中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2011
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連のザーザー雨、人工降雨でした

そろそろGWが近づいてきたこともあって、珍しく(?!)多忙で、明日も明後日も休日出勤です。今年のこちらの法定「労働節」休みは4月30日(土)〜5月2日(月)の三日間です。

大連では17日(日)夜から18日(月)午前中にかけて、久々にまとまった雨が降り、傘を持っての出勤となりました。パラパラではなくザーザー降った雨というのはいつ以来のことでしょうか。ちょっと思い出せないという大連市民は私だけではないでしょう。また昨日も夜7時ぐらいから雨が降り、朝夕はやや肌寒い温度となっています。

さて、久々にザーザーと降った、17日(日)夜から18日(月)午前中にかけての雨ですが、この雨、大連気象局が「ロケット弾」を打ち上げた、「人工降雨」によるものでした。もちろん「お上」は「今日、人工降雨やります!」なんて予告報道、また終了報道をする事はありません。今回、明るみになったのは、ちょっと一騒動起こしてしまったからです。

クリックすると元のサイズで表示します
雨が降った翌日の19日(火)付け、地元紙『半島晨報』です。この日の一面を飾ったのは「人工降雨ロケット弾」が民家に落ちてきて車に直撃した、というものでした。直撃した車の破損箇所、その隣には落ちてきたメタリックグリーン色の「ロケット弾」が撮影されています。ロケットらしい尻尾の「羽」も確認できますね。

クリックすると元のサイズで表示します
拡大します。

ここ最近の大連は前述した通り、まとまった雨が降ったのはいつだったっけ、とすぐには思い出せないぐらいに御無沙汰でした。洗濯物がすぐに乾くのは良いのですが、一方で一日中乾燥は酷く、我が家と職場の加湿器はフル稼働でした。これは病気予防の意味もあります。植物が花咲き出す春ですが、水が無いので街中では放水車を繰り出して植物に水を撒いている姿をあちらこちらで見かけます。またこの時期は日本では花粉症、中国では黄砂です。遼東半島の先っぽに位置する港湾都市の大連ですが、黄砂による「もや」も酷くはないにせよ確認できます。

「お上」が町全体が水不足、潤い不足と判断していたのは想像に難くありませんし、黄砂を主原因とした、大気中の砂塵除去の必要性が深刻化していたのも想像に難くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
記事に戻ります。17日の午前11時頃に大連市隣接の普蘭店市(大連市中心部から約50km、バスで1時間半ほど)で、人工降雨のために計66発の「人工降雨ロケット弾」が発射されました。

「ロケット弾」は全長が1m44cm、「ロケット」の内部には「ヨウ化銀」が詰まっています。この「ロケット弾」が上空4000〜5000mで爆発、周囲にヨウ化銀を撒き散らします。その後、空になった「ロケット弾」はパラシュートが開き、地上に落ちてくるという構造のようです。

が、そのうちの一つの「ロケット弾」のパラシュートが開く事無く落ち、車に直撃したようです。

人工降雨のために使われる「ヨウ化銀」ですが、
「結晶構造が氷に似ているため、水が結晶する際の種となりやすい。そのため、ヨウ化銀の粒子を大気中に散布すると、それを核にして雲が発生する。そのため、人工降雨の用途に使われている。ヨウ化銀には毒性があるが、人工降雨に使用される量は非常に微量であり異常摂取でもしない限り人体に影響を与えるほどではない。」
とのことです。

一方で、
「人工降雨のために散布する物質が環境に与える影響を懸念する声もある。ヨウ化銀は弱い毒性があり大量に異常摂取すれば悪影響もありうるとされる」
ともあります。

まあ、「異常接種しない人体には影響はない」ようですが、まとまった雨となり「異常接種せざるを得ない」植物全般、大地、河川、海には確実に影響があるはずで、日本人として「大連の雨」には自己責任による、各自それぞれの個人的な解釈が必要だと思います。「正答」は発表されません。

個人的見解で言えば、「大連の雨は自然ではなく、人工降雨による雨という可能性もあるので、とにかく雨に濡れたらお風呂に入りましょう。必ず髪は洗いましょう。濡れた服、カバン等は帰宅後、しっかりと洗濯したり、ふき取りましょう」ということです。また、大気汚染問題国家ということもあって、『「雨は汚いもの」という、日本滞在時とは、やや異なる認識も一応必要である』ということでもあります。まあ、日本人なら毎日お風呂(シャワー)、毎日服(下着)を取り替える、は常識ですね。

