中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2013
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連はようやく桜が開花です

今日も昨日の天気、気温、大気の状況を引きずってくれて、絶好の散歩日和となりました。快晴でやや風があり、PM2.5の数値も午前中は「45」程度、ということで、新聞とパンを買いに行ったついでに「労働公園」まで足を伸ばしました。かなりの人手でしたね。

今年はやや異常気象だったこともあって、大連の桜の開花はここまで遅くなりましたね。大連の開花の流れは、梅→黄梅(中国語:迎春花)→桜→ニセアカシア(ハリエンジュ)、といった感じです。いずれにしろ一年間で町が最も明るくなる季節です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは今月半ば4月14日に撮った労働公園東門の梅です。綺麗でしたね。テレビ塔をバックにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日撮った写真です。園内の桜です。

クリックすると元のサイズで表示します
小振りですが綺麗ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
皆、記念撮影をしています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップで撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
桜を見てやっと春本番が感じられますね。

クリックすると元のサイズで表示します
青空をバックにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは梅です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップで撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
園内では結婚の記念写真を撮っているカップルが多かったです。多くの人が新婦の写真を撮っていました。新郎は不要のようです(笑)。お幸せに!

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの桜はピンク色が全く無い純白ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これはこれで良いですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
小振りですが、開花した桜の木が続きます。

園内の桜はまだ満開ではないので、これからもしばらくの間は楽しめます。何と言っても桜は日本の事実上の国花。異国に居ながらも一年で最も癒される時期の到来ですね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で韓国サムソンの偽「新品」スマホが出回っている件について

今日は「昭和の日」で祝日ですね。こちら中国でも「労働節」で、今日から三連休です。ただ昨日28日(日)と一昨日27日(土)が国家によって強制的に平日扱いとされたため、「お得感」は全く無い連休です。

「中国暦」が長くない方は御存知無いかもしれませんが、以前、労働節は一週間の大型連休だったのですよ。労働節(5月)、国慶節(10月)、春節(1月)は中国の三大大型連休(一週間)だったんですね。が、「労働節は中国古来のものではなく西洋のもの」という理由で腐敗宰相・温家宝が改悪してしまったんですよ。もちろんこの悪事に、近隣に香港・マカオといった先進地域を持つ広東省などは反対し、ひと悶着ありました。まあ中国は国土が日本の約26倍と大きく、移動も実に困難です。人民にとって一週間の大型連休は絶好の帰省や旅行の機会だったんですがね。ささやかな楽しみも奪われ、三連休では「帯に短し襷に長し」ですね。

連休初日の今日は雲一つ無い快晴で、やや風がありました。大連日本人学校(幼稚園、小学校、中学校)もある、海辺の「付家庄」も今日はPM2.5の値が午前中は「50」程度と落ち着いていたので、久しぶりにマスク無しで散歩に行きました。

大連市内各地の大気汚染状況はこちらでどうぞ。ピンインがダメな方はサイト内上部にある各地域の漢字表記にカーソルを合わせて下さいね。開発区はこちら、金州区はこちらです。中国運営ではないサイトですよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
付家庄公園です。さすがに子供連れが多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
カモメが飛んでいて、対岸の島もクリアに良く見えました。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、先日14日、市中心部にある「労働公園」内のアトラクションで遊んでいる小さな子供の様子です。この日はPM2.5の数値が「200」近かったですが、こうなると子供は御覧のように、マスクをして屋外で遊ぶことになります。悲しい光景ですが、この子の親はソコソコの危機意識を持っている方だと思います。季節は春、そして週末、しかも天気が良いと子供は外に出たいものですよね・・・。「直ちに健康に影響は無い」この言葉をどう捉えてどう解釈するかは貴方次第です。

さて、話はガラリと変わります。連休は商店にとっても稼ぎ時。大連地元紙もデパートや家電量販店などのセールの広告掲載が一気に増え、新聞各紙は普段に比べてグッと厚くなります。そんな中、ちょっと「注意」の情報を御紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
4月25日付け、大連地元紙『半島晨報』(A04ページ)の記事ですが、大連市でも最大の繁華街「青泥窪橋」にある「勝利広場」の電気街で、韓国サムソンのスマホ「GALAXY(ギャラクシー)」の偽物が大々的に出回ったようです。見出しは「勝利広場内の322軒もの小売店で、韓国サムソンのスマホの、新品と称した違法な偽中古リサイクル品が売られた」とあります。「翻新機」というのは「外が本物(新品)、中が偽物(中古)」という意味です。

