中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2016
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ケンタッキー、アイフォン、大連ではナイキをボコボコ

今日の大連は午後になってからかなりの霧です。空港は遅延やら欠航やらでかなり混乱しています。

さて、台北でのバス事故炎上の犠牲者の殆どが大連人という事で、昨日今日のこちらの地元紙はトップ報道です。更には南支那海の「侵略」がフィリピンとの裁判で完敗、ということで中国人、中でも「支那人」は何故かアメリカ企業のケンタッキーフライドチキンを襲撃、暴力行為こそ行っていないようですが、徹底的に営業妨害を行っているようです。

何でケンタ一本に絞ってマクドナルドやスタバを襲撃しないんですかね?また親会社が同じで大体近くで営業しているピザハットも「無傷」です。ここが中国人、中でも「支那人」たる所以、中国本「土人」、略して「土人」たる所以なんですかね。

日本には中国から多くの留学生が来ていて、コンビニや居酒屋店員、中華料理屋店員などで彼らに接触する機会は多いですが、聞いてみたいですよねえ。特に偏差値60を超えるようなそれなりの大学に留学している中国人留学生を中心にですよ。

「連中をどう思いますか?」

とね。

良い卒業論文が書けると思いますよ。海外生活とはイコール「祖国再発見」ですからね。彼らは決まってこう言います。「私は彼らとは(全然)違う中国人です」とね。私が当ブログで中国人と「支那人」を区別して書いている理由が心底お分かりいただけるかと思います(笑)。

今日の報道では19日夜、江蘇省徐州市で「iPhone(アイフォーン)」などの専売店を3000人が取り囲み「営業妨害」を行ったそうです(下記「参考記事」参照)。更には今日になって初めて知ったのですが、こちらの地元大連でも既に9日前の12日に地下鉄内でナイキのシューズを履いた男性が見知らぬ男から「売国奴」の因縁を付けられ、恋人乗る前で暴力を受ける事件が発生していたそうです(下記「参考記事」参照)。

元ネタを探したらこちらですね。動画もしっかりと残っています。「お上」に消される前にどうぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
中国の色である赤シャツ男(=「紅衛兵」)が白シャツ男(本社はアメリカであるナイキの靴を履いている)に因縁をつけてファイト!白シャツ男の左横は仲裁する恋人!

クリックすると元のサイズで表示します
白シャツ男の反撃!手前の無関心着席男の靴はアディダス(本社はドイツ)なので無事!

とまあメチャクチャです。

蛇足ながら、もしこの手のトラブルに関わってしまったらとにかく逃げて下さい。「負け」ではありませんよ。立派な最善策です。これを「逃げるが勝ち」と言います。くれぐれも正義感を出したり抵抗したりはしないことです。最悪仕方のない時は自衛隊同様、「専守防衛」に徹しましょう。とにかくその場から離れて逃げる=行方をくらます、ことです。あなたを助けられるのはあなた自身です。周囲の中国人、中国の警察、日本国憲法9条を当てにしても無駄です。

最後になりますが、「人は危機に陥った時、本性が出る」ものです。正攻法の裁判で完敗して逆ギレ、そして腹いせ、日本ではこれを「反社会勢力」と括(くく)ります。こちらは「愛国」と認識している輩が多いですね。なぜ日中友好とは「幻想」にすぎないのか。説明不要でしょう。

