中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国サッカーの大連「支那人」サポーター

大連は三日続けての晴天です。中秋節の三連休は終わってしまいましたが、この「三日間連続晴天」が中秋節の時だったらなあ〜、と思いますね。

さて、先日、先週末8月30日(土)に行われた、2014年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第23節「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州富力(こうしゅうふりき)」の生観戦記を3回にわたって記しました。こちら()、()、()です。

「広州富力」の外国籍選手、チャン・ヒョンス(張賢秀、韓国、22歳、背番号15、元FC東京)に対して、大連の観客が「バカチョン(中国語:高麗棒子)!」と罵声を浴びせた件を記しましたが、この中国サッカー(大連サッカー)の現状に対して、「信じられない」、「驚いた」、を意味するコメントを頂きました。道徳、マナーの面で、「世界のサッカー(スタジアム)」とあまりにかけ離れている、という驚きです。

「中国のサッカー」はスポーツマンシップを否定した、そのあまりに非常識なプレーぶりから「カンフーサッカー」と揶揄されているのは有名ですが、この大連での試合は、たまたまサポーターが「やんちゃな姿」を見せた試合でもあったので、その「支那人」ぶりを取り上げたいと思います。

まあ、中国サッカーを何年にも亘って、ちょくちょく生観戦している身にとっては、「大連のスタジアムの、ほのぼのとした日常風景」に過ぎません(笑)。日本のマスコミはなかなかスタンド内の様子までは取り上げませんねえ。ぜひ女性(ここが大事!)通訳さんと共に足を運び、観客が何を言っているのか、何を皆で揃って大声でコールしているのかを通訳してもらいながらの生観戦をお勧めします(笑)。恋人や良家のお嬢さん、難関大学に通う女子学生などとは「絶対に」一緒に行ってはいけませんよ!中国のスタジアムというのはそれぐらい「下品な」所です。

なお、写真は全て中国のサイトからの転載です。まずはこの試合を振り返りますが、審判の誤審で、2部リーグ(中甲)降格まで後が無い、ホームの「大連阿爾濱」が勝利をものに出来なかったというのが「結論」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」を率いる倉田安治監督です。試合前の国歌斉唱の時ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
試合中の倉田監督と、対戦相手の元イングランド代表監督でもあったエリクソン「広州富力」監督です。「0:0」で終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
試合後の記者会見に臨む倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
審判に試合を台無しにされ、無念の表情が感じられる倉田監督です。チームは8戦連続未勝利、倉田体制になって、クラブは「1勝4敗4分け」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の「主役」です。まずはロンドンオリンピック男子サッカー3位決定戦の試合後、韓国の国旗と共に「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれたメッセージを掲げた大バカ野郎=パク・チョンウ(朴鍾佑、MF、25歳、背番号8、韓国代表)です。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてもう一人の「主役」、初スタメンの新外国人、エステバン・ソラーリ(アルゼンチン&イタリア、FW、34歳)にからんで罵声を浴びたチャン・ヒョンス(張賢秀、韓国、22歳、背番号15、元FC東京)です。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりに不可解なジャッジが続き、キレ気味に抗議するニクラス・バックマン(スウェーデン、DF、25歳)です。スウェーデン代表6試合です。戦う姿を前面に押し出す、チームに不可欠の「当たり」外国人です。

試合とクラブの状況をさらりと「復習」したところで、では本題に移ります。このような試合となってしまって、メインスタンドの大連「支那人」サポーターの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
メインスタンドの「鉢巻姿」の「コールリーダー」を先頭として、最前列の数人が手に紙幣(中国人民元)を持っているのが確認できます。珍妙なジャッジを繰り返した審判に対して、

1、いくらで買収されたんだ?
2、試合前、カネを受け取ったのをお忘れか?
3、買収額が足りないか、追加してやるぞ!

