中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

久々にANAで日本往復、あとガンダム購入

御無沙汰しております。
「中秋節」直前となり、ようやく一息つける段階となってきました。

7月、8月は仕事、そしてプライベート、と本当に飛行機に乗る機会が多かったです。私は精神年齢が低いので、飛行機に乗って窓から見る景色、そして美味しい機内食、に今でもウキウキしてしまいます。

御存知のように、JALによって結ばれている日中線の航路はたった4都市(北京・上海・広州・大連)だけであり、ANAに比べて利便性で大きく差をつけられています。更には「倒産」したことで株主優待券までが発行されなくなり、日本国内における国内線利用のメリットも無くなりました。そのため、うちの職場のみならず、日本国内、またアジア圏の移動が多い会社では日本人社員の移動のための「御用達エアライン」をJALからANAに移したところが少なくないようです。

またこれは最も大切なことなのですが、万一、不測の事態が起きた場合、会社側としても「倒産」したJALに被害者への十分な補償が行き渡るとは考えておらず、「二度とこのようなことが起こらないように注意していきたい」や「保障に関しては被害者の方々、そしてその御家族の方との話し合いを継続していきたい」の「定型文」だけで事態の収束を図るという悪夢の想像が難くないので「JAL離れ」は加速しているのでしょう。

成田・大連線に限って言えばJALとANAにはチケットの価格差は殆ど無いし、毎日一往復(=デイリー運行)、出発と到着の時間に殆ど差が無い(共に25分間)、ということも考えるとANAに移るのは日本人的には当然の成り行きです。更にはマイレージということを考えてみてもANAの場合は「スターアライアンス」ですから、中国国際航空、アシアナ航空、ユナイテッド航空のマイルが貯められ、頻繁な日中移動(ソウル経由含む)を考えた場合、圧倒的に「おいしさ」が違います。JALの「ワンワールド」は対中ビジネスマンにとって「旨味」が少ないのです。

「完全移行」した職場の方針に従うわけではありませんが、個人的にもJALに関しては、貯まっているマイルが無くなった段階で「完全撤退」の予定です。ANAのマイレージカードに付いている電子マネー「Edy」ですが、コンビニチェーンほぼ全社、マツモトキヨシ、紀伊国屋書店、ヨドバシカメラ・・・と私の日本での行動圏を大きくカバーしており、成田空港の多くのお土産屋さん、飲食店でも利用がOKという、実に使い勝手が良いシロモノなので、ソコソコのペースでANAのマイレージも貯まってきています。クレカもJALカードを退会し、新たにANAカードに新規入会しようと思っています。

さて最後にANAに乗ったのはもう3年ぐらい前になりますか、これまで私のANAに対する印象はあまり良くありませんでした。というのも、

1、一度大連空港内で買い物をするANAのパイロットを目にしたのですが、その時のパイロットの部下(コ・パイロット=肩章は3本線)に対する言葉遣い、態度が非常に横柄だった場面を目撃したこと
2、機内食配膳の際にビールを頼んだが、銘柄を聞かれたので「プレミアムモルツ」と言ったら露骨に舌打ちされたこと(中国人CA)
3、関空・大連線でもおなじみですが、「飲酒運転疑惑」が後を絶たないという安全運行面
4、スターアライアンス繋がり(中国国際航空)があるため、中国人利用客がJALに比べ多く、うるさいという客層面
5、JALは10000マイルで往復ビジネスクラスにアップグレードできるが、ANAは12000マイルで片道のみ
6、朝日新聞「系列」

などが原因です。

ANAですが運行は中近距離国際線を運行する「Air Japan」によるものです。今回は往復共に日本人ではなく外国人機長でした。エコノミークラスですが、久しぶりに乗ってみると、悪くは無かったです。パーソナルモニター(個人テレビ)では現在公開中のジャッキー・チェン出演の「ベスト・キッド」を見ました。飛行時間が短いので、例によって行きの便で半分、帰りの便で半分見るという作戦です。ジャッキー映画と言えば師匠が殺され、ジャッキーが仇討ち、というのが初期作品では定番でしたが、そのジャッキーも今や師匠役とは・・・。時の流れを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
大連→成田の機内食です。取り立てて目新しい、美味しいというわけではありませんが、あっさりとした感じで良かったです。テーブルワインも口当たりが良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
成田→大連の機内食です。カニ御飯とイナダの照り焼きでした。とても美味しく感じました。日本発の方がちょっとばかりですが豪華ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
座席前のポケットに入っている機内販売雑誌(国際線版)に目をやると、あったありました、前回のエントリーでも取り上げ、気になっていた、全高約37.5センチ!「バンダイ 48分の1スケール メガサイズモデルガンダム ANAオリジナルカラーバージョン」です。雑誌の商品説明文によれば、国際線の機内でしか買えない商品で、機内でそのまま現物が手渡されるわけではなく、後日、日本の指定先住所に送られてくるそうです。価格は¥8500(税、送料込み)ですが、ANAカードがあれば10%引きです。

約2時間半のフライトで思考を重ねた結果、購入決断をしましたが、一応、妻の許可を得ておかないと後々、喧嘩の火種になりかねませんので(笑)、とりあえず持ち帰り可となっているこの雑誌を自宅に持ち帰り、妻に相談。「男のロマン」というセリフ一辺倒で強制納得させ、無事購入決定となりました。ということで帰りの成田→大連線で購入。日本人CAさんの話によれば、期間限定かつ数量限定であり、大人気商品なので到着まで2週間ほどかかりますとのことでしたが、購入後1週間で家族から日本の自宅に到着したとの連絡が来ました。箱もかなりの大きさだそうです。ということで国慶節の帰国が実に楽しみになりました。明後日から始まる「中秋節3連休」はこちらで朝寝坊&昼寝、とゆっくりと休むつもりです。

最後になりましたが、現在、中国政府による「尖閣諸島周辺海域当たり屋恫喝」事件のため非常にキナ臭い御時勢となっています。過去エントリーでも大きく取り扱いましたが、親日都市(笑)大連でも日本人女性傷害事件がオリンピック広場スタバ前で実際に起こっています。酒、女を楽しむ場所や密室となるタクシー乗車の際には十分にお気を付け下さい。日本の領事館窓口ではそもそも日本人職員すら殆ど採用していませんし、事後報告の受付のみです。また捜査権の有る中国の警察も「正義」、「けじめ」、「責任感」が浸透していない上、普段に増して働かない「3連休モード」に入ります。これが誰もが報じない「現実」というものです。

それでは在中日本人の方は良い3連休をお過ごし下さい。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