今は「その時歴史が動いた」その時でもあります。
「笑劇」はもう少し続きそうです。高みの見物ですかねえ。

在中日本人の方は気を付けていきましょう。




参考記事:
中国アップル店、3千人が囲み「米製品排斥」

 【北京=竹腰雅彦】中国江蘇省徐州市で19日夜、約3000人が米アップルのスマートフォン「iPhone」などの専売店を取り囲み、「米国製品排斥」などを叫ぶ騒ぎが起きていたことがわかった。
 香港フェニックステレビのニュースサイトが伝えた。
 南シナ海の仲裁裁判判決を巡り、中国政府が米国や日本に批判の矛先を向ける中、中国国内で数千人規模の抗議活動が確認されたのは初めて。
 騒ぎは、同店に近いケンタッキー・フライド・チキン店前で始まり、首謀者が「アップルの携帯電話を追い出せ」と拡声機で叫んだ後、数十人がアップルの店に押し入った。破壊行為はなかった。店を取り囲んだ約3000人の群衆には100人以上の私服警察官が交じっていたといい、当局の監視下で行われたとみられる。
2016年07月21日
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160721-OYT1T50127.html?from=ytop_main4


【動画】南シナ海の仲裁判決を受け中国で“ナイキ狩り”も=ナイキシューズが原因で殴られる―遼寧省

 2016年7月20日、南シナ海をめぐる仲裁判決が中国に不利な結果となり、中国内では判決を米国が支持したことで、中国の各地で米・ケンタッキーフライドチキン(KFC)のボイコット運動が発生し、中国のKFC店舗前で「食べたら売国奴」などと書かれた横断幕を掲げた抗議活動が行われた。
 さらに、12日には遼寧省大連市の地下鉄車内で、米・ナイキのシューズを履いた男性が見知らぬ男から暴力を受ける事件が発生している。
 中国メディアの報道によると、赤い服を来た男性Aはナイキのシューズを見ると、「この売国奴め!。なぜナイキを履いている!」と乗客の男性Bを怒鳴りつけた。これには男性Bも堪忍袋の緒が切れ、ついに2人は激しく殴りあう事態に発展した。男性Bの恋人は周りに助けを求めたが仲裁に入る人は現れなかった。
 このトラブルにネットでは、「ナイキの靴を作っているのは中国人で、履いているのも中国人だ。怒りを同胞に向けるのは間違っている」と批判する声が寄せられている。
2016年7月21日
http://www.recordchina.co.jp/a145332.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

南シナ海「人工島」でドヤ顔する「支那人」集

今日の大連は朝から霧で、日没(本日は19:17)後は一気に大気が汚染されました。

クリックすると元のサイズで表示します
20時における市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。気温こそ24度ですが、こうなると、窓を開けて寝るのは自殺行為なので、きっちり閉めてクーラー、そして空気清浄器を一晩中稼働させて寝ます。

さて、南シナ海を巡る国際的な仲裁裁判で、フィリピンに「完敗」し、「判決は一枚の紙くずであり無効だ」(中国外務省)の捨て台詞を吐いた中国です。まあ中国は法治国家ではなく一党独裁による「人治国家」です。中国人である以上、「法治」なんて海外に行かなければ学べないし体験も出来ませんからね。私から言わせれば彼らの「法治(ほうち)」なんて「呆痴(ほうち)」です。だから「国際」連合の常任理事国でありながら、「国際」仲裁裁判所で出された判決を「紙くず」なんて言うんです。

本当の「紙くず」というのはね、中国人や「支那人」が持ってくる「履歴書」ですよ(笑)。粉飾と嘘のオンパレードです。そもそもね、あらゆる場面において、中国人と日本人を含む諸外国人が争った場面で中国人の方が正しいなんて事、まずありませんよ(笑)。「中国」と長く関わりを持つ方に聞いてみればいいです。これが「経験」という財産から知り得る「宝」です。

