中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2014
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連地元各紙が倉田安治氏の「大連阿爾濱」新監督就任を一面で報道

今日からこちら中国は端午節の三連休です。連休初日ですが、残念ながら大気の様子は今ひとつでした。

クリックすると元のサイズで表示します
先程、散歩がてらに、スイカとさくらんぼ、あとアワビを買って来ました。最近は日が伸びて7時くらいまではまだまだ明るいです。いつもの丘から夕暮れの様子です。霧&スモッグで心も沈みます。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方6時の大連各所の大気の様子です。青泥窪橋(大連駅)のPM2.5の数値は「119」ですが、場所によってはかなり高い所もありますね。

さて、スイカは日本と違ってこちらは二束三文、丸ごと買って来ます。冷やしてデザートで食べるも良し、朝はジューサーに掛けてフレッシュドリンクにして一気飲みです。さくらんぼは大連の特産品の一つで、今は大体500gあたり10〜15元(=約170〜250円)です。品種が豊富なのでいろいろ買って食べ飽きる事がありません。アワビは一個8元(=約130円)でした。レストランで食べるような大きなものではなく、小振りなものですが、味は全く変わりません。二個買うからということで、15元(=約250円)にしてもらいました。アワビは港町・大連では本当に安いので、こちらに来てから一気に食べる機会が増えましたね。スープに炊き込みご飯、スパゲッティ添え、バターステーキ、と何にしても美味いです。

昨日のエントリーではサッカーファンにとっては大きなニュースを取り上げましたが、おかげ様でアップ後のアクセス数は普段の1.5倍を記録しました。多くの皆様の御訪問、本当にありがとうございました。

倉田安治氏の「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」新監督就任から一夜明けて、今日は大連地元各紙がこの様子を取り上げましたので、現地在住ならではという恵まれた機会を生かして、今日はこの地元紙の様子をお伝えしたいと思います。地元の人気3紙を採り上げますが、3紙とも全て一面で報道していました。いかに大きなニュースであるかがお分かりいただけるかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは大連の人気二大紙の一つ『大連晩報』の一面です。一面のちょうど真ん中にかなり大きく報じられています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。見出しは「大連阿爾濱の新監督に倉田安治氏が就任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
同紙(A15ページ)の記事です。全面がドカンと倉田監督の記事で占められています。太字の見出しは「倉田安治新監督がこの1部リーグ残留という存亡の危機に立ち向かう」とあります。その下の太字の見出しは倉田監督の言葉で、「私は1部リーグ残留目的だけという狭い視野でのサッカーをするつもりは毛頭無い」とあります。倉田監督のこれまでの経歴も詳細に掲載されていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
次も大連の人気二大紙の一つで『半島晨報』の一面です。一面の真ん中、やや下に報じています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。見出しは「大連阿爾濱のトップチームの監督に倉田安治氏が就任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
同紙(A13ページ)の記事です。やはり全面がドカンと倉田監督の記事で占められています。太字の見出しは「倉田安治氏が正式に大連阿爾濱のトップチームの監督に就任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
最後もやはり地元紙『新商報』の一面です。右下に報じているのが確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。見出しは「大連阿爾濱の新監督に倉田安治氏が就任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
同紙(A08ページ)の記事です。新聞の裏一面全面がドカンと倉田監督の記事で占められています。太字の見出しは「大連阿爾濱の新監督に倉田安治氏が就任」とあります。

「大連阿爾濱」は中国の国内プロサッカーリーグにおけるトップディビジョンである「中国サッカー・スーパーリーグ(中超)」に昇格し、名門であった「大連実徳」を吸収合併するも、トップリーグ「歴」はまだ計2年半という「若さ」です。この歴史の短さですが、この間に監督はなんと6人も代わっています。

張外龍(韓国)→アレクサンダル・スタノイェヴィッチ(セルビア)→徐弘(中国)→李明(中国、監督代行)→シモ・クルニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)→馬林(中国)

