中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「愛人」との海外旅行 「支那人」のパスポートを考える

旧正月間近なので、昨日は職場の近くで火鍋を食べました。酒の入る席なので、砕けた話ばかりです。

一週間以上の長い休みですから、多くの男性が「愛人」をどこかに連れて行かなければなりません。「愛人」の解釈ですが、中国語の「愛人」を和訳すると「夫、妻、配偶者、恋人」となります。日本語ですと、昨年から芸能界はこれ一色でしたねえ(笑)。

中国は今や現金は消え、キャッシュレス時代。年功序列も否定され、外国人労働者はABCの能力ランク付けに加え、59歳を最後に、以降は一律「0点」世代です。「ゼロ提示=戦力外通告、老害」認定だということです。

このように「新時代」に入っていますから、「旧正月の長期休みも海外旅行へ!」というのが今のトレンドです。国際色豊かな職場ならなおさらですね。日本でも昨年の流行語大賞に「インスタ映え」というのが選ばれましたが、こちら中国では「行った先の海外現地で自撮→送信&公開」がトレンドです。「富裕層であること」、「幸せ者であること」、「私は特別」、が人様に広く披露出来るからです。自尊心が非常に擽(くすぐ)られるんですよ。帰省や国内旅行じゃダメなんです。

蛇足ながら、中国人女性が最も嫌いなのが「貧乏人」と「ケチ」です。「家、車、都市戸籍」の所有は当たり前。これらが無ければ「裸婚」と揶揄されます。「男は年収、女は年齢」が中国です。この国のテレビの「お見合い番組」、また公園等で開催されている「お見合い会」は凄いものがありますよ・・・。

話を戻します。日本人的に大変なのが、この「愛人」が中国人であった場合です。「愛人」の解釈はお任せします(笑)。中国人はねえ、日本人とは全然違って、簡単に外国へ行けないんですよ。「海外デート」のハードルは高いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、「日本、韓国、中国、台湾、香港」の「パスポートの力」の比較分析です。詳細はこちらです。「ビザ無し」や「アライバルビザ」で「簡単入国できる」国、「簡単入国できない」国が個々に、極めて詳細で一目瞭然です。「簡単入国できる」国ですが、

日本は159か国
韓国は160か国
中国は64か国
台湾は122か国
香港は145か国

とありますね。中国パスポートだけがダントツに「使えません」。

「先進国」には一切簡単に行けない、行けるのは「新興国、発展途上国」の一部だけ。早い話が「有名処」には全てお手軽に行けないということです。

数少ない選択肢の中で、「愛人」を「ひょいと簡単に」連れて行くなら

・カンボジア(アンコールワット観光)
・インドネシア(バリ島)
・タイ(アユタヤなど世界遺産巡り)

こんなところですかねえ。反対に「ドカンと」行くならアラブ首長国連邦(ドバイ)ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
「2018年現在」で、世界最強のパスポートは「ドイツ」です。161か国に「簡単入国」出来ます。日本は159か国で3番目です。韓国が160か国で2番目、中国は64か国で66番目です。詳細はこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国は身近な存在である東南アジアのシンガポール、マレーシア、ブルネイ、東ティモール、モルディブ、インドネシア、タイより「下」です。最近は結び付きの強いアフリカ大陸に持って行っても、セーシェル、モーリシャス、南アフリカ、ボツワナ、レソト、スワジランド、マラウィ、ナミビア、ケニア、ガンビア、タンザニア、と中国パスポートより「上」の国は多いです。中華人民共和国の「中華」って世界の「中」心で「華」という意味でしょ?まるで逆ですね。これを「有名無実」と言います。

ちょっと一休みで、日韓の差を精査します。
クリックすると元のサイズで表示します
意外なことに韓国は日本よりも「簡単入国」が1か国多いんですねえ。興味あります。

クリックすると元のサイズで表示します
韓国人OK、日本人ダメの国です。4か国あります。

クリックすると元のサイズで表示します
逆に日本人OK、韓国人ダメの国です。3か国あります。おおっ、中国、そしてモンゴルですか。

朝青龍の有名な「キムチ野郎!」発言はここに繋がりますか、なるほどねえ。

「遠くより近い方がよく見える」というのが道理ですが、先の訪中時における韓国大統領の扱い方といい、中国は韓国という国をよく見抜いていますねえ(笑)。「韓国の扱い方」に関しても日本政府は学ぶべきかと。

