中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

平成最後の夏と大連に残る「昭和」

今朝はいきなりの雷でビックリしました。

クリックすると元のサイズで表示します
日の出(4:27)直後、朝4時半過ぎの様子です。雷雨でした。

今日のエントリーは二週間ほど前のことになりますが、散歩した時の様子を書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
点々と白く写っている花は大連の代名詞「アカシア」です。至る所に咲いています。

大連の「アカシア」の開花ですが、ピークが二回あるのが特徴です。まずは市内の「アカシア」が咲き始め、散ると、次に海辺や海に近い所の「アカシア」が咲き始めます。おそらく海風が直接当たる所と当たらない所で、開花のズレがあるのだと思います。ですから市内の「アカシア」が終わってしまったところでガッカリする必要はありません。海辺や海の近い所に行けば、満開はこれからなので改めて楽しめる、二度楽しめるということです。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。この辺りは人通りすら少ない山の中なので、大気汚染や排気ガスに邪魔されず、香りがストレートに楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します
で、山の中には「アカシア」蜂蜜の即売所が大体営業しています。もちろん開花の時だけの期間限定ですね。御覧の無数の箱の中はミツバチと蜂蜜で一杯です。こういう所で「本物」を買う訳です。「美味しいよ、買っていくかい?」と声を掛けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
散歩中にこのような植物を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
既に枯れていますが、何ですかね?

しばらく歩いていると何か気配を感じました。こういう場合、大体「野ション」をしている女性か「野グソ」をしている「支那人」なんですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
野鹿でした。二度目の遭遇なので驚きはありません。二頭がこちらを見ています。

大連でのクリスマス、そして野生の鹿の群れに遭遇してビックリ仰天する
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/596.html

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
動きません。

クリックすると元のサイズで表示します
お互いににらめっこです(笑)。静寂の中、時間だけが過ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
安全確認できたのでしょうか、また森の中へと帰って行きました。自然が残っていますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
公共バスに乗って数駅移動です。終点の「森林動物園」に来ました。バス停近くの遊歩道を歩きます。点々と赤く写っている花もまた大連の代名詞「アカシア」です。

クリックすると元のサイズで表示します
上を見上げます。咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。御覧のように、ちょうどミツバチが「仕事中」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めると「星海湾大橋の撮影絶景ポイント」があります。この場所を知っている日本人は少ないと思われます。使って下さいな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
絶壁から「黒石礁、大連海事大学、万達広場」方面へと、海上に伸びるハイウェイが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
少し角度を変えます。良い景色でしょ?

クリックすると元のサイズで表示します
橋の「終点」の「黒石礁、大連海事大学、万達広場」方面をアップで。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、波は殆ど無く、洋上には木製の小さな船が多く見られました。

夜になると橋はライトアップされます。これまたこの日のような大気汚染の無い日は素晴らしい景色となりますよ。今の時期ですと夜7時半過ぎが良いと思います。こういう場所で、こういう時間を狙って、異性には「告白」しましょう(笑)。ただ成功して喜び勇んで崖から落ちないように(笑)。

帰りは「桃源街」で下りて、少しブラブラしました。

クリックすると元のサイズで表示します
「コオロギ屋」です。中国では闘蟋(とうしつ)という、唐の時代から始まったオス同士を喧嘩させる伝統的賭博競技が有名です。で、日本人がイメージするコオロギとは種類が違います。大きくて鳴き声も違います。可愛さは全く無く、強さだけが感じられると思います。男の子はこういうのが好きなんですよ(笑)。

上部のカラフルな竹カゴに入っているのが30元(=約520円)、下部の普通の竹カゴに入っているのが25元(=約440円)でした。餌は野菜なら何でも食べてくれますが、キュウリが良いと思います。ガリガリと音を立てて食べますよ。結構な迫力です。大体、冬本番前に死んでしまいます。日本だったら夏休み頃に飼い始めるカブトムシやクワガタと同じ感じですね。

「竹かごに入ったコウロギ」と言えば、1987年公開の、清朝最後の皇帝で後にこちら満州国の皇帝にもなった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画であり、アカデミー賞作品賞を受賞した『ラストエンペラー』の故宮での最後のシーンを思い出した方は少なくないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ近くには「青空床屋」です。一回切ってもらうと大体10元(=約180円)ぐらいですね。中国の床屋ですが、住宅地や学校周辺に在るのが安くて狙い目です。

大連には「昭和」が多く残っていますよ。これから「平成」最後の夏ですねえ。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で迎える4回目のサッカーW杯、そしてマスクメロン