です。頻繁に変わる監督ですが、何故、今回はこれほどまでに大きく報じられたのでしょうか?その原因は、

1、「大連阿爾濱」の下部組織指導者からの下積み経験がある。

2、全中国U-17、U-18の二大会を制覇という十分すぎる実績。

3、今期はリザーブチーム監督という現場の現状把握の新鮮さ。

4、全中国U-18の大会は、中国の四年に一度の「全国運動会」(分かり易く言うと「オリンピックの中国限定版」)でもあり、第12回を数えるその大会は、会場が遼寧省となり、省内第二の大都市である、ここ大連がサッカーの競技会場だった。圧倒的な遼寧省、そして大連市民の期待の下、見事に優勝を果たしたという実績、そして知名度。

だと思います。今でこそ中国サッカー=「広州恒大」、ですが、その昔、大連サッカーは「大連実徳」が国内リーグを8回も制覇するという、中国サッカー=大連サッカー、だった時代がありました。その栄光の時代を取り戻すためにも、倉田監督の新監督就任は、大連の、また大連のサッカーファンにとって、これまでの「付け焼刃」的な監督ではなく、大連サッカーを知り尽くし、十分すぎる実績も積み上げてきた、満を持しての、そして「最後の切り札」なんですね。ということでこれだけの大きなニュースになったのだと思います。

で、今の勝てない「大連阿爾濱」の改善点なんですが、

1、ゲームメーカー、ラストパサーの不在。FWはタレントが揃い(ブルーノ、于漢超、于大宝)、DFはCBにバックマンの加入でソコソコ安定も中盤が決定的に弱く、分断されている。中国サッカー全チームに例外無く、このポジションは創造力が無い中国人プレーヤーには絶対に務まらないので、早急に新外国籍選手の補強が必要。

2、シュート、トラップ、パス練習の強化。日本のJ2レベル以下です。

3、大気汚染(PM2.5)の影響で走れないのは理解できるが、もう少し走るサッカーを。ポゼッションも課題。攻守の切り替えも遅すぎる。

4、代表経験者とはいえ、イエローカードコレクターと切れやすい選手(呂鵬、陳涛)の「しつけ」。

5、戦術の理解と実行という頭の教育。

W杯明けの第15節(7月20日、ホーム「上海申鑫」戦)の初采配は楽しみですね。倉田監督はシーズン途中からの「緊急登板」です。まずは前監督の負の遺産を返済=勝ち負けの数をイーブン、にして、来期に繋がる試合を見せて欲しいですね。ACLの出場は来期以降を期待しています。

サッカーはワールドスポーツです。世界共通語に匹敵するスポーツです。日本人の、世界各地での活躍を願って止みませんね。

更に出でよ!「平成の山田長政」!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国サッカー、地元「大連阿爾濱」の監督に日本人・倉田安治氏!!!

ここ最近の大連は異常気象で、5月にもかかわらず、昨日まで4日間連続で気温が30度越えの毎日です。さすがに地元紙もトップニュースに持ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「5月の大連で気温30度越えの日が4日間も続くのは非常に珍しい」とあります。昨日の大連市は31.3度まで上昇、同じ遼寧省内では38度を記録した町もあり、首都・北京は42度だったというのも併記されていますね。海の無い北京なんかこの気温に酷い大気汚染が加わりますから、もう人間の住む町ではないですね。さすが「国家主席様のお膝元」です(笑)。

中国は明日から端午節の三連休に入ります。今日は昼間、出張できていた方を大連駅まで見送りに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の大連駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の路面電車です。

共に日本統治時代の遺産なので興味深く見学していました。ちなみにこの「大連」という都市名の命名も日本(人)によるもので、今でも継続使用されています。

さて、話題はガラリと変わります。今年2014年の中国サッカー・スーパーリーグ(中超)ですが、地元チームの「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」はホームスタジアムを、老朽化激しく、金州区という市中心部からかなり離れた場所にある「大連金州体育場」から、新しく建設された「大連スポーツセンタースタジアム(中国語:大連体育中心体育場)」に変更しました。

