中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連のガラガラ「邦画」上映映画館と偽「深夜食堂」

先月末のことになりますが、久々に邦画(日本映画)を見に行きましたので、その様子について書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
見に行った映画は『サバイバルファミリー』です。日本での劇場公開は昨年で、2017年2月11日です。こちら中国大陸での劇場公開は先月末の2018年6月22日ですから、一年ちょっとの「タイムラグ」がありますね。映画の内容詳細やレビュー、評価については「ヤフー映画」のこちらに譲ります。メチャクチャ見たい映画というわけではありませんでしたが、やはり映画館で見るのはDVDやテレビで見るのとは訳が違いますしね。娯楽の一環です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが中国大陸版ポスターです。

で、ネット(スマホ)でチケットを購入します。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずサイトは「猫目電影」を利用します。こちらです。左上でお住まいの都市を選択します。購入の際の注意点としては、

1、同じ都市内でも映画館ごとにチケットの価格が違う

2、同じ日の上映時間帯によってもチケットの価格が違う場合がある

3、日本語音声版(中国語字幕)と中国語音声版(吹き替え)の上映がある

ですね。映画館によっては二倍以上の価格差があります。日本のように全国統一料金ではないということです。

こちらが中国の映画館で見られる(た)日本映画ですね。大連では現在、上映中の日本映画はありません。

こちらが近々来るとされる日本映画ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
で、『サバイバルファミリー』ですね。大連ではもう終わってしまいましたが、北京ではまだ公開中ですね。本日までの興行収入は1130万元とありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
私が選んだ映画館は「東融大都会影城」です。市中心部「青泥窪橋」のショッピングモール「百年城」の、「解放路」を挟んで斜め向かいにある、旧ショッピングセンター「大都会」の4階です。近くにあるローソンで映画を見ながら食べるおにぎりと飲み物を購入してから行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口は「解放路」沿いではなくてビルの裏側ですね。ぐるっと裏手に回ります。すると映画館専用の入り口がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
各シアターはエレベーターで上がって4階です。更に階段で上がって5階にもあります。ロビーですね。雰囲気的には日本と変わりません。映画のパンフレット販売は日本独自の制度ですからありません。グッズ販売も殆どありません。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーゲンダッツのアイスが売っています。

クリックすると元のサイズで表示します
シングルが25元(=約420円)、ダブルが45元(=約760円)、ですか。中国ってハーゲンダッツが本当に高いですよね。気軽に味わえる価格ではないです。蛇足ながら、JAL(日本航空)の日中路線ではエコノミークラスでも機内食に必ずハーゲンダッツが付きますね。中国人はビックリ&大喜びですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
チケット売り場です。現金では買えるんですかね?ネット(スマホ)決済だから安くしているんでしょうけど。

ちなみにネット(スマホ)決済が使えない場合はどうするか?近くに居る中国人に「私は外国人なのでスマホ決済が出来ない。あなたに現金を支払うから代わりに買ってくれないか?」と言えば大体OKです。外国語の会話力の向上にはコミュニケーション能力の向上が欠かせません。どんどん自分から話しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
購入したチケットです。日本語音声上映版を選び、価格は全席20元(=約340円)でした。先程のハーゲンダッツアイスより安いです。日本だと一般の通常料金は1800円ぐらいですから約5分の1以下ですか。購入時に座席指定もありますが、全席が空席でした。「貸し切り」上映かも(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
開場時間までロビーをブラつきます。多くのクレーンゲームがある中で「旅かえる」と「ドラえもん」です。中国ですからまあ、偽物でしょう。

上映開始まで10分ぐらいになって上映シアターに向かいます。この日の『サバイバルファミリー』の上映は「8番シアター」です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「VIPシアター」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「6番シアター」の前を通って、

