中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2009
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

北朝鮮ミサイル発射問題を考える(6)

1前回の続きです。

 

では今回のこのミサイル打ち上げと中国を考えてみます。

 

このエントリーシリーズで北朝鮮は現在、実質的に中国の保護国であらざるをえない状況であるという点は述べました。あの「勇ましい、やんちゃな姿」も中国の後ろ盾があってこそなのです。

ロシアも万が一ミサイル発射失敗を受けて自国に向かってきた場合、迎撃の用意があったということは報道されています。これはあのミサイル、及び技術にロシア製が入っていない、またはロシア側に詳しい情報開示がされていないという事を物語っているのではないかということを指摘しました。

 

結局、あのミサイルは中国の大幅な(全部?)技術供与によって完成させたものであると結論付けました。技術供与といっても同盟国間には知られても良いような「型落ち技術」です。分かりやすい例えを使えば、自分たち「大中華」中国は「ウィンドウズ7」を開発&使用。「小中華」北朝鮮には「ウィンドウズ95」を供与ということです。「中華思想」は同等を一切認めない原則があることもお忘れなく。

 

中国はこの北朝鮮のミサイル発射によって大きな「利益」を手に入れました。

中国は近年その台頭ぶりが危険視されています。人治国家、人権無し、軍事費は年々増加し、「覇権主義」をまっしぐらに進んでいるからです。軍事兵器というのは開発してもなかなか実験(実戦)で、堂々と使うのは難しいです。「モノ」がデカければ尚更です。もし今の中国が堂々と、他国域を巻き込む可能性もある軍事兵器の実験を行ったら、世界の主要各国は皆中国に対する態度を硬化させ、非難するでしょう。

 

さて中国の得た「利益」ですが、

 

1、「型落ち」技術とはいえ、ミサイルの発射実験、データ収集が出来たということ。

 

2、東アジア全域に「有事」に近い状況を作り出す事に成功した上、日米連合軍がどういう対応をとるか、一部始終、「高みの見物」が出来たこと。

 

3、迎撃ミサイルを発射しなかった事で、アメリカ製の迎撃ミサイルがまだ100%迎撃可能の代物ではないということがはっきりしたということ。

 

4、「有事」に近い状況を作り出したにもかかわらず、日本の政党(世論、国民)が「北朝鮮」に対して非難報復の「一枚岩」にならないという現実を知ったこと。さらには再軍備という世論封じにも成功したこと。これは発射数日前、絶妙のタイミングで大連出身の大物政治家=中国共産党序列第5位・李長春(「思想統制・世論操作・マスコミ報道規制」担当大臣)が来日。日本メディア14社首脳との懇談会の際、『良好な世論を「作るよう」努力してほしい』という「名言」を残していった、李長春の訪日における反日マスコミ集合&引き締め作戦が大成功を収めた結果だということ。

 

5、従来より日本人の間で根強く存在する嫌「特亜」感情を北朝鮮一国だけに、強烈に傾かせることに成功したということ。

 

6、中国は北朝鮮の「黒幕」であるがゆえ、中朝会談の席で実際話し合いがされたのはミサイル発射の情報交換、および現状報告を受ける「悪の相談」だったにもかかわらず、自国はおろか、世界各国向けのマスコミ報道では「北朝鮮のミサイル発射の自粛に尽力した」という美談報道に旨く「すり替え」が成功したこと。これには「会談内容の一部始終や真実をマスコミを通じて全世界に公表する責任と義務は無い」という「常識」も上手く逆手に利用している。

 

7、北朝鮮の「黒幕」であり、裏ではミサイル発射援助、推進をしておきながら、表では北朝鮮の「なだめ役」を旨く「演じる」ことに成功したことで世界中の嫌中感情を逸らす効果が挙げられたこと。

 

8、「なだめ役」を旨く「演じる」ことに成功したことで、国連の常任理事国としての「仕事ぶり(=平和促進、話し合い主義)」を世界各国に印象付け、以後、今回の「働きぶり」を主張する名目を得ることに成功したこと。

 

9、「なだめ役」を旨く「演じる」ことに成功したことで、世界で唯一の「対北朝鮮交渉窓口国」としての地位を不動とし、アピールできたこと。その結果、今後、日米相手に有効な、唯一の、強力無比な「権利(=カード)」を手に入れることに成功したこと。

 

10、世界で唯一の「対北朝鮮交渉窓口国」としての地位を確立したことで、今後日米から依頼されるであろう「対北交渉&調停」の「手間賃」(=カネ、権益)を独り占めすることが可能となったこと。もちろん今後も「尽力」の「演技」だけを続け、「手間賃」だけはしっかり、たっぷりと、「前金制」でいただく予定。性風俗業界で言うところの「竹の子剥ぎ」の確立に成功したこと。

 

11、裏での行動が一切バレず、表舞台では「優等生」を演じたことで、国際社会からの非難を一切浴びなかったこと。また国際社会の批判を全て北朝鮮一国だけに、集中的に向けることに成功したこと。

 

12、「危険なキチガイ国家・北朝鮮」を東アジア各国、及びアメリカに対して強烈に意識付けさせることに成功したことで彼らの目線は暫くの間、北朝鮮一国に釘付けとなっている。監視が緩んでいる今(今後)こそ、その陰に隠れて軍事開発と増強(空母?!)に専念できるようになったこと。

 

13、国連常任理事国拒否権の発動で「大中華」、その子分「小中華」ともに決定的な、致命的な実害は一切無し。中国は結局何も損することも、失うものもなく終わらせることに成功したこと。