今シーズンは監督、そして外国籍選手4名も一掃し、新監督には中国人監督、馬林(51歳)を迎えました。昨シーズンは省都・瀋陽をホームタウンとする「遼寧宏運」の監督でした。中国サッカー界では百戦錬磨の監督で、2011年にはリーグ制覇は出来なかったものの、「最優秀監督」に選ばれています。選手時代の1992年には一年間、日本の日本鋼管サッカー部にレンタル移籍した経験も持っています。Jリーグ開幕前の時代のことですが、一応、日本サッカーとは繋がりがある人です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の指揮となった第14節(5月25日)、古巣「遼寧宏運」戦での様子です。

外国籍選手は、
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーノ・メネゲル(ブラジル、FW、26歳、背番号11):昨シーズン15位で二部リーグ(「中甲」)に降格した「青島中能」に2シーズンに亘って在籍していたチームの得点王。代表暦はなし。

クリックすると元のサイズで表示します
ニクラス・バックマン(スウェーデン、DF、25歳、背番号3):スウェーデン代表6試合。

クリックすると元のサイズで表示します
レオン・ベンコ(クロアチア、FW、30歳、背番号9):2012-13年のクロアチアリーグの得点王で最優秀選手。クロアチア代表4試合。

クリックすると元のサイズで表示します
ナシャト・アクラム(イラク、MF、29歳、背番号25):イラク代表の中心選手で、2005-2006年のサウジアラビアリーグ最優秀外国人選手、2006、08年のイラク年間最優秀選手。

更には中国人選手も中国代表が、
于大宝(FW/MF、26歳、背番号22):チームの看板選手でキャプテン。
于漢超(MF、27歳、背番号20):局面が打開できるドリブルが持ち味。
を筆頭に、元代表や代表候補が多いです。

これほどの素晴らしい戦力を誇るも、ただ今、第14節終了地点(全30節)で、まさかの「3勝6敗5分」の勝ち点14、第13位(全16チーム、下位2チームが降格)、と降格危機を抜け出せていません。W杯の影響もあって、中国サッカーはこの第14節(5月25、26日)をもって一時中断、次節である第15節は7月19、20日に開催、と約1カ月半の「夏休み」に入ります。絶好のチーム建て直し期間で、さあシーズン後半へ、と思っていたら、なんと監督の馬林が就任半年(!)で突然の辞職です。これには地元のサッカーファン、そしてマスコミも本当にビックリでした。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは昨日付けの大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「あまりに突然の出来事!馬林が辞任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
同紙(A13ページ)の記事です。見出しは「馬林の後任は誰か?U-18大会を制した倉田安治監督の就任が相応しい」とあります。

で、現実となります。後任の白羽の矢が立ったのが、現「大連阿爾濱」リザーブチームの監督で、過去、全中国U-17、U-18の二大会を制覇した実績を持つ日本人、倉田安治監督です。トップチームの監督に昇格となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはリザーブチームの指導に当たる倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日午前中に行われた新監督就任記者会見の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

中国の国内プロサッカーリーグにおけるトップディビジョンである「中国サッカー・スーパーリーグ(中超)」の日本人監督となると、2012年、13年の二シーズン、「杭州緑城」を率いた前日本代表監督・岡田武史監督以来で二人目となります。倉田監督が岡田監督と違う点は、中国の下部組織を経験し、輝かしい実績を残した上での就任ということです。

全中国U-17、U-18の二大会を制覇という「偉業」です。日本での指導者実績に比べて、こちら中国に来てからの実績はあまりに輝かしく、それも就任後、短期間での偉業達成なので、私は倉田監督を「平成の山田長政」である、と過去エントリーで書きました。また、倉田監督がこのまま結果を出し続けると、2020年の東京オリンピックでサッカー中国代表を率いる可能性もゼロではない、とも書きました。

今シーズンは「大連阿爾濱」のあまりの不甲斐なさに、生観戦はたった1度だけでテレビ観戦が中心したが、日本人監督就任、それも地元大連のチームとなれば話は別。同じ大連で働く日本人として、そしてサッカーを愛するものとして、これからは積極的に足を運びたいと思います。