クリックすると元のサイズで表示します
扉を開けて中に入ると、案の定、誰も居ませんねえ(笑)。こうなると座席指定も関係無いです。暗い写真で申し訳ありません。

上映直前になって2人、上映後に数人入ってきました。約2時間、非常に快適な映画鑑賞でしたね。

中国の場合、日本の映画上映と違って、

1、開始前の予告が殆ど無いので、直ぐに本編が始まります。

2、「支那人」客は静粛ではありません。上映中にもかかわらず私語を慎まない奴が居るということです。

3、「支那人」客はスマホをマナーモードにしない奴が居ます。また上映中にもかかわらず電話に出て、話し始める奴も珍しくないということです。

4、日本映画、中でも日本語音声上映版は基本、どこもガラガラです。

クリックすると元のサイズで表示します
日本映画のキラーコンテンツはアニメで、最強は「ドラえもん」です。日本ではガキと親がセットで見に来るのが殆どだと思いますが、こちら中国では結構、二十歳前後のカップルで見に来る場合が少なくありません。客層に違いがあるということです。先月、こちら中国で上映された『ドラえもん のび太の宝島』の興行収入は2億900万元ですね。

続くのが「名探偵コナン」や「クレヨンしんちゃん」、「ポケモン」といったところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
『君の名は。』は別格です。まあこの映画はとりあえず見に行こう、流行に乗ろうという「大衆心理」も働いたと思いますね。興行収入は5億7600万元(=約95億円)ですね。中国における日本映画の最高記録です。

さて話は変わって、こちら中国で人気のある日本映画の一つに小林薫さん主演の『深夜食堂』シリーズがあります。公式サイトはこちらです。中国では「北京衛視」が製作した中国リメイク版があるほどの大人気作品シリーズです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の夏はこちら中国で『続・深夜食堂』が公開されました。

クリックすると元のサイズで表示します
興行収入は1388万元ですね。

で、この「深夜食堂」ですが、なんと実店舗(!)が大連にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
場所は市中心部の五つ星ホテルが多い「人民路」から近くて歩いて行けます。「丹東街」と「益民街」が交差する場所です。

クリックすると元のサイズで表示します
店の外観です。営業時間は11時から14時まで、18時から早朝まで、と書かれています。

何故「支那人」は世界中から見下され、リスペクトされないか?

答えは不要ですね(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で防虫剤の空中散布が始まる、そのため港を散歩(2)

今朝の大連は昨夜の霧が消え、午後には快晴となりました。大気の状態は非常に良いです。セミの声はうるさく、トンボが多く飛んでいます。トンボって秋の季語ではないかと思うんですが、大連ではセミとトンボって一緒ですね。このトンボの種類は何でしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
午前中は曇りだったのですが、旧大連外国語学院の裏で「武昌街」の辺りを歩いていたらヘリが飛んでいましたね。写真左に「気象塔」です。防虫剤の空中散布ですね。

西日本の被害は言葉になりません。平成最後の夏にこの大災害です。「平成」の名の由来は「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味だそうですが、現実は逆ですよね・・・。「平成=災害」、と認識している日本人は決して少なくないでしょうね。昭和はやはり「戦争」でしょう。

さて、今日のエントリーは前回の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します
防波堤の前に「人口島」が浮いています。居るのは野郎ばかりです。写真左になりますが海面には人の頭。何だ?

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。シュノーケリング教室のようですね。インストラクターの方でしょうが、「野球帽」を被って海に入っている人って初めて見ましたね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
手前にも海中からブクブク泡が出てきて、しばらくしたら二人、海面に出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。なかなか可愛い子です。ずっと抱きっぱなしで指導出来るんですから羨ましい仕事です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐそばには看板が出ていましたね。中国語の下に英訳が併記されているので和訳は不要でしょう。一番下に「プロの潜水コーチがマンツーマン指導、絶対安心!」とありますね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨットハーバーの方に移動します。写真左に移る「緑の丘」ですが、丘の下には新たに公衆便所が設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨットにクルーザーがひっきりなしに出入りします。沖合いにはタンカーにフェリー。ウミネコも気持ち良さそうに飛んでいます。港町・大連が実感できます。