訪中する日本人観光客が少ないのは、一つの理由として「パスポート力」がありますね。気軽に行ける「先進国」や「リゾート地」を差し置いて、中国を「ファーストチョイス」する人はいないでしょう。

今日のエントリータイトルはちょっと「刺激的」に攻めてみましたが、他意はありません。

最後になりましたが、異性と仲良くバレンタインデーの夜をお過ごし下さい。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

満州最北の大都市・ハルビンを歩く、そして女性の胸を見比べる(2)

今日の大連は気温が7度まで上がりました。風も無く、けっこう暖かかったです。お昼時は大気の状態も良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
抜群の青空を、「軌跡」を残しながら飛ぶ飛行機です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは二機「並走」する飛行機です。機内は盛り上がるでしょうな。なかなか見られない光景です。

さて前回の続きでハルビンです。

クリックすると元のサイズで表示します
昼間の「聖ソフィア大聖堂(中国語: 索非亚大教堂)」です。この日は大気汚染の日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
入場料金表です。15元(=約260円)ですね。身長120センチ以下や6歳以下のガキ、70歳以上のジジババは入場無料です。私は何度か入っているので、初めて来た「連れ」だけ入場です。

クリックすると元のサイズで表示します
私は周囲をフラフラと。「平和の象徴」=鳩、が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
一応、バリケードが設けられていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
注意書きで、鳩に対して「餌やるな、驚かすな、かっぱらうな」とあります。人民の民度が低いからです。

クリックすると元のサイズで表示します
近隣をしばし散歩します。旧「ハルビン会館」です。今は餃子のレストランですか。

クリックすると元のサイズで表示します
1936年(昭和11年)の建築とありますね。築81年ですか。日本人(吉田友雄)による建築のようですね。蛇足ながら、1936年の総理大臣は岡田啓介、広田弘毅です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「三菱」です。上部に1920年7月19日の日付が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
1920年(大正9年)の建築ですから築97年(!)ですか。1920年の総理大臣は原敬です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「香港上海銀行ハルビン支店」です。

クリックすると元のサイズで表示します
1923年(大正12年)に建てられたようですね。築94年(!)ですか。1923年の総理大臣は加藤友三郎、山本権兵衛です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「満州中央銀行ハルビン支店」です。

クリックすると元のサイズで表示します
1935年(昭和10年)の建築とあります。築80年ですね。1935年の総理大臣は岡田啓介です。

クリックすると元のサイズで表示します
目の前の歩道橋上から撮った全景です。「威風堂々」といった感じですね。

「連れ」と合流して有名な観光地「旧・キタイスカヤ通り(現・中央大街)」に行きます。今も昔もハルビンを代表する歴史的な大通りですね。1924年(大正13年)に作られたアジア最大の石畳の目抜き通りで、ショッピングにグルメに何でもあります。昔は性風俗店もあって731部隊の隊員も「買い」に来ていたそうです。日本で言えば新宿の歌舞伎町みたいな感じだったんですかねえ。今は「中国歴史文化名街」にも認定され、とても「クリーン」な歩行者天国の大通りだと思ったんですけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します
まずはおなじみ「ユニクロ」です。かなり歴史ある建物に入っているなと思ったら、

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり歴史ある建物でした。1927年(昭和2年)に建てられたようです。1927年の総理大臣は若槻禮次郎、田中義一です。
結構、家賃高いんじゃないんですかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の「キタイスカヤ通り(現・中央大街)」です。ドラマで使える雰囲気ですよねえ。一直線で全長1.45キロもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、アパレルの店があって、この店の入り口を挟んだ左右のショーウインドーの前で野郎どもが大きい声を出しています。何だ?!

