34.最悪の富士山登頂2014.9.1   

34.最悪の富士山登頂2014.9.1 


2014.9.1
8月の初旬から富士山登頂計画をたてたが天候不順により山小屋の閉鎖寸前の9月1日にずれ込み6度目の変更、変更を重ね富士山登頂を実現した。
今年は富士山に全く縁がなかったのか好天に恵まれず、この日も登頂前日まで良かったのに、天候が急変し最悪の登頂となってしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
グーグルアースによる富士山頂お鉢めぐりGPS
お鉢めぐりの足跡(時計回り) お鉢めぐり(約3k)
GPSの重なっている部分が富士山頂浅間大社奥宮で、ここをスタートして富士山頂剣が峰へ登り、白山岳→久須志神社→成就岳→朝日岳→浅間岳、駒ヶ岳→富士山頂奥宮を周る。


クリックすると元のサイズで表示します
グーグルアースによる下山ルートGPS
右側の小さなギザギザが御殿場下山ルートはです。
左側はの大きなギザギザはブルトーザ道です。


クリックすると元のサイズで表示します
グーグルアースによる富士山頂お鉢めぐり+御殿場ルートで太郎坊まで下山GPS
お鉢めぐり(約3km)+御殿場ルート下山(約16km)、計約19km


クリックすると元のサイズで表示します
太郎坊ブルトーザ基地
現在富士山頂浅間大社奥宮の石垣工事用のを運搬している。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山太郎坊石碑
一合目の高さ:1555m、頂上までの道のり:16,280m


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート新5合目駐車場


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物
約2000m以上


クリックすると元のサイズで表示します
約3500m付近(A)
一日中雨が降ったり、霧がかかったり最悪の状態!


クリックすると元のサイズで表示します
約3500m付近(B)
今すぐ巨岩が転げ落ちそうな急こう配です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂バイオトイレ
やっと山頂に到着し、トイレを利用する。
2年前に利用料は200円だったが、今年は300円になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰と富士山頂浅間大社奥宮の分岐点
富士山頂剣が峰 0.2km
富士山頂浅間大社奥宮 0.3km


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂、馬の瀬(1)
霧も深くなってきたが、何時登頂出来なくなるか判らないのでとにかく富士山頂剣が峰を目指す。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂、馬の瀬(2)
土石崩壊防止柵
剣が峰登頂に向かって馬の瀬右側は以前は滑れば噴火口まで転落しそうだったが、今はしっかりした土石崩壊防止柵が設置されて登山者も安全です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂、馬の瀬(3)
突風による墜落防止手すり
馬の瀬左側は突風による墜落防止手すりの基礎も作られ頑丈になりました。
富士山も世界遺産になった時点から着々と整備されていることを実感しました。
特にお鉢めぐり歩きの安全対策、各歩行分岐点にもしっかりした案内指標が設けられている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂気象観測所


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(1)
大雨の降る中、仲間と共に無事に登頂出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(2)
雨は降りしきる中でパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(3)
登山客が悪天候の中ちらほらと登ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(4)
仲間達もこのままじっとしていると体が冷え込んでくるため早々と降りることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(5)
これから山頂お鉢めぐりへ。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(1)
今にも転げ落ちそうな巨岩の脇を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(2)
矢印案内板
富士山頂剣が峰まで0.3km、久須志神社まで0.7km
右側奥は噴火口です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(3)
進行方向後ろ側にかすかに見える山が富士山頂で二番目に高い白山岳(標高3756.4m)という山です。
二年前に好天の中で一人で登った時は登頂している。
小さな鳥居もありました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(4)
お鉢めぐりを約半分周り歩くと、山梨県側の富士吉田ルートの鳥居が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(5)
富士山頂浅間大社上奥宮(久須志神社)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(6)
富士山頂久須志神社上奥宮前で。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(7)
富士山頂浅間大社奥宮へ向かってお鉢を歩くが、左下に須走口ルートの下山口があるが霧がかかると間違いやすい。
お鉢めぐりは更に右上に登って進みます。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(8)
この辺が一番危険な所だったが、しっかりした鉄杭にロープが張られている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(9)
この辺も安全策があったが冬期期間中の雪の重みで斜めになっていました。
富士山の冬はきつい。
毎年春になると整備しなければいけない過酷な環境だとつくづく実感しました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(10)
矢印案内板


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂お鉢めぐり(11)
御殿場下山ルート口
雨・霧の中で何とか無事に一回りして、銀明水のある御殿場下山ルート口まで着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂浅間大社奥宮(1)
標高3712m
御殿場下山ルート口から下山するが、まだ参拝を済ませていないので再度富士山頂浅間大社奥宮まで歩き、下山中の安全祈願も合わせてお願いした。
現在奥宮の石垣工事中でシートが架けられているが、大雨の中参拝をして来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂浅間大社奥宮(2)
奥宮の石垣工事中。
この悪天候の中で作業をしている職人さんたちの作業を見ていると、ふっと30年前の事を想い出しました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂富士館
9月1日に富士山頂富士館へ一泊し、二日間でお鉢周辺の山々を隈なく散策し、朝夕の影富士、富士山頂の夜空、翌日のご来光を観るために予約していた。
この大雨で仲間たちの了解のもと急遽キャンセルをしてその日に下山することに決めました。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(1)
赤茶けた砂利と所々に転がっている石ころに気を付けながら下山開始。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(2)
ふらふらして急斜面に転落しないように歩くが、雨で荷物全体が重くなりかなり脚に堪えました。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(3)
赤岩八号館(御殿場口七合九勺)(標高3300m)