今日の大連は朝夕が霧でした。非常にひんやりとした風が入ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方5時過ぎの労働公園「緑山」と電視塔です。幻想的な中に浮かぶ太陽です。

さて、あと二週間すればW杯ロシア大会です。私の大連で見るW杯も2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会に続いて4回目です。こちら中国では全試合、普通にテレビで放映されますので、誰でも見られます。この点は日本よりも嬉しいですね。あとは睡魔との闘いです。日本の初戦の相手はコロンビアで、19日(火)の中国時間の夜8時ですか。この日の夜の大連の日本料理屋さんはどこも混むでしょうねえ。

我らが日本代表ですが、ハリルが解任となり西野監督となりました。個人的には手倉森コーチの内部昇格で良かったと思っています。私の予想は現実的で「3戦全敗」の1次リーグ敗退、と見ていますが、「事実は小説よりも奇なり」と言いますし、2010年の時のような前評判をひっくり返すような躍進を正直、期待しています。今日発表されたFIFAランキングで日本は61位で、W杯出場国の下から三番目ですか。日清日露戦争の時のように世界相手に一泡吹かせてやりましょう!頑張れ!日本!

で、大連の街中でも、少しずつW杯ロシア大会の商品が見られるようになりました。中国代表はW杯に出ませんがね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
町中の青空新聞&雑誌屋さんです。特集号が二種類売っています。一冊25元(=約430円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
イギリス系スーパーの「TESCO(テスコ)」です。大会記念ボールが売っています。です。これまた二種類ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
一個63元(=約1100円)です。

さて初夏なので、随分、果物も種類が豊富になってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前なのですが、市中心部「青泥窪橋」の地下には「椰子(ヤシ)の実」の自販機がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
現金決済は出来ず、スマホ決済のみです。

クリックすると元のサイズで表示します
一つ15元(=約260円)です。家に持って帰って冷蔵庫に入れて冷やしてから飲みました。美味しかったですよ。でも椰子の実ジュースはやはりシンガポールが美味しかったですね。これとは種類が違うのかな?キンキンに冷えていて、飲み終わったら割ってもらって、中の白い部分をスプーンで掻いて食べるんです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは山桃(ヤマモモ)ですね。そのまま食べます。真ん中に種があります。大連では売られている期間がとても短いのが残念です。綺麗に洗ってこれも冷蔵庫で冷やしてから食べると美味しいです。これで10元(=約170円)です。日持ちしないので食べ切れる一食分ぐらい買うのがコツでしょうか。山桃(ヤマモモ)の花言葉は「ただひとりを愛する」です。ウンチクを語りながら、恋人や結婚相手と二人っきりで食べましょう。さらにあなたを愛してくれると思いますよ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
マスクメロンです。栽培には手間隙かかる上、1本のつるからは1個だけしか出来ません。御覧のように「帯」には中国語表記が一切無く日本語のみです。高級感が増すからです。この手の販売方法、ここ大連では珍しくないんですよ。一玉30元(=約520円)です。しかしスーパーの閉店時間が迫ってくると、賞味期限が近くなっているものは安くなります。日本のスーパーと一緒ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、割引価格の19元(=約330円)で買ってきました。まさに食べ頃ですね。これまた冷蔵庫で冷やしてから食べました。

夏場は料理すること自体に加えて、中華料理を見るのも食べるのも嫌になってくる時期です。最近の夕食は自宅で「フルーツ盛り合わせ」で済ませることが少なくありません。翌朝は快調ですね。

ただここは日本ではなく中国ですから、皮を向かずにそのまま全てを口にする果物(ヤマモモ、イチゴ、サクランボ・・・)はしっかり洗う、または食べ過ぎないことが大切です。素晴らしい見た目、物価の違いによる安さに惹かれるな、ということです。この国の料理は日本料理とは対照的で、何故、皆、火を通すのか考えたことがありますか?健康第一、安全第一でいきましょう。

あ〜、「富士そば」に行きたい、冷た〜い「もりそば」が食べたい・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連のニセ「大江戸温泉物語」と本物「ガンプラ」が買える場所

