中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2016
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連の「集中暖房」工場を見に行く、あと狂歌

今日の大連ですが、正午には気温も3度まで上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の正午の大気データです。先週土曜日は「マイナス18.8度」を記録していますから、実に20度以上も差があったということです。体調管理が求められますね。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝、買い出しがてらに撮った「労働公園緑山とテレビ塔」です。大気汚染が酷く、朝からPM2.5対応マスク必携です。手前の煙突からは「集中暖房」システムである「スチーム(中国語:暖気)」を作るために燃やしている石炭の煙が激しいです。

この集中暖房があるおかげで家の中はホカホカですが、こちら満州においては大気汚染の元凶となっています。一言で言えば「諸刃の剣」、「ハイリスク、ハイリターン」の装置システムです。

この「集中暖房」システムですが、日本式に言えば「セントラルヒーティング」ということになります。中国では主に北方地域に存在し、南方には存在しません。毎年冬になると、各家庭に、家の面積に応じて暖房費の集金があります。

こちら大連市中心部では、この「集中暖房」を維持するための「町工場=ボイラー」、がコンビニの距離感覚と言ったら言い過ぎでしょうか、あちこちにあります。この「工場」の存在が日常風景である一方、日本や中国南方地方では目にすることがありませんので、今日はこの「町工場=ボイラー」の様子を取り上げたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず一例として、市中心部「労働公園」東門から歩いて5分程のバス停「昆明街」です。ここにはイギリス系大型スーパーチェーン「テスコ」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐそばには全中国で、これまたチェーン展開してるホテル「錦江之星」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
このバス停の真ん前(!)に「集中暖房」の「工場=ボイラー」があります。手前に写っているのはローカルの理髪店ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
近付きます。「工場」は石炭に囲まれているのが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します
三日前の日曜日に撮った写真ですが、この日は朝、雪が降ったので、石炭の上にはちょっとだけ雪が積もっていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。石炭の存在もこちらでは身近ですが、今の日本人なら見た事も触ったことも無い人は多いでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真を撮った前日は「マイナス18.8度」、と新記録を樹立した日でしたから「ボイラー」もフル回転、つまり石炭の消費量がハンパではなかったことが一目瞭然で分かりますね。空っぽです!

クリックすると元のサイズで表示します
スコップが刺さっていますね。重労働の職場です。

クリックすると元のサイズで表示します
周囲は健康的な居住環境とは言い難いですね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の秋頃から大連のあらゆるバス停で見られるようになった「広告」です。「いったいどこで呼吸すれば良いんだ? 大気汚染、環境汚染、人類はどうやって生存すればいいんだ?」とあります。キリンが雲の上に頭を出していますね。つまり地上ではPM2.5で満足に呼吸も出来ないという意味ですね。これは「大連理工大学」のバス停です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「エキシビションセンター(中国語:「会展中心」)」のバス停です。

クリックすると元のサイズで表示します
広告主です。海南省の会社?

私はこの広告を初めて見た時、思わず笑ってしまいました。これ「平成の狂歌」ですよ。狂歌(きょうか)とは、社会風刺や皮肉、滑稽を盛り込んだ短歌のことです。

ウィキから有名どころをそのまま引用します。

「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」
寛政の改革の際に詠まれたもの。白河は松平定信の領地。定信の厳しい改革より、その前の田沼意次の多少裏のあった政治の方が良かったことを風刺している。大田南畝作という評判もあったが本人は否定した。

「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たつた四杯で夜も眠れず」
黒船来航の際に詠まれたもの。上喜撰とは緑茶の銘柄である「喜撰」の上物という意味であり、「上喜撰の茶を四杯飲んだだけだが(カフェインの作用により)夜眠れなくなる」とう表向きの意味と、「わずか四杯(ときに船を1杯、2杯とも数える)の異国からの蒸気船(上喜撰)のために国内が騒乱し夜も眠れないでいる」という意味をかけて揶揄している。

中国なんで「短歌」は存在しませんけどね。七言律詩で有名な事件がありましたね。『人民日報』海外版1990年3月20日号に掲載された、アメリカ人留学生が作った作品です。「元宵」事件、として有名です。「人民日報=お上」は見抜けず、世界的に話題となりました。