今日エントリーはこの南シナ海「人口島」の「建設」経過と完成して「ドヤ顔」する「支那人」集です。なお写真は全て中国のサイトからの転載です。

まずは「建設」経過です。「侵略」経過と書いた方が正しいですかね(笑)。昨年の11月6日に公開された現地土木作業員による画像です。場所は南沙諸島の環礁の一つ「ミスチーフ礁」です。干潮時のみ海面に姿を現すこの岩礁を中国は埋め立て、更に建造物を構築して実効支配しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2007年11月21日、ここで9人の中国人が台風に遭遇して命を落としたことによる慰霊碑だそうです。本当ですかね?!本当だったら御確認いただけますように、建設途中とはいえ慰霊碑を「私物置場」には使わないでしょ(笑)。花や供物を置くのが慰霊ですからね。まあ、実効支配をするにはこの慰霊碑は欠かせない「アイテム」なんでしょう。慰霊碑正面は南シナ海に、裏面は祖国中国に向けたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
凄まじく綺麗な海が、環境破壊のプロ=「支那人」、によって埋められていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
次々に埋め立てです。

クリックすると元のサイズで表示します
どこに行ってもとにかく「政治スローガン」を掲げるのが中国人と朝鮮人です。「景観」という概念は持ち合わせていません。これが「自称」法治国家、「自称」民主主義国家、の特徴でもあります。

さて日時は変わって、今年の1月6日です。「ファイアリー・クロス礁」です。ここも中国が勝手に岩礁を埋め立てました。南沙諸島最大の人工島です。

クリックすると元のサイズで表示します
で、完成した空港に降り立つ中国南方航空(左側)と海南航空(右側)の「支那人」クルーです。垂れ幕は「大祝い ファイアリー・クロス礁空港に無事に着陸」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
はしゃぐ中国南方航空の「支那人」CA共です。

クリックすると元のサイズで表示します
これを日本では「盗人猛々しい」と言います。

クリックすると元のサイズで表示します
「他人の家」でどうしてこんなことが出来るんだ?!

クリックすると元のサイズで表示します
これを「厚顔無恥」と言います。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは海南航空の「支那人」CA共です。

クリックすると元のサイズで表示します
記念碑ですね。中国の地図の下に「ファイアリー・クロス礁(中国語:永暑礁)」とあります。左の建物の上には「祖国万歳」とありますね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
日時は変わって1月15日です。この島に「駐在」する「支那人」の家族だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日時は変わって先週の7月15日です。
クリックすると元のサイズで表示します
ニュースが完成した「ミスチーフ礁」の空港の着陸を報じます。まずは当地の位置です。フィリピン、ベトナム、台湾、と「被っている」位置関係がお分かりいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
上からの写真です。埋め立てました。真っ白の所です。

クリックすると元のサイズで表示します
中国南方航空です。中国の国旗「五星紅旗」を前面に押し出します。不当な事をしているので正当性をアピールしているのでしょうが、今回のこの裁判で世界はこれを「侵略」と捉えたわけです。

クリックすると元のサイズで表示します
関係者の「支那人」共です。

クリックすると元のサイズで表示します
CAが持っているのは「ミスチーフ礁新空港 2016年7月13日」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは海南航空です。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭は肩に4本線が入っているのでキャプテンですね。

クリックすると元のサイズで表示します
嬉しくて仕方が無いようです。

クリックすると元のサイズで表示します
「大祝い ミスチーフ礁空港に無事に着陸」とあります。

「悪に栄えた例(ためし)無し」
これが中国という国、中国人、そして「支那人」です。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国の大学入学試験「高考」、その異様な風景集(2)

昨日も今日もこちらの地元紙を含め新聞は「南支那海問題」をトップに挙げています。まあ論調は、あなたの周辺に居る身近な中国人と同じで「言い訳」ばかりです(笑)。そして「大本営発表」と「報道の検閲」ですよ(下記「参考記事」参照)。中国人が世界を舞台にした組織でトップどころか人の上に立てない理由がお分かりでしょう?考えも行動もお粗末すぎるんですよ。幼稚なんです。

こちら中国の子供たちに大人気の日本のアニメの一つで「名探偵コナン」があります。有名な彼の決め台詞は「真実はいつもひとつ!」です。つまり今回、

「中国はフィリピンに負けた」

のです。

世界を舞台に、裁判という正攻法で勝負を挑まれ、国連常任理事国である中国がフィリピン一国に負け、それも「完敗」し、世界中にニュースとして報道され、「正しい歴史」として記録されたのです。これが今回のコナンの言う「真実」です。中国の良い子のお友達は分かったかな?(笑)