記事では民家に落下した現実と損害補償についてしか触れられていませんでしたが、日本人としては毒性ある物質を自らの意思によってばら撒く事にドン引きです。港湾都市ですから海水を蒸留させる技術を促進させるとか、いくらでも手段はありそうですがね。今やGDP世界第二位のお金持ち国家(?!)ですし。「人工降雨ロケット弾」の使用についての疑問が呈されていないのは、やはりこの国ではまだ環境問題は二の次なんでしょうね。

蛇足ながら、2008年北京オリンピックの開会式&閉会式、北京パラリンピックの開会式&閉会式、2009年建国60周年の国慶節などは全て「人工降雨」「人工消雨」対策が行われました。日本でも報道され、「さすが中国!」されたので御存知の方は多いと思います。降水時間と場所を操作する事で希望する日時に希望する場所の「晴れ」を確保するということですね。

最後に『レコードチャイナ』の写真を引用します。08年11月安徽省で使われた「小型移動式ロケット弾」です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「人工降雨はある程度発達した雨雲がある場合に有効であり、かつ成功するもので、雲の無い所に雨雲を作って雨を降らせるのは不可能である。その雨量も、本来の雨量を1割程度増加させるくらいで、自由に降水量を制御できるまでには至っていない。 ある程度発達した雲においても、スーパーセルなど非常に強い上昇気流や複雑な気流を伴う雲の場合、降水を制御するのは困難である」
との事です。あの日はたまたま「チャンス!」だったということでしょうか。

御参考までに。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。


参考記事:
中国の草原、9割が退化…専門家「生態の法則を守れ」

 中国の国土は、面積の41.7%に相当する約4億ヘクタールが草原だ。しかし、9割では質の低下である「退化」が進んでいるという。専門家は、「計画性や科学性のない政策が繰り返されたてきたことが大きな問題」と指摘。生態の法則を守らねば、草原の保護はおぼつかないという。中国新聞社が報じた。
 中国農業大学の王坤教授によると、中国の草原面積は森林と耕作地の合計よりも大きいが、全草原の9割で質の劣化を意味する「退化現象」が進行している。すぐにでも砂漠などの不毛の地になっておかしくない「深刻な退化」が発生している草原は、全体の50%だ。王教授は「恐るべき事態」と表現した。
 草原の「退化現象」が始まったのは1960年代だった。深刻な食料難の解決のため、草原の開墾に力を入れたが、降水量の事前調査なども行わなかったので、ほとんどが失敗。後には荒地だけが残ることになった。王教授は「わが国の政策決定には計画性も科学性もなく、一部の人間の個人的な考えで行われている」と、厳しく批判した。
 草原の退化は、生態系の破壊を意味する。草原に多くいたオオカミやレイヨウも数を減らした。植物の種類も急速に減少し、「草原の生産力」は大幅に低下した。
 内モンゴル師範大学地理学院のハイシャン教授によると、モンゴル牧畜民の常識に反する「草原の保護策」で、草原の退化が発生した。牧畜民は経験から、「家畜が食べても草は減らない。家畜が踏むことで草がなくなる」ことを熟知しているが、「家畜が草を食べ過ぎて草原が傷んだ」との理由で、柵を作っての家畜の囲い込みが推進された。結果として、家畜に集中的に踏み荒らされた場所から草が消え、それが周辺に広がっていったという。
 王教授も、草原地帯では家畜と草の共存が成立していたと主張。草原を保護するためには、生態の法則をよく研究して、尊重することが必要であり、牧畜民も保護活動に加わってもらい、共通の認識を得る必要があるという。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110422/Searchina_20110422089.html?_p=1
投稿者:dalian4649

JALで日本に一時帰国する(2)

前回の続きです。

成田空港に到着して、まず感じた異変が「暗い」、とにかく暗いということでした。計画停電実施期間でしたので、とにかく節電です。自販機には電灯が付いておらず、ミネラルウォーターは全部売り切れ状態でした。こんな時期の夕方ですから空港利用者もとても少なかったです。東京方面に行くJRの列車の発車時間まで15分ほどあったので、「キオスク」で新聞や飲み物など少し買い物をします。