クリックすると元のサイズで表示します
同記事のアップです。「手口」が紹介されています。新しい外装に、中古の「中身」を入れ、新しい外箱・充電器・説明書を加えて、「新品」と称して安値で売っていたようです。「完全犯罪」品で、絶対に見分けがつきませんね。首謀者は小売店に一台卸すと首謀者の純益は300元(=約4800円)、更に小売店が消費者に一台売ると小売店の純益は300元(=約4800円)、というカラクリだそうです。

記事によれば、既に2569台もの偽物が出回っており、2000人もの人が被害に会っているそうです。売上高は444万2262元(=約7060万円)にも上るそうです。購入注意ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
もう一つ、同日付け同紙(A11ページ)の記事です。見出しは「9000万粒に及ぶ偽薬が大連に流入した」とあります。笑えない記事です。これまた購入注意ですね。

「中身は偽物」というのは、中国では「人間、物、建物、組織・・・」全てにおいて実に日常茶飯事の光景です。当ブログでは以前、ネッスルの偽インスタントコーヒーを例に取り上げました。

大連で「偽ネスカフェコーヒー」が広く出回っている件について
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/301.html

「安物買いの銭失い」ならまだいいです。「次」がありますから。ただ「安物買いの命失い」だけにはならないように十分お気を付け下さいね。日中共に良い連休を!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

高〜いチケット価格も中国サッカー「広州恒大」が大連に来たので見に行く(2)

今日の大連は朝からスモッグです。大気汚染問題に無関心な大連では、なかなか手に入りませんが、日本から持ち込んだ「N95マスク」で、がっちりと「武装」して出勤です。出勤後、確認してみたら朝9時の段階でPM2.5の値は「182」でした。案の定、お昼には「200越え」です・・・。家庭があるので「自分の健康と将来」は自分判断し、自分でしっかりと守らなければなりません。

前回の続きで、2013年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第5節 「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州恒大(こうしゅうこうだい)」の生観戦記です。今日は後半の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイムが終わり、選手が出てきました。前半は「0:0」で終わり、「広州恒大」はシュート数ゼロに抑えられました。「広州恒大(赤)」のバリオス(パラグアイ、FW、28歳、背番号18)と「大連阿爾濱(青)」のオアロ(フランス、FW、29歳、背番号9)です。

クリックすると元のサイズで表示します
後半のキックオフです。時間は大体午後4時半、太陽が動き、ピッチは殆ど日陰となりました。寒いです。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ始まったばかりの後半49分、センターサークルの辺りでトラップミスからボールを奪われ、そのまま持ち込まれました。そしてボールはバリオスに渡り、バリオスから逆サイドに走りこんで来たエウケソン(ブラジル、FW、23歳、背番号9)へ。エウケソンは鋭角のシュートを難無く決めました。「大連阿爾濱」のDF陣は狭い視野でバリオスだけに釘付け。誰一人エウケソンが見えていませんでしたね。祝福されるバリオスと、抱擁されるエウケソンです。

クリックすると元のサイズで表示します
「0:1」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」も良い位置でフリーキックを貰うのですが、決められません。ここはケイタ(マリ、MF、33歳、背番号20)が蹴りました。

クリックすると元のサイズで表示します
後半64分、コーナーキックからのボールを、バリオスがヘディングで決めました。今シーズン初ゴールです。

クリックすると元のサイズで表示します
「0:2」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
後半開始早々から前半とは真逆の試合展開になり2失点。李明代理監督もスタジアムの観客同様、諦めが感じられ、やる気も欠けてきました。監督ならこんな時こそ選手を鼓舞しろよ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
後半72分、陳涛(MF、28歳、背番号10、中国代表)からのパスを、オアロが相手キーパーと激しく交錯するもヘディングで決めました。あ〜、ピンボケに(泣)。

クリックすると元のサイズで表示します
今のゴール、昔でいう「キーパーチャージ」ではないか?と主審に詰め寄るこの日の「広州恒大」の3人の助っ人(ムリキ、エウケソン、バリオス)です。

クリックすると元のサイズで表示します
大連阿爾濱はウタカ(ナイジェリア、FW、29歳、背番号11)とケイタが「弁護」に参加です。何故、両軍共に中国人選手は一切加わらないのか?この日の主審は外国人で「言葉の壁」があるからです。

