイズで表示します
雲海(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(1)


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの運転席より万年雪が見える


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(2)


クリックすると元のサイズで表示します
斜面


クリックすると元のサイズで表示します
万年雪


クリックすると元のサイズで表示します
ブル道と一般登山道との交差したところは、ロープが張られていて登山者は歩行禁止になっている場所


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂が見えてきたが、これから登頂まで1時間30分もかかります。


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂到着(1)

2006年7月30日9時20分
ブル基地6時30分出発してから山頂到着9時20分で、ブルでの登頂所要時間は3時間を切った事になる。
昔(20数年前)は4時間半はかかっていたが、1時間以上短縮されていた。
ブルの性能が良くなった為である。 


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂到着(2)

ブルの場合、人間の3倍くらい早く登っていくので気圧が早目に下がり心臓が順応されないうちに登頂するため、その分心臓に負担がかかる事になります。

念のため皆にここで“お鉢めぐり”の準備に、10分くらい休憩を取ることにした。
向こうに見えるのは富士山測候所があった、富士山頂剣が峰です。
左斜めの斜面が有名な“馬の背”です。
この後シニアナビ富士山登頂隊はこの“馬の背”を登り、時計回りに周囲3.5kmある“お鉢めぐり”をする事になる。

23.富士山登頂記(2)、“お鉢めぐり”参照。
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/24.html

青百記





1

21.富士山頂写真2004.8.1  

21.富士山頂写真2004.8.1

富士山山頂付近の写真をまとめてみました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂鳥瞰図


クリックすると元のサイズで表示します
富士山測候所
2004.08.01当日の気象状況


クリックすると元のサイズで表示します
富士山各山小屋に設置されているバイオトイレ


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂浅間大社奥宮と山頂公衆トイレ


クリックすると元のサイズで表示します
雲海と山中湖
富士山山頂雲海の中からすっぽり穴のあいたところに山中湖が見えた


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(2)



クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(4)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂噴火口(5)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂から駿河湾を見下ろす(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂から駿河湾を見下ろす(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂“馬の背”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂より“馬の背”を見下ろす


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐりスタート

青百記





3

20.冨士山高山植物2004.8.1  

20.冨士山高山植物2004.8.1

高山植物の名前は良くわかりませんが、2000mくらいまで降りてくると草花が生えています。



クリックすると元のサイズで表示します
ススキと冨士山
8月に入ったばかりなのにもうススキが出ている。


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(1)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(2)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(3)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(4)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(5)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(6)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(7)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(8)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(9)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(10)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(11)

青百記




3

19.冨士山登頂2004.8.1  

19.冨士山登頂2004.8.1

                           2004.08.08 記

去年は富士登山寸前で病気のため断念しましたが、二年ぶりの富士山登頂がやっと実現出来ました。
振り返って見ると去年の今頃はまだ入院していたんだな・・・!と、ふっと思い出す。
7月7日に七夕入院した時、看護婦さんから短冊を頂き何か願い事はないですか・・・?と言われ、この年の7月末には富士登山を行く予定を断腸の思いで断念し、短冊には病気が治って、“来年は富士山登頂が叶えられように・・”と書いた事を想い出す・・・・・・・・。


七夕入院2003.7.7
 
http://sun.ap.teacup.com/kazu/90.html

青百記



3

18.冨士山登頂写真2002.8.3B  

18.冨士山登頂写真2002.8.3B

この写真は富士山頂“お鉢めぐり”をした時の山頂周辺の写真です。
*富士山山頂付近の散策及び『おはち巡り』一周約3.5KM
(徒歩約1時間30分


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(1)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(2)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(3)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(4)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(5)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(6)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(7)


クリックすると元のサイズで表示します
“お鉢めぐり”(8)

青百記




1

17.富士山頂360度2002.8.3  

17.富士山登頂写真360度

この“富士山登頂写真360度”を撮影した地点は、“馬の背”を登り富士山測候所のある山頂から山梨県側へなだらかな斜面を500mくらい降りてきたところで富士山頂を360度時計回りで撮って見た。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(1) スタート


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(4)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(5)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(6)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(7)
小さい噴火口の“小内院”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(8)
大きい噴火口のお鉢“大内院(1)”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(9)
大きい噴火口のお鉢“大内院(2)”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(10)
大きい噴火口のお鉢“大内院(3)”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(11)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂写真360度(12)
富士山頂の左の急斜面が“馬の背”です。

青百記





1

16.富士山登頂写真2002.8.3A  

16.富士山登頂写真2002.8.3A

写真は5五合目辺りの斜面から富士山頂までの急斜面や富士山頂付近・富士山頂お鉢の中“大内院”の中を撮った特に気に入った写真です。


クリックすると元のサイズで表示します
海抜2,500m辺りまでは点々と緑の草が生えている。 
特に高山に強い“アザミ”が多いがこの辺まで来ると花は咲いていません。


クリックすると元のサイズで表示します
急斜面の日の当たらないくぼみは万年雪が残っているが、この場所で転倒したらあの世行き間違いなしです。


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋


クリックすると元のサイズで表示します
急斜面のブル道


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂が見えてきたところでブルの上から富士山頂に向けて撮影


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂付近の広場


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂仮設トイレ


クリックすると元のサイズで表示します
岩山から富士山頂を撮影


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂の最大難所“馬の背”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂から富士山頂浅間神社を写す。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢の中“大内院A”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢の中“大内院B”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢の中“大内院C”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山測候所脇の見晴台
ここが日本で一番高い場所へ立ったと言うことかな?


クリックすると元のサイズで表示します
二等三角点「富士山」



1




AutoPage最新お知らせ