中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

年の瀬の大連空港、そして御挨拶

大晦日ですね。加齢と共に月日が過ぎるのは早く感じられるそうですが、いつもながら本当にあっという間の一年でした。

中国は元旦ではなく、旧正月がメインですから、日本で味わえる年末年始の感じは全くありません。今は日本だとまだ11月っていう感じですかね。実際、新年を迎えるグッズの「特設売り場」もまだ小規模です。街中は何処も彼処も、まだクリスマスツリーが全開ですよ(笑)。

いつも苦労するのが、日本に住んで居られる方々への「年賀状」です。こちらは良い絵葉書も無いし、クリスマスカードも売ってない。とにかく葉書とカードが手に入らないんです。しかし旧正月(今年は1月28日)が近くなると、中国の立派な「年賀状」が郵便局を中心に売り出され始めます。今年は思い切って日本の「年賀状」発送は無視、旧正月が近くなったら、「こちらの年賀状」を使って、「新年あけましておめでとうございます」をエアメールにて送ることに決めました。

私は今回、仕事の関係で年末年始は大連に残っています。昨日まで普通に仕事でした。で、年明け3日から人民と共に普通に仕事です。大晦日や元旦を妻子と離れて一人で過ごすのは空しいものですねえ。この国は言論・出版・報道の自由が認められていないので日本人から見れば極端に「笑い」の無い国です。我が家は日本のテレビが見られないので『ガキの使い』も見られないです・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の朝7時の大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝8時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気の様子です。「終わり良ければ全て良し」と言いますが、今年を象徴する素晴らしい大晦日の朝ですねえ・・・。今朝の日経新聞の記事(こちら参照)によれば、2016年の人民元の対ドル下落率は6%超となり、大規模な切り下げがあった1994年以来の大きさになったそうです。

さて、昨日、私は所用で空港へ行く機会がありました。今日はこの年の瀬の、大連周水子国際空港の様子を取り上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄「空港駅」のホームに停まる地下鉄です。運行開始以来、未だに大きな事故はありませんね。「早い、綺麗、安い」の三拍子で利用価値はとても高いです。「汚い、渋滞、ボッタクリ」の心配不要なのも日本人だけではなく、現地大連人や大学生にとっては大きい要素です。車内には上海やソウルの地下鉄と違って「物乞い」は全く(!)いません。

クリックすると元のサイズで表示します
路線図と空港駅からの料金表です。空港、大連港、大連駅、大連北駅、繁華街(「青泥窪橋」、「西安路」)、大学(遼寧師範大学、大連交通大学)、など市中心部の主要箇所がカバーできます。御覧のように料金は2〜5元(=約35〜85円)です。「空港」駅から大連駅のある「青泥窪橋」駅&「友好広場」駅までは乗り換え不要で大体35分といったところですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「空港」駅は始発駅なので、必ず座れるのもポイントが高いです。

クリックすると元のサイズで表示します
車内のデジタル広告です。日本人なら誰でも知っていますが、今や中国人は日本において「犯罪者」の代名詞です。「問題有る支那人」の方々が紹介されます。懸賞金付きも少なくありません。

クリックすると元のサイズで表示します
その数や膨大で、次から次へとあまりに延々と続くので閉口です。まあこちらは日本と違って本家本元の「総本山」ですからねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の大連空港です。数日前に降った雪がまだ少し所々に残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
空港内の国際線カウンターに通じる入り口です。パスポート所持のチェックがあります。日本と違って見送りの人間は直接カウンターまで行けません。犯罪事情が違うからです。この時はちょうどJAL&ANAの成田、関空行きの時間でした。見送りも多いし、やはり皆、笑顔がこぼれています。

クリックすると元のサイズで表示します
国内線ターミナルに続く通路です。頭上にはデカデカと、

クリックすると元のサイズで表示します
「中国人民に無いもの」が一覧表となって掲載されています。

クリックすると元のサイズで表示します
国内線ターミナルへ移動します。途中、こちら中国各地の駅周辺では必ずと言っていいほどで見られる麺チェーン店「李先生」がありました。「高い、不味い、汚い」の三拍子が揃っているチェーン店です。場所柄、大連駅前店とは全く違って汚くはなかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
高っ!