クリックすると元のサイズで表示します
水上バイクもカッ飛んでいます。すぐお隣の岸壁には空母「遼寧」と「遼寧」型空母2番艦が停泊していますから、これで見に行ったら銃殺ですかね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはバナナボートですね。「三連バナナ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
たくさんのウミネコを引き連れての出港です。ウミネコって本当に「海猫」で、猫の鳴き声にそっくりです。カモメとウミネコの違いが分かるのも大連人ぐらいではないですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
「お尻」に水上バイクが搭載されています。お金がかかっているクルーザーですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「女性ライダー」です。後ろはインストラクターでしょう。手首と手首が繋がれていますね。転倒の際の漂流防止でしょうか。先程の「野球帽インストラクター」といい、ウェットスーツ無しの「私服ライダー」といい、日本人的には「ズレ」を感じざるを得ませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
三連バナナボートが帰港して来ました。これって「ビーチ」で楽しむもので、空母にタンカーやフェリー、ヨットやクルーザーが通る「港」でやるものではないと思います。やっぱりズレているんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
当人たちは結構楽しめたようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
出港するヨットです。写真左奥にはイタリアの「コロッセオ」、「凱旋門」です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。大連にイタリア人は少ないですが、彼らが見たらどう思いますかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
周囲には高層ビルも建ち始め、ますますカオスな風景に磨きがかかってきました。

この「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区については過去に取り上げました。ここもまた「話のタネ」に一度訪ねる価値はありますよ(笑)。

大連の地下鉄が海へ延伸(3) 「てんこ盛り」の「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区を歩く
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/568.html

クリックすると元のサイズで表示します
隣では飲食できるテントがズラリと並んでいましたが、御覧の通り開店休業状態でガラガラでした。写真中央奥に「コロッセオ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
水上バイクですね。ヤマハのバイクです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはカワサキのバイクですね。御覧のようにレンタル料は150元(=約2520円)、190元(=約3190円)ですか。美女のお客さんが待機中ですね。郊外のリゾート地である「金石灘」の「ゴールデンビーチ(黄金海岸)」では100元(=約1680円)で「営業」しています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはヨット組ですね。乗り場で尋ねたら、お一人様260元(=約4360円)だそうです。

こちら満州でマリンスポーツが楽しめる町は大連だけでしょう。しかしここは責任転嫁の国であり、命はとても安い国です。バンジージャンプ、ジェットコースター・・・。命に直結するスポーツやアトラクションの参加は自己責任でお願いします。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で防虫剤の空中散布が始まる、そのため港を散歩(1)

昨日の朝も今朝も大連は少し雨が降りました。西日本の豪雨は桁外れですね。被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
このところ天気は今一つですが、大気はかなり良いです。昨夜は風もあって肌寒さを感じたぐらいでしたね。今朝は雨から霧雨となり、今晩は少し霧が出てきました。

先週末で七夕の7日(土)から防虫剤の空中散布が始まりました。この時期は窓を閉めての外出となり、洗濯物も部屋干しが基本です。今回の空中散布ですが、

7月7日(土)〜15日(日)
8月7日(火)〜15日(水)

となっています。

空中散布場所です。大連地元紙『半島晨報』のネット版の記事をお借りしました。

クリックすると元のサイズで表示します

空中散布記事の全文はこちらです。大連「市内」に在住の方は御確認下さい。

御自宅の住所が含まれていなくても、念のため、この期間、日中は窓を閉めておきましょう。中国は「朝令暮改」が常識の国だからです。

さて、防虫ですが、町の街路樹も結構「治療」が施されていますね。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」周辺の光景です。

クリックすると元のサイズで表示します
街路樹に「点滴」がぶら下げられています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の病院と言えば、とにもかくにも患者に抗生物質を過剰投与することで有名ですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
「生々しい」光景です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「液漏れ」していますね。私には街路樹からの悲鳴の声が聞こえます。

空中散布ですから、この期間は「山」の方に行くのは避けなければなりません。ということで、先週末は緑の無い場所=港、へと散歩コースを採りました。

地下鉄に乗って「会議中心(国際会議センター)」駅で下車です。地下鉄ですと、大連駅の最寄りとなる「民主広場」駅から3駅移動するだけで10分もかかりません。

「会議中心」駅の「C」出入り口から地上に出て、あとは巨大な国際会議センターへ向かって歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します
良い天気、大気です。海風が強過ぎず、弱すぎず、で最高の気分です。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチに座って昼御飯です。「青泥窪橋」の大連商城で買ってきたチキンバーガーです(笑)。写真中央に小さく写っているのが海を隔てて向こう側、「開発区」のシンボルである大黒山です。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチの前は海、後ろに国際会議センターですね。ここはダボス会議が行われる所で有名です。