以前、「その時歴史が動いた」というNHKの9年間放送された歴史情報番組、ドキュメンタリー番組がありましたが、今年はAIIBの盟友である国連常任理事国・イギリスが没落の第一歩を歴史に刻んだ年です。下手をすれば分裂、独立ですよ。「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、中国も、しくじれば仲良く「逝く」可能性はゼロではないでしょうね。

前置きはこの辺にして、前回のエントリーの続きです。

今日も中国の大学入学試験=全国大学統一入試(通称「高考」)の様子で、教室入室から試験終了、そして採点へと流れる後日までを取り上げたいと思います。なお写真は全て中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
「身体検査」を終えて教室に入室、試験問題の配布ですね。経済的に恵まれていない地域ではこのような試験会場になります。ドリフのコントで使われたような机と椅子ですね。昭和30年代ですかね。机を前と後ろ逆に使っているのは、机の中にカンニング用具を忍ばせないためです。中国で最も大切なのは一にも二にも「不信」です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの都市の会場では少し机と椅子がマシになりました。が、やはり机は前後ろ逆に使ってカンニング用具を忍ばせない「対策」を行っています。更に筆記用具以下コンパスや定規類も「指定」用品が用いられています。この地域はかなり厳しく、筆記用具すら一切の私物持ち込みが禁止なんですね。これは中国では地域ごとに異なる「ローカルルール」です。日本にはありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
試験中です。ここの地域は机の「前後逆さま」は無いですね。教室外に置かれた鞄が写っています。当然、持ち込み禁止です。

クリックすると元のサイズで表示します
教室内に置かれたカメラでカンニングや不審な動作を厳しくチェックします。別室で目を光らせる「影の試験官」ですね。あくまで「不信」です

クリックすると元のサイズで表示します
会場外では不審な電波を探知してカンニングを防止します。携帯電話を使ったカンニングが多いですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
福建省の省都・福州の試験会場ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの都市の会場でも行われていますね。これが中国人が中国人に対して行い、誰も首を傾げない、試験における日常風景だという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは会場外のママさん達によるボランティア行動です。中国人が避けられる理由の一つとして「うるさい」が挙げられます。プラカードには「ただ今、ここでは高考が行われています。静粛に願います」とあります。中国では「静か」というのは非日常です。

クリックすると元のサイズで表示します
四川省における、ある公園の「警告」です。中国の公園はうるさいです。合唱、演奏、機材持ち込みでカラオケ、集団でダンス・・・。とにかく大音量です。この日は厳しく「警告」が出されています。

クリックすると元のサイズで表示します
会場外で試験の終わりを待つパパママさん他の関係者です。

クリックすると元のサイズで表示します
繰り返しますが大学入試試験です。

クリックすると元のサイズで表示します
私立幼稚園や私立小学校入学試験ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
「その時」を待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
ベストショットポジションを確保!

クリックすると元のサイズで表示します
「その時」が来ました。パパ〜!ママ〜!テスト終わったよ〜!!!一目散にダッシュする高校三年生&浪人です。

クリックすると元のサイズで表示します
部活、趣味、恋愛、アルバイトから一切を切りはなし、勉強のみの「囚人生活」を遅らせると女の子はこういった風貌になってしまいます。社会主義、共産主義国家ですねえ。これが「平等の現実結果」です。

クリックすると元のサイズで表示します
受験生も受験生なら親も親で、湧きに沸きます。

クリックすると元のサイズで表示します
芸能人や有名人の撮影ではありません。被写体は「我が子」です。

クリックすると元のサイズで表示します
大歓声で迎えられます。

クリックすると元のサイズで表示します
まさに「帰還」といったところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
花束と共に迎えられ、ママと抱擁。ちなみに試験会場出口周辺には試験終了時間が近づくと「青空花屋」が出没します。中国商人の「嗅覚」をナメてはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します
ママは言葉になりません。