クリックすると元のサイズで表示します
国内線カウンターです。オープンで国際線とは違って物々しさは全くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
全世界の例に漏れず、韓国サムソン製はお断りです。搭乗時におけるメーカー確認チェックはしっかりとお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
スタバです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでは中国各地のご当地タンブラーやマグカップがあり、わざわざ当地まで行かなくても幾つかは買えますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、大連のご当地タンブラーとマグカップの絵は、この「友好広場」にあるサッカーボールモニュメントです。この広場、日本統治時代(満洲国時代)は「西広場」という名称でした。写真左奥に見えるのが、日本統治時代(満洲国時代)から営業が続いている映画館で「進歩電影院(旧・中央映画館)」です。「君の名は。」も上映していました。一方、写真右奥に見えるのが当時は教会で、現在はケンタが入っています。大連一(中国一?)美しいケンタですかね。

話を戻します。

クリックすると元のサイズで表示します
空港の到着フロアである一階にあるケンタです。参考までにハンバーガーのセットが42.5元〜50元(=約720〜850円)、ソフトクリームが6.5元(=約110円)、チキン各種が入ったバケツのファミリーサイズ(中国語:「全家桶」)が98元(=約1650円)です。大連市中心部における同支店の同商品に比べて価格は約20%ぐらい上乗せされています。これを日本では「ボッタクリ」と言います。何故、中国の影響を受けて成立した「士農工商」で商人が「最下位」に置かれたか分かるというものです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはマックですね。これまた参考までにビックマックのセットが51元(=約860円)でした。この写真の、店の前に写っている女性のように、この空港のマック&ケンタは「待ち合わせ」場所として使うのが一番良いのではないかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
大晦日である今日の、大気汚染にまみれる市中心部「労働公園」緑山とテレビ塔の様子です。朝、済ませた買い物時はしっかり(日本購入での)PM2.5対応マスクで「武装」し、室内では加湿器、そして空気清浄機全開で新年を迎えます(笑)。

最後になりましたが、今年一年、御訪問ありがとうございました。相変わらずの気まぐれ更新で、好き勝手に書いている駄文ブログにもかかわらず、ブログランキングのクリックにまで多くの方が御協力してくださり、感謝の言葉が見つかりません。

来年2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう、大連の地より、心からお祈り申し上げます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

マイナス12度を記録した大連、あと支那人に「利用」されたSMAP

今日は早出出勤でしたが、まあ寒かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
スマホで確認したらマイナス12度!、この冬初のマイナス二桁気温です。大連のバスは基本的に冷暖房が無い上、プラスチック椅子なので、車内は寒いし、ケツも冷えます。お昼は3度まで上がりました。これまた朝とは気温差15度で体調管理には気を使います。で、2時ぐらいには雪、と目まぐるしい一日でしたね。

さて中国人、中でも「支那人」約100人が、悪天候が理由で欠航しているにもかかわらず24日夜、新千歳空港で「大暴れ」したようです。人間、窮地に追い込まれた時ほど、その本音と本性が見事に目に見える形となって表れますが、「民度全開(笑)」をやったんですね。「中国人 新千歳空港」で検索すると、映像が随分流れていますね。

で、在日中国大使館(東京)の張梅報道官は、27日の記者会見で、まずは先にも新千歳空港の職員向けに謝罪のコメントを出すのかと思いきや「日本メディアはあまりにもあおり過ぎではないか。中国メディアの中にはそうした報道もある」と発言しました。そして更に「このような小さな一件が、中日両国の国民感情に影響するとは思えない」と指摘しました(こちら参照)。

これを「盗人猛猛しい」と言います。中国には「死不認錯」(=たとえ死んでも過ちは認めない、謝らない)という言葉があります。ましてや今回は「日本」相手ですからね。自分に過ちがあっても絶対に謝らないし、勝てない相手にも弱みは見せません。強気一辺倒、上から目線、逆ギレ、大声、でその場を乗り切ろうとするのが「お約束」ですが、どうしてもヤバくなった時にはトンズラ、というのもお決まりの行動パターンです。