クリックすると元のサイズで表示します
雑誌コーナーに目をやると、今回のこの震災の特集号があったので、早速購入しました。右側の雑誌『アサヒグラフ』の方は本のタイトルが『東北関東大震災』となっています。震災発生が3月11日、それに対して震災の呼称が「東日本大震災」と閣議で正式決定したのが4月1日です(下記「参考記事」参照)。「持ち回り閣議」による決定とはいえ、今回の震災に対する政府対応の遅さを象徴する出来事の一つでしょう。

この日は翌日の仕事が早いので、自宅には戻らず、最近の「定宿」としている「スーパーホテル」の「千葉駅前店」に泊まりました。ここは成田空港、そして東京に出るにもアクセスは良いし、駅周辺にはヨドバシカメラ、そごう、三越、パルコ、各種B級グルメ店、ちょっと歩きますがブックオフ、などなかなか揃っており「使える」町です。

このホテルはチェーン店で「質」はある程度保証されているし、朝食付きだし、部屋ではネット使い放題だし、スタッフの対応は抜群に良いし、チェックアウト手続きは一切不要(=翌日にフロントに寄らず勝手に「さようなら」)だし、荷物も預かってくれるし、コンビニまで徒歩1分だし、東京ではないのでカクンと宿泊料金は落ちるし、で気に入ってます。この日は平日にもかかわらず、不定期で行っている「ホリデープラン」があり、さらに空室(禁煙)があったので、事前にネットで予約をして総額3980円で泊まれました。

さて翌日、東京へ移動です。所用のため、霞ヶ関の外務省に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、JR錦糸町駅で一旦降りてホームから東京スカイツリーを撮りました。世界一の高さです。もう少しで完成ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東京駅の総武線地下ホームにあるコンビニは閉まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
このような張り紙がありました。商品確保が難しいという事でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
地上へ向かうためのエレベーターも短距離なら節電のため停止状態です。「普通の階段」代わりとしても利用出来ないように、進入禁止の措置がとられていますから、階段は結構、混雑していました。良い運動になります。

クリックすると元のサイズで表示します
階段を上りますが、やはり暗さを感じます。天井を見ると、蛍光灯は3分の2の数だけ点いています。

クリックすると元のサイズで表示します
霞ヶ関に向かうため、東京駅の地下鉄丸の内線ホームに移動します。自販機の電灯は全く点いていません。写真右端で駅名表示板の電灯も点いていないのが確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄丸の内線霞ヶ関駅の構内です。蛍光灯が3分の1の数しか点いていません。

クリックすると元のサイズで表示します
外務省の入り口です。写真は自由に撮らせてくれますが、撮る場合は一応、声をかけておきましょう。カメラ目線をくれましたが、「修正」を入れておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りの切符を買おうと思ったら、霞ヶ関駅では券売機も節電で一部取り扱い中止でした。

二日間、実家で家族と過ごしました。余震による列車不通の可能性が無くもなかったので、大連に戻る前日にまた「スーパーホテル千葉駅前店」に泊まりました。この日も「ホリデープラン」があり、空室(禁煙)があったので、事前にネットで予約をして総額3980円で泊まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
被災者の皆さんには何も出来ませんが、日本人の一人として小額ながら日本赤十字社に義援金を送らせてもらいました。日本赤十字社のHPを見ると、ファミリーマート各店内にある、チケット購入などで利用する情報端末機器「Famiポート」に募金コーナーがあり、そこからも送れるとありましたので、利用しました。

日本は「元寇の襲来」、「太平洋戦争の敗戦」という国家存亡の危機を乗り越え、「関東大震災」、「東京大空襲」という首都壊滅も乗り越えました。江戸期もおいても地震、飢饉、富士山噴火、明暦の大火(=世界三大大火)全て乗り越えました。「歴史」に学べば、日本は決して「終わらない」のですよ。

極東の小さな島国と称されど、日本は「日出ずる処」であり、神の宿っている国です。日本人は「静かなる威厳」を備えた、世界一の民族です。

負けて堪るかよ!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。


参考記事:
震災の呼称、閣議で「東日本大震災」に

 菅首相は1日午後、首相官邸で記者会見し、今回の震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。持ち回り閣議で決定した。
2011年4月1日17時40分
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110401-OYT1T00701.htm