クリックすると元のサイズで表示します
花束、更にはプレゼント、と至れり尽くせりです。アイフォーンでパパは記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
おばあちゃん(祖母)ですかね。共働きが常識の中国では子育ては祖父母が中心という時代になってきていますからね。

クリックすると元のサイズで表示します
試験会場まで来てくれた、お世話になった先生を胴上げ。日本は合格者が先輩から胴上げですね。随分違います。

中国人の精神年齢の低さを見ていただきました。日本は「可愛い子には旅をさせよ」が教育の根本だと思いますね。さてガラリと変わります。

クリックすると元のサイズで表示します
試験が終わって採点会場の様子です。重慶だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
採点者が持参した水筒です。一か所に集められていますね。日本メーカーのコンパクト水筒は質も良く、「日本みやげ」で喜ばれますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
答案は試験会場地区ごとに分類されます。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって寧夏回族自治区における採点会場(文系)の様子ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
パソコンは全てレノボ製。

クリックすると元のサイズで表示します
作文の採点ですか。言論・報道・出版の自由が無い国の作文やスピーチなど戯言(たわごと)に過ぎません。「本音」ではないからです。

クリックすると元のサイズで表示します
採点会場の後方にデカデカと「公平に、公正に、確実に、能率的に」とありますね。受験する側の異様な光景は散々ご覧いただいた通りですが、採点する側においても、このスローガンがデカデカと挙げられているということで、いかにコネや不正、いい加減さが「蔓延している」かがお分かりいただけるかと思います。蔓延していなければ、こんな「垂れ幕」不要ですしね。改めてもう一度、戒めているわけです。

「中国」政府、「中国」人、「中国」製、「中国」産・・・。

「中国」と書いて「不信(ふしん、しんじず)」と読む。

これが中国人が中国人に持つ「現実」です。「高考」を知ることでお分かりいただけたかと思います。単純明快でしょ(笑)。




参考記事:
NHK海外放送、中国で4回中断…南シナ海仲裁判断のニュースで

 北京で13日夜、南シナ海での中国の主権を否定した仲裁裁判所の判断を伝えたNHK海外放送のニュース番組が4回にわたり計約2分間中断、画面が真っ暗になり音声も消えた。当局が検閲したもようだ。
 中国では、仲裁裁判について世界の圧倒的多数の国が中国の立場を支持している、などと官製メディアを通じて大々的に宣伝。自国の立場に沿わない事実関係が一般国民に伝わらないよう腐心しているとみられている。(共同)
http://www.sanspo.com/geino/news/20160713/sot16071322220008-n1.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。


投稿者:dalian4649

中国の大学入学試験「高考」、その異様な風景集(1)

参議院選挙が終わりましたが、相変わらず変な奴が当選して「センセイ」になっていますねえ。「比例区」なんて悪制以外のなにものでもありません。死ぬほど努力してこその当選ですよ。衆議院も小選挙区では落選したのに「復活当選」なる奇妙な制度は廃止すべきでしょう。変な「センセイ」が多い今、国民はね、「当選させたい」候補者よりも「落選させたい」候補者の方が多いという現実を「永田町」はもう少し読み取って欲しいですね(笑)。「選挙に行け」とはよく言われますが、落としたい候補者にチェック方式だったら投票率などグンと跳ね上がりますよ。まあ冗談は抜きにして、酒、タバコ、アダルト系がダメな18歳でも一票が投じられるようになった今、「有権者教育」も、もうちょっと充実させないといけませんねえ。

さて、最近は自分の足で集めている大連ネタから少し離れ、中国のサイトからの転載写真によるエントリー記事ばかりです。しかしながら一気にアクセス数が増え、各エントリー記事の最後に設けさせていただいている「ブログランキング」のクリック御協力も多くの方に参加していただいています。本当にありがとうございます。

