中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2010
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「ガンダム SUPER EXPO 東京2010」に行ってきました

昨年の今頃は東京お台場の「約18m、1分の1実物大ガンダム立像」を見に行ってましたが、今年はガンプラ30周年記念のイベントで、東京ドームシティプリズムホールにて期間限定(8月10日〜8月19日)で行われている「ガンダムスーパーエキスポ東京2010」に行ってきました。入場は無料です。

私が行ったのはイベント開始3日目の8月12日(木)。お盆休み直前、そして平日のお昼時ということもあって、それほど混んではいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは入り口です。ガラガラで拍子抜けでした。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口を抜けるとガンダムの大きなパネルがお出迎えです。

クリックすると元のサイズで表示します
小学生時代に買った懐かしのキットから最新のものまで延々と展示が続きます。ガンプラ製造における金型の紹介には特に興味を惹かれました。

クリックすると元のサイズで表示します
プロモデラー(?)による60分の1スケール「パーフェクトグレード(PG)」のガンダムを改造した「カトキ版ガンダム」です。デカイ!

クリックすると元のサイズで表示します
同じく60分の1スケール「パーフェクトグレード(PG)」のガンダムを改造した「ジムスナイパーカスタム」です。背後に電灯があるため写真撮影は逆光となってしまうのが残念・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
この秋(11月)発売予定の「ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー(HGUC)」の「グフカスタム」です。人気の高い機体なだけに注目度も高かったです。個人的には「マスターグレード(MG)」の「ver2.0」でも出して欲しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します
子供じゃ買えない定価¥12600!!!最新版の「マスターグレード(MG)」ながら、「短所」が目立ち、何かと物議を醸している「マスターグレード(MG)」の「ジ・オ」です。左手にはシロッコが乗っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ今、静岡にて期間限定で公開されている「1分の1スケールガンダム静岡版」の模型も計3体展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
うち1体(写真左側)はメインカメラのみならず、体の各所までもが点灯する立派な物です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもまたガンプラ生誕30周年を記念したイベント、ガンダムと全日本空輸(ANA)のコラボレーション企画「ANA×GUNDAM SKY PROJECT」による「ANAオリジナルカラー版ガンダム」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この「ANA版」の48分の1スケール「メガサイズモデル」ガンダムはANAの国際線搭乗でのみ購入できますので、来月出張で「大連⇔成田線」に乗った時は購入検討をしてみたいと思います。ただ価格は¥8500。買ったら妻の冷たい視線が怖いし、ちょっと高いなぁ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
この48分の1スケール「メガサイズモデル」のガンダムですが、「静岡版」も発売されるようです。在中ビジネスマンの観点から言わせていただくと、どうしてこの発売を「1分の1静岡」の公開開始&公開期間(=2010年7月24日〜2011年1月10日)に合わせなかったのかと不思議に思います。単価が単価なだけに、「会場限定」で売れば莫大な売り上げが、いや完売も確実となるでしょうし、夏休みということで社会人も作成期間が取れる。またボーナス直後で財布の紐も緩みがち。見物来場の「お土産」感覚で買う人も少なくないと思われる。など絶好のビジネスチャンスなのに、この販売チャンスの喪失は実にもったいなく感じます。莫大な「数字」をみすみす放棄するあたり、商売が下手だなぁ〜という感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
ザクマシンガンを無効化した「ガンダリウム合金」(笑)の展示もありました。展示説明によれば、ルナツーでしか採掘できないようです。しかも触って持ち上げる体験も出来ます。結構軽かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
12分の1スケール「ハイパーハイブリッドモデル(HY2M)」のガンダムです。価格は¥315000!高さが150センチもあります。とにかくデカく、子供の身長より大きいので皆、記念撮影をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します
グッズの販売エリアです。大盛況でした。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の「イベント会場限定ガンプラ」が全種類、見本展示されていました。このイベントに来る前、グフのクリアカラーバージョンにやや惹かれていましたが、実際に展示された見本キットを見てみると、「透明度」、特に胴体の濃い青い部分は透明度が低く(無く?!)、個人的には「クリアカラーバージョン」の名に値しないと判断し、購入は見送りました。

クリックすると元のサイズで表示します
イベント会場限定ガンプラの専用会計レジはガラガラでした。レジ前の見本展示コーナーはこのように人が多かったんですけど・・・。

結局、私は何一つ買う事無く会場を後にしました。中国語を話す方もチラホラ見かけました。今やガンダムのイベントはまさにグローバル化しています。凄まじい量のグッズと限定プラモを手に、会場を後にする方も少なくありません。ただ私としてはもう少し触手が動かされる、「質の高い」会場限定商品が欲しいところです。

御参考までに。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。
投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