日本の「静かな威厳」称賛 シンガポール紙

 東日本大震災で、シンガポールの英字紙ストレーツ・タイムズは16日、「静かなる威厳」と題した論説を掲載。危機的状況下でも礼儀と忍耐を忘れない日本人を称賛した。
 論説は「自然が引き起こした混乱に、秩序を保つことで挑んでいる」とし、“威厳”に満ちた日本人の対応を紹介した。
 損壊した民家から救い出される際、救助隊員に「不便」をかけたことを謝罪し、他の被災者を気遣った女性。無料で飲料を配布する自動販売機の所有者。空腹にもかかわらず、食料配給の長い列に整然と並ぶ人々−。
 2005年8月に米南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の際、強盗などが多発したことに言及した上で、一連の日本人の行動を「めったに遭遇することがない英雄的行為」と褒めたたえた。(共同)
2011.3.16 18:16
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031618160075-n1.htm

投稿者:dalian4649

JALで日本に一時帰国する(1)

東日本大震災、あまりの凄まじさに声を失いました。震災直後というわけではありませんでしたが、とりあえず一時帰国しました。今回のエントリーはその時の様子です。日本人の私にとって、こちら中国のお盆=清明節はあまり関係が無いので、三連休を前倒して、代わりに清明節は休日出勤ということで調整しました。

ところで3月16日、大連空港に到着した全日空貨物機が荷下ろしできずに日本に引き返すという事件がありました。事のあらましは下記「参考記事」に譲ります。

対中ビジネスマンとしてこちらでの生活も長くなってくると、いろいろと「真実」が読めるようになってきます。「正答」は決して当局から発表されないだけに、外資系企業は適切な「読み」が出来る人材はソコソコ高く買ってくれる。私は「読み」に関しては「論理、歴史、心理学、経験」の4つを「武器」として駆使していますが、今回の件の関しては、この「武器」を使うまでもありません。「お上」の「拙劣な、後付けの言い訳」に過ぎませんね。

「全日空が中国当局の決定を待たずに独断で勝手に帰った?!」
私は全日空の小・小・小株主ですが、全日空の主要大株主の一社は朝日新聞社です。朝日新聞系の会社で、「お上」を相手に「土下座」ならまだしも、まさかのこんな肝が据わった、勇気ある、いや無礼千万な(?!)行動がとれる機長&判断を下せる社員などは本社にすら一人としていないのですよ。

私は「倒産」を機に、職場の都合もあってANAユーザーとなりましたが、かつて貯めていたJALのマイレージが残っていましたので、今回はこれを使って一時帰国をしました。「倒産」後、初のJALです。

さてJAL(日本航空)の成田⇔大連線ですが、
成田(9:30)→大連(11:50) JL827便
約一時間、大連空港に駐機して、折り返し便として
大連(13:00)→成田(16:50) JL828便
の一往復デイリー便で運行されています。(※時間は現地時間)

帰国当日、大連空港で撮ったこの日の搭乗機の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
成田からの到着と同時に放射線検査です。右下の空港職員の男性がピストル型の放射線量計測器(ガイガー・カウンター)を手にしているのが確認できます。もちろんこの日は何も問題無く、荷下ろしが認められました。

クリックすると元のサイズで表示します
大連→成田線のエコノミークラスの機内食です。美味しくなくはないのですが、付け合せに物足りなさ、寂しさを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながらの逆路線、成田→大連線のエコノミークラスの機内食です。コストカットが感じられます。食事というより酒の肴といった印象です。アイス付きは嬉しいんですけど・・・。

大連空港側の都合で、日系エアラインは出発準備が完全に整っているにもかかわらず、いつも離陸を遅らされるのですが、この日は珍しくオンタイムでの離陸でした。成田空港までは約2時間40分だそうです。食後も更にワインとおつまみを「おかわり」してのんびりしていると、あっという間に日本です。

この日は雲が殆ど無く、かなり遠くまで見渡せました。座席に付いている個人用テレビのメニューをスカイマップに合わせると、今現在、飛行機がどこを飛んでいるのか確認できます。それを参考にすると、窓からはちょうど福島の原発らしきものが確認できました。

多くの搭乗客が窓の外を見ていました。とても悲しい気持ちになった一方で怖さも感じました。被災地では多くの方が亡くなっていますので、遠くとはいえカメラを向ける事は出来ませんでした。被曝の恐れがないようにでしょうか、この日の成田空港への進路はいつもとはやや違った航路を取っての着陸を感じました。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。