前々回、中国の大学について少し触れましたので、今日は中国の大学入学試験=全国大学統一入試(通称「高考」)、について取り上げたいと思います。中国の学校は日本とは違い、9月入学7月卒業で、この「高考」は毎年6月7日・8日に行われます。大学入試試験はこれ一発だけという点に厳しさと「価値」があります。人生が決まるんですね。中国の試験と言えば約1300年も続いた「科挙」が有名ですが、「高考」はこの点で、ある意味「科挙」のDNAを引き継いでいると思います。制度に不具合、不公平な点があるのは今の「お上」のDNAを引き継いでいますねえ(笑)。なお「高考」についての詳細説明はウィキでのこちら、「科挙」ついてはこちらに譲ります。

試験前から試験当日、そして試験後、と中国各地の様子を追っていきたいと思います。全て今年2016年の様子です。日本人的に見ると極めて本当に異様な光景ばかりです。掲載の写真は中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは試験前から。試験地(試験会場)に運ばれる前の試験問題&解答用紙です。吉林省通化市での様子ですね。フォークリフトに載せられて警察がチェック。トラックに運び入れます。

クリックすると元のサイズで表示します
細かく書類にチェックを入れる警察です。

クリックすると元のサイズで表示します
運搬の運ちゃんが載ったら、トラックのドアを糊付けした紙で「×」と封鎖です。ちょっとの衝撃で切れるので、出入りは出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します
特別警察であるSWATが試験問題の警備と管理に当たります。

クリックすると元のサイズで表示します
厳しい管理です。

クリックすると元のサイズで表示します
車列を作って厳重な中、試験問題が移動します。トラックのドアには先程の糊付けした紙で「×」と封鎖された様子が確認できますね。

日時と所が変わって「高考」を迎える数日前のある高校の様子です。
クリックすると元のサイズで表示します
試験前の「景気付け」です。教科書や参考書、模擬試験などをビリビリに破って(!)、ぶちまけます。ストレスや不安解消という説明のもと行われる、試験前の、今や中国の各地各高校での風物詩的行事です。もちろん行わない学校もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
毎日清掃の時間を設けて学ぶ「衛生」の精神、そして「物を大切にする」精神、を幼稚園教育の段階から行う日本ではまず考えられない「愚行」だと思います。ストレスや不安解消のために、小学生ならいざ知らず、高校3年生にもなって、このような「愚行」を学校公認の下、教育機関内で行うことは、日本における中国籍の犯罪率の高さに直結しているのではないでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
皆、笑顔です。が、私なら首を傾げ、一人静かにその場を去ります。私の中国生活は今も昔も、至る所でこのような時と場面が少なくありません。一人の日本人として嫌なものは嫌なのです。

日時と所が変わって試験当日です。
クリックすると元のサイズで表示します
試験会場前ですね。仲間と気合を入れるグループです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の高校はジャージが制服の学校が殆どです。髪形も服装もファッション性はゼロ。メガネ率が極端に高いのも特徴ですね。この「多感期」に、朝早くから夜遅くまで、ず〜っと勉強だけの「囚人生活」ですから、極めて偏った人間=人民、となるのです。恋愛も校則で禁止が常識です。高校時代は「楽しむ」ものではなく、「耐え忍ぶ」ものです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは私服組です。ファッションセンスは日本の中学生ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
女子高生です。日本人的には(?!)となります。しかも上海です。一つの中国というのなら男性的には台北を見習って欲しいです。あそこは綺麗で可愛い!