という「多角的な」意味です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。手にしているのは人民元の最高額紙幣となる100元(=約1740円)札ですね。この「札見せ」抗議は中国では「メジャー」なので、以前にも取り扱いました。

暴力と「買収」は中国サッカーの華
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/293.html

クリックすると元のサイズで表示します
「コールリーダー」です。やはり紙幣を手にしています。このおっさん、「大連サッカー界」では知らない人はいないほどのメチャクチャ有名な人です。江頭2:50と同じで、公の場に現れる時は365日いつも、「上半身は裸、下半身は黒」の姿です。ここ満州大連における開幕戦の頃、最終戦の頃は酷寒(!)ですよ。で、顔、体中に墨で漢字の「メッセージ」を書いて現れます。前ホームスタジアムであった「大連金州体育場」時代から、試合中、メインスタンド、バックスタンド、ゴール裏、スタジアム内のあらゆるエリアに神出鬼没で現れては消える「一匹狼」です。スタジアム内の全エリア一切フリーパス、はおそらく彼だけだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
いつも審判や相手チームの選手に対してはボロクソ言う方です。彼からは教科書では学べない、中国語らしい中国語、即戦力の中国語、が学べますよ(笑)。中国語学習の楽しさの真髄は、その豊富な「汚い言葉=スラング」にあると思います。周囲も笑っていますね。警官は見て見ぬふりです。

クリックすると元のサイズで表示します
罵詈雑言を浴びせている様子が思いっきり伝わってきます。右の黒タンクトップ姿のサポーターは中指を立てていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
今度は「唾吐き」攻撃ですね。日本でもおなじみ、中国人といったら「唾、痰吐き」、「手鼻」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「唾吐き」と「中指」のコラボです。サポーターの鑑ですわ(笑)。ご覧のように警察は何もしません。してもしなくても給料は一緒だからです。

日本(世界各国)だったら、スタジアムに(永久)入場禁止、クラブには罰金でしょう。中国なら、おらがクラブの「名誉サポーター」、「英雄」といったところです。

以上、「無修正」で、「現実」をお送りしました。

蛇足ながら、中国サッカーのトップディビジョンである「スーパーリーグ(中超)」の監督と言えば、我らが倉田安治「大連阿爾濱」に加え、今回の対戦相手のエリクソン「広州富力」、リッピ「広州恒大」が有名ですが、もう一人、日本人的には有名な人、いや、「奴」がいます。「河南建業」の賈秀全(かしゅうぜん)です。

クリックすると元のサイズで表示します
Jリーグ開幕(1993年)時にガンバ大阪にいたDFで、Jの21年の歴史の中で、J1に所属した唯一のレギュラークラスの中国人選手ですね。日本人的にはラモス(現「FC岐阜」監督)と小競り合い、一年間で三度の退場、が、中国人的には「八百長野郎」、で有名な大連人です。今シーズンの途中(6月3日)、監督として表舞台に復帰してきましたね。「八百長野郎」が復帰・・・。日本じゃまずありえませんね。

サッカー「中国代表」選手になるにはカネである
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/300.html

クリックすると元のサイズで表示します
これまた蛇足ながら、賈秀全が在籍した当時の、ガンバ大阪の監督であった釜本邦茂さんは、この夏7月6日、大連に来てサッカー教室を開きました。

「大連サッカー」は資金難で今シーズンで消滅が濃厚も、後は倉田監督に残留を確定してもらって有終の美を飾って欲しいと思っています。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国サッカー、「竹島は韓国の領土」野郎が大連に来た(3)

中秋節の三連休二日目。今日の大連も昨日ほどではないものの、朝から酷い大気汚染でした。

クリックすると元のサイズで表示します
朝、7時の段階でPM2.5の数値は市中心部「青泥窪橋(大連駅)」で「158」です。市内各所もご覧のように「中国らしい」数値です。

