中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2014
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連の中国銀行で「1万円=498元」でした

久々の更新になります。失礼致しました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日も大連は大気汚染です。朝9時の「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は「157」です。旅順に近い「七賢嶺」は「383」の重汚染ですね。これはPM10の数値です。

今年の大連の秋は例年に比べて、それほど寒くない印象です。これから寒くなってくるんでしょうかね。青空の日も以前に比べて本当に少なくなりました。

さて、今日の午後は中国銀行に行く用事があったのですが、最近は円安も話題になっているので、とりあえず為替レートを聞きました。すると、なんとビックリ!「1万円=498元」でした。日本人の中国における日本円→人民元の両替は、ここ中国銀行で、パスポート持参での両替が「正道」です。とうとう「500元」を割りましたねえ。中国における最高額紙幣は100元札ですが、「100元=2000円超」の時代になったわけです。1ドル=120円ぐらいまで行きますかねえ。

まあ、発がん性の大気汚染(=「PM2.5」)は酷くて、国も改善の意志はゼロだし、先の日中会談における習近平国家主席の、「道徳礼儀マナー無し」の態度を見ても分かるように、13億人総「支那人」化も激しいですしね。年末年始で良い区切りだし、神様が「在中の日本人の皆さん、破格のレートを与えますから、手持ちの人民元を全部日本円に変えて、早く日本に帰っておいで」と言ってくださっているのかもしれませんねえ(笑)。私個人は幸いな事に、株価だけは良い数字を出しているので、こちらで救われています。とは言っても「スズメの涙」ですが。

中国は一党独裁の人治国家、非法治国家ということで、「反日デモ」を契機に東南アジアへの移動、つまり「チャイナ・プラス・ワン」なんていう言葉がよく言われましたが、資産も一緒です。中国での労働収入だけに頼っていては収入は増えないし、為替に左右されてしまうということです。「1万円=498元」だ、もう生活が出来ない!なんていうのは回避しましょう、他の収入手段を持ちましょう、ということです。

「NISA(少額投資非課税制度)」もあるし、最寄りの証券会社に行ってみて、窓口でいろいろと話を聞いてみて、アドバイスを受けながら元手3〜5万円ぐらいから少しずつ資産運用を初めてみるのも楽しいですよ。パチンコ競馬などと違って、スッカラカンになることもまず無いですし。せっかく日経平均株価が良い数字を出しているのだから、少しはその恩恵に与りましょうよ。「株は良く分からないし、損が怖いから買わない。でもお金は欲しい。俺達にも金を回せ、アベノミクスは失敗!」ではダメだということです。一皮剥けましょう。剥けて大人です(笑)。

確かに民主党政権時代は「1万円=800元超」なんて時もありました。でも日経平均株価は7000円台だったですしねえ。政府の媚中姿勢も日本人として嫌でした。尖閣衝突ビデオ隠しなんかもやっていましたね。

海外ビジネス、海外生活に為替リスクは付き物です。こっちがダメならあっちで資産確保、あっちがダメならこっちで資産確保、というように臨機応変にやっていかないと厳しいですね。特に中国でなら尚更です。

さて、話はガラリと変わります。今日はシャンプーが切れ、日本から持って来ているストックも切れていたので、仕事帰りに香港系ドラッグストアチェーンの「ワトソンズ(中国語名:屈臣氏、英語名:Watson's)」へ日本のシャンプーを買いに行きました。大連とはいえ、日本の、そして詰め替え用シャンプーは、なかなか売っていません。

クリックすると元のサイズで表示します
パッケージに中国語翻訳シールがベタベタと貼られた、資生堂のスーパーマイルドシャンプー(400ml、詰め替え用)です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本からの直輸入品で38元(=約760円)でした。関税がかかるとはいえ、スゲ〜価格!。ビックカメラのネットで買うと203円です。約4倍(!)に近いですねえ。やっぱり日本から持ってくるストックは切らせません。中国製は使いたくないので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは大連空港内のケンタッキーです。国慶節、日本からのお客さんを出迎える時に時間潰しで利用しました。

クリックすると元のサイズで表示します
店内カウンター上に表示されているセットメニューの数々です。御覧のように大体40〜42元ですから、今なら約800〜840円(!)ってところですか。信頼性の低い中国産素材の使用なのに、日本を超える価格ですね。

蛇足ながら、大連空港と言えばボッタクリ両替所があって、以前、それを取り上げたのですが、先月末の空港利用の際、日本人客は皆この両替所を避けて、中国銀行の方に並んでいました。このエントリー記事、結構読まれていたのですが、参考にしていただいた方、口コミしていただいた方もいらっしゃるんでしょうかね。やはり日本人が目の前で「支那人」に騙されているのを目にするのは気持ちの良いものではないですからね。ここはこんな国、こんな街です。

