中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2012
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

東京スカイツリーに行くも、高過ぎ&混み過ぎ

なでしこはカナダに快勝、親善試合の「マンチェスター・ユナイテッドFC」vs「上海申花」も香川真司選手が得点を決めMOM、日本サッカー良いですねぇ(嬉)。オリンピックの男子サッカーもこの流れに乗って欲しいですね。

昨日は、錦糸町に行く用事がありましたので、ただ今、東京の新たな観光スポットとなっている、世界一の高さを誇る塔=東京スカイツリーをちょっと見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
JR錦糸町駅のホームから撮ったスカイツリーです。

クリックすると元のサイズで表示します
JR錦糸町駅北口からスカイツリーまでは歩いても行けます。約20分です。分かりやすい案内掲示です。

クリックすると元のサイズで表示します
北口を出て、「目標」に向かって真っ直ぐ歩いて行くだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
が、この日の気温は33度。歩くのは早々に断念して(笑)、地下鉄半蔵門線で錦糸町駅から一駅移動、押上駅で降りました。別名「スカイツリー前」です。

クリックすると元のサイズで表示します
押上駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
押上駅から見上げたスカイツリーです。皆、記念写真を撮っています。左は「東京スカイツリー・イーストタワー」です。

クリックすると元のサイズで表示します
スカイツリーに近づきます。それほど混んでいない?!

クリックすると元のサイズで表示します
スカイツリーの真下に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
真下からスカイツリーを見上げて撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
中に入ったらこの混雑です。涼しい屋内で並んで待つんですね。屋外での「待ち」なら子供やお年寄りは熱中症になります。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、展望台へ上がる為のチケット購入は1時間待ちでした・・・。さすがは平日とはいえ夏休み!

クリックすると元のサイズで表示します
チケットは「天望デッキ(350m)」までが2000円(大人)!、更に上にある「天望回廊(450m)」に行くのに1000円(大人)!一番上まで行くのに何と計3000円(大人)!です。高い〜。高すぎる〜。でも大盛況です。

クリックすると元のサイズで表示します
上がるのは即座に断念しました(笑)。屋外に出ます。猛暑なのでミスト噴射全開です。

クリックすると元のサイズで表示します
通路もこの通り、ミスト噴射全開です。

クリックすると元のサイズで表示します
東京スカイツリーに隣接する「東京ソラマチ」です。約312のショップやレストラン、水族館やプラネタリウムなど何でもあります。多過ぎて、広すぎて、全部見きれません(笑)。一日中楽しめますね。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターも壮観です。

クリックすると元のサイズで表示します
ロフトもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ロフトの入り口はスカイツリーのグッズコーナーです。当たり前ですが、どこの店も入り口はスカイツリー関係の商品です。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りに押上駅横にある川の、橋の上から撮りました。そして地下鉄半蔵門線で一駅移動、錦糸町駅に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します
JR錦糸町駅に隣接する「てんや」で食事をしました。「オールスター天丼大盛り(750円)」です。「安価で美味しい、サクサク天ぷら」も大連では食べられません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
「てんや」の東京スカイツリー周辺の17店舗では限定メニュー「えびツリー天丼(880円)」もあります。えびがガッツリ食べられますね。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は夜、家族みんなで花火をやりました。近くのホームセンターで買いましたが、手持ち花火が約60本入っていて498円です。子供はやはり喜びます。楽しいひと時を過ごしました。

これから男子サッカーのスペイン戦をTV観戦します。日本頑張れ!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

日本に一時帰国したら、大連より涼しい毎日・・・。

大連より一時帰国しました。昨日はTV観戦ですが、東日本大震災復興支援スペシャルマッチのデルピエロに楽しませてもらいました。37歳だけど、Jに来ないかなぁ。

金曜日に六本木に行ったんですが、この週末は大連より東京の方がはるかに涼しいです。(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の朝食は松屋(六本木4丁目店)で。ソーセージエッグW定食(440円)です。お腹がいっぱいになります。大連では「安い、うまい、多い、衛生的」の四拍子が揃った定食は食べられません。店内では朝帰りの綺麗なお姉さん方も拝見できました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
仕事のため、ここから歩いて中国大使館領事部へ。入り口では警察が「武器」を持って警備しています。周辺にも多くの警察を見かけます。ただ外からの写真は問題無く撮らせてくれます。入館にはセキュリティチェック(身体&荷物)があります。あ〜、やだやだ。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口です。御覧のように「営業時間」は月〜金の午前9時〜12時のたった3時間だけ。「仕事はやりません、やりたくもありません、見ていなければサボります、「失敬」もします、しかし給料は高くして下さい」、というのが人民の「基本的な」労働に対する姿勢です。人間だけではなく、労働の質も低いという事です。