クリックすると元のサイズで表示します
食べ終えて一息入れ、海辺に近付きました。対岸の遠景です。左が、「開発区」のシンボルである大黒山です。右の小さい山の頂上には、「開発区」のランドマークタワーであるUFO展望台があります。

クリックすると元のサイズで表示します
大黒山のアップです。この日は頂上に雲の傘を被っていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
右の山の頂上にあるUFO展望台のアップです。この日は大気の状態が良かったのでハッキリと見えましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
UFO展望台の前をフェリーが通ります。大連と山東省(煙台)を結ぶ定期航路です。大連湾新港に入港します。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは出港するフェリーですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今はマリンスポーツのベストシーズンを迎えていますので、クルーザーやヨットの数もとても多いです。ひっきりなしに入港、出港が繰り返されます。

さて、ここ港の広場はとにかく広いし、舗装もしっかりしているので、他者に気兼ねなく遊べます。ローラースケート、スケボー、キックボード、セグウェイ(バランススクーター)、自転車、三輪車、何でもOKです。

クリックすると元のサイズで表示します
そんな中、「セーラー服」姿の女の子がスケボーですね。大学生だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
「絵」になります。若いって良いねえ(笑)、お幸せに。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。


投稿者:dalian4649

2018年「大連ビール祭り」の復活と開催日時について

W杯はアフリカ、アジア勢が消え、ブラジル、ウルグアイの南米勢も敗退、残りは「安定の」ヨーロッパ勢のみでの決着となりました。もしベルギーが(初)優勝したら、「一泡吹かせた」日本代表は、また世界的にクローズアップされるんではないですかね。

さて、大連のこの時期、毎年恒例であるビール祭りですが、政治的要素が原因で、昨年は中止、今年は復活となりました。このところW杯の話をネタに食事や飲みをすることが多いですが、同時に大連ビール祭りの話題も良く出るので、今日はこの話題を書きます。

2018年大連ビール祭りは、正式名称を「第19届 中国国際啤酒節博覧会」と言います。

開催場所:
星海広場(例年通り、アジア最大面積を誇る広場)

本格的な開催となる夕方以降は周囲が大渋滞となるので、バス、タクシー、路面電車での来場は避け、地下鉄がお勧めですね。アクセスはバス、路面電車、地下鉄、全て「星海広場」駅下車で、あとは入り口とすぐ横にあるチケット売り場まで人民の流れについていくだけ(笑)です。

開催日時:
2018年7月26日(木)〜8月6日(月) 9:00〜22:50 
本格的な営業は毎日夕方17:00以降です。

入場料:
開幕日(7月26日)のみ30元(=約500円)、以降は20元です(=約340円)。身長130センチ以下の子供は入場無料です。

蛇足ながら、うちの近くの商店では、サントリーのスーパードライ(日本同様、銀色の缶で500ml)が7.5元(=約125円)です。

御参考までに前回(2016年)のチケットです。

クリックすると元のサイズで表示します
冊子型です。

クリックすると元のサイズで表示します
入場時に半券が切り取られます。

クリックすると元のサイズで表示します
会場の星海広場の地図です。

クリックすると元のサイズで表示します
各種クーポンも入っています。

今年の開催の詳細はこちらこちらにも詳しいです。

過去に行ってみての感想ですが、

1、高い

2、うるさい

3、汚い

4、レアビール無し

5、ドン引きコンテスト

です。

1ですが、食べ物が高過ぎます。物によってはボッタクリ価格です。前回は開催期間の中盤になって、食べ物価格を一気に下げたという失敗開催でした。

2ですが、うるさいです。スピーカーを最大ボリューム(?)にして音楽を流し続けているため、とてもじゃないですが座って飲んでいられません。隣の席の友人との会話にも支障が出ます。早くその場を離れたいのが正直な感想でした。

3ですが、つばを地面に吐いたり、ゴミや食べカスをそのまま机の下に捨てたり、残して離席するので、日本人的には食事したくなる状況ではありません。仮設トイレにいたっては、かなりカオスな状況でした。

