中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2009
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ノア・三沢光晴選手のご冥福を心よりお祈り申しあげます

1「プロレスリング・ノア」の三沢光晴選手が試合中の事故で亡くなりました。享年46歳。早すぎる死です。

 

男子ならば誰もが一度は「強さ」に憧れるもので、関東圏に住んでいた、子供の頃の私の楽しみにしていたテレビ番組といえば金曜夜8時10チャンネル(テレビ朝日)の「新日本プロレス」中継と土曜日夕方5時4チャンネル(日本テレビ)の「全日本プロレス」中継でした。プロレスは今でこそインターネットの普及等によってその「カラクリ」が全て明らかにされてしまいましたが、当時はビデオすら無く、その世界はまさに「夢のある世界」でした。

 

時は流れ、上京し、生活の基盤が「東京新宿区」となると、自転車で「後楽園ホール」や「日本武道館」へ生観戦に訪れました。「後楽園ホール」での初めてのプロレス生観戦の衝撃は今でも覚えています。「こんなに近くで見れるのか!」という驚きと「選手の体の大きさ(厚さ)」です。そして「テレビと生観戦はこんなにも違うのか!」という感動をも覚えました。そんな90年代、そのプロレスの試合内容の質=「衝撃度」は最高潮を迎え、本当に虜にさせられました。

 

「受けの天才」と言われたあの三沢選手が・・・。

ジャンボ鶴田の「バックドロップ」、スタン・ハンセンの「ウエスタンラリアット」、テリー・ゴディの「パワーボム」、を何度食らっても不死身だったあの「首」が・・・。

 

馬場選手、鶴田選手、三沢選手、橋本選手、冬木選手、ブロディ、アンドレ、ホーク、ゴディ、シーク、オブライト、デイビーボーイスミス、ベノワ、アレン、ビガロ・・・。

もうみんないなくなっちゃったんだなぁ(泣)

 

青春時代、夢と感動、憧れを与え続けてくれた方の突然の死は凄いショックです。感動の試合をありがとうございました。

 

心よりご冥福をお祈り申しあげます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