クリックすると元のサイズで表示します
ボディーペイント(!)です。凄いね、ハルビン。「城管」何やってんのよ?
「絵師」は男性です。モデルは恍惚の表情ですな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。Aカップかい・・・。

もう片方のショーウインドーは人が多いです。期待します。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの「絵師」は女性です。

クリックすると元のサイズで表示します
Cカップといったところでしょうか。そりゃこっちの方が「ギャラリー」は多いでしょ。人民は正直です。

「改革開放」万歳!(笑)

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

満州最北の大都市・ハルビンを歩く、そして「支那人」(1)

今日の大連は大気汚染です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝8時の「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。気温は6度、と、ちょっと気持ち悪い暖かさです。

気温が高い=PM2.5の大気汚染、そして無風
気温が低い=素晴らしい大気状態、しかし強風

というのが、こちら大連の冬の「お約束」です。

さて、晩秋に仕事でこちら満州最北の大都市・ハルビン(哈爾浜)へ行きましたので、今日はこれを記したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょくちょく行っていますが、寝台列車、飛行機で行くことが多く、「新幹線」で行くのは初めてですね。この路線、今となっては叶わぬ夢ですけど、やっぱり満鉄自慢の超特急「あじあ号」に乗ってみたかったですよ。

ハルビンは「中国の冬」の代名詞的存在の都市です。まあ冬はマイナス30度以下を記録する都市なので、大連人でも冬の訪れは「ちょこっと覚悟」が必要です(笑)。日本からはLCC(格安航空会社)の春秋航空日本が「成田⇔ハルビン」線を週4便、片道約3時間で飛ばしていますので、リーズナブルに行くことが出来ます。

大連からは「新幹線」、それも「最速号」で行けば3時間半です。「最速号」の停車駅は「大連北駅→瀋陽北駅→長春西駅→ハルビン西駅」、と遼寧省、吉林省、黒竜江省の省都しか停まりません。二等席で403.5元(=約6950円)です。

満州は広大です。蛇足ながら、
「大連→遼寧省の省都・瀋陽」は約400km
「大連→吉林省の省都・長春」は約700km
「大連→黒龍江省の省都・ハルビン」は約920km
です。日本の新幹線ですと
「東京→名古屋」が366km
「東京→新青森」が713km
「東京→広島」が894km
です。大体こんな距離感覚ですね。
これ、「知らなくても良いが、知っておいたほうが良い」情報です。使って下さいな。モテますよ(笑)。

もう一丁、蛇足ながら、満州国時代のハルビン出身者で有名人は梅宮辰夫さん(79)と加藤登紀子さん(73)が「ツートップ」ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、問題無く大連北駅からハルビン西駅に着きました。「新幹線」ホームです。車内との気温差が凄いですが、晩秋なのでマイナス5度程度です。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄で市中心部へと移動します。同駅の地下鉄ホームです。

クリックすると元のサイズで表示します
ガス灯イメージでしょうか。明かりが「良い味」出していますね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームに到着し、回送となった列車です。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄車内です。大連の地下鉄同様、綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
始発駅なので、時間帯によってはこのようにガラガラです。

クリックすると元のサイズで表示します
車内の案内掲示板です。

このまま午後は、ず〜〜〜っと会議・・・。「解放」されたのは、日もすっかり沈んだ夕方でした。ハルビンの「日の入」は早いです。ちなみに今日は15:51(!)ですか。

何回も来ていて土地勘があるので、ホテルは有名な観光名所である「聖ソフィア大聖堂(中国語: 索非亚大教堂)」の近くにしました。まあチェーン店ホテルの密集地でもあるので、空室ゲットは容易です。「安価、安心、安全」ですね。周囲は食事処ばかりですし。

クリックすると元のサイズで表示します
セミダブルベッドで一気に爆睡し、起きたら夜9時を回っていました。すぐそこにある夜の「聖ソフィア大聖堂」を見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがにこの時間は「ギャラリー」も少なく楽しめます。ライトアップが綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えて。

クリックすると元のサイズで表示します
周囲を一周します。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど裏側ですね。「夜景」を目に焼き付けて帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します
翌朝は朝マック。この「聖ソフィア大聖堂」店で食べました。大聖堂のある広場入口の地下にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
階段途中に例の「政治スローガン」です。観光地なのに嫌な気分になります。掲示は北京の「核心」さんへの忠誠心が試されるのでしょう。これが北朝鮮だと「バッジ」ですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
「ハッピーセット」に付くおもちゃは「スーパーマリオ」ですか。幾つか欠けているようですが(笑)。日中マックの差ですね。

そういえば任天堂!
クリスマス、お正月シーズンなのに「Switch」、「ミニファミコン」、「ミニスーファミ」、全部普通に買えねえぞ、何とかしろよ!!!