4ですが、年に一度の大規模ビール祭りというわりに、この時にしか飲めないレアビールがありません。私は大連で楽しめる「オクトーバーフェスト」を期待して行ったのですが、全く違いました。「オクトーバーフェスト2018 日本公式サイト」はこちらです。

5ですが、「早さ」を競うビール早飲みコンテストや、「量」を競うビール大飲みコンテストをやって盛り上がっていました。日本人は急性アルコール中毒の悲劇を知っています。皆で飲むビールとは、とにもかくにも「楽しく飲む」ものです。「ズレ」を感じざるを得ませんでした。

個人的に、このビール祭りは「飲んで楽しむものではなく、見て楽しむイベント」だと思いましたね。

最後に注意点ですが、

1、入り口やチケット売り場に多く居るダフ屋から格安入場券を買わない。小額を惜しんで偽チケット騒動に巻き込まれないように。

2、酔っ払い等に絡まれたら応戦せずに逃げる。これを「逃げるが勝ち」と言います。恥ずかしいことではありません。

3、見知らぬ中国人や「支那人」(特に「女」)には付いていかない。こんな場所で始まる「国際純愛」などありません。

4、飲食物ですが、口に入れて何か違和感を感じたらすぐに吐き出し無理に食べない、飲まない。

5、お会計の際、数と価格は必ずチェック。現金払いならお釣りと偽札を必ずチェック。

6、酔うと注意力も散漫になります。スリと置き引きに注意。

ということです。

ともあれ、アジア最大面積を誇る広場で行われるイベントです。規模はとにかく大きいので、「話のタネに」一度見てみるのも良いかも知れませんよ。




参考記事:
ビール早飲み祭りで優勝した男性が死亡 ― 飲んだビールの量は6リットル

 スペインで7月18日、ビール早飲み祭りで優勝した45歳の男性が死亡した。スペインの英語メディア The Local が伝えている。
 同メディアによれば、スペインのムルシア州で開催されたビール早飲み祭りに参加した Joaquin Alcaraz Gracia さんが、優勝を決めた直後に嘔吐し始めたという。現場に居合わせた Antonio Alcaraz さんは、その時の現場の様子を地元スペインの新聞に対して次のように語っている。
 「Gracia さんは、祭りで6リットルのビールを飲み優勝した。トロフィーを受け取ったとき、彼はそれを高々と持ち上げて見せた。そのとき、彼は元気そうだった。だがその後吐き始め、嘔吐はいつまでたっても止まらなかった」
 やはり現場に居合わせた Pedro Rodriguez さんは地元紙に対し、吐き始めた後の Gracia さんの様子を説明している。
 「Gracia さんは大量に嘔吐したが、私は彼のそばに10分ほど座っていた。やがて彼は眠りに落ち、いびきをかき始めた」
 だが Gracia 氏は眠りに落ちたわけではなかった。救急隊員が到着したとき、Gracia さんはすでに心停止状態だったのだ。
 彼が搬送された病院の職員は、Gracia さんの様子を次のように説明している。
 「救急救命センターに到着したとき、Gracia さんのバイタルサインはとても弱かった」
 ほどなく、Gracia さんは亡くなった。死因はまだ明らかにされていない。
 ビール早飲み祭りのルールはとてもシンプルだ。参加者は、1リットルグラスに注がれたビールを飲む。20分間で最も多くのビールを飲んだ参加者が優勝となる。
 だが6リットルのビールは、 Gracia さんの体には負担が大きすぎたのかもしれない。救急隊員は Gracia さんの体が「(祭りに参加するには)太りすぎだった」と述べている。
 地元の当局は、ビール早のみ祭りには長い伝統があるとしながらも、当面は祭りの開催を見送ると述べ、3日間の服喪を宣言した。
2013/07/22
https://entabe.jp/news/article/2461


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

平成最後の夏と大連に残る「昭和」

今朝はいきなりの雷でビックリしました。

クリックすると元のサイズで表示します
日の出(4:27)直後、朝4時半過ぎの様子です。雷雨でした。

今日のエントリーは二週間ほど前のことになりますが、散歩した時の様子を書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
点々と白く写っている花は大連の代名詞「アカシア」です。至る所に咲いています。