たださすがに今回は日本人の、更なる中国人や「支那人」に対する蔑視、侮蔑化から「逃げ切れない」と考えたのでしょう。時期的にも旧正月が控えており、一年間で最大と言っても過言ではない中国人や「支那人」の訪日シーズンが迫っているので、早急に「詫び」を入れなければいけません。そこで在日中国大使館(東京)が巧みに「利用」したのがSMAPです。

クリックすると元のサイズで表示します
SMAPが出演する「SMAP×SMAP」(スマスマ)が26日夜に最終回を迎えたのに合わせて在日中国大使館(東京)は公式ツイッターに「ありがとう、SMAP」と投稿しました。そして27日の定例記者会見で、先程と同じ人物である大使館の張梅・広報部参事官が「彼らが果たした中日友好への貢献に感謝の気持ちを表した」と語りました。こうして「新千歳空港での支那人100人大暴れ」事件の「中和」を謀ったんですよ(笑)。

結果、見事この「中和」に成功し、27日午後7時の時点で、計5万回以上のリツイートや「いいね」があり、話題を呼んでいるそうです(こちら参照)。

が、私に言わせればツイッターに投稿というのが「ミソ」ですね。何で?中国国内からツイッターは見れませんから(笑)。つまり13億の人民にはバレないんですよ。中国国内の中国本「土人」や多くの反日人民を刺激しないということです。ここが「いやらしい」所です。と同時に、在日中国大使館(東京)は「本心」で言っていない=SMAPを「悪用」しているだけ、ということが分かります。本音じゃないんですね。本音だったらSMAPは『人民日報』系のメディアで取り上げられますよ。まあもうあと数日となりましたが、今年の干支にかけて言えば「サルの浅知恵」ですな。

私の目はごまかせません。ドラマ『TRICK』の仲間由紀江さんのセリフを借りれば、「お前のやった事は、全部お見通しだ!」です。

「歴史」の学習と同じで、「点」で見ていると見えないものも、「線」で見ると皆見えてきます。ちょっと生意気ですかね(笑)。

中国本国は外国にて迷惑をかけた同胞支那人をブラックリスト入りにさせる等の対策を取っていましたが、これまた中国の特徴である「上に政策有り、下に対策有り」で、海外の中国大使館までは浸透していないようですね。

在日中国大使館(東京)の張梅報道官も触れた「国民感情」で言えば、参考までに今年発表された、日本人で中国に対する印象を「良くない」とする人は91.6%(こちら参照)、中国に「親しみを感じない」と答えた人は過去最高の83.2%(こちら参照)です。

その最も大きな原因は「民間接触」、つまり、ごく一般の日本人が実際、街中や観光地、ショッピングエリア、食事処、で目にした中国人や「支那人」の姿によるものが最も大きいと思います。道徳・礼儀・マナー無し、うるさい、不潔、無差別放尿&脱糞・・・。列挙に暇がありません。

日中関係も中国人や「支那人」の強烈な「日本」好き、つまり「日冷中熱」というのが現状ですね。買い物、留学、観光旅行、AV(蒼井そら)、「君の名は。」、なんて良い例ですよね。

年末年始を迎えるために、今週初めから日本へ一時帰国する日本人は激増しています。せめて日本に帰った時ぐらいは中国人、中でも「支那人」や中国語、中華料理、その他一切の中国の話題は目にしたくない、耳にしたくないという日本人は決して私だけではないと思います。先程の「国民感情調査」でも明らかになっていますが、やっぱり皆「本意で」長期、中国に滞在していないからです。では何故こんな「悪い国」で長期滞在しているのか?それは色々な業種や立場はあると思いますが、日本人ならではの「責任感」の一言だと思いますね。

「我慢ができる」、「感情的ではなく論理的」、「自己中の否定」・・・
日本人なら中国人や「支那人」を反面教師とし、一方で「王道」を歩み続けたいですね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