2014年サッカー、大連は新スタジアムで開幕!で見に行く(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/431.html

2014年サッカー、大連は新スタジアムで開幕!で見に行く(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/432.html

なお蛇足ながら、倉田安治監督が制した全中国U-18大会の決勝戦は、石崎信弘監督(現J2「モンテディオ山形」監督)が率いる杭州チームとの日本人監督対決となりました。この歴史的決戦の試合会場はここ大連で、延長120分の死闘でした。当時、生観戦レポートを書き、かなりの反響がありましたので、過去のエントリーとなりますが、お読みいただければこれほどありがたいことはありません。

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/395.html

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/396.html

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(3)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/397.html

クリックすると元のサイズで表示します
頑張れ、倉田安治監督!!!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

最近食べた外食ランチ集

今日も大連は30度の暑さでした。湿度が無いので、洗濯物は早く乾きますが、喉もよく渇きます(笑)。

今日のエントリーは今月のお昼時に食べた食事を、店名と価格と一緒に、ちょっと御紹介致します。本日の為替レートで日本円価格も併記してみます。私は基本的に自炊派です。ここ中国における外食は、やはり使用している食材と食用油に不安があるからです。とはいえ、平日のお昼は自宅に戻って自炊というわけにも行かず、どうしてもランチタイムの外食は避けられません。

自炊派に転じると、お金も節約できますし、食材もかなり目利きができるようになります。これは日本に帰ってからも必ず役に立つ能力ですから、この「悪例の宝庫という悪い国」に居る間にぜひ習得してしまいましょう。『史記』に学べば、「禍を転じて福と為す」の精神です。

話が逸れました。

クリックすると元のサイズで表示します
大連市内に支店も多い「尖沙嘴茶餐庁」(オリンピック広場)で食べた「海老とトロトロ卵のあんかけご飯」です。36元(=約590円)でした。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「餃子の王将」(三八広場)で食べた「王将チャーシューチャーハン」です。26元(=約430円)でした。チャーハンだけしか頼んでいないのに、ご覧のように、やたらと付け合わせが多いです。なお写真上部に写っている生野菜とスープはセルフサービスです。

クリックすると元のサイズで表示します
自慢の「餃子」も頼みました。一人前は6個で9元(=約150円)です。写真が5個なのは1個食べてしまった後に撮影したからです。こちらの公式サイトによれば、「餃子の王将」の海外進出は大連のみで、現在は市内に3店舗のみの営業です。店舗数は縮小の一途です。調理場に日本人を立たせ、進出当初の味の再建をお願いしたいところです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは地元ローカルのイスラム料理店で食べた「蘭州チャーハン」です。スープ付きで10元(=約170円)です。中国のチャーハンと日本のチャーハンの違いですが、油の使用量、そして質に違いがあって、分かりやすく表現すると、日本のはパラパラチャーハンで、中国のはベタベタチャーハンです。お分かりいただけますように、ここの店のはそれほど油が多く使われていないので、日本人の口にも合うと思います。会話を交わしたウイグル族の店員も漢族が嫌いということで、私とは意気投合しました(笑)。再訪を約束しておきました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは在瀋陽日本国総領事館大連出張駐在官事務所(通称:大連領事館)の入る森ビル裏、「錦華街」にある寿司居酒屋「琴」です。看板を出していない上、2階にあり、エレベーターを使っていくので、一見さんはなかなか見つけにくいです。日本人ゼロの中国人による日本式居酒屋です。

クリックすると元のサイズで表示します
「てんぷら定食」です。35元(=約580円)です。コスパも良く、かなりのボリュームです。

クリックすると元のサイズで表示します
「ほっけ定食」です。58元(=約950円)です。やや価格が上がりますが、許せる範囲内でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「七七街」を曲がり、「独立街」にあるコーヒー軽食の「歩行道」です。やはり日本人ゼロの中国人による店です。かつてこの店のちょっと先にあった漫画喫茶「散歩道」が閉店し、新たに立ち上がった店がここです。コーヒー軽食の店ですが、料理メニューは結構豊富、また交通量の少ない通りにあり、店内も静かということでちょくちょく利用させてもらっています。店の前には「アカシア」の大木です。