クリックすると元のサイズで表示します
店内では早朝から、何も買わない(買えない)「支那人」が土足のまま爆睡していました。この手の輩は汚いし臭いので、なるべく離れて視界に入らない席で食事するのがポイントです。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

札幌ふらふら(5)

今日の大連は珍しく朝から気温が0度を超えています。

クリックすると元のサイズで表示します
朝8時の段階で市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の気温は2度、と暖かい一方で、PM2.5の数値は「209」、と酷い大気汚染です。マスクと空気清浄器の一日ですね。

さて、前回の続きで、札幌小旅行最終日(四日目)です。

クリックすると元のサイズで表示します
泊まった「ホテルビスタ札幌 中島公園」の部屋からの景色です。写真の中央部に見える木々溢れる場所が中島公園です。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、札幌中島公園に来ました。しっかりと除雪されている道路や歩道とは違って、園内の駐輪場は積もった雪が手つかずです。御覧のように自転車の車輪がすっぽりと埋まっています。60センチぐらいの積雪でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
入口には何かのモニュメントがあります。しかし雪が深いです。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の池ですが、この通り真っ白です。

クリックすると元のサイズで表示します
静かです。犬の散歩をしている方もいます。

クリックすると元のサイズで表示します
簡単にぐるっと回って地下鉄で後にします。中島公園駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌駅に戻って、地下街にある「上島珈琲店」で一休みをします。「UCC」上島珈琲ですね。公式サイトはこちらです。

大連のみならず、中国全土では「偽物」の「上島珈琲」の店舗が溢れています。日本の本家「UCC」上島珈琲に対し、悪質極まりないこちらは「UBC」上島珈琲です。「人の褌(ふんどし)で相撲を取る」という「悪い国・中国」の十八番ですね。店の名前も偽物、コーヒー豆も偽物、価格もボッタクリ価格、という「嘘を極めた」中国を代表する喫茶店です。この点に関しては以前エントリーで取り上げました。

大連ではコーヒーショップが大爆発
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/243.html

日本ではスタバ、タリーズ、ドトールに行く機会が多い中、「本物の上島珈琲」に来たのは久しぶりです。「黒糖ミルク珈琲(Mサイズ、¥410)」を飲みました。店内では無料WiFiが飛んでいてありがたかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
「駅前通り」に限らず、札幌駅周辺には金券ショップが多いので、利用しない手はありません。国内旅行は金券ショップで各種格安のチケットを買うことで、それなりにお金を浮かせられます。旭山動物園(旭川)に行った時は、そのJR切符の「価格差」に驚いたぐらいです。価格差は微々たるものですが、新千歳(空港)行きの切符を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します
滞在中、散々お世話になった先輩とも最後の食事です。駅隣接の商業ビル「エスタ」10階にあるラーメンテーマパーク「札幌らーめん共和国」です。8店舗から成っています。公式サイトはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
どこが美味しそうかと8店舗の中から選んだ店は「吉山商店」です。「食べログ」による紹介サイトはこちらです。見事に先輩と意見が一致しました。少し並んでの入店です。

クリックすると元のサイズで表示します
店員さん曰く、一番人気の「焙煎ごまみそらーめん(¥780)」です。いや〜、本当に美味しかった。今回の旅で一番でしたよ!

クリックすると元のサイズで表示します
札幌駅から列車で新千歳(空港)に向かいます。時間があったので空港内の温泉「新千歳空港温泉」に向かいます。紹介サイトはこちらです。が、かなり混んでいたので入湯は断念、買い物に専念します。ここの空港はシンガポールのチャンギ空港同様、何から何まで本当に充実していて一日遊べますねえ。成田空港とは大違いです。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りの飛行機は、これまた格安航空会社(LCC)の「ジェットスター」です。「新千歳→成田」で総額4620円でした。LCCなので席の指定には別料金がかかり、特に事前指定はしていませんでした。カウンターでチェックインの際、「お願いします」と言って、手続きをしてもらったら、嬉しい事に「非常口の足元の広い席は如何ですか?」と言われました。更に「窓側、通路側お好きな方をどうぞ」とのことです。始めは「営業かな?」と思ったのですが、「追加料金は結構ですよ!」というお言葉です。ありがたく窓際の席を頂きました。