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(4)
砂走館(御殿場口七合五勺)(標高3090m)
少し休憩をとるが雨で休んだ気がしないで早々と下山開始。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(5)
急な大砂走り
この辺はまだ大きい石ころがあり転倒すると危険!


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(6)
緩い大砂走り
宝永山脇の急な大砂走りを下りてくると右側に二ツ塚が見えてくる。
ここから太郎坊基地まではだらだらとゆるい下り坂が約5kmほど続く。
天気が良ければここから1時間余で着くところを約2時間はかかった。
結局山頂御殿場ルートから降りて一合目太郎坊基地まで4時間半もかかってしまった。
雨で重くなったリュックと雨に濡れた砂の中を黙々と歩き続ける。
最悪の事に濡れた登山靴の底は剥がれてしまうし、太ももの上とふくらはぎがパンパンになりながらも無事に太郎坊基地まで着きました。

下山中には霧で見えなくなるし、あられはパラパラと降って来るし、雨は土砂降りになったりで40回以上も登頂している中でまさしく三本指に入る最悪の富士山でした。

何はともあれ、仲間達全員がこの悪天候の中、富士山頂剣が峰へ登頂し、お鉢めぐりも済ませ、約16km大砂走り、だらだらと続く緩斜面で脚はがたがたになりながらも無事に一合目太郎坊ブル基地まで降りて来られたことに感謝したい。

青葉の百姓 2014.9.4記


ネット仲間からのコメントです。
------------------------------------------------------
Gokichiさん、
メール:2014.9.2 21:42
青葉さん、このたびは大変お世話になりました。
今年の富士登山は散々でしたね、今朝の青空はには恨み言のひとつでも言いたい気分です。
それでも、あの大雨のなか全員無事に下山出来たことに感謝しなければとも思っております、ありがとうございました。
それでは、来週のあしたば仲間9月度例会にて元気にお会いしましょう。

青百、
メール:2014.9.2 22:10
最悪の富士山登頂となってしまいましたが、無事に降りたことに感謝しましょう。
有難うございました。
明日は一泊二日で箱根芦ノ湖行です。
富士山の方は落ち着いてから、ブログにアップします。
また写真も送ります。
ではまた



投稿者:Gokichiさん、
投稿日:2014年 9月 3日(水)18時18分11秒
仲間のみなさん、こんにちは。
一昨日は雨でしたが、青葉さん、yadorokuさんと三人で久々に富士山に登ってきました。
青葉さんの知り合いのブルの親父さんにお願いして、富士山頂行きのブルドーザーに便乗させて貰っての“登山”でした、しかし山頂は雨で視界も無く風も出てきたため富士山の噴火口をまわる“お鉢巡り”を済ませて、ほうほうの態で下山してきました。
今年の夏は雨ばっかりのせいか8月と言うのに富士山山頂は閑散としていて、外人さんの登山者ばかりが目立っていました。


-------------------------------------------------------
けーさん
2014年09月04日 20時29分
お疲れ様でした
悪天候 リアルに伝わり 写真見ていても怖かったです
御無事で何より

青百
2014年09月05日 05時47分
けーさん 、おはよう!
心配してくれてありがとう。
体全体がずぶぬれになり下りて来たのでとにかくきつかったです。
下山後の翌々日は高校の仲間どおしの箱根旅行に重なり足が痛くて大変だった。
昨日は寝不足と疲れで早めに寝ました。
今朝は爽快です。



ペガサスさん
2014年09月04日 21時00分
大変でしたね。ご無事でなにより。
慣れている青百さんだから登頂出来たのでしょう。
お疲れ様でした。

青百
2014年09月05日 05時56分
ペガサスさん 、おはよう!
あの悪天候での富士山頂お鉢めぐりは、一回りするのに神社以外はほとんどすれ違いの登山客もいないし、これ以上霧が深いと危険だった。
この二度と経験したくない辛い最悪の登山もいつか忘れられない想い出になるのかなあぁ〜〜。



韓流大ファンさん
2014年09月04日 21時59分
私はまだ登ったことありません。
登るには何か訓練や練習が必要ですか?
やはりl一度は登っておきたいと思っています。

青百
2014年09月05日 06時11分
韓流大ファンさん 、おはよう!
好天での富士山登頂は最高の気分で身も心も洗われるような紺碧の世界です。
私の富士山行きは登るために毎年一年かけてまた富士山へ行くんだ…と、日ごろからコツコツと足腰を鍛えている目標になっています。
富士山は是非行かれてください。



mocoさん
2014年09月04日 22時19分
お天気ばかりは、どうにも…それにしてもお気の毒な天候でしたね。
それでも元気に登頂されて素晴らしいです〜^^
お疲れさまでした。