蛇足ながら、白金台にある台北駐日経済文化代表処(通称:「台湾大使館」)の「営業時間」は午前9時〜12時、午後1時〜5時30分です。そしてセキュリティチェック(身体&荷物)は一切ありません。これが中国が一つと主張するも、埋められない台湾との「差」というものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
六本木ヒルズの中で最もシンボリックな建物である森タワーです。一日中遊べます。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄日比谷線で六本木駅から秋葉原駅に移動しました。

クリックすると元のサイズで表示します
駅に隣接するAKB48カフェ&ショップ&シアターです。女性客が意外と多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
お隣はガンダムカフェです。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口です。キテレツなメニューだらけです。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨドバシカメラに買い物に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
その前に1Fにあるすしざんまいで昼食をとります。ヨドバシでの買い物と、すしざんまいでの食事は私の定番コースです。

クリックすると元のサイズで表示します
マグロ尽くしのランチで1000円です。味噌汁と茶碗蒸しも付いています。トロの名に相応しい、口の中でとろけるようなトロが安価で味わえます。大連では無理です(笑)。

日本はやっぱり先進国ですね。しばらくのんびりです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

ケイタの大連到着とシェフチェンコの「青島中能」入り報道

先日の地元紙の報道どおり、本日、朝8:50のフライトで前バルセロナFCの15番、セイドゥ・ケイタが無事、大連空港に到着し、サポーターの歓迎(迷惑?!)を受けたようです。なお、写真は中国のサイトの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「大連阿爾濱」の中盤にはやはり元バルセロナFC所属のロッケンバック(ブラジル、MF、30歳、背番号8)という個性が強く、熱くもなりやすい選手がいますが、上手く共存できるんでしょうかね。監督の手腕に期待しましょう。

本日はもう一つニュースがあって、つい先日の「EURO 2012」で代表引退を表明したウクライナの大物選手、アンドリー・シェフチェンコ(FW、35歳)ですが、「青島中能」と年俸900万ドル(=約7億1500万円)の2年契約を結んだ、という報道が出ました。なお報道ではドルと報道しているもの、ユーロと報道しているものと2種あります。ユーロなら約8億7000万円ですね。ソースはこちらです。翻訳ソフトはこちらです。コピペで手軽にどうぞ。

現役最後の舞台として中国を選んだそうで、最近の中国リーグへ移籍してくる大物選手はだいたいこれがいつものパターンですね。ちなみに監督の就任会見となると、今シーズンはバルセロナのサッカーを目指すという「口上」が流行しました。まあACミランは中国ではかなりの人気チームですから、もしこの報道が真実なら盛り上がる事は確実です。でもこのニュース本当?本当に来るの?

次は誰かな(笑)。デルピエロ?オーウェン?

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。



投稿者:dalian4649

夏休みは中国に「ドログバ&アネルカ」を、岡田武史監督を、香川真司選手を見に行こう

日本は3連休、学生さんはそろそろ(もう?)夏休みですね。そして今年はオリンピックもありますね。

昨夜は大連ダービーの生観戦に行ってきました。昨晩から今日にかけて、また凄まじい数のアクセスを頂きましてビックリしているところです。本当にありがとうございます。

現在、中国サッカーリーグの外国籍選手は大物が続々と加入し続けています。中国人は見栄(中国語:面子)をとにかく気にします。「隣がアイフォンを買ったなら私も買う、いや買わなければ!」という民族です。同様に「隣が大物助っ人を取ったならウチも!」という事です。チームとして特に必要性に駆られていなくても見栄(中国語:面子)だけのために「買う」。そのため当分、この大物移籍は続くと思います。

2部降格危機から抜け出せない「大連阿爾濱」が必要なのはGKでありDFです。ケイタが、ケイタのポジションが必要ではないのです。日本人ならまず「穴を埋める」補強をします。が、中国では違う。これが中国式=見栄(中国語:面子)、を前面に押し出した「誤った行動」です。当然、中国人選手や代表チームの成長に何もプラスはもたらしません。

この指摘を中国人そして中国マスコミは「日本人の嫉妬」と捉えます。生まれてからずっと自分達は「見栄(中国語:面子)」中心」という愚かな社会で生きてきたので、日本人も自分達と同様に「嫉妬するに違いない」、と考えるんですね(笑)。これが連中の「限界」です。「井の中の蛙、大海を知らず」です。

また、日本人なら皆「慌てる乞食は貰いが少ない」という言葉も知っています。中国はその民度を考えず、「慌てに慌てて」中国新幹線で大失敗を犯しましたが、結局、何も学んではいない。「運が悪かった」で全て終わりです。失敗を教訓にする(=反省)なんて大嫌いで、恥ずかしい(不名誉な)事とまで「昇華」させますからね。この国では「失敗とは隠すもの」です。