『人民日報』海外版1990年3月20日号に、美国(アメリカ合衆国)留学生の作として、以下の七言律詩が掲載された。

東風拂面催桃李
鷂鷹舒翅展鵬程
玉盤照海下熱涙
遊子登台思故國
休負平生報國志
人民育我勝萬金
憤起直追振華夏
且待神洲遍地春

そのまま読めば、春の訪れを待つ愛国的な留学生の気持ちを詠ったものである。しかし、右斜め上から下に「李鵬下台平民憤」(李鵬が辞めれば民の憤りは収まる)という文が隠されていたため大騒ぎになった。「人民育我勝萬金」の列は、「人民有我勝萬金」と誤って紹介されることがある。

先程の「キリンの広告」に戻ります。どういうことかというと「いったいどこで呼吸すれば良いんだ? 大気汚染、環境汚染、人類はどうやって生存すればいいんだ?」とありますね。広告主は人「類」ではなくて、人「民」と書きたかったのだと思います。

私には「キリン広告主」の、悲痛な叫び、参政権が無いゆえにどうしようもない苛立ち、母国が汚される悲しさ、無策な「お上」に対する怒り、といった様々な心情が手に取るように(!)、はっきりと読み取れますね。

もう一例挙げます。中韓はいつも日本攻撃の際、「中韓」とはっきり言わず、「アジア諸国」、「近隣諸国」、「周辺国家」って言い回しを使うでしょ(笑)。本音を隠しているんですよ。この「事例」を「キリン広告」にも「引用」したということですよ。

「お上」はね、「キリン広告主」の「本音」が見抜けていないと考えますね。

多角的視野を持たず、歴史を知らず、庶民の気持ちを知らずして政(まつりごと)、ましてや善政は行えませんな。今日のエントリーはちょっと生意気を書きました。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連港へ酷寒が作り上げた「芸術品」を見に行く

昨日のエントリーはかなりのアクセス数を頂きました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝はやや遅い始動となりました。大連市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の朝9時における大気データです。汚染が酷いものの、気温はマイナス5度、と昨日の朝より10度(!)も気温が上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
その後、順調に大気は浄化され、気温もぐんぐん上昇し、午後2時には0度となりました。ようやく普段の大連が戻ってきた感じです。この冬の酷寒のピークは先週で去ったことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。

クリックすると元のサイズで表示します
右下をクローズアップします。上の見出しは「大寒波の急襲も終わりを迎えた」、下の見出しは「年末の民族大移動が始まった」とあります。

下の記事ですが、中国はグローバルスタンダードに背き、旧正月(春節)を「真の正月」とする国です。今年は2月8日(月)が「元日」なんですね。ということで、昨日からこちらは「年末」に入りました。それに伴う「帰省」が始まったということです。ピークは2月4日〜6日だそうです。

旧正月(春節)休みに中国に残る日本人ですが、特に飲食店が軒並み休みとなるために困る方が多いようです。特に田舎や小都市が深刻ですね。アドバイスをするとすれば、「イスラム料理屋」に行けば、結構営業しています。チャーハン、ラーメンを始めとして、串焼きのシシカバブ―など、大体何を食べても日本人の口に合い、しかも安価なので心配無用ですよ。連中は漢族カレンダーでは動きませんので、心強い味方です。

さて昨日のエントリーで取り上げましたが、一昨日の1月23日に「マイナス18.8度」、という最低気温の新記録を出した大連です。今日は平日で、天気も良く、暖かく、風も殆ど無く、ということで、「昼休み」に地下鉄で大連港(東港新区)に足を延ばしました。毎年地元紙で取り上げられる、酷寒の港町ならではの、「冬の風物詩」を見に行くためです。

クリックすると元のサイズで表示します
その前に、今朝のご近所さん宅の「つらら」です。ちょっとした日本刀ぐらいの長さと殺傷力があります。溶けたものが落ちてきて頭にでも刺さったら確実に死にます。ガキの頃に熱中したファミコンのゲームで例えるなら「リアルアイスクライマー」ですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄で2号線終点の「会議中心」駅まで行きます。朝夕除けば相変わらずガラガラ。

クリックすると元のサイズで表示します
「会議中心」駅の「A」出入り口から地上に出ます。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いて5分ほどで着きます。ここは「ゴーストタウン」に近い所ですから、道路もガラガラ。

クリックすると元のサイズで表示します
道路のど真ん中を歩いても大丈夫ですが、良い子は真似をしないように!