クリックすると元のサイズで表示します
「カツ丼」です。味噌汁と漬物が付いて30元(=約490円)です。ここのカツ丼は日本で食べるカツ丼と変わりません。

私は中国人や「支那人」と一緒の食事を好みません。「食事」という行動も分かりやすく表現するなら、日本人は「食べる」、連中は「食う」です。うるさい、料理を各自自分の箸で「つつく」、肘をつく姿勢で食べる、クチャクチャペッペッの犬食い、食べ終わった後は箸や皿をまとめる事も無く「食い散らかし」、不明瞭会計・・・。この点で連中は、「日本人の知る外国人」という枠組の中で、ダントツでワーストの存在だと思います。食事は最低限の道徳と礼儀、マナー、モラルを持って楽しむものです。不快を感じたくはありません。

数は少ないですが、味、価格、衛生、サービス、を自分で納得した店で食べるようにしています。在中日本人経営者の方、頑張って下さい。大連では一部ですが、日本人ゼロの中国人経営者の飲食店はまずまずの健闘ぶりだと思いますね。すぐに初心を忘れて長持ちしませんけど(笑)。それにしても外食は割安感が殆ど感じられない価格帯になってきましたね〜。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「アカシアの大連」と「似て非なるもの」

久々の更新になります。失礼致しました。

今日の大連は朝9時の段階で27度、とかなり暑く、日中は30度まで上がりました。気温は高いも、湿度が非常に低い大陸性の気候です。おまけに風がソコソコあり、これは港町・大連を感じさせてくれます。まあ熱風といった感じですが。ここ満州にも夏が来たようですね。こちらもそろそろ本格的にTシャツシーズンです。

クリックすると元のサイズで表示します
PM2.5の数値もこの風の影響もあったのでしょうか、朝9時の大連各所は「中国基準では」良好な数値です。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝、洗剤が切れたので、買いに行った時に撮った、いつもの丘の上からの様子です。素晴らしい青空と空気の澄み具合です。

さて、大連で5月の中旬、下旬の風景といえば「アカシア」です。これは第62回(昭和44年度下半期)芥川賞受賞作品である、大連出身の清岡卓行さんが書いた『アカシヤの大連』の影響で、今や「大連の代名詞」でもありますね。蛇足ながら、大連日本人学校(幼稚園・小学校・中学校)の校歌は清岡卓行さんの作詞です。

なお当ブログのエントリーで過去2回、大連の所謂「アカシア」については検証済です。

アカシア満開の大連と「支那人」
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/305.html

「アカシアの大連」の季節到来と花泥棒
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/389.html

まとめますと、

1、大連の所謂「アカシア」の正体は「ニセアカシア、ハリエンジュ」という種の、似て非なるものである。

2、日本では「要注意外来生物」である。

3、痩せた土地や砂地でも問題なく生き、成長は早く、繁殖率は凄まじく、抜根や薬剤を使わない限り、駆除も極めて困難。

4、乾燥と排気ガスに強いも、浅根性なので強風に弱く、すぐ倒木。

5、一方で、鑑賞用としての価値があり、良い匂いをさせ、良質な蜂蜜が取れ、花も食べられる。

6、花は天ぷらやおひたしが美味しい。一方で葉、果実、樹皮には毒性があるので、フグ同様、食べる際には注意が必要。

7、日本でも苗木は通販などで簡単に購入可能。

こんなところです。

さて、今年の「大連のアカシア」です。
クリックすると元のサイズで表示します
「五四路」です。車道の両側はびっしりと「アカシア」並木で、バスに乗っていながら、その大連ならではの光景が楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します
「五四路」沿いのバス停「人民広場」駅です。「アカシア」の大木に囲まれています。

クリックすると元のサイズで表示します
まるで滝を思い起こさせんばかりに、白い花が咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します
「五四路」沿いの大連医科大学付属第一医院の入り口前にも「アカシア」の大木です。