ホワイトクリスマスには一日遅れだった雪景色の大連

先程、帰宅です。

クリックすると元のサイズで表示します
マイナス6度で強風でした・・・。

今日は朝から雪で、大連の町はこの冬初めての綺麗な雪景色となりました。ホワイトクリスマスには一日遅れです、残念・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の市中心部「労働公園」緑山とテレビ塔の様子です。せっかくなので今日はこちらに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、「労働公園」東門の「表札」です。デッカイ来年の干支「酉」が飾られています。「共産党色」で真っ赤です。

クリックすると元のサイズで表示します
「労働公園」東門です。

クリックすると元のサイズで表示します
門を抜けるとガラガラです。

クリックすると元のサイズで表示します
園内です。池は凍っています。

クリックすると元のサイズで表示します
中国らしい門です。

クリックすると元のサイズで表示します
中に入るとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
「サッカーボールモニュメント」とテレビ塔です。新年が近いので提灯が飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します
階段を上がっていくと、両脇には十二支の置物があります。

クリックすると元のサイズで表示します
今年の「申」。

クリックすると元のサイズで表示します
来年の「酉」です。

クリックすると元のサイズで表示します
園内は静かです。

クリックすると元のサイズで表示します
手前の池は真っ白で埋もれています。夏は子供向けの「釣り堀」です。

クリックすると元のサイズで表示します
左側ですが、春はバラ園です。

クリックすると元のサイズで表示します
バラ園も今日は真っ白です。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の池です。ここ「労働公園」は日本統治時代(満洲国時代)は「中央公園」という名称でした。当時から架っている橋です。

クリックすると元のサイズで表示します
この橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します
橋の上から「緑山」とテレビ塔を望みます。

クリックすると元のサイズで表示します
「労働公園」に隣接する、大連ナンバーワン高校である「第二十四高校」です。超難関高校です。日本統治時代(満洲国時代)は「春日小学校」でした。当時の姿を残す校舎です。

クリックすると元のサイズで表示します
校庭では女子高生が積雪に大はしゃぎでした。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ近くでは交通事故の現場に遭遇しました。スリップで「おかまを掘った」ようです。

クリックすると元のサイズで表示します
ポルシェ!!!
良いねえ、社会主義国家(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
「旧・東本願寺」(現・大連京劇院)です。

クリックすると元のサイズで表示します
大通りでは除雪車がフル稼働でした。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代(満州国時代)、大連最大の性風俗エリア(=遊郭地)の一つであった「逢坂町」(現「一面街」)の入り口です。当時の建物そのままです。この時代に来てみたかったですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって大連駅です。雪が強くなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
この駅もまた「メイド・イン・ジャパン」で現役です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは駅の裏口ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
隣にある「ライトレール大連駅」です。大連湾、開発区、保税区、金石灘方面に行くにはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
人海戦術で雪かきです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前にある大連一(中国一?)美しい「吉野家」です。

明日も更に冷えそうです。今年ももうあと数日ですねえ。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

スマホゲーム「スーパーマリオラン」と仲間外れの中国

久々にのんびりとした週末を迎えました。が、外は酷い大気汚染です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝7時半に起きてスマホを見ると、気温はマイナスではなく暖かい朝ですが、大気状況は「とても有害」とあります。「とても」ってところが良いですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
昼11時の大連各地の大気状況です。どこも「汚染」状態ですが、特に「開発区、金州」が「重度汚染」とありますね。週末ですし、まあこんな日は加湿器付けて、空気清浄機を全開にして、家でのんびりするだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、一昨日、配信が始まった『ポケモン GO』に続く、「大物」スマホ向けゲームアプリである『スーパーマリオラン』です。世界151か国と地域に配信だそうです。「iPhone」と「iPad」で出来ます。昨日、早速「iPad」にダウンロードして楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は「iPhone」に入れてみます。私の「iPhone」は中国のアマゾンで購入したものです。もちろん全て「日本語化」して使っています。「App Store」では「お勧め筆頭」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
普通にダウンロードを進めます。

クリックすると元のサイズで表示します
ファミコン世代にとっては「ワクワクする」表示です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
始まった!