さて、ドログバが中国入りして昨日、こちらのメディアは騒ぎっぱなしでしたね。なお、写真は中国のサイトの転載です。
クリックすると元のサイズで表示します
移籍加入記者会見の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
上海空港到着の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
出迎えたサポーターです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、「上海申花」はホームで「北京国安」戦だったのですが、雨の中、挨拶も行ったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
トルシエも娘(モロッコ人からの養子)を連れてスタジアムに来ていたようです。前日に上海で、自身率いる「深圳紅鑽」の公式戦がありましたからね。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
今日の練習の様子です。再会を果たした「最強コンビ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
バティスタ監督も笑顔がこぼれます。

クリックすると元のサイズで表示します
大連の地元紙の一つ『半島晨報』も一昨日、こちら人民ファンが知りたがっているドログバ情報を端的にまとめていました。見出しは「ドログバは7月18日(水)の中国FAカップ(中国語:中国足球協会杯)で初お目見え」とあります。最後には「ドログバ初見参試合予定表」がまとめられていますね。この記事に拠れば、

中国初見参:
7月18日(水)
中国FAカップ(中国足球協会杯)
「長春亜泰」vs「上海申花」(吉林省長春市、長春経開体育場、19:30〜)

かつては満州帝国の首都だった新京(現・長春)。スタジアムは大連よりボロいです。ドログバはアフリカの祖国・コートジボワールを思い出すのでは。

中国サッカー・スーパーリーグ(「中超」)公式戦初見参:
7月22日(日)
公式戦第18節
「広州富力」vs「上海申花」(広東省広州市、越秀山体育場、20:00〜)

クリックすると元のサイズで表示します
「広州富力」のスター選手は先日加入したヤクブ・アイェグベニ(ナイジェリア、FW、29歳、前ブラックバーン)です。元プレミアリーグ所属の対決ですね。

上海初見参:
7月25日(水)
親善試合
「マンチェスター・ユナイテッドFC」vs「上海申花」(上海市、上海体育場、20:00〜)

なんと香川真司選手が登場するそうです(下記「参考記事」参照)。「遊び試合」でしょうが、これは正直見に行きたい!でも平日開催、しかもチケット高過ぎ。詳細は過去のエントリーのこちらで触れました。

「上海申花」ホームスタジアム初見参:
8月4日(土)
公式戦第20節
「上海申花」vs「杭州緑城」(上海市、上海虹口足球場、20:00〜)

岡田武史監督率いる「杭州緑城」との対決です。上海虹口足球場は空港から直行バスがあったり、地下鉄で行けたり、と抜群のアクセスです。

中国サッカー・スーパーリーグ(「中超」)に関してはウィキで上手くまとめられています。こちらですね。各チーム情報、在籍しているスター選手、各ホームスタジアム情報などはここから飛んで行けます。

御参考までに。




参考記事:
マンU・香川、南ア・中国遠征でデビュー

 イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドに加入した日本代表MF香川真司(23)について、アレックス・ファーガソン監督(70)は13日、16日からの南アフリカ・中国遠征でデビューさせる意向を示した。
 「シンジは南アフリカと中国への遠征に帯同する。すぐに彼のプレーを見ることができると思うよ」とクラブの公式サイトで明かした。チームは18日にアマズルFC戦(ダーバン)、21日にアヤックス・ケープタウン戦(ケープタウン)、25日に上海申花戦(上海)を予定している。
2012.7.15
http://www.sanspo.com/soccer/news/20120715/pre12071505030000-n1.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

ついに出た、アネルカの「もう中国を離れたい」報道

今日の大連は良い天気で、夕日も綺麗でした。19時になっても、まだ明るいので余力のある時は食後の散歩に出かけます。

今日も誰よりもいち早く(?!)、中国のマスコミ報道をお伝えします。鳴り物入りで中国サッカーリーグ入りしたアネルカですが、中国ならではの杜撰(ずさん)なチーム状態、プロサッカー(1部リーグ)の試合が行われるにしてはあまりに酷い環境、カップ戦の続行が不可能で日本サッカー協会に泣きついてきたほどの低レベル審判、そして中国人観客が殆ど居らず圧倒的な「支那人」観客、に相当悩まされたようです。挙句の果てに、ここのサッカーの特徴は「八百長&カンフーサッカー」ですからね。私もアネルカネタはこれまで結構書いてきました。

アネルカと孫継海の再会、そして「大連阿爾濱」
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/255.html
アネルカ「監督」、初勝利ならず
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/292.html
アネルカの失明を狙う大連のサッカー観客(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/297.html
アネルカの失明を狙う大連のサッカー観客(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/298.html
アネルカに絡む「支那人」について
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/316.html