大連の「アカシア」の開花ですが、ピークが二回あるのが特徴です。まずは市内の「アカシア」が咲き始め、散ると、次に海辺や海に近い所の「アカシア」が咲き始めます。おそらく海風が直接当たる所と当たらない所で、開花のズレがあるのだと思います。ですから市内の「アカシア」が終わってしまったところでガッカリする必要はありません。海辺や海の近い所に行けば、満開はこれからなので改めて楽しめる、二度楽しめるということです。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。この辺りは人通りすら少ない山の中なので、大気汚染や排気ガスに邪魔されず、香りがストレートに楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します
で、山の中には「アカシア」蜂蜜の即売所が大体営業しています。もちろん開花の時だけの期間限定ですね。御覧の無数の箱の中はミツバチと蜂蜜で一杯です。こういう所で「本物」を買う訳です。「美味しいよ、買っていくかい?」と声を掛けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
散歩中にこのような植物を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
既に枯れていますが、何ですかね?

しばらく歩いていると何か気配を感じました。こういう場合、大体「野ション」をしている女性か「野グソ」をしている「支那人」なんですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
野鹿でした。二度目の遭遇なので驚きはありません。二頭がこちらを見ています。

大連でのクリスマス、そして野生の鹿の群れに遭遇してビックリ仰天する
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/596.html

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
動きません。

クリックすると元のサイズで表示します
お互いににらめっこです(笑)。静寂の中、時間だけが過ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
安全確認できたのでしょうか、また森の中へと帰って行きました。自然が残っていますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
公共バスに乗って数駅移動です。終点の「森林動物園」に来ました。バス停近くの遊歩道を歩きます。点々と赤く写っている花もまた大連の代名詞「アカシア」です。

クリックすると元のサイズで表示します
上を見上げます。咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。御覧のように、ちょうどミツバチが「仕事中」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めると「星海湾大橋の撮影絶景ポイント」があります。この場所を知っている日本人は少ないと思われます。使って下さいな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
絶壁から「黒石礁、大連海事大学、万達広場」方面へと、海上に伸びるハイウェイが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
少し角度を変えます。良い景色でしょ?

クリックすると元のサイズで表示します
橋の「終点」の「黒石礁、大連海事大学、万達広場」方面をアップで。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、波は殆ど無く、洋上には木製の小さな船が多く見られました。

夜になると橋はライトアップされます。これまたこの日のような大気汚染の無い日は素晴らしい景色となりますよ。今の時期ですと夜7時半過ぎが良いと思います。こういう場所で、こういう時間を狙って、異性には「告白」しましょう(笑)。ただ成功して喜び勇んで崖から落ちないように(笑)。

帰りは「桃源街」で下りて、少しブラブラしました。

クリックすると元のサイズで表示します
「コオロギ屋」です。中国では闘蟋(とうしつ)という、唐の時代から始まったオス同士を喧嘩させる伝統的賭博競技が有名です。で、日本人がイメージするコオロギとは種類が違います。大きくて鳴き声も違います。可愛さは全く無く、強さだけが感じられると思います。男の子はこういうのが好きなんですよ(笑)。

上部のカラフルな竹カゴに入っているのが30元(=約520円)、下部の普通の竹カゴに入っているのが25元(=約440円)でした。餌は野菜なら何でも食べてくれますが、キュウリが良いと思います。ガリガリと音を立てて食べますよ。結構な迫力です。大体、冬本番前に死んでしまいます。日本だったら夏休み頃に飼い始めるカブトムシやクワガタと同じ感じですね。

「竹かごに入ったコウロギ」と言えば、1987年公開の、清朝最後の皇帝で後にこちら満州国の皇帝にもなった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画であり、アカデミー賞作品賞を受賞した『ラストエンペラー』の故宮での最後のシーンを思い出した方は少なくないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ近くには「青空床屋」です。一回切ってもらうと大体10元(=約180円)ぐらいですね。中国の床屋ですが、住宅地や学校周辺に在るのが安くて狙い目です。

大連には「昭和」が多く残っていますよ。これから「平成」最後の夏ですねえ。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/37 
 
AutoPage最新お知らせ