クリックすると元のサイズで表示します
「お住まいの国・地域を選んでください」だそうです。「日本」じゃなくて「中国」を探します。

クリックすると元のサイズで表示します
「中国」の「ち」から。無い!(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
じゃあ「支那」ですかね。「し」から。無い!(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
任天堂は中国に進出していないんですね。「いわゆる中国」だと「香港」と「台湾」、そして

クリックすると元のサイズで表示します
「マカオ」に配信ですか。「ま」ですが、こちら大連の「満洲国」もありませんでしたね(笑)。

中国は先日もいわゆる「1つの中国」を自己主張して、トランプ次期大統領に噛みつきましたが、世界の認識などはこんなものです。「中華人民共和国」、「香港」、「台湾」、「マカオ」で「4つの中国」なんですねえ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、任天堂の公式サイトより引用した、『スーパーマリオラン』が配信された151か国のリストです。

クリックすると元のサイズで表示します
浅学ゆえに初めて目にする国もあります(恥)。

いやはや「世界の」任天堂ですねえ。今年の夏のリオ五輪閉会式における、リオから東京への引き継ぎセレモニーでは、安倍晋三首相がマリオになって登場するサプライズもありましたからね。改めて納得です。

クリックすると元のサイズで表示します
これも同上の任天堂の公式サイトからの引用です。対応言語に中華人民共和国の独自の文字である「簡体中国語」は見当たりませんね。実際、中国版の「App Store」には『スーパーマリオラン』は存在しませんでした。

「iPhone」は殆ど中国で組み立てられ、更に中国の若者で「マリオ」を知らない人は居ません。にもかかわらず「仲間外れ」は強烈な「皮肉」ですねえ(笑)。だから皆、華僑となってこの国を捨てるんです。

話を戻します。

クリックすると元のサイズで表示します
ゲーム開始に向け進んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
ゲームの進み方の説明が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
「1面」です。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに任天堂のソフトだけあってクオリティは高いです。

クリックすると元のサイズで表示します
「2面」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「3面」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまでが無料で出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここから先は「1200円ポッキリ」で最後まで行けます(笑)。お〜、安いね。昔はカセット一本買ってもらうのも大変でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ「冒険」するだけではなくて、いろいろと「やりこみ」要素もありますね。

また話は変わります。

クリックすると元のサイズで表示します
これまたバカ売れの「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(定価5980円)」です。懐かしのソフトが30本入っています。クリスマスプレゼントで子供にあげたかったんですけど、品薄なら仕方がないですねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは上記の海外版になりまして、アメリカ版は「NESクラシック・エディション」、ヨーロッパ版は「ニンテンドウ・クラシック・ミニ」です。公式サイトはこちらです。アメリカでは定価が59.99ドルです。こちらもまた品薄で、クリスマスプレゼントには間に合っていません。日本版とは内蔵ソフトの30本に違いがあります。個人的には日本版には入っていない「パンチアウト!」が入っているのが「ツボ」なんで、こっちの方が欲しいかな。

「エミュ」や「支那製パチモン」でもゲームはタダ、格安で手に入るんですけど、やっぱり「本物」には「本物」の良さがあるんですよ。思い出や思い入れが皆、蘇ってくるんですよ。「ゲームが出来ればいい」じゃないんです。この感覚は「正道」を歩む日本人にしか分からないでしょうね。

最後に個人的なファミコンソフトのベスト3です。

「スーパーマリオ(スーパーマリオブラザーズ)」
任天堂 1985年 定価4900円

「ファミスタ(プロ野球ファミリースタジアム)」
ナムコ 1986年 定価3900円

「ドラクエV(ドラゴンクエストV)」
エニックス 1988年 定価5900円

です(笑)。楽しかったねえ〜、あの頃は!!!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で「日本人」が捕まり、地元紙に報道される

週末なのに朝から休日出勤です・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今日も寒い中の出勤です。御覧のように7時半の気温はマイナス4度です。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日付け大連地元紙『半島晨報』(A08ページ)にこのような記事が出ていました。

見出しは「一人の日本人に1万1000元(=約18万5000円)の罰金刑が科せられた」とあります。その原因は「大連に入境後、40日間以上経っても、最寄りの公安局へ居住登録に行かなかった」からだそうです。

名前は「原尾ナントカさん」、叔母さんの家に居住していたそうで、大連(中国)には10月6日に入国したとあります。私が「変だな???」と感じたのは記事中の、この方の日本での住所です。赤線を引いておきましたが、「日本国土庄市埼玉県本庄」とあるのが御確認いただけます。何だこりゃ!?