今日も大連はいい天気で、気温も27度まで上がりました。

さて、昨日のエントリーでチラッと書いたら、コメント欄より大連でガンダムのプラモデル(ガンプラ)が売っている店を教えて欲しい、との声がありましたので、今日はこのネタでいきます。またこの店があるライトレール「香炉礁」駅周辺には、当事者にとっては裁判必至の許せない店もあるので、それもまとめて御紹介致します。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトレール「香炉礁」駅です。大連駅からは一駅で到着です。昨日のエントリー繋がりになりますが、只今、ここに来るまでの車窓から、港に停泊中の空母2隻(「遼寧」型空母2番艦、空母「遼寧」)が見られます。絶好の機会ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
駅の入り口のアップです。左端に写るのが移動式交番、右端に写るのが「白タク」ならぬ「白バイクタクシー」です。これを「癒着」と言います。トラブルの元ですから日本人は乗らないように。トラブルや交通事故が起きても、内容如何に関わらず、警察はこの「違法バイクタクシー」の味方であるということです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のこの時間帯は1台だけでしたが、多い時は5、6台が「営業」しています。

クリックすると元のサイズで表示します
駅のすぐ横にある「IKEA(イケア)」です。

クリックすると元のサイズで表示します
最上階にあるレストランです。この日はガンプラ仲間の「造友(ぞうゆう)」との利用です。二人で食べた物ですが、カレーが18.5元(=約320円)、エビサンドが13.5元(=約230円)、アップルパイが12.5元(=約220円)でした。ここ大連イケアの料理の味は劣化が酷いです。開店時はソコソコ美味しくて、来る事もあったのですが、今は何を食べてもダメです。まあ見た目だけは良いですが、お勧めはしません。「見るレストランであって、食べるレストランではない」ということです。またイケア会員はコーヒー無料なんて事も始めたため、レストラン内は無料コーヒーのみで長居して雑談しているジジババばかりです。本当に迷惑です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここイケアのレストランのもう一つの楽しみ方は、窓側に座るとライトレール「香炉礁」駅に出入りするライトレールの様子が見られるということです。

クリックすると元のサイズで表示します
「撮り鉄」の趣味をお持ちの方にはお勧めですね。

クリックすると元のサイズで表示します
イケアから3分ほど歩くと、すぐ近くには「百年港湾OUTLETS」という大型商業施設があります。特徴ある形のビルなので、上を見ながら歩いてくれば道に迷うことはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
左に移る茶色の建物を目指します。「A2」とありますね。直進します。

クリックすると元のサイズで表示します
変なマネキンのような置物もあります。これを「無駄」、「邪魔」と言います。

クリックすると元のサイズで表示します
中央部は噴水ですね。周囲は大きなてんとう虫です。子供用に汽車も走っていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
「てんとう虫噴水」から茶色の「A2」ビルを望みます。ビル二階中央部に注目です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「動漫模玩倶楽部」の看板が見えます。この店にガンプラが売っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ビル横で、スタバ脇に設置されている屋外エスカレーターで二階に上がりました。お店の前です。

クリックすると元のサイズで表示します
店内のガンプラコーナーの一部です。全て日本からの本物なので御心配無く。プレミアムバンダイ限定のガンプラが多く売られているのが魅力です。計算機を片手に、日本円に換算してから購入しましょう。価格は全て値札が貼られているので、価格交渉、中国語会話は一切不要です。そのままレジに持っていきましょう。プレバン限定のガンプラですが、物によっては公式サイトで売られている価格よりも100元ほど上乗せされています。こちら中国は日本と違って運送料が安いですから、プレバンの公式サイトで買える物は、そのまま買ってしまったほうが安上がりです。梱包も「日本クオリティ」で届きますよ。こちらです。

ちなみにこのお店は以前、当ブログで御紹介した店が閉店し、移転したものです。

大連でガンダムのプラモデルを買う、作る
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/313.html

クリックすると元のサイズで表示します
二階のお店から見た、先程の「てんとう虫噴水」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この店の裏側は映画館です。UFOキャッチャーコーナーには「旅かえる」がありました。訳すと「僕たちは正規品のぬいぐるみだよ、早くキャッチして一緒に帰ろうよ!」とあります。嘘吐け、支那蛙!

クリックすると元のサイズで表示します
「百年港湾OUTLETS」から10分ほど歩くと「湯本湯(ゆもとゆ)温泉物語」が在ります。上海に引き続き「支那人」の作った、日本の「大江戸温泉物語」の偽物ですね。

ところで、大連にはかつて「八一路」に「湯本」という名の日式温泉がありました。あの店の「後継」ですかね?