さて、今日のエントリーも昨日の続きで、先週末8月30日(土)に行われた、2014年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第23節「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州富力(こうしゅうふりき)」の生観戦記です。後半戦の様子を記します。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイム中の様子です。武装警察も配置に付きます。観客の民度は低いですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
後半のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」のコーナーキックです。無観客試合ではありません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
後半では「広州富力」のもう一人の韓国人、チャン・ヒョンス(張賢秀、韓国、22歳、背番号15、元FC東京)と「大連阿爾濱」の新外国人エステバン・ソラーリ(アルゼンチン&イタリア、FW、34歳)がもめ、両者共にチームメイトに引き離されます。大連の観客は相変わらず「バカチョン(中国語:高麗棒子)!」と罵声を浴びせます。

クリックすると元のサイズで表示します
フリーキックの機会も得点には結び付きません。

クリックすると元のサイズで表示します
両チーム共に攻撃の形が作れず、精度が低いのにロングシュートを多用します。「大連阿爾濱」はパスミスが多くて全然繋がらず、カウンター攻撃の時も選手が走りません。「広州富力」はポゼッションで「大連阿爾濱」を上回るも、枠に飛んだシュートは一本だけで全く恐さがありません。メインスタンドでは失笑が漏れる試合で、90分が過ぎ、ATです。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了直前、PA内で陳涛(MF、29歳、背番号10)が倒されるも主審は流しました。騒然とするスタジアムです。熱い倉田監督はTAを離れ、敵陣へ、更にはピッチ内へ入らんばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐに試合終了の笛です。ピッチに物を投げ込む大連の観客です。

クリックすると元のサイズで表示します
納得のいかない表情の倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
「広州富力」は何とか逃げ切りました。ピッチに座っているのは、ロンドンオリンピックでの「竹島は韓国の領土」野郎=パク・チョンウ(朴鍾佑、MF、25歳、背番号8、写真右)です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合が終わり、エリクソン監督と握手を交わす倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
「0:0」で終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
審判団が帰ってきました。メインスタンドの観客は物を投げ、「馬鹿野郎」、「八百長野郎」、「買収野郎」など徹底的に罵声を浴びせます。

クリックすると元のサイズで表示します
倉田監督もジャッジの酷さを訴えます。

クリックすると元のサイズで表示します
審判団は「我関せず」で足早に退場です。唖然とする倉田監督以下コーチ陣です。

クリックすると元のサイズで表示します
コーチ陣はなおも第4審判に詰め寄りますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
これで倉田「大連阿爾濱」は8戦連続未勝利となりました。倉田監督になってクラブは「1勝4敗4分け」です。

クリックすると元のサイズで表示します
退場する倉田監督です。この日は交代枠を2つ残しての試合終了でした。まだ今シーズンは「終戦」ではありません。共に頑張りましょう!!!

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了後、サポーターへ挨拶に行くイレブンです。

クリックすると元のサイズで表示します
主力の怪我、そして何よりも14か月の給料未払いは辛いよなあ・・・。

「大連サッカー」、どうしてこうなった・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国サッカー、「竹島は韓国の領土」野郎が大連に来た(2)

中国は中秋節三連休の初日です。

クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら大連は酷い大気汚染で、昨日からの大気汚染は時間の経過と共に酷く悪化し、PM2.5の数値は市内「甘井子」で「265」、「星海広場」も「201」を記録しました。今朝も外は霞で、朝7時の段階でご覧のように「星海広場」が大台の「200」、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」も「168」です。今日は窓を閉め切って自宅待機ですね(泣)。

さて、今日のエントリーも昨日の続きで、先週末8月30日(土)に行われた、2014年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第23節「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州富力(こうしゅうふりき)」の生観戦記です。前半戦の様子を記します。

クリックすると元のサイズで表示します
前半戦のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始直後のバックスタンド全景です。中心部だけ埋まっています。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始直後から前線で、細かい指示を出す「大連阿爾濱」倉田安治監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
闘志が感じられる采配です。