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはチベット自治区の区都・ラサにおける女子高生です。後ろに写るのは「ポタラ宮」です。世界遺産ですね。50元札の裏にも描かれています。可哀想にジャージは中国色の赤・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
一人黙々と最終チェックです。私も高3時代、浪人時代を思い出します。頑張れよ。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の学生と言えば、とにかく精神年齢が低いのが特徴ですが、これは最たるものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
この「高考」、全中国で親が受験生である子供を送迎するのが通例です。幼稚ですねえ。私も地方の国立大学に試験を受けに行きましたが、一人で行きましたよ。ネットも携帯電話も無い90年代の初めです。蛇足ながら、合格しました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
試験会場が近いと高校教師までが試験会場前に来て激励します。ハイタッチです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの先生方はお揃いのシャツです。中国らしくやっぱり赤。抱擁で激励です。

クリックすると元のサイズで表示します
親だとガチ抱擁です。繰り返しますが、女子高生(三年生)と親の、試験前の、公の場での姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは試験前なのに、もはや望み薄ですね。頬を撫でるよりアントニオ猪木に闘魂ビンタしてもらった方が良いかと。社会は「高考」なんかよりもっと厳しい世界です。

クリックすると元のサイズで表示します
双子ですか。顔は一緒。視線は悲しい男の性(さが)で申し訳ありませんが、胸のサイズも一緒!

所変わって試験会場周辺です。
クリックすると元のサイズで表示します
この日は警察が全て「奉仕」です。白バイ軍団ですが、「高考奉仕車両」、とあります。試験に遅れそうな学生などを後ろに載せてブッチぎるのは有名ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも警察が運営で「総合案内所」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはボランティア運営で、ミネラルウォーターの無料配布や携帯電話&タブレットの無料充電を行っています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは簡易医療施設ですね。場所によっては酷暑ですからね。体調崩すのは送迎する親(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
さあ入場です。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は一人っ子政策が解禁された少子化の年とはいえ、中国全土で940万人が受験したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
とにかく男女分離するところは中国ですねえ。何でだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
日本に限らず、中国人、中国製、中国産と言えば「不信」の代名詞です。大学でもカンニングが日常茶飯事だそうです。疑い「過ぎる」ことはありません。むしろ疑い過ぎることが「必要」なのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
身分証も細かくチェック。替え玉防止策です。

クリックすると元のサイズで表示します
足裏も細かくチェック。とにかく念には念を入れます。

さあ試験開始ですが、次回に続きます。更なる「珍百景」ばかりですよ(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

武漢と青島における「水の被害」の現地報道

今日は七夕ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
大連市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気の状態はまずまずです。特別な日ですから綺麗な夜空が見たいものです。セミの声が徐々に聞こえ始め、夏本番が近付いている感じです。

さて、前回のエントリーでも少し触れましたが、今、南方の多くの都市では豪雨、洪水、土砂崩れなど、かなりの被害が出ているようですね。北方でも先日、「毎年恒例」となっている環境破壊による青島(山東省)の海の「汚染」が報じられました。

南方の水害は、「華中」における中心かつ最大の都市=武漢(湖北省の省都)が「水没」し、さすがにヤバいので、中国の「ナンバー2」である李克強首相(61)も現地入りしたそうです。

武漢市ですが人口は約1100万人、日本との空路(直行便)は東京成田(ANA、中国南方航空、春秋航空)、大阪関空(春秋航空)、名古屋(中国南方航空)で結ばれています。大分県の大分市と友好都市関係にあります。

本日のエントリーはこの武漢と青島における「水の害」の現地報道ネタです。まあ「論より証拠」という言葉があるので今日も写真中心です。なお写真は全て現地サイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
前回のエントリーでは河南省の省都、鄭州駅前の「貧民」の様子から始めましたが、今日は武漢駅の前です。見事に「水没」していますね。

クリックすると元のサイズで表示します
駅構内です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄の駅は階段が「滝」状態です。