日本は都道府「県」、「市」、「町」、「村」と自治体の「大きさ」が変わりますが、中国は「省」、「市」、「県」、「村」と変わるのが「基本」です。記事を書いた「素人」が、埼玉県の「県」を日本でいう所の「町」に解釈してしまってるんでしょうね。

まあ百歩譲って、この記載を修正してみます。「日本国埼玉県土庄市本庄」、または「埼玉県本庄市土庄」でしょう。で、どんな所かと検索すると埼玉県に「土庄市」という市は存在しない、一方で「本庄市」とすると、この市こそ存在すれども「本庄市土庄」という地名は見つからないんですね。ちなみに検索には日本郵便の郵便番号検索のサイトを利用しました。もしその土地が実在すれば、まず郵便番号があるからです。すると共にヒットしない土地なんですよ。いいかげんな記事ですねえ(笑)。

ということで、この「日本人」が捕まった記事の「信憑性」についての明言は避けておきます(笑)。

ただ、先日(11月29日)、こちら大連の日本領事館(在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所)からメールが来ていました。下記に「参考記事」として記載しておきます。「郷に入っては郷に従え」と言いますので素直に従いましょう。実際、最寄りの公安局の中など、なかなか見る機会はありませんから、それはそれで良い勉強の機会にもなります。

私自身の経験から言うと、実際、「法令順守」で24時間以内に公安局に出向いても「担当者不在」とか、「もう夕方だから明日来て」とか、「土日は来てもダメ」など、「お上」にもいろいろ事情があるみたいで「出直して来い」は少なくないんですよ(笑)。「24時間以内に来い」というのに「24時間営業ではない」ということです。パスポートの見方が分からない方も少なくないし、周囲にはスマホや新聞、おしゃべりに没頭している局員も少なくありません。もう10年以上も前の話ですが、違法に登録料なんてのを個人設定していて、10元巻き上げられた!なんてのも、ある方のブログで読みましたしね。

中国(人)にとって、日本(人)はやっぱり「悪」でなければならない存在なんですよ。今の日中関係を見るとアンバランスそのものでしょ。中国政府は「官冷民熱」なんて日中関係を評していますが、私から言えば今の日中関係は「日冷中熱」ですよ。日本人はノービザで中国に来れるのに、中国(人、製、産、旅行、留学、ビジネス)に極めて「冷」=冷静&眼中無し、で逆に中国側は日本の全てにおいて「熱狂的」ですね。買い物、留学、観光旅行、AV(蒼井そら)、「君の名は。」、なんて凄い「熱」でしょ?

更に日本にいる中国人の犯罪、それも「凶悪」犯罪は毎日のようにマスコミ報道される一方で、中国における日本人の「凶悪」犯罪は稀です。もし『中国人、今日の犯罪報道!!!』なんてブログを立ち上げ、日本のマスコミ報道の記事をひたすら転載するブログを作ったら更新頻度は私のブログの更新頻度なんて軽く上回るでしょ(笑)。一日に何度も更新することも珍しくないでしょうねえ。

中国(人)は「メンツ」を重んじる、というのは多く知られていますが、やはり在中日本人の「悪」、それも「大量の悪」を見つけるには「重箱の隅をつつか」なければならないんですよ。そして人民にその「悪」を伝えなければならないんです。こうして「お上」は日本(人)=「悪」、という定義の維持、そして「中国人も日本で犯罪三昧だが、日本人もまたここ中国で犯罪!」という「バランスの維持」に苦心しているんだと思いますね。