旧正月「新春」の富士山と大連
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/362.html

発がん性の大気汚染は酷く、「高くて(物の、労働の、サービスの)質が悪い」という新時代にも入りました。年末年始という「きりのいい」時期です。日本に本帰国する方は例年以上に増えそうですね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

コタツを出して酷寒に備える

今年もあと二か月。そろそろ有給の消化もしなければなりません(嬉)。日本のカレンダー同様、今日は予め有給を取って三連休としていたんですが、一昨日は「毒ガス」、昨日、今日は好天、と極端な三日間でした。

クリックすると元のサイズで表示します
前回のエントリーで取り上げましたように、一昨日1日(土)は酷い大気汚染でした。最近は新聞でも予め予測ができるような時は、こんな感じで「警報」が出ますね。赤線を引きました。1日付け大連地元紙『半島晨報』(A03ページ)の記事の一部抜粋ですが、「霧、もや、スモッグの日は外出は控えめに、また外出の際はマスクをするのが最善である」とあります。

まあ、日本人と中国人の最大の違いなんですが、日本人は「後々困らないように対策する(=準備周到)」民族で、中国人は「困ってから対処する(=結果対応)」民族です。ここが大きな差ですね。注意喚起したところで、連中には届きません。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはこの「毒ガス」日の様子を報じた、昨日2日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。「大連市内と郊外は22時間連続で重度汚染の大気に包まれた」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ところが、1日夜から2日朝にかけてタイミング良く雷雨となって、風も吹き、昨日2日は朝から一転、素晴らしい好天となりました。気温もガクンと下がりましたね。一日で全てがここまでガラリと変わる。これもなかなか無い経験です。いつもの風景=「労働公園」の「緑山とテレビ塔」、です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはこの日13時の大連各所の大気の様子です。「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は御覧のように「61」です。

クリックすると元のサイズで表示します
同様に、本日15時の大連各所の大気の様子です。「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は御覧のように「57」です。「付家庄」は「46」まで下がっていますね。大連ではかなりの低数値です。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、今日は窓を全開にして部屋掃除。部屋の隅々にまで掃除機をかけて、コタツを出しました。JALに載せて、日本から持ってきたコタツです。もう6年目の使用ですね。正直、ここまで使えるとは思ってもみませんでした。さすが日本国内で売られている製品です。

日本から大連に「こたつ」を空輸する
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/27.html

クリックすると元のサイズで表示します
変圧器にコンセントを刺します。この変圧器は大連購入ですが、こちらもまた長持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
スイッチオン。無事に暖かくなりました。これでいつ突然の酷寒に襲われても平気です。

ただ今、試運転中も明後日5日から大連の各家庭では正式にスチーム(中国語:暖気)が入ります。朝から石炭をガンガン使うために大気汚染の日はダントツに増え、また汚染度も一気に上がります。

本当に束の間の好天で、ストレスまでも洗い落とせた休みとなりましたね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

計測器のメーターを振り切った大気汚染

今日はかなりの大気汚染の大連、いや遼寧省です。

やっと週末を迎えた昨晩は帰宅後、即就寝で、食事もせずに一気にぐっすり寝てしまいました。朝の4時に目が覚めて朝食です。もう11月に入りましたので、この時間は真っ暗ですし、路上の青空新聞屋さんもまだ来ていません。日本ではないので、暗い中、一人外に出るのも100%安心とは言えません。窓から外を見たら真っ白でした。ネットでニュースを見たら、昨晩、省都・瀋陽の大気汚染は凄かったみたいですね(下記「参考記事」参照)。

クリックすると元のサイズで表示します
早速チェックしたら、瀋陽市の汚染状況はこんな感じでした。まさに「毒ガスレベル」です。先「GDP数値」政治、先「GDP数値」国家、の面目躍如といったところです。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝2時の大気の状況ですが、瀋陽市内でもここは、PM2.5の数値が「712」、PM10の数値が御覧のように「976」です。詳しく見てみると、昨日はPM2.5の数値が「970」、PM10の数値はメーターを振り切って「999」まで上がったことも表示されていますねえ。まあ、測定不能の「999」はなかなか見られない「記念数字」ですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも同じ瀋陽市内、所かわってアメリカ大使館のある場所です。今朝4時の大気の状況ですが、PM2.5の数値が「550」です。館内居住区は朝から終日、空気清浄器がフル稼働ですね。

大気汚染を確認するサイトは数多くありますが、アメリカ大使館がある場所の数値を公表しているサイトが日本人的には参考になると思います。中国「大本営発表」と無縁だからです。