クリックすると元のサイズで表示します
本当に生気が無いエリアです。殺風景に加えて買い物は不便、一方で物件は高過ぎて誰も興味を持たないし、買えないのですよ。で、右に写っている丸い建物が「国際会議センター」です。ダボス会議はここで開かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
この「国際会議センター」の前が「広〜い、広〜い広場」となっているんですね。海辺で港町が実感でき、散歩やマラソン、自転車、ローラースケート、スケートボード、キックボードには最適です。やっぱりガラガラ。

クリックすると元のサイズで表示します
一方でこのエリアには「パクリ大国」ならではの、噴飯ものの、変な建物がたくさん建っています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「なんちゃってコロッセオ(イタリア)」の隣には「なんちゃって凱旋門(フランス)」です。更にこの裏には「なんちゃってヴェネツィア(イタリア)」の運河まであって、有料で遊覧船も運行されています(笑)。「恥」という概念があるのなら、誰もこんなところには住みたがりません。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ前には「ヨットハーバー」です。こちらは「貧乏人仕様」。

クリックすると元のサイズで表示します
一方でこちらは「お大尽仕様」です。凄いコントラストなんで「真の格差、真の社会主義国家」が実感できますよ(笑)。大連は港町ですから、家、車、と買ったら次はクルーザーですね。蛇足ながら、「大連領事」の「2016年年頭のご挨拶」によれば、昨年大連から日本を訪れた中国人観光客数は過去最高を記録したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
海は凍ってます。今日は波も風も全くありません。不気味な静けさです。

クリックすると元のサイズで表示します
ず〜っと先まで凍ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
波がある時はこの沿岸に波が叩きつけるんですが、

その叩きつけた波が酷寒のため、転落防止用の「手すり」で凍って、見応えのある「芸術品」になるんです。では、今日撮ってきた「芸術品」を暫くご覧いただきます。今日のエントリーの「メインディッシュ」です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大学生らしきカップルで彼女はメチャクチャ感激していました。野郎はいいデートコースを選択したと思います。すぐ目の前は五つ星ホテルである「大連ヒルトンホテル」ですし(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
太陽が昇ったお昼過ぎで、気温も上がってしまったので、今日の「芸術品」はやや小振りでしたね。おすすめはフェリーが欠航するほどの高波の、翌日の朝ですね。言葉を失うほどの凄さですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
凍っている海を船が来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
左側後方に写るのは大連港の造船エリアです。二隻目の空母を作っているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
赤い灯台の上を着陸態勢の飛行機(山東航空)が飛んでいます。大連周水子国際空港は目と鼻の先です。毎日だいたい11時半頃だと成田から飛んできたJAL(機材はボーイング787)とANA(機材はボーイング767)が見られますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に「国際会議センター」を正面から撮って帰りました。やっぱり海はいい!良い気分転換になりましたね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「マイナス18.8度!」、最低気温で新記録を出した大連

今日も日本同様、最もホットな話題である「天気」について書きたいと思います。大連も凄い事になっていますよ(笑)。厳密に言えば、前回のエントリーの続きになりますかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
大連市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の朝8時における大気データです。中国「名物」PM2.5より気温に御注目下さい。1月21日木曜日です。マイナス12度・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日、金曜日の同所同時刻です。マイナス12度・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
地獄の出勤一週間が終わって、やっと週末。昨日、土曜日の同所同時刻です。マイナス18度!これは凄い!いや、ヤバい・・・。蛇足ながら、午後2時になっても気温はマイナス17度、とほぼ横ばいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
本日、日曜日の同所同時刻です。マイナス15度・・・。

10年以上住んでいますが一週間ず〜っとこの気温というのは初めての経験で、マイナス18度というのも、もちろん初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します
本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。気温ネタがデカデカと一面を独占しています。見出しは「マイナス18.8度! 観測が始まっての45年間で最低気温を記録した」とあります。

昨日の大連は「マイナス18.8度」で、大連市区(中山、西崗、沙河口、甘井子の4区)がこの気温になったのは1971年の観測以来初めて、つまり新記録だったそうです。私だけが初体験(!)した気温ではなかったんですねえ。