クリックすると元のサイズで表示します
戦況を見守ります。

クリックすると元のサイズで表示します
一方で、対戦相手「広州富力」の監督はあっと驚く、2002年日韓W杯、ベッカムが中心だった時のイングランド代表監督、あのエリクソン(スウェーデン、66歳)です。この人もまた「広州恒大」のリッピ監督のように、かなりの大物なので、説明は不要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
何でここに居るの?何でこのチーム、こんなサッカーやっているの?といった感じですが、指導者人生最晩年として中国を選んだんですね。


クリックすると元のサイズで表示します
共にベンチ前の前線で指揮を取る倉田監督(左)とエリクソン監督(右)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「広州富力」のCBは元「大連実徳」のキャプテンであり、現「広州富力」キャプテンでもあるベテラン張耀坤(33歳、背番号5、写真下)、そしてチャン・ヒョンス(張賢秀、韓国、22歳、背番号15、元FC東京、写真上)です。

クリックすると元のサイズで表示します
エリクソン監督の指示を受けるチャン・ヒョンス(写真左)とロンドンオリンピックでの「竹島は韓国の領土」野郎=パク・チョンウ(朴鍾佑、MF、25歳、背番号8、写真右)です。

クリックすると元のサイズで表示します
エリクソン「広州富力」の目下の最大目標はACL出場権の獲得ですね。今シーズンは何とか実現しそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
「竹島は韓国の領土」野郎=パク・チョンウと「大連阿爾濱」の新外国人エステバン・ソラーリ(アルゼンチン&イタリア、FW、34歳)がもめます。ソラーリは前半31分にGKとの1対1のシュートを外し、ガッカリさせられました。

クリックすると元のサイズで表示します
倉田監督とチャン・ヒョンスです。FC東京の在籍は2シーズン、日本語は出来るんですかね?

クリックすると元のサイズで表示します
中国サッカー「足球」に侵され、この日は演技も絶好調のチャン・ヒョンスです。代表暦はU-18、19、20、22、23、そしてフル代表と凄いですが、中国リーグにいては今後の成長は望めません。無意味な時間稼ぎに対して、大連の観客は「バカチョン(中国語:高麗棒子)!」と罵声を浴びせます。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」のセットプレーです。この日は代表の于大宝(MF、26歳、背番号22、キャプテン)、呂鵬(MF、24歳、背番号8)の二人を欠き、非常に厳しい攻撃陣でした。

クリックすると元のサイズで表示します
キッカーは陳涛(MF、29歳、背番号10)です。この日はボールの持ちすぎに加え、独りよがりなプレーが目立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します
前半が終了し、引き揚げる倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイムで、どのように修正を図りますかね。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国サッカー、「竹島は韓国の領土」野郎が大連に来た(1)

昨日の朝は港町・大連ならではの素晴らしい天気でした。

クリックすると元のサイズで表示します
PM2.5の数値も市中心部「青泥窪橋」で、日本基準で通じる「46」です。

クリックすると元のサイズで表示します
今や一ヵ月に数回あるかないかです。

しかし出勤ラッシュの時間(=交通量の増加=排気ガスの増加)を迎えると、徐々に大気が汚染され、「霞」がかってきます。「寿命」は早朝の「数時間」だけです・・・。本日は早朝からダメダメです。

さて、久しぶりに中国サッカー、地元チーム「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」の話題です。日本人・倉田安治監督がシーズン途中(第15節)より率いるも、今シーズンは休日出勤が多く、なかなかスタジアムに足を運べず、テレビ観戦ばかりでした。クラブは金欠と給料未払いで解散(身売り、消滅)危機、更には2部リーグ降格危機を迎えています。

クリックすると元のサイズで表示します
クラブの給料の未払いは既に14か月間に及んでいます。9月1日付け大連地元紙『半島晨報』(A12ページ)の記事で、見出しは「(大連阿爾濱の)給料未払いは既に一年間超に及ぶ」とあります。正直、もはや中国サッカー・スーパーリーグ(中超)の参加資格すら無いと思います・・・。