クリックすると元のサイズで表示します
「1:2」となりました。スタジアムも再び盛り上がり始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
後半78分、ムリキに代わって郜林(ガオ・リン、FW、27歳、背番号29、中国代表)が入りました。この日のムリキはイマイチでしたね。郜林も代表では不動のFWですが、「広州恒大」にいる限り、スタメンフル出場はまず無いし、何でここに居続けるんですかね?しかもこの人、代表戦も格下相手の「親善試合」でしかゴール決めないし・・・。「向上心」か、それとも「カネ(給料)」か、後者を選んだということでしょう。愛車はピンクのポルシェです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、得点を決めたエウケソンも試合終了直前の後半89分、「御役御免」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連阿爾濱」も試合終了直前の後半90分、チームきっての「スター選手」であり、キャプテンでもある于大宝 (ユ・ターパオ、MF、25歳、背番号22、中国代表)が退きました。キャプテンマークはケイタに渡されました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロスタイムの終了を待つ「広州恒大」のベンチです。が、ここで大連の観客が何とリッピ監督にペットボトルを投げ付けました。間一髪で当たらなかったものの、ベンチの屋根に当たって大きな音が響きました。コーチ陣はメインスタンドの観客に向かって猛抗議です。いい加減にしろよ、「支那人」・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
そのまま「1:2」で試合終了、「大連阿爾濱」は負けました。

クリックすると元のサイズで表示します
即座に退席するリッピ監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了と共に罵声、更にはピッチに物を投げ込む大連の「支那人」観客です。宙を舞う、かなりの数の品々が御確認いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、得点を決めたオアロです。この日はホーム2戦目ですが、前回のホーム開幕戦に続く得点に大連の観客からは拍手が送られました。

以下は中国のサイトからの転載です。
クリックすると元のサイズで表示します
エウケソンです。只今「広州恒大」はACLの関係で他チームより一試合少なく、リーグ戦は5試合の消化となっていますが、10ゴールの活躍です。もちろんリーグ得点王です。

クリックすると元のサイズで表示します
バリオスです。この日は「1得点、1アシスト」と活躍しました。後ろから跳び付くのは張琳芃(DF、23歳、背番号5、中国代表)です。入れ墨だらけです。

クリックすると元のサイズで表示します
キレやすく、この日は試合開始して間もない前半2分、ウタカとぶつかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ウタカもこのイライラが影響したのか、前半23分、相手キーパーとの1対1という決定的なチャンスを外しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ムリキと于大宝です。于大宝は代表では救世主となるも、今シーズンは良くありません。この試合も存在感は全くありませんでした。もっと走れ!

クリックすると元のサイズで表示します
この日はアクシデントとはいえ同僚を負傷させるなど、良い所が全く無かったムリキです。交代の際はタオルを投げ付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
ムリキのヘディングをモロに顔面に受けた同僚の泰升(MF、26歳、背番号8)です。前半で退きました。

クリックすると元のサイズで表示します
リッピ監督です。この日は主審の不可解な判定が多く、ケイタも試合途中、副審に詰め寄ったぐらいです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、得点を決めたオアロです。身長192センチで空中戦はとにかく強いです。

クリックすると元のサイズで表示します
試合後、ケイタはバリオスとユニフォームを交換しました。

この日の試合は両チーム共にワールドクラスの外国籍選手を配し、中国代表選手も「広州恒大」が11人、「大連阿爾濱」が5人も所属するということで、「代表」vs「代表」と、試合前はかなりの注目度でした。

クリックすると元のサイズで表示します
4月12日付け、大連地元紙『半島晨報』(A31ページ)です。見出しは「代表vs代表の大一番はヨルダンの審判団が裁く」とあります。協会も中立、公平を狙って主審を外国人(ヨルダン人)にしましたが、試合をコントロールできる技術、裁量が全く無く、試合をブチ壊してしまい、結果的に大失敗でした。試合中、スローインのマイボールですら、一体何回揉めたのでしょう・・・。能力不問、外国人だからという、浅はかな理由だけで採用決定するとこうなります。

先月末(3月26日)のブラジルW杯アジア最終予選ヨルダン戦でも日本代表は監督挑発に加え、レーザーポインター攻撃を遠藤選手、川島選手が受けましたね。ヨルダンのサッカー関係者、サッカー事情とはその程度、つまり中国(大連)とは何一つ全く変わらない=「目糞鼻糞」なのです。元来「中東の笛」という汚さもあり、今回の中国サッカーがヨルダンサッカーに頼った現実は「類は友を呼ぶ」、「同類相求む」の故事・諺そのままですね(笑)。