昨日土曜日はJALが成田から、ANAが成田&関空から、中国国際航空が関空&福岡&広島から、中国南方航空が名古屋&福岡&富山から、それぞれ「大連入り」しますが、大連到着間近に行われる機内アナウンスで、現地の気温を聞いた搭乗客、特に日本人は唖然とするしかないですよね(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

マイナス14度の大連と正月の一風景

2016年最初の更新になります。今年も宜しくお願い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は申年ですね。市中心部である中山区「希望広場」の一風景です。「在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所(通称:大連領事館)」もすぐ近くですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今週に入ってからの大連はかなりの酷寒が続いています。先週16日土曜日の夜中に雪が降って、日曜日朝にはソコソコの雪景色となりました。日曜日に撮った「労働公園緑山とテレビ塔」の様子です。この日の朝はマイナス10度だったので、食材と新聞を買って即撤収しました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
で、週明け月曜日から地獄の出勤が続いています。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」における朝8時の大気の様子です。PM2.5より気温に注目です。マイナス13度・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日火曜日の同所同時刻です。マイナス14度・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本日水曜日の同所同時刻です。マイナス13度・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日付け大連地元紙『半島晨報』の記事(A07ページ)です。見出しは「マイナス14.2度!昨日この冬最低気温を記録した 来週には暖かさが戻るだろう」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
で、本日付け大連地元紙『半島晨報』の天気予報欄(A29ページ)です。明後日の金曜日にはマイナス15度の予想・・・。

酷寒の満州ですが、ここ大連は最南端に位置しています。この地に10年以上生活していますが、マイナス10度以下が一週間続くのもまた極めて珍しいです。経済と一緒で今年はかなりの冷え込みですねえ(笑)。

さて、時間を少し遡って、今年2016年の大連における正月(1月1日〜3日)です。旧正月(春節)を「真の正月」とする中国では、カレンダーでは元日の一日のみが祝日扱いですが、今年は元日が金曜日だったので、上手い具合に3連休となりました。日本人的には嬉しいですね。ただ大連の正月どんなだった?と言われると、一言で言えば「空気悪すぎ、外出危険」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
大気データです。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の元旦朝9時です。気温は何と6度です。

クリックすると元のサイズで表示します
2日の夜9時です。大連各所かなり酷く、大連周水子国際空港のある「周水子」は壊滅的の「563」です。

クリックすると元のサイズで表示します
サイトを変えます。年末年始(12月29〜1月3日)が突出して悪かったことが御確認いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
で、街の一風景です。お昼近くになって地下鉄に乗り、最後尾の車両に座ると警察官です。地べたにはどうやらお弁当です。皆、「ガン見」しています。私も「ガン見」(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
新年を迎えての「福利厚生」でしょうか。地下鉄の各駅に停まるごとにお昼のお弁当を渡していました。人数分を確認して、

クリックすると元のサイズで表示します
到着と同時にホームに待っている警察官に手渡します。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、警察官も乗り替わり、また各駅、停車ごとにお弁当配りをします。

クリックすると元のサイズで表示します
笑顔です。あげる側は「あけおめ!」、受け取る側からは「何弁当?」とかいう会話が聞こえてきて微笑ましかったです。自分も経験がありますが、週末、ましてや祝祭日なのに仕事って結構きついんですよね。お疲れ様です。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ日本人的には、地べたに食べ物をそのまま置くっていう感覚はちょっと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
私同様、「ガン見」する人民です。連れの女の子は乗車後も「マスク」しっかりで体調が悪そうでしたね。先程御確認いただいたように、元旦9時でPM2.5の数値は「168」でしたからねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
終点の「富国街」で降りて今度は路面電車。「黒石礁」で降ります。道端の「青空商店」では新年のカレンダーが売られていました。

クリックすると元のサイズで表示します
歩道橋を渡って反対側の「青空商店」でもこの通り。

クリックすると元のサイズで表示します
キンペーカレンダーが主役です。

クリックすると元のサイズで表示します
どちらの店も値段を聞いたら、全品もれなく1部15元(=約270円)の統一価格でした。日本では入手困難と思われる品だけに、春節帰国の折に中国(大連)土産として、「中国大好きさん」や「日中友好さん」に贈ると、「あなたの株」はきっと上がると思いますよ(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