 

とまあ簡単に言えば「手柄は中国、責任は北朝鮮」こんなところですかね。

 

表では「優等生」。裏では「悪魔」。(=「ジキルとハイド」)

中国ではこの手のストーリーを盛り込んだ映画なんて腐るほどありますよ。「警察もの」の映画なんて殆んどがこのパターンでしょ。何で腐るほどあるの?!この手の人間の存在が日常茶飯事だからです。多すぎるんですよ。だからこの手の映画のストーリーは人民なら誰にでも、分け隔て無く理解の共有が図れ、誰もが納得する映画となるんです。

 

表では「優等生」。裏では「悪魔」。(=「ジキルとハイド」)

もしこのような人間、組織が中国で稀有な存在だったら、この手のストーリーの映画は「なんのこっちゃ?!」となって客足は伸びない、ましてや「腐るほど」も作られません。映画製作って共感されて、儲かってナンボでしょ。まあそもそも政府が上映を許さないだろうし、中国人民も監督を初めとして出演者を片っ端から吊るし上げるでしょう。「偉大なる中国国家の公務員を侮辱した!」とね。三度の飯よりも吊るし上げが大好きな民族が、とっておきの八つ当たり、不平不満をぶつける機会をいとも簡単に逃すわけ無いでしょう。でもやらないんです、一切ね。何で?それだけ普通の、当たり前の、「お上公認」で、誰もが納得している「日常的な風景」だという事なんでしょうね。

 

ともあれ「論理」という武器を使って考えればここまで、こういう見方と分析も出来るという事です。

 

次に「歴史」という武器を使って見ます。

 

これは「夷をもって夷を征す」という、中華民族昔ながらの方法でしょう。つまり「野蛮人(北朝鮮)を使って野蛮人(日本)を征す」ということです。

「中華思想」(=「中国ナンバーワン!」&「自己中心主義」)をプリインストールされている中国(人)は「ゴミ処理」に自らの手を「汚し」ません。

敵(=日本)の敵(=北朝鮮)は味方。「日本」を叩くのに、わざわざ「大中華」が出て行くまでも無い、こんな仕事は「小中華(=北朝鮮)」で十分。自ら出陣するのはやぶさかではないが、ただ一つ気がかりなのは「返り血(国際的な批判)」を浴びることだ。一滴たりとも浴びたくない。でも「覇権」はしたい!

まあそんなところでしょう。

 

返り血(国際的な批判)を「一滴も」浴びないようにするために、今回中国は「ミスディレクション」という「テクニック」もダメ押しに使っています。これは「観客の注意や視線を、注目されると都合の悪い部分からそらせる技法」というもので、手品(マジック、奇術)や推理小説などでよく使われる「テクニック」です。

「ここを見て下さい」と言って右手人指し指で指されたら、観客はその指の指したほうを「誰もが例外なく」見ます。左手を「じっくりと」見る人はいません。その間に左手ではこっそりとトリックの準備がされているのです。「視線のコントロール」だけでなく、「音」、「思考の慣性」、「タイミング」を巧みに混ぜ合わせているので、一流のマジシャンのマジックは、全く怪しげなことをしていないのに、不思議な現象が目の前で起きているように見えるのです。大変奥深いテクニックで、ある意味、マジックでは「究極の」テクニックとも言えます。

 

では今回の事例に当てはめます。北朝鮮が自称「人工衛星」という「軍事ミサイル」を打ち上げるということを、アバウトな打ち上げ日(4日〜8日あたり)を通告するだけで実施しようとしました。注目度は抜群です。「観客」(=世界各国)の視線は「マジシャン(=中国)」の「右手人差し指の指すほう(=北朝鮮)」に釘付けです。その間に「左手」では「トリック(=軍事支援、開発、増強)」がされているということです。騙す、欺くという事に関しては「プロ中のプロのマジシャン(=中国)」の「左手」の動きに気付く「観客(=世界各国)」など「一人(=一国)」もいません。

 

中国は四大文明の発祥地です。「歴史」(=前例、故事、成句)という「武器」の「品揃え」は他国の追随を許しません。この「武器」においてはアメリカなんぞ足元にも及びません。また建国以来、思想・世論・マスコミ報道の自由を許さず、きっちりと統制した上でここまでのし上がってきました。ここにも「60年の実績」が有り、これまた他国の追随を許していません。今でさえ56民族・13億人の「管理」は及第点を保っています。

「大本営発表60年」、その「ノウハウと実績」をナメてはいけません。

 

「歴史」の活用、「ジキルとハイド」の使い分け、世論操作とマスコミ報道規制、「ミスディレクション」の駆使・・・。

 

その結果、「名」「実」共に、いや今回に限って言えば、美味しいところは根こそぎ獲っていって、更には「明るい未来の商売」の道筋までをも付けた。これが中国の外交であり交渉力です。

 

が、所詮私程度の対中窓際ビジネスマンでその「稚拙な行動」の一部始終は全てがお見通しです。こういった駆け引き、騙し合い、総取り、子分支配(?!)が対中ビジネスの醍醐味っていえばそれもありますけどね。

 

ということで今回のエントリーを持ちまして、この「北朝鮮ミサイル発射問題を考える」シリーズは「完」にしたいと思います。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

参考記事:

露軍機、MD網偵察 日米レーダー情報収集 北ミサイル発射時

 

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した際、ロシアの情報収集機が日米両国のミサイル防衛(MD)システムの運用を偵察していたことが15日、分かった。北朝鮮からