2018/5/25

☆★☆ 新商品 製造中(後編) ☆★☆  

テッテレテーー 皆様こんにちわ! ヨッシーコーナーです
前回のヨッシーコーナーの続きとしまして今回は、新商品である火希(ほまれ)の玉貼りについてご紹介します。
前回製造した玉に今度は、のりの付いたクラフト紙を1cm程の幅に切り、この様に貼り付けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
  
あまり隙間が出来ないようバランス良く玉に紙を貼り付けていきます。
貼り付けている際に、クラフト紙が重なった部分の厚さが歪だと、上空で玉が開いた際に花火の形が悪くなる原因にもなりかねません。
なので、貼り方には十分注意し、一玉一玉丁寧に貼っております。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

貼り終えた玉は、上の写真の様にお日さまにあて、のりを乾かしていきます。乾いた時点で、玉貼りは終了です。

さて、なぜこうして玉に紙を貼り重ねていくのか、わかりますか?

それは、こうして貼り終えた玉を7つ揃えると、空から龍が現れどんな願いも一つだけ叶えてくれるからです その名もドラゴンボ・・・ていうのは冗談です

玉貼りをするにあたってその目的とは、
  ・玉の中に入っている火薬のもれを防ぐ
  ・上空で玉を開かせるのに必要なガスを貯め込む為の強度作り
  ・玉の隙間から火の粉が入るのを防ぐ 
  ・湿気、衝撃、摩擦、加熱など危険なものから守る
  ・上空で玉が開いた時の花火の円の大きさを強くする  など
さまざまな理由や目的があり、とても大切な工程の一つなのです。

こうして、一玉一玉丁寧に丹精を込めて作りました火希(ほまれ)をこの夏、ご家族やご友人、愛する人と一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです!  

      クリックすると元のサイズで表示します

                               是非!
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