では、先週末8月30日(土)に行われた、2014年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第23節「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州富力(こうしゅうふりき)」の生観戦記です。今シーズン2度目(泣)の生観戦です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のホームスタジアム「大連スポーツセンタースタジアム(中国語:大連体育中心体育場)」です。周囲には何もありません。市中心部「オリンピック広場」から、いつものサポーターバスに乗ってきました。往復13元(=約230円)、片道約45分です。

クリックすると元のサイズで表示します
チケット売り場です。試合開始1時間前に到着しましたが、窓口も一つしか空いておらず、客も誰もいません。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のチケットです。中国ですので、誰も守らず、「全席指定」も実質「全席自由」です。この日は「50元(=約860円)均一」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」の公式スポンサーであるコンビニチェーン「太陽系」が「移動コンビニ」を出すも、覗いたら割高価格設定でした。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始まで約1時間となり入場します。メインスタンドの入り口ゲートなのにガラガラです。

クリックすると元のサイズで表示します
治安が悪く、「無差別テロ」も頻発する中国なので、入場チェックは厳重です。空港における飛行機の搭乗と同じで、身体、持ち物、共に厳しいチェックがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口ゲート横では警官が一休みです。帽子も脱いでリラックスです。「仕事しろよ」と言いたいですが、客が少なすぎて仕事が無いか(笑)。バックでは「壮大な大気汚染」です。

クリックすると元のサイズで表示します
スタジアム内に向かいますがガ〜ラガラ。実質「全席自由」なので、メインスタンド中央部へ向かいます。チケットチェックもありません。

クリックすると元のサイズで表示します
中央部のやや左側(ホーム側)に座ります。倉田監督のベンチの裏です。着席して5〜10分もすると、試合開始前のウォーミングアップが始まりました。こちらは「大連阿爾濱」の練習風景です。

クリックすると元のサイズで表示します
スタジアムにはデカデカと、サッカーに興じる「習近平」のイラストが掲げられていました。「スポーツに政治を持ち込む」、これが中韓サッカーです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはアウェー側「広州富力」の練習風景です。広州「富力」。拝金主義の、実に中国らしいネーミングだと思います(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ記憶に新しい、ロンドンオリンピック男子サッカー3位決定戦の試合後、韓国の国旗と共に「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれたメッセージを掲げた大バカ野郎=パク・チョンウ(朴鍾佑、MF、25歳、背番号8)が、この日はスタメンです。

クリックすると元のサイズで表示します
スタメン発表です。まずは最近のクラブの状態から。「三連敗(7戦連続未勝利)」です(泣)。倉田監督が今シーズン第15節(7月20日)より率い始めましたが、「1勝4敗3分け」と厳しい状況です。中国代表の于漢超(MF、27歳)と李学鵬(DF、25歳)が6月に「広州恒大」へ移籍。「片手片足」をもがれ、今シーズンはこれでとどめを刺されました。金欠に給料未払いですから「売った」のでしょう。大きな戦力にはならなかったとはいえ、レオン・ベンコ(クロアチア、FW、30歳)、ナシャト・アクラム(イラク、MF、29歳)も給料未払いが原因で衝突、クラブから姿を消しました。

クリックすると元のサイズで表示します
張翀(GK、26歳)です。中国代表の候補にも呼ばれた、絶対的な守護神です。

クリックすると元のサイズで表示します
ニクラス・バックマン(スウェーデン、DF、25歳)です。スウェーデン代表6試合です。フィジカルが強く、闘志溢れるプレーで、不可欠の「当たり」外国人です。

クリックすると元のサイズで表示します
夏の補強で新加入、新外国人のエステバン・ソラーリ(アルゼンチン&イタリア、FW、34歳)です。代表歴はありませんが、キプロスリーグ得点王&MVP(2006-07)、メキシコ・リーガMX得点王(2007-08)、ギリシャ・スーパーリーグ得点王(2013-14)と凄い経歴です。この日が初スタメンです。