クリックすると元のサイズで表示します
「アカシア」の花をアップにしてみます。こちらはまだつぼみの状態です。

クリックすると元のサイズで表示します
開花しました。

クリックすると元のサイズで表示します
満開です。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、こちらは静かな道端に咲く「アカシア」ですが、「カスケードルージュ」という赤紫色の花を咲かせる品種です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど空き地になっていたので近寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します
まるで葡萄を彷彿とさせます。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり見ごたえがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
美しいですね〜。

最後に「似て非なるもの」ということで、ちょっと数例を取り上げます。

アカシア(日本) : ニセアカシア、ハリエンジュ(大連)
少林拳(中国) : 少林寺拳法(日本)
中華民国(台湾) : 中華人民共和国(中国)
チャイナエアライン、中華航空(台湾) : エアチャイナ、中国国際航空(中国)

この辺の違いは大連(中国)在住、または在住経験のある日本人なら知っておかなければならない最低限の知識だと思います。小姐の携帯番号なんかよりよっぽど大切ですよ(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

初お目見え!今日から大連のタクシーの初乗り運賃は10元です

今日から3日(土)まで、こちら中国は三連休です。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方4時の段階で市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は「156」。体に悪そうな白い霞が確認できる「普段の大気汚染」状況ですね(笑)。

さて、昨日のエントリーでも触れましたように、今日から大連はタクシーの初乗り運賃が8元(=約130円、3キロまで)から10元(=約160円)に値上げとなりました。ただ中国は「失敗国家」ランキングの高い国です。「G7先進国」メンバーの日本とは、国民の民度、国家運営、安定度だけを見比べても大きな差があります。そういえば昨日は新疆ウイグル自治区の区都・ウルムチでまたテロですか・・・。日本では常識なんですが、一斉にスタート!ということが出来ないのです。まあ、何においても中国に「正確、確実、遵守」を求めるのは酷というものです。

つまりどういうことかというと、初乗り10元の値上げは、今日5月1日から施行なんですが、大連を走っている「全」タクシーが(ここが重要!)、5月1日の午前12時をもって、「一斉に」メーター表示を切り替え、車両に貼ってあるタクシー料金表示シールをも貼り替える、ということが出来ないのですよ。「能力不足」なんです。

ということで、市では5月1日〜19日を移行期間として、各タクシーが順次切り替えて(張り替えて)いくという措置を取っています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日付け大連地元紙『半島晨報』の記事(A07ページ)ですが、見出しは「大連タクシーの料金メーターは19日(月)までに全車、調整を終える」とあります。この記事によれば、大連の市内四区(中山区、西崗区、沙河口区、甘井子区)では今日1日(木)〜11日(日)に新運賃へ移行完了、郊外などその他の区域では12日(月)〜19日(月)に移行が完了するそうです。

じゃあ、移行期間中は8元タクシーと10元タクシー、更には大連(中国)名物・「ボッタクリタクシー」(笑)、の3種類で「玉石混淆」状態なのか?ということですが、「そうだ」ということです。上手く使い分けたいですね。

初乗り運賃改定初日である今日、我が家の周りでは、流石にまだ従来の8元タクシーの方が圧倒的でしたが、中にはチラホラ新しい10元タクシーも見受けられました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
たまたま近くに止まったので、運ちゃんに断った上で「記念撮影」をさせてもらいました。乗らずにゴメンね。

大連市一つ規模だけで、この移行にはこのチンタラ不公平ぶりです。記憶に新しい、先月1日の、日本の消費税8%への移行ですが、夜12時をもって、日本全国、北は北海道から南は沖縄まで、一糸乱れずのレジの切り替えは国民の素質素養が高い日本だからできるのです。流石は「G7先進国」のメンバーであり、自他共に認められる「アジアの一等国」だと誇りに思いますね。

「郷に入っては郷に従え」
イミグレを超えているのに、日本を基準に考えると、中国では理解に苦しむどころか足元を掬(すくわ)れますよ。「ボッタクリ」という「初歩的な」餌食に、です(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