クリックすると元のサイズで表示します
最寄りのバス停です。続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
これら6つの路線バスが停まる「海達広場」駅なら徒歩0分です。目の前に停まります。

クリックすると元のサイズで表示します
日本のニセ「大江戸温泉物語」である「湯本湯(ゆもとゆ)温泉物語」を正面から撮りました。ライトレールはすぐ横の高架線を走るので、車窓からは全景が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
看板のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本物ですね。日本の「大江戸温泉物語」の公式サイトからお借りした画像です。公式サイトはこちらです。

中国のサイトでは、このニセ温泉の紹介がされています。こちらです。また従業員も募集していますね。こちらです。良心の無い方はどうぞ。「本場」から来た日本人従業員は優遇されるでしょうな。

同じ風呂なのに、ニセ「温泉」、それも完全コピーの存在が許されて、ソープランドの存在が許されないのがここ中国です。外国である日本に来て、性風俗業に従事している小姐や経営者なんか星の数ほどいるのにねえ。「お上」も野放しでしょ。だから人も組織も「支那チョン」は見下されるんですよ(笑)。

最後に、ここ「香炉礁」という地域は日本統治時代、「大連四大スラム街」の一つだったところです。他の三か所は「寺児溝」、「昆明街」、「石道街」です。まあ今の時代になっても異質な地域であるという「DNA」は変わらなかったということですな。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連に秋田県の「秋田竿燈祭り」の公演が来たので見に行く

今朝の大連は霧でした。

クリックすると元のサイズで表示します
朝の出勤時です。日中は大気汚染、夜9時前に帰宅しましたが、また霧となりました。

さて只今、大連は「アカシア祭り」が開催期間中なんですが、その一環として、一昨日の土曜日と昨日の日曜日に市中心部「労働公園」内で、総合的な日本文化紹介イベント「ジャパンデイ」が行われました。詳しくは在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所(通称:大連領事館)のサイトであるこちらをどうぞ。

私は初日土曜日の催しである「秋田竿燈(かんとう)祭り」の公演を見てきました。近所、しかも夜開催(20:00〜21:00)ということもあって、夕食後の散歩も兼ねました。入場は無料です。

私は関東の人間で、「秋田竿燈(かんとう)祭り」については全く知りませんでした。重要無形民俗文化財に指定されていて、青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつり、と並んで「東北三大祭り」の一つなんですねえ。「秋田竿燈(かんとう)祭り」の公式サイトはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
夜の労働公園内です。東口からの入園です。今の大連は大体、夜19時をちょっと過ぎた頃が日の入です。

クリックすると元のサイズで表示します
池の真ん中である「蓮池ステージ」ではロシア組、それも子供達がコサックダンスを披露していました。『イッテQ』でチャレンジしていた「森三中」を思い出しました(笑)。来月から毎年恒例で夏限定の「ウラジオストク⇔大連」の直行便が始まりますが、そうなると街中や観光地、海岸などでロシア人を見ることも多くなります。

クリックすると元のサイズで表示します
20時が近くなってくると皆、サッカーボールモニュメントのある階段の下の「獅子広場」に移動です。開始5分前ぐらいでしょうか、提灯に火が点(とも)されました。

クリックすると元のサイズで表示します
3本の竿燈が立ちました。それぞれ46個の提灯が付いています。場内説明によれば、高さは10m超で、重さも50kg超です。

クリックすると元のサイズで表示します
この竿燈を手、額、肩、腰など、それぞれの場所に乗せてバランスをとるのです。ガキの頃、誰でも掃除の時間に箒(ほうき)を手のひらの上に載せてバランスをとる遊びはしたことがあるでしょう。こちらはスケールが桁外れです。空いている手に扇子を持ち、扇ぎながら行っている方もいました。凄いの一言です。「ドッコイショー ドッコイショ」掛け声と太鼓、笛の演奏も入ります。継ぎ竹をしていって、15mをはるかに越える高さになった竿燈もありました。楽しませてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
大連のランドマークタワーである、労働公園「緑山」の電視塔をバックに行われる、日本からヒトとモノ全てが直輸入の「本物の」祭りです。良い機会に恵まれましたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
30分ほどの演技後、一旦、休憩が設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
この時、観客のすぐそばにまで竿燈を持ってきてくれて写真撮影させてくれました。大連ですから観客には日本人もいて、日本語が飛び交います。演者の方は一つ一つ丁寧に質問に答えていました。日本語を話すと周囲の中国人からは思いっ切り注目を浴びます(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
デカいです。そして高さもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
5分間ほどの休憩後、再開です。