ここ中国は見栄(中国語:面子)、つまり外面(そとづら)だけを極端に重視する国です。人も物も組織も中身は皆スッカラカンなんですね。外面だけに騙され、実情知ったら自分は騙されていた、と感じる外国人は多いですね。私も洩れず、日本人は皆このパターンです。

今の混乱している日本の政界を見ても「親中親韓」の政治家にロクな人間居ないでしょ(笑)。中国各地にある「日中友好の碑」なんて、どこを見ても落書きだらけ。この国は人だけは極端に多いので、ビジネスだけの使用に留めるべきです。「副作用」が強すぎるんですね。これが正しい「質の日本」の「量の中国」に対する「使用法」ですね。

で、報道によれば、アネルカに接触しているのはサウジアラビアリーグの名門クラブ「アル・ヒラル」です。ウィキによれば鹿島アントラーズで一時代を築いたトニーニョ・セレーゾもかつて監督をやっていますね。ウィキは更新されていませんが、2週間ほど前にパリ・サンジェルマンFCの監督・アントワーヌ・コンブアレ(フランス人)が新たにこのクラブの監督となり、そしてアネルカとの接触を認めました。ソースはこちらです。翻訳ソフトはこちらです。コピペで手軽にどうぞ。

「世の中には良い事が少なく、悪い事の方がはるかに多い」ということを「寸善尺魔(すんぜんしゃくま)」と言いますが、中国ってまさにこの言葉を現実化した国ですからね。

アネルカの移籍ですが、オイルマネーなら勝機(移籍の実現化)有りでしょう。「広州恒大」のスター選手・コンカ(アルゼンチン)も中国を去りたがっており、「大連阿爾濱」も点取り屋のスター選手・カナレス(チリ)が去りました。

能力の高い一般人は華僑となって国外脱出を望み、政府高官の9割(!)が海外に自分だけの拠点を持っているんです(下記「参考記事」参照)。

一度っきりの人生です。時間はかえってきません。「支那人」は理解できませんが、中国人は幸せとは何か、そしてこの国に未来なんて無いということをちゃんと知っているのです。

バイバ〜イ!まあサッカーに限らず、これが「現実」ですね。




参考記事:
なぜだ?中国政府高官で、欧米に直系親族を住まわせている人の比率、なんと9割―米華字メディア

 2012年5月29日、米華字サイト・多維新聞網は香港メディアの報道として、中国共産党第17期中央委員会の委員のうち、約9割に欧米で生活する直系親族がいると報じた。中国では家族と財産を海外に移して自分だけ中国に残る「裸官」と呼ばれる政府高官の存在が問題視されている。
 香港の政治評論誌・動向は、中国本土の公的権威機関によるデータとして、2012年3月末までに中国共産党第17期中央委員会の委員204人のうち、91%にあたる187人の直系親族が西側諸国で生活・就職しており、その国の国籍まで取得していると報じた。
 このほか、中央委員の補欠委員167人のうち85%にあたる142人、中央紀律検査委員会ではメンバー127人のうち113人の親族が海外に移住しているという。さらに、米政府の統計によると、中国の省部級高官(退職者も含む)の子女のうち75%が米国の永住権(グリーン・カード)あるいは米国籍を所有。孫の代になると、その91%が米国籍を持っていた。最近失脚した薄熙来(ボー・シーライ)前重慶市党委書記の息子も米国永住権の所有者だ。
 これが事実であれば13億の中国人の運命を外国人とその家族が握っていることになる。真偽を明らかにしなければ、党に対する国民の信頼失墜は免れない。かつて毛沢東は息子を朝鮮戦争の戦場へ送り出したが、今の政府高官は子どもを海外に送り出して豊かな生活を享受させている。これは官僚たちが政治的自信に欠けていることの表れだろう。だからこそ、いつでも逃げられるよう準備に余念がないのだ。
2012年5月31日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61690&type=


「我が国には二重国籍者が大勢いる」、全人代常務委員会で問題視―中国

 2012年4月26日、外国籍を取得したにもかかわらず、中国籍も残したままのいわゆる「隠れ二重国籍者」について、第11期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委員会第26回会議で問題視された。新華社通信(電子版)が伝えた。
 同日開かれた分科会で、「出入国管理法草案」に関する審議が行われ、一部委員から「取り締まりを強化すべき」との意見が出された。陳宜瑜(チェン・イーユー)委員は「改革開放以来、数多くの中国人が留学などで海外に移住し、外国籍を取得した。だが、それを報告せず、中国籍も残したままとなっている」と指摘。中国は二重国籍を認めておらず、こうした人たちは戸籍上、外国人とみなすべきとの考えを示した。
 このほか、金碩仁(ジン・シュオレン)委員は「国による統一した出入国管理と中国国民の外国籍取得に関する情報プラットフォームが必要。関係各部門の情報共有化を実現させるべきだ」と提言した。
2012年4月27日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60861&type=


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