この試合、「内容」だけで判断すると、私が買った300元(=約4800円)チケットは微妙でしたね。まあ計3ゴール見れたのが救いです。

明後日24日はACLで「広州恒大」は埼玉スタジアムで浦和レッズ戦ですね。ホームではいつもあらゆる卑怯な手段で日本勢を潰し、姑息な嫌がらせをし、試合後も地元マスコミは虚報で人民を満足に浸らせる「対日支那サッカー」。浦和レッズ頑張れ!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

高〜いチケット価格も中国サッカー「広州恒大」が大連に来たので見に行く(1)

今日は朝、四川省でまた大きな地震があり、今日のニュースはこれ一色です。一人でも多くの人が助かりますように。

さて、中国サッカー・スーパーリーグも「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」は昨日19日(金)の晩、他チームより一足早く第6節(vs「江蘇舜天」、アウェー南京)を終えました。生観戦ではありませんが、「花金」にサッカーを見ながら夕食を楽しむというのもたまには悪くありませんね。結果は「0:1」で勝利、コーナーキックからのボールを李学鵬(DF、24歳、背番号4、中国代表)がヘディングでズバリと決めました。

クリックすると元のサイズで表示します
時間は少々遡り、先週14日(日)に「広州恒大」が大連に来たので見に行きました。今日のエントリーは2013年中国サッカー・スーパーリーグ公式戦第5節 「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」vs「広州恒大(こうしゅうこうだい)」の生観戦記です。今シーズン2度目の生観戦です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の大連金州体育場です。雲一つ無いものの、試合開始の約1時間前である午後2時のPM2.5の値は、この日の最高値「190」でした。この日はマスク観戦することにしました。「薔薇(ばら)に棘(とげ)あり」と言います。美しい青空を見て無防備に外を出るのではなく、一応毎日、PM2.5の値を一応確認してから外出しましょうね。これが「中国での生き方」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のチケットです。メインスタンド中央部である「6番エリア席=主席台」のチケット価格は今年から300元(=約4800円)に値上がりしました。昨年は100元でしたので、いきなり3倍(!)の値上げです。今年の大連の大卒の初任給は、大体2500〜3000元(=約40000〜48000円)です。チケット一枚の価格が、初任給の10分の1(!)ということですね。これではチケットの価格がJと変わりません。「6番エリア席=主席台」はスタジアム内で唯一、ピッチと観客席の間に「網」が張られていないエリアで見やすいです。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始まで約1時間というところで早めに入場します。ピッチでは昨シーズン「遼寧宏運」から、この「広州恒大」へコーチ移籍した李鉄(リー・ティエ、り・てつ、35歳)がくつろいでいました。中国代表(MF)で91試合出場し、2002年の日韓W杯でもグループリーグ3試合にフル出場しました。そのため日本でも知名度がありますね。更にW杯後はイングランド・プレミアリーグ「エヴァートン」へ移籍、中国人初のプレミアリーガーとなるも、怪我の影響もあって「戦力」として試合出場できたのは2002〜03年度の実質1シーズンだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します
コーチの李鉄を真ん中に、試合前のウォーミングアップが始まりました。李鉄のすぐ左がエウケソン(ブラジル、FW、23歳、背番号9)、一番右が御存知、バリオス(パラグアイ、FW、28歳、背番号18)です。コンカ(アルゼンチン、MF、29歳、背番号15)だけが大連に来ておらずガッカリです。見たかったな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
バリオスです。昨シーズンは「8試合出場、2ゴール、2アシスト」という結果で、「戦力」になったとは言い難い1年でした。ドイツ・ブンデスリーガ「ドルトムント」時代の同僚、香川真司選手とは、今やかなり差がつけられた印象です。

クリックすると元のサイズで表示します
ムリキ(ブラジル、MF、26歳、背番号11)です。今年のACLの浦和レッズ戦では2ゴールの活躍で、日本人の間でもかなり知名度を上げましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
手前にエウケソン、左にムリキ、右にバリオスです。この日はこの3人が先発のようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
トヨタカップでクラブチーム世界一、ワールドカップでナショナルチーム世界一、を成し遂げた名将リッピ監督(イタリア、65歳)です。「広州恒大」では「監督余生」を楽しんでいるように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
広州地元紙は「リッピ監督の年俸(約10億円)は広州人の15000年分の食費だ」と揶揄したそうです。まあ、「広州恒大」はリッピ監督が「一から作り上げたチーム」と言うわけではないですからねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは一転、「大連阿爾濱」の試合前ウォーミングアップの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
左からオアロ(フランス、FW、29歳、背番号9)、ウタカ(ナイジェリア、FW、29歳、背番号11)で、一番右がケイタ(マリ、MF、33歳、背番号20)です。