クリックすると元のサイズで表示します
張佳祺(MF、23歳)です。今年になって代表にもデビューした若手です。元日本代表の松井大輔選手が4シーズン所属して、広く名が知れたフランスのル・マンFCに、2012–2013シーズンに所属(当時は2部リーグ)、12試合出場1ゴールです。中国では貴重な海外リーグ経験組です。

クリックすると元のサイズで表示します
ブルーノ・メネゲル(ブラジル、FW、26歳)です。チームの得点王です。代表暦はありません。この日はベンチでした。一人で突破してシュートまで持っていける選手なので、Jリーグに来たら面白いと思います。決して高価な選手ではないと思いますので。

クリックすると元のサイズで表示します
監督は日本人。我らが倉田安治監督です。チームはボロボロですが、試合中も細かい指示、そして気迫を前面に押し出して選手を鼓舞し、指揮を取り続けます。少しは応えろ、もっと走れ、選手共!

クリックすると元のサイズで表示します
選手入場、国歌斉唱です。

クリックすると元のサイズで表示します
盛り上がる、電光掲示板下に陣取る「大連阿爾濱」サポーターです。

クリックすると元のサイズで表示します
遠影です。ホームゲームなのに、ここまで寂しい数となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前のスタメン「記念撮影」です。

クリックすると元のサイズで表示します
円陣を組んで、さあ試合開始です。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

2014年サッカー、大連は新スタジアムで開幕!で見に行く(2)

前回の続きです。最近はネットのスピードが遅く、ブログ更新はおろか、サイトの閲覧ですら困難な日があります。これが一党独裁国家です。日本の自宅の光回線が恋しいです。

さて、前回の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します
新監督の馬林(中国、51歳)です。昨シーズンは省都・瀋陽をホームタウンとする「遼寧宏運」の監督でした。中国サッカー界では百戦錬磨の監督で、2011年にはリーグ制覇は出来なかったものの、「最優秀監督」に選ばれています。選手時代の1992年には一年間、日本の日本鋼管サッカー部にレンタル移籍した経験も持っています。Jリーグ開幕前の時代のことですが、一応、日本サッカーとは繋がりがありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
新外国人のニクラス・バックマン(スウェーデン、DF、25歳)です。スウェーデン代表6試合です。

クリックすると元のサイズで表示します
李学鵬(DF、25歳)です。つい最近まで中国代表でした。

クリックすると元のサイズで表示します
呂鵬(MF、24歳)です。この人も昨年までは中国代表でした。

クリックすると元のサイズで表示します
新外国人のレオン・ベンコ(クロアチア、FW、30歳)です。2012-13年のクロアチアリーグの得点王で最優秀選手にも選ばれていますね。クロアチア代表4試合です。

クリックすると元のサイズで表示します
新外国人のブルーノ・メネゲル(ブラジル、FW、26歳)です。昨シーズン、2部リーグ(「中甲」)に降格した「青島中能」に2シーズンに亘って在籍していた選手で、チームの得点王でもありました。代表暦はありません。

クリックすると元のサイズで表示します
于漢超(MF、27歳)です。中国代表です。

クリックすると元のサイズで表示します
于大宝(FW/MF、25歳)です。チームの看板選手でキャプテン、中国代表でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始前の国歌斉唱です。

クリックすると元のサイズで表示します
コイントスです。両チームのキャプテン、「大連阿爾濱」の于大宝と「北京国安」の徐雲龍です。

クリックすると元のサイズで表示します
前半のキックオフです。芝の状態はいまいちですね。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始直後に撮った、この日のバックスタンドの様子です。ホーム開幕戦という事でかなり埋まっています。2階スタンドは開放されていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
私の周辺に座っていた観客が皆、チラチラ後ろを見ているので、振り返ってみたら直ぐ後ろに新外国人ナシャト・アクラム(イラク、MF、29歳、背番号25)が座っていてビックリしました。日本でも知名度があるイラク代表の中心選手で、2005-2006サウジアラビアリーグ最優秀外国人選手、2006、08年 イラク年間最優秀選手です。サイン貰えばよかった・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
CKを蹴りに来たブルーノです。