クリックすると元のサイズで表示します
中国はその治安事情と人民の民度の低さが原因で、地下鉄に乗る際は手荷物検査があるのが常識です。日本でいうところの飛行機(国内線)搭乗の際のチェックが地下鉄乗車の際に行われるということです。大連では地下鉄とライトレール乗車の際は必ず行われます。係員も「避難」していますね。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターも上からの「雨漏り」が酷いです。怖いのは「感電死」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
サッカースタジアムもこの通りです。中国サッカー甲級リーグ(2部リーグ)に参加しているプロサッカークラブ「武漢卓爾(ぶかんたくじ)」のホームグラウンド「新華路体育中心」の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
今週末(10日、19:35キックオフ)、ここで地元大連のサッカークラブ「大連超越」とのアウェー公式戦(第17節)があるんですけど、どうするんですかね?サッカーではなく「水球」戦に変更ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
現地入りする李克強首相(61)です。長江(揚子江)の大規模氾濫だけはヤバいですからね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
しっかりと現地指導!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
周囲は直立不動!

クリックすると元のサイズで表示します
水の中にも入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
激励、そして周囲は笑顔、更には拍手!中国ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
市内です。「洪水」を利用して遊ぶ市民です。

クリックすると元のサイズで表示します
はい、記念写真!周囲の住宅環境から、そこそこの富裕層ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
発泡スチロールを浮かべて遊びます。やや隠れていますが「網」を持っている子も確認できますね。魚の捕獲?何か良い物、流れてくるのかな?

一部の人民はそれなりに楽しんでいるんですね。日本では多くの死傷者が出た災害に対しては一致団結して立ち向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
街中の通りではマンホールの蓋を開けて水を流します。落ちたら死にますね。

ガラリと変わって山東省の青島です。大連同様、港町ですが、「日本」が街の至る所に見られる大連に対して、こちら青島は「韓国」である点が全く違う点です。記憶に新しい2012年の反日暴動でも大連では暴動ゼロ、青島はイオンやパナソニック工場が「焼き討ち」、と明白な差が出ました。

青島の人口は約800万人、日本との空路(直行便)は東京成田(ANA)、大阪関空(ANA、中国東方航空、山東航空、春秋航空)、名古屋(中国東方航空)、福岡(中国東方航空)で結ばれています。山口県の下関市と友好都市関係にあります。大連からは空路片道40分ぐらいで行ける地方中都市なので、週末の気晴らしに行くのにはもってこいです。

で、こちらの「水の害」は海です。藻の異常繁殖ですね。2008年の北京オリンピックが開催された時に一躍脚光を浴びた、「環境破壊」による「賜物」です。もう「毎年恒例」となっていますから政府も匙(さじ)を投げているのかもしれませんねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
空中から撮った全景です。息を飲まざるを得ない、素晴らしい「草原」姿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
それなりに楽しむ人民です。

クリックすると元のサイズで表示します
蝦蛄(しゃこ)も動けず。

クリックすると元のサイズで表示します
何を採っているんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでも何か採っている人。

クリックすると元のサイズで表示します
散歩しながら物色といったところですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
ウィンドサーフィンですか。こんなに藻だらけで前に進むんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
オェー!

クリックすると元のサイズで表示します
オェー!!

クリックすると元のサイズで表示します
止めなさい!

クリックすると元のサイズで表示します
それなりに楽しいんですかね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
凄い人出。

クリックすると元のサイズで表示します
オェー!!!

クリックすると元のサイズで表示します
顔面日焼け対策のマスク女を4連発。隠す所を間違えている方々だと思います。これを「頭隠して尻隠さず」と言います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
バックには青島観光では外せない名所=「桟橋」です。

クリックすると元のサイズで表示します
お疲れ様です。

青島の環境破壊ネタは過去にも触れました。

「環境第二」青島の汚い海、そして七色の川
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/321.html

海水浴シーズンですが大連と青島の汚い海
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/227.html

日本人ならこの国では周りの人、環境、様子に流されず、しっかりと「自分」を確立した上での行動が大切です。最後に頼れるのは「自分自身」なのですから。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