クリックすると元のサイズで表示します
ケイタです。チームの中心選手で、他の中国人選手とはレベルがあまりに違います。特にパスの精度は「月とスッポン」です。

クリックすると元のサイズで表示します
オアロです。前回生観戦に来た、今シーズンのホーム開幕戦では中国リーグ初得点を決めてくれました。スピードはありませんが、身長192センチと高さがあり、空中戦に強いです。サッカー選手に対する「身長信仰」が強い、中国人好みの選手といったところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の審判団です。中国代表11名を抱える「広州恒大」と中国代表5名を抱える「大連阿爾濱」との戦いということで、注目度は極めて高くなり、急遽、主審は中国人ではなく外国人が選ばれました。まあ、終わって見ると、主審はとんでもない奴だったんですけど(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏サポーターの様子です。「大連阿爾濱」の「イメージキャラクター」は「鷹」です。

クリックすると元のサイズで表示します
赤いユニ姿が「広州恒大」のサポーターです。「2番エリア席」が割り当てられたようですが、20人程度ですかね。警察&武装警察の連中の方が多いですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
選手入場です。「春」の広州から「冬」の大連に来た「広州恒大」(右側)は全選手「上着」を着ての入場ですが、一人だけ着ていませんね。誰?

クリックすると元のサイズで表示します
バリオスでした。第5節を迎えるここまでノーゴール。この一戦に「燃えていた」のかな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
前半のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏、電光掲示板下に陣取る「大連阿爾濱」のサポーターです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のバックスタンドの様子です。さすが「広州恒大」戦!観客は昨年の「大連ダービー」並みに入っていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ムリキとバリオスです。前半は「大連阿爾濱」のDF陣が踏ん張り、相手に決定的なチャンスどころか、シュートすら打たせません。

クリックすると元のサイズで表示します
バリオスとエウケソンです。なかなか攻撃が組み立てられません。コンカが見たかったな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
リッピ監督です。戦況を見守ります。

クリックすると元のサイズで表示します
反対に李明代理監督です。この日は珍しく、正装姿で指揮を執ります。

クリックすると元のサイズで表示します
前半33分、良い位置で「大連阿爾濱」がフリーキックを貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します
ケイタ、キャプテンの于大宝 (MF、24歳、背番号22、中国代表)、陳涛(MF、28歳、背番号10、中国代表)の3人で「作戦会議」です。陳涛が蹴るも入りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
前半39分、ムリキと「広州恒大」の8番の選手が味方同士、ヘディングで交錯する場面がありました。「勝った」のはムリキでケロッとしています。スタンドは爆笑に包まれました。

クリックすると元のサイズで表示します
この「治療時間」を利用して給水する「大連阿爾濱」の選手です。

クリックすると元のサイズで表示します
孤立するバリオスです。

クリックすると元のサイズで表示します
前半はとにかく全然ボールが来ませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
前半が終わりました。「広州恒大」は何とシュート数ゼロに抑えられました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイム中にトイレに行ったら売店が設けられていました。スポンサーに地元コンビニチェーンの「太陽系」が付いたためです。スタジアム内に「本格的な」売店が設けられるのは初めての試みです。ただし購入できるのは「6番エリア席(主席台)」、つまり300元(=約4800円)席の観客=富裕層のみです。スナックやドリンク、レプリカユニフォーム(300元=約4800円)、ニットマフラー(60元=約970円)がありました。グッズは店員曰く「本物」だそうです。4月中旬とはいえ大連はまだまだ寒く、ニットマフラーは「即戦力」として売れていました。

クリックすると元のサイズで表示します
外国人枠の影響で、今日は控えとなったロッケンバック(ブラジル、MF、31歳、背番号8)がハーフタイム中に体を動かします。何だかんだで、やはり球捌きは凄いものがありますね。

後半、試合が動きました。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連から格安航空会社「春秋航空」で上海・蘇州へ行く(3)