「良いサービスを受けたければ、客側にもそれなりの態度が必要」というのが日本です。「恩を恩で返す」という常識的な考え方が根本にあるからです。「言語に優劣はない」というのが私の基本的な考え方ですが、日本語の美しさと奥深さを改めて感じられるのが海外の長期滞在のメリットでもあります。蛇足ながら、中国語って本当に「聞くに堪えない汚い言葉」が豊富です。敬語らしい敬語も存在しません。この点は両国民の姿を「忠実に」反映していると思いますね。ともあれ、旅の最後に「LCCなりのアップグレード」を受け、嬉しかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
降雪のため出発が遅れるとのことだったので、「かにめし」を買って搭乗ゲートに向かいました。792円です。手作業でほぐしたカニがたっぷり乗った弁当です。

クリックすると元のサイズで表示します
定刻より遅れて機材が到着しました。「雪まみれ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
1時間ちょっとで、あっという間に関東上空です。こちらは素晴らしい快晴で、夜景を楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します
無事に成田に到着しました。充実した四日間のストレス発散旅行でしたね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

廃止が迫る「ブルートレイン」を見納める(2)

昨日の大連は朝9時の段階でマイナス10度、と久しぶりに「二桁」を記録しました。今日の朝はマイナス1度、と実に「9度」も差がありました。旧正月という一週間の冬休み直前だけに、体調管理に気をつけたい時期です。

さて前回の札幌駅での寝台特急「トワイライトエクスプレス」に引き続き、今回はブルートレイン「北斗星」を見納めます。JR北海道による紹介サイトはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌(17:12)→上野(9:38)で、約1200キロを約16時間かけて結びます。停車駅は「札幌、南千歳、苫小牧、登別、東室蘭、伊達紋別、洞爺、長万部、八雲、森、函館、仙台、福島、郡山、宇都宮、大宮、上野」です。札幌駅には17:03の入線なので、ホームでは9分間の撮影(見学)時間しかありません。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームの入線してきた「北斗星」です。冬の札幌の夕方5時はかなり暗いです。最後尾です。

クリックすると元のサイズで表示します
テールマークです。

クリックすると元のサイズで表示します
「上野」行きです。エンブレムも格好良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。格式を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
6号車に設けられているミニロビーです。こちらも声を掛けたら快く撮影OKしてくれました。7号車の食堂車「グランシャリオ」は凄い混み具合でした。シャワー券の購入による列と思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭です。みんな並んで順番に写真を撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドマークです。

クリックすると元のサイズで表示します
「トワイライトエキスプレス」同様、DD51形ディーゼル機関車二両の重連運転での牽引です。

クリックすると元のサイズで表示します
「三菱重工」製で「昭和48年6月製造」とありました。御年42歳(!)です。もう一両の機関車は「日立」製でした。

クリックすると元のサイズで表示します
1号車と2号車の連結部分です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本最後のブルートレイン・・・。「歴史ある良いもの」が消えてしまうのは本当に残念です。北海道、青森県、岩手県同様に廃止反対です。「どんでん返し」というサプライズがありませんかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に蛇足ながら、こちら中国(大連)の機関車です。大連駅すぐ横にある、ゴースト(シャッター)商業ビル「香榭里広場」入口のバス亭から撮ったものですが、コキントー時代の政治的スローガン「和諧」がデカデカと書かれています。「各階層間で調和の取れた社会を目指すというスローガン」ですが、「本音」はご存じの通り、全くの逆です。「覇権」、「中華」、「差別」、「拝金」、ですね。中国新幹線は全て「和諧号」の文字があることで有名ですが、機関車だってこの通りです。

何故、中国にはいわゆる「撮り鉄」がいない(少ない)のか。このように現実社会とは真逆の、政治的スローガンを入れることで「不快さ」を感じるからです。それなりの学を積んだ中国人や、海外に行った事で視野を広げた中国人から見れば「恥ずかしさ」まで感じるんです。中国の列車は安全性、オリジナリティだけではなく、「品(ひん)」も皆無です。

「取るに足らない」をもじって「撮るに足らない」と言ったところでしょうか(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/9 
 
AutoPage最新お知らせ