参考記事:
成田発の貨物便、中国で荷下ろしできず 放射線検出で 

【大連=進藤英樹】全日本空輸の16日の成田空港発、中国・大連(遼寧省)着の航空貨物便について「放射線が基準値を超えている」ことを理由に荷下ろしを許されず、引き返したことが17日、明らかになった。福島第1原子力発電所の事故を受けた大連空港側の対応とみられるが、基準の対象物などに関する明確な説明はなかったという。
 全日空大連支店によると、東日本巨大地震の発生後、大連着の航空貨物便の荷下ろしが放射線量を理由に差し止められたのは初めて。関係者によると、大連空港の検疫担当は全日空の貨物便について「基準値の0.4マイクロシーベルトを超える0.75マイクロシーベルトの放射線量を計測した」として、全貨物の荷下ろしを許可しなかった。ただ基準値を超えた対象物については搭載した貨物か機体自体なのかなど詳細は明らかにされなかったという。
 在瀋陽日本総領事館は16日、遼寧省政府に貨物の放射線量の基準について説明を求めた。同領事館によれば、中国の「放射性物質安全運輸規定」では放射線量の最も低い基準は「0〜5マイクロシーベルト」となっており、今回の適用基準はそれを下回るものだとしている。
 基準が明確にならないまま日本発の貨物が中国で差し止められる事態が広がれば、重大な経済的損失が発生することになる。
2011/3/17 16:45
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3E5E2E3838DE3E5E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2


中国に放射線検査で合理的対応申し入れ、日本政府、全日空機、大連空港「荷下ろし拒否」で、過剰反応か、基準値説明あいまい

 【上海=河崎真澄】日本からの航空貨物便が放射線量で“基準値”を超えたとして中国で荷降ろしを拒否された問題を受け、空港や港湾での測定で合理的な対応を取るよう、日本政府が中国政府に申し入れていたことが21日、分かった。
 測定基準に対する中国側の説明があいまいで、一部では「放射線量チェック基準は公開できない」と回答するなど混乱している。基準値不明のまま中国で同様の事態が広がることも懸念され、日本政府筋は「中国側に過剰反応があれば問題視する」と話している。
 引き返したのは16日早朝に遼寧省の大連空港に到着した全日本空輸便。空港での検査の結果、基準値の0・4マイクロシーベルトを超える0・75マイクロシーベルトの放射線量が検出されたとして荷降ろしが認められなかった。日本からの貨物が放射線量を理由に差し止められたのは初めて。
 一方、検出された放射線が貨物なのか機体なのか空港から詳細説明もなく、航空ダイヤの関係上、全日空では引き返しを決めた。
 しかしその後、基準値は1マイクロシーベルトとの情報もあり、日本側が根拠と基準を問い合わせたところ、中国側は法的根拠は示したものの、基準値について21日までに明確な回答をしていない。
 航空業界筋によると、16日以後は中国で荷降ろしを拒まれたケースはないという。国連の国際民間航空機関(ICAO)は18日、日本への渡航制限はない、との声明を発表している。
 福島第1原発の事故を受け、中国では日本からの航空旅客や日本産の食品に対する放射線検査を強化している。ただ、放射能汚染に関するデマ情報も飛び交うなど混乱が続いており、日本政府は不合理な検査に目を光らせていく方針だ。
2011.3.21 17:13
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110321/chn11032117180003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110321/chn11032117180003-n2.htm


全日空貨物機が一時、基準超える放射線量 中国大連から引き返す 

 24日の中国国営新華社通信によると、中国遼寧省の検疫当局者は23日、大連空港に16日に着陸した全日空の貨物機のコンテナから大連の安全基準値(0・1マイクロシーベルト)を超える2・2マイクロシーベルトの放射線量を検出していたと明らかにした。検疫当局は直ちに関係機関に通報、対応を検討していたが、同機は約3時間後に当局の決定を待たずに全日空側の判断で引き返した。検疫当局は「当局が荷降ろしを拒否したとの一部報道は事実に反する」と強調した。全日空大連支店によると、同貨物機は電子部品などを積んでおり、成田空港へ引き返した。17日以降の便では基準値を超える放射線は検出されず、大連空港で荷降ろしできている。(共同)
2011.3.24 20:50
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110324/chn11032420510002-n1.htm

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