前回の続きです。蘇州から大連へ帰ります。

上海(空港)に向かうのは来た時同様、リムジンバスを利用しました。朝、お世話になった友人がリムジンバスの出発場所まで見送りしてくれました。このとき初めて今回の旅でタクシーに乗ったのですが、蘇州はタクシーの初乗り料金が11元(=約170円)なんですね。大連は8元(=約130円)なもんでビックリしました。遠回りされるわけでもなく、良い運ちゃんでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りの飛行機は、上海浦東(15:30)→大連(17:25)なので、のんびりです。帰りのバスは途中下車、つまり上海虹橋空港で降りることにしました。蘇州(園区)→上海虹橋空港は53元(=約840円)、所要時間は約1時間です。バスは外国人利用者が多く、満席でした。

クリックすると元のサイズで表示します
バスの切符売り場にあった時刻表です。本数はかなり多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
約1時間で上海虹橋空港に到着、そのまま地下鉄乗り場に移動します。地下鉄2号線「虹橋空港」駅のホームです。とにかく広い!世界一じゃないですかね!

クリックすると元のサイズで表示します
向かい側のホームが遠い!遠い!巨大都市ならではですね。乗車すると、車内では地図を売る小汚い婆さんが現れました。この点は民度ですね。以前、ソウルの地下鉄でも車内で「ゲリラ販売」がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
「南京東路」駅で下車します。地上に出て直線歩いて7、8分で「外灘」に着きました。上海の代名詞的風景を写真に撮ります。年々ビルが増えていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
「外灘」を散歩します。この日は良い天気でした。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史的建造物が続きますが、「大日本帝国」関連のものだけ抜粋します。旧・日清汽船上海支店です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧・台湾銀行上海支店です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧・横浜正金銀行上海支店です。

クリックすると元のサイズで表示します
1時間ほど散歩して地下鉄「南京東路」駅に戻ります。駅前ビルの地下にあったラーメン屋「札幌らーめんDOMON(宏伊店)」に入ります。公式サイトによれば、香港資本のラーメン屋のようです。「北海道風バターラーメン」(38元=約610円)を食します。店員の態度は良かったものの、味、特にスープはダメでした。器はデカいです。そう言えば、昨年秋の反日暴動の折には、暴徒からラーメンをぶっかけられた日本人のニュースが報道されていましたね。

地下鉄「南京東路」駅から、また地下鉄2号線に乗って、終点の「浦東空港」駅を目指します。7元(=約110円)で、所要時間は約1時間です。車内では盲目の人を連れた乞食、また顔面が酷い火傷跡の人を連れた乞食、が立て続けに現れ、車両の中を歩いています。共に「お金を恵んで下さい」と言っています。これが日本を越えGDP世界第2位となった中国、そして「負け組」である共産主義・社会主義国家の「現実」です。小さいお子さんをお連れの方は直視させない方がいいです。トラウマになります。

クリックすると元のサイズで表示します
この日も大体、離陸の1時間半前に空港に到着です。春秋航空は格安航空会社(LCC)なので、上海浦東空港第2ターミナルにあるチェックインカウンターは一番端です。ひたすら歩きます。カウンターでは大連空港同様、席位置(窓側、通路側)の希望が通ります。ただ搭乗券は大連空港の時とは違い、LCCならではの「レシートチケット」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
搭乗券とパスポート、持ち物と身体検査を経て空港内に入ります。大きい空港なので散歩のしがいがあります。ベンチにもコンセント差込口が多くて便利ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
機材はLCC各社の御用達機材であるエアバスの「A320−200」です。

クリックすると元のサイズで表示します
春秋航空の職員が周囲の目も気にせず唯我独尊、ベンチで土足のまま寝ていました。左手からは「iPhone(アイフォーン)」が滑り落ちていますね。熟睡、いや爆睡振りが御確認いただけます。上海人は大連人と違い、泥棒しないんですね(笑)。反日暴動では凄い暴れっぷりでした。

この日は定時出発、約1時間半で到着しました。大連に到着すると「冬」、そして何故か落ち着く「昭和」でした。トウ小平の「先富論」の恩恵を受けて、上海・蘇州の町は大連に比べて10年は進んでいますね。欧米人を中心とした外国人が多いのも理由として大きいですね。一方で人、住宅など「置き去り、切り捨てられた」凄まじい格差も目にしました。そうそう、上海語、蘇州語は全く分かりませんでした(笑)。

反日、PM2.5、汚染河川、鳥インフルエンザ・・・。結構、大荒れの地ですね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