クリックすると元のサイズで表示します
大きく湾曲した竿燈もありました。これも見事に手のひらに乗せるだけで操るのです。

約1時間で終了です。もっと見たかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
片付け方がまた見事で、一斉に提灯の火が消えるんですよ。観客の中国人からは「おおっ!」という凄さの声が漏れました。

骨組み中心の一本竹は10m超なわけですから、一体どうやって秋田からここ大連まで持ってきたのか、終演後に演者の方に聞いたら、「飛行機に乗せて持って来ました」と教えてくれました。大変な作業だったと思います。そして「ぜひ秋田にも見に来て下さい」とのことでした。もういいおっさんですが、まだまだ知らない祖国・日本の「美」は多いですねえ。我ながら恥ずかしいことです。

異国で堪能した日本の伝統美。関係者の皆様、良い勉強の機会をありがとうございました。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連に「中国雑技団」の60周年記念公演が来たので見に行く

今日の大連は久々の雨でした。朝から夕方近くなるまで小雨が降り続けていましたね。最高気温も17度でした。

クリックすると元のサイズで表示します
あと5分ほどで日没で、気温は12度です。大連の日没時間は夜7時を過ぎるようになりました。

先月の半ばになりますが、大連に「中国雑技団」が来て、結団60周年の記念公演『天地宝蔵』が行われたので見に行きました。4月17日(火)の公演が市中心部「中山広場」で、翌18日(水)は郊外の「開発区」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のチケットです。280元(=約4900円)の席を買いました。一階席の真ん中ぐらいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
会場は大連中山広場近代建築群の一角である「大連人民文化倶楽部大劇場」です。ここは1950年にソ連によって建てられました。会場前に移っている人影は「支那人」ダフ屋です。とにかくしつこく話しかけてきますが、無視します。

クリックすると元のサイズで表示します
「公演案内」のアップと写る「支那人」ダフ屋です。

クリックすると元のサイズで表示します
公演45分くらい前に入場しました。ロビーの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
二階席へ通じる階段です。

クリックすると元のサイズで表示します
通路の掲示物からこの劇場の歴史が学べます。1972年6月に時の総理である周恩来が来て観劇していった時の様子です。日中国交正常化の前なので、この公演時に居合わせた日本人はまずいないと思われます。私も生まれる前ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
開演30分ぐらい前になると扉が開いて中に入れました。劇場内の様子です。係員さんが席まで誘導してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
天井です。

クリックすると元のサイズで表示します
劇場の前方左側と、

クリックすると元のサイズで表示します
前方右側です。

クリックすると元のサイズで表示します
前座はマジックショーでした。会場内の空気を暖めます。この日は子供連れのお客さんも多かったですね。

ピエロが宝探しをしていく、という約90分の公演です。公演内容の一部を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロープ上で一輪車です。

クリックすると元のサイズで表示します
輪潜りですね。「イッテQ」の企画で台湾で「みやぞん」もやっていましたが、こちらは3メートル超のありえない高さです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国雑技団といえば軟体女性です。「人間ツリー」の上での演技です。御覧のように観客は皆、カメラのシャッターを切りまくりです。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた人間2人分の高さである、3メートル超の高さでの演技です。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい演技に引き込まれます。

クリックすると元のサイズで表示します
中国雑技団の演技のメインは全て女性です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の演技は自転車です。バランス感覚が凄くて、

クリックすると元のサイズで表示します
タイミングを計って、最後の最後は演者全員で乗ります。15人ぐらいでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
あっという間の90分公演でした。生での観劇はやはり迫力と感動が桁違いでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
終演は夜9時でした。夜の「大連人民文化倶楽部大劇場」です。

クリックすると元のサイズで表示します
他の観客と一緒に「中山広場」内を歩いて帰宅します。昨年閉館した、日本統治時代に南満州鉄道が経営した高級ホテルチェーンで最も格式の高いホテルだった、1914年竣工の「大連ヤマトホテル」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップは全て消され、閉館が実感できます。

クリックすると元のサイズで表示します
真っ暗ですね。リニューアルはいつでしょうか。第一級の「遺産」です。これまでこのホテルに関係した「支那人」を漏れなく一斉排除し、新たに中国人の手で新装開店してくれることを願って止みません。

中国在住ですから、本場・中国での「中国雑技団」の生観劇は良い記念になりました。大連らしく、また滅多に無いチャンスでもありましたから、日本人の観客も居ましたね。結構、日本語を耳にしました。次回の公演も楽しみです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/36 
 
AutoPage最新お知らせ