クリックすると元のサイズで表示します
今年の「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」はこのブルーノがセットプレーなど全てのキッカーを務めるようです。この日はかなり運動量が豊富でした。

クリックすると元のサイズで表示します
前半の終了です。大きな見せ場は無く、今やACL出場の常連となった「北京国安」をよく抑えました。

クリックすると元のサイズで表示します
新スタジアムになって、電光掲示板に試合時間が表示されるようになったのが最大の進歩です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
エンドが変わって、後半のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
後半の51分、「北京国安」のピーター・ウタカ(ナイジェリア)がボールを長く持つと「大連阿爾濱」のDF陣は皆、引き付けられ、フリーとなった張稀哲(中国代表)にパス。パブロ・バタージャ(アルゼンチン)に繋がれ、決められました。

クリックすると元のサイズで表示します
「0:1」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
最後まで攻めに攻めますが、得点には結びつかずホーム開幕戦を落としました。中盤にゲームメイカー、そして決定的なパスを送る選手が居ないので、

個々の選手が皆、ボールを持ちすぎる、そして強引に突破を図る
無謀なミドル、ロングシュートばかりを打つ
中盤を排除した、DFから直接FWへのロングパス主体

のサッカーでした。ガチガチの「フィジカルサッカー」です。早くこの中盤に万全のアクラムが入って欲しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します
新スタジアムになるも観客の民度は向上せず、相変わらずのこの日の様子です。何故多くの中国人はゴミをゴミ箱に捨てないのか。やはり幼少の時からの教育カリキュラムの「質」が低いからです。その結果、この国は素質素養が低く、道徳礼儀マナーの無い人間=「支那人」、ばかりです。

試合中も観客は皆で声を揃えて「北京国安、ウルトラバカ!(中国語:国安、儍逼!)」、「北京国安、クソ野郎!(中国語:国安、大便!)」、の大合唱・・・。中国サッカーリーグは今や、東アジアのサッカーリーグで最も外国籍選手が豪華なサッカーリーグとなりましたが、一方で観客は最低なサッカーリーグでしょう。

「百聞は一見に如かず」と言いますが、ぜひ日本語が分かる中国人女性との観戦をお勧めします。二カ国語を操る女性は、教養のある女性と言えると思います。そしてスタジアムが騒ぎ始めたら、彼女に観客が何を言っているのか訳してもらって下さい。試合後、帰る時に彼女は例外無くこう言います。「こんな所、もう二度と来たくない(怒)」と。

クリックすると元のサイズで表示します
三月とはいえ、「満州国の玄関」・大連の朝夕は一気に冷え込みます。この日は応援グッズのマフラーが完売でしたが、応援の前にやっぱり寒いですよ。帰路を急ぎます。スタジアムの前は凄い煙突ですねえ。家に帰って、この日のPM2.5を確認したら、市中心部の青泥窪橋(大連駅)で「230」でした。この国で「走るサッカー」、そして「運動量が豊富な選手」を求めるのは酷というものですね。

以下の写真は中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前、再開を果たしたウタカと于大宝です。前「大連阿爾濱」だったウタカは「北京国安」に移籍し、ACLもあって日本での知名度を上げましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
新外国人のアクラムです。凄い選手で、「よく大連に来たなあ」というのが正直な感想です。早く最高のコンディションで見てみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のスタメンです。

クリックすると元のサイズで表示します
左から新外国人のバックマン、于大宝、ウタカです。バックマンはフィジカルも強く、かなり良い選手です。

クリックすると元のサイズで表示します
新外国人のベンコ、そして「北京国安」も新外国人の河大成(韓国)です。私は昨年のACL決勝戦をソウルで生観戦しましたが、その時の「FCソウル」のキャプテンが、まさか「北京国安」に移籍するとはビックリです。

今年も「大連阿爾濱」のACL出場は厳しいかな。今シーズンもマスク片手に、気長に生観戦を続けます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