省都・瀋陽は「伊勢丹」が寿命たった5年で昨年閉店、「ヤマダ電機」も南京店、天津店と閉店して瀋陽店は「風前の灯」と聞きます。タクシーの初乗り料金は、省第二の都市・大連の方が高いという、日本ではまずありえない逆転現象も起きています。港湾都市・大連の人の瀋陽評は、工業「内陸」都市ということもあって、とにかく「汚い街」です。「汚い」の代名詞、なんですね。

また、ここ満州ではトップクラスの反日都市です。まだ記憶に新しい2年前の反日デモの際には、日本領事館は「ボコボコ」にされていましたね。生卵やらゴミやら徹底的に「支那人」が投げつけていたのが広く報道されましたね。この「内陸」都市での「日中友好」活動ほど無意味で、偽善的で、一般人民の心に響かない行動はありません。瀋陽人民の民度もそこまで熟していません。私は日本人なら関わらない方が良い、とすら考えています。無駄なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
さてガラリと変わって、こちらは今日の大連です。いつもエントリーの冒頭で大気汚染の状況を「数字」、「写真」付きで取り上げますが、今日は普段に輪をかけて(!)酷いです。今朝6時の大連各地の大気汚染の状況です。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5は「269」です。昨晩23時の時は「461」ですか。これまた市中心部では滅多に見られない「殺人レベル」の数値ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
朝7時半、新聞と果物を買いに行った時に撮った、いつもの風景=今日の「労働公園」の「緑山とテレビ塔」、です。塔は消えていますね。きっちりとマスクをして出かけました。30分ほどの外出ですが、帰宅後は服を着替えて洗濯機に、そして朝風呂です。まあ湯船が無いのでシャワーですが。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は特に市郊外各地の数値が酷いですね。朝6時の「開発区」です。PM2.5は「303」です。昨晩の最大値は「339」ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
朝5時の「金州」です。PM2.5は「373」です。昨晩の最大値は「416」です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝6時の「双D港」です。PM2.5は「410」です。昨晩の最大値は「412」です。

市郊外の「開発区」、まあ最近命名された新しい名称ですと「金州新区」ですか。ここも日本人や日系企業が少なくないですが、ここは「働く地域」であって、「住む地域」ではないと考えてます。ここは中国です。「健康第一」、「安全第一」の日本人が「住む地域」に、汚染源、爆発源となる工場の類の一切は不要だからです。実際に住んでいる日本人の方々にとっては、いろいろと難しいとは思いますが、一考を要していただきたいですね。

大連「開発区」の石油パイプライン爆発事故について
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/450.html

大連市中心部の「水道水汚染」と混乱について
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/451.html

「大気汚染で終日、外出できない」というのは今の大連では珍しい事ではありません。日本に持って帰れる「最大のお土産」。それは日本にいた時と変わらぬ「健康な体」です。物品なんかじゃないんですよ。それが自分にとっても、家族にとっても、親類、親友にとっても最大の喜び、そして喜ばれるお土産であり、長期滞在の成功であり、幸せなんですね。「当たり前」ほど、「気付かないけれども大きな事」はありません。

うがい手洗い、入浴、着替え、洗濯、マスク、そしてこれからの季節の最大の「友」は空気清浄器。PM2.5の「最終駅」は癌です。「人は人、私は私」ですよ。

「備えあれば憂いなし」。中国の書『書経』に見られる言葉です。同じ意味を表す類義語には、「後悔先に立たず」、「転ばぬ先の杖」、「念には念を入れよ」、「良いうちから養生」、「予防は治療に勝る」など、とにかく多いです。それだけ重要な言葉、それだけ身に染みて失敗を、効果を、経験した多くの人が口走った言葉なのでしょう。

「健康第一」、「安全第一」、「自分の身は自分で守る」、一歩進んで「自己確立」。自分だけでなく、周囲の大切な人に対しても、もう一度、再確認しましょう。ここは「中国」なのですから。




参考記事:
中国瀋陽で深刻な大気汚染 PM2・5、日本基準18倍

 国営新華社通信(電子版)によると、中国東北部の遼寧省瀋陽市は30日夜から深刻な大気汚染に見舞われ、一部地区では31日朝、微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が1立方メートル当たり646マイクログラムとなった。
 日本では国のPM2・5の環境基準値は1日平均濃度35マイクログラムで、日本の基準値の18倍に当たる。
 瀋陽市には日本総領事館もある。数百メートル先の建物もかすみ、多くの人がマスクを着用して外出したという。(共同)
2014.10.31 産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/141031/wor1410310046-n1.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