日本人を含む外国人に24時間以内の公安での居住登記を厳守させる一方で、日本では2011年からの累計で1万人以上の中国人、いや支那人実習生が失踪しているそうです(下記「参考記事」)。日本人は何故、中国(人、製、産、旅行、留学、ビジネス)を見限ったか?やっぱりね、中国人の持つ古(いにしえ)からの基本的な考え方である「中華思想」、つまり「自分に甘く、他人に厳しい」、「私はOK、あなたはダメ」、が受け入れられないからです。これに尽きると思いますね。

結果、日本人に与えられた国際的評価を知っていますか?これが世界の国々、世界の皆さんからの日本人に対する評価です。一方で、自称・世界の「中」心で「華」だとした中国人の評価はこちらになってしまったんです。海外においてパスポートは命の次に大切なものです。中国でも常に携帯が義務付けられています。日本人の証明書でもあるパスポート、そしてその「強さ」を改めて見直してみるのも良い機会かもしれません。「己を知ることは真の進歩なり」とも言いますしね。

常に疑心暗鬼で、こちらのニュースは読みましょう(笑)。




参考記事:
****在大連領事事務所からのお知らせ****

出入境管理法令:臨時宿泊登記の徹底について(注意喚起)

今般、大連市公安局出入境管理局より、「出入境管理法令」の徹底について当地在留邦人の皆様に改めて周知してほしい旨要請がありました。
中国政府は自国の法律を遵守する外国人は歓迎する一方で、これに違反する者は、厳しく取り締まる方針を打ち出していますので、十分に留意してください。中国に渡航、滞在される方は、中国の法令を遵守し、違法行為を厳に慎むようにしてください。
なかでも、当地在留邦人においても摘発事案の多い「臨時宿泊登記」について、以下のとおりお知らせします。

【臨時宿泊登記:出入国管理法第39条】
外国人は、その滞在地において、24時間以内に現地公安局に対して「臨時宿泊登記」をしなければなりません。ホテルなどの宿泊施設や、フロントデスクのあるホテルサービス型マンション等では、フロントデスクでチェックインをすれば、この登記を自動的に代行してくれるので、宿泊者本人が何か手続きをする必要はありませんが、問題になるのは、親族や友人の自宅に泊めてもらうような場合、あるいは長期駐在員が日本から来た親族や友人を自宅に泊めるような場合です。その自宅が一戸建てであったり、一般的なアパートである場合、宿泊者本人と宿泊先の主人とが直接、最寄りの派出所に出向いて「臨時宿泊登記」を行わなければなりません。この登記を行わない場合は法律違反となり、2,000元の罰金が課せられます。また、居留許可取得手続き、あるいは滞在許可の延長手続き等をするためには、この登記に基づいて発行される「臨時宿泊証明書」が必要となりますので、忘れずに登記を行うようにしましょう。



日本で失踪する中国人研修生が毎年数千人=「失踪したのは民族としての自尊心」「なんで中国で失踪する日本人はいないんだ?」―中国ネット

 2016年12月8日、中国メディアの国際在線は、技能実習生として来日している中国人のうち、毎年数千人が失踪していると伝えた。
 記事によると、今年6月の時点で日本には21万人の技能実習生が各国から来ており、そのうち約60%が中国人だという。しかし、11月30日に法務省が公表したデータによると、2015年には5803人の技能実習生が失踪しており、そのうち3116人が中国人実習生だった。2011年からの累計では1万人以上の中国人実習生が失踪している。
 記事は、こうした不法滞在者の中には、日本の犯罪組織に利用される人がいる一方で、SNSなどでうまく仕事を探し高給を取る人もいると紹介。いずれにしても不法に滞在しているため、往々にして弱者の立場に置かれるとした。
 これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
 「日本の所得は中国より高い。それに中国では学歴も技能もなければ、最も苦しくて汚い仕事しかなく、しかも給料は安い」
 「中国では1人で働いても1人しか養えない。日本では1人働けば家族全員を養える」
 「失踪したのは中国人ではなく、民族としての自尊心だ」
 「なんで中国で失踪する日本人はいないんだ?」
 「不法滞在とはいえ日本で稼いだお金を中国で使い、中国に税収の機会を与えている。中国で稼いだお金をもって日本で消費して日本の税収を助けている人たちは、よく考えた方がいい」
http://www.recordchina.co.jp/a157167.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