青百
2014年09月05日 06時24分
mocoさん、おはよう!
確かにお天気ばかりは、どうにもなりませんね。
8月の初旬から6度も延期・延期を重ねとうとう最悪の富士山登頂になってしましました。
その中で何回か好天の日はあったのですが、仲間達との日にちが合わず残念でした。
私一人だとどうにもなるので最高の富士山も経験しましたよ。


富士山登頂2012.8.3
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/36.html
富士山ご来光&大砂走り下山2012.8.4
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/37.html


さぬきふじさん
2014年09月05日 04時39分
富士山、最後の最後に登って来られたのですね。
最悪のお天気の中、それでもお鉢巡りまでできましたか。
私も最初の登山が雨。  頂上まで行きましたが、お鉢巡りは霧で断念しましたよ。
あの、辛かった事を思い出しながら、写真拝見してました。
写真で、辛い行程がわかりますね。
無事に、お帰りになられて良かったです。

青百さん
2014年09月05日 06時34分
さぬきふじさん 、おはよう。
最後の最後まで延期しながら粘ったが、最悪の富士山登頂になってしまいました。
ブルの親父さん、前日泊の民宿、富士山頂の山小屋へと変更電話をなんと20回以上はかけただろうか?
結局は最悪の日に・・・。
この年の富士山は縁がなかったのでしょう。


青葉の百姓 2014.9.5追記


-------------------------------------------------------
山崎さん、H・Aさん、H・Tさんが
Facebookに「いいね!」と言っています。
H・Aさん
竹田さん、すごいですね!
悪天候の中での登頂、本当におめでとうございます!!
ご無事のご帰還、何よりです!

青百
山崎さん、H・Aさん、H・Tさん、Facebookに「いいね! そしてコメントも有難う。 
最悪の中での富士山登頂ですが、予約していた山頂山小屋もキャンセルしてお鉢めぐりをしたあと早々と下山しました。 
身体は冷え込むし、脚はガタガタで、登山靴の底はとれてしまったが、何とか無事に下山しました。



プー太郎さん
2014年09月05日 09時38分
何はともあれ、無事のご帰還おめでとうございます。
昨日は、NYヤンキースの黒田投手が、5年連続で、二けた勝利を達成したとか。 
メジャーリーグへの先駆者である野茂英雄投手ですら、5年連続は果たしていない。 
通算では、7回の二けた勝利をあげたというのに。
青百先輩の富士山への登頂は、連続何十年になるのでしょうか?  
20年連続ではききませんか?

青百
2014年09月05日 10時06分
プー太郎さん 、温かいコメントありがとう。
NYヤンキースの黒田投手が、5年連続で、二けた勝利を達成したのは凄いね。
青百の富士山登頂歴で31年間で40回以上も登頂している。
連続登頂を調べてみたが過去に4年連続が2回、現役の時の3年連続(当然か!)が1回、ただし1年に数回は登頂しています。
現役以外で3年連続は数回ありました。
悪天候での記録が残っていないのではっきり分りませんがなかなか連続記録は難しいですね。


青葉の百姓 2014.9.5追記


------------------------------------------------------
mocoさん
2014年09月06日 09時09分
すご〜い!
リコメの添付写真、拝見いたしました。
晴天のときの青い空、雲海…すばらしいです。
ご来光がまた圧倒的ですね。
なんという色でしょう?!
私はハワイのハレアカラで雲海というものを眼下に見ましたが
車で登ったので、登山ではありません^^;

青百
2014年09月06日 09時30分
ハワイのハレアカラで雲海も素晴らしいでしょうね?
山は、特に富士山の天気は運不運がつきものです。
二年前に単独で登頂、一泊した時は絵に出てくるような情景でした。
何とか仲間たちに青い空、雲海、影富士、夜空、ご来光を見せてあげたかったが、こればかりはどうしようもないことです。


青葉の百姓 2014.9.6追記


--------------------------------------------------------
さぬきふじさん
2014年09月10日 11時33分
20回も連絡するとは疲れてしまいますよ。
お天気に縁がなかったんですね。
40回も登頂してると、その内の何回かはこの様なお天気もありますよ。
私なんかたった2回。晴れた日に登ってみたいと思いながらもう出来ないかと、半分諦めてますよ。

青百
2014年09月10日 12時49分
本当は8月の初旬から9月1日登頂実行まで何回か良い日があったのです。
残念ながら3人いると誰かが都合が悪くなりズルズルと伸びて、最後は山小屋も閉店する1週間前のこの日しかなく決行しました。
変更変更で民宿、山頂山小屋もあきれていました。
お蔭で私は別の仲間たちとゆっくり行くつもりの箱根行きの前々日になってしまい脚が痛かった。
天気の良い日を狙うのは何も左右されず一人が良いですね。
歩きのペースも変わらないし・・・。


青葉の百姓 2014.9.10追記




6




AutoPage最新お知らせ