中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連で迎える4回目のサッカーW杯、そしてマスクメロン

今日の大連は朝夕が霧でした。非常にひんやりとした風が入ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方5時過ぎの労働公園「緑山」と電視塔です。幻想的な中に浮かぶ太陽です。

さて、あと二週間すればW杯ロシア大会です。私の大連で見るW杯も2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会に続いて4回目です。こちら中国では全試合、普通にテレビで放映されますので、誰でも見られます。この点は日本よりも嬉しいですね。あとは睡魔との闘いです。日本の初戦の相手はコロンビアで、19日(火)の中国時間の夜8時ですか。この日の夜の大連の日本料理屋さんはどこも混むでしょうねえ。

我らが日本代表ですが、ハリルが解任となり西野監督となりました。個人的には手倉森コーチの内部昇格で良かったと思っています。私の予想は現実的で「3戦全敗」の1次リーグ敗退、と見ていますが、「事実は小説よりも奇なり」と言いますし、2010年の時のような前評判をひっくり返すような躍進を正直、期待しています。今日発表されたFIFAランキングで日本は61位で、W杯出場国の下から三番目ですか。日清日露戦争の時のように世界相手に一泡吹かせてやりましょう!頑張れ!日本!

で、大連の街中でも、少しずつW杯ロシア大会の商品が見られるようになりました。中国代表はW杯に出ませんがね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
町中の青空新聞&雑誌屋さんです。特集号が二種類売っています。一冊25元(=約430円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
イギリス系スーパーの「TESCO(テスコ)」です。大会記念ボールが売っています。です。これまた二種類ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
一個63元(=約1100円)です。

さて初夏なので、随分、果物も種類が豊富になってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前なのですが、市中心部「青泥窪橋」の地下には「椰子(ヤシ)の実」の自販機がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
現金決済は出来ず、スマホ決済のみです。

クリックすると元のサイズで表示します
一つ15元(=約260円)です。家に持って帰って冷蔵庫に入れて冷やしてから飲みました。美味しかったですよ。でも椰子の実ジュースはやはりシンガポールが美味しかったですね。これとは種類が違うのかな?キンキンに冷えていて、飲み終わったら割ってもらって、中の白い部分をスプーンで掻いて食べるんです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは山桃(ヤマモモ)ですね。そのまま食べます。真ん中に種があります。大連では売られている期間がとても短いのが残念です。綺麗に洗ってこれも冷蔵庫で冷やしてから食べると美味しいです。これで10元(=約170円)です。日持ちしないので食べ切れる一食分ぐらい買うのがコツでしょうか。山桃(ヤマモモ)の花言葉は「ただひとりを愛する」です。ウンチクを語りながら、恋人や結婚相手と二人っきりで食べましょう。さらにあなたを愛してくれると思いますよ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
マスクメロンです。栽培には手間隙かかる上、1本のつるからは1個だけしか出来ません。御覧のように「帯」には中国語表記が一切無く日本語のみです。高級感が増すからです。この手の販売方法、ここ大連では珍しくないんですよ。一玉30元(=約520円)です。しかしスーパーの閉店時間が迫ってくると、賞味期限が近くなっているものは安くなります。日本のスーパーと一緒ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、割引価格の19元(=約330円)で買ってきました。まさに食べ頃ですね。これまた冷蔵庫で冷やしてから食べました。

夏場は料理すること自体に加えて、中華料理を見るのも食べるのも嫌になってくる時期です。最近の夕食は自宅で「フルーツ盛り合わせ」で済ませることが少なくありません。翌朝は快調ですね。

ただここは日本ではなく中国ですから、皮を向かずにそのまま全てを口にする果物(ヤマモモ、イチゴ、サクランボ・・・)はしっかり洗う、または食べ過ぎないことが大切です。素晴らしい見た目、物価の違いによる安さに惹かれるな、ということです。この国の料理は日本料理とは対照的で、何故、皆、火を通すのか考えたことがありますか?健康第一、安全第一でいきましょう。

あ〜、「富士そば」に行きたい、冷た〜い「もりそば」が食べたい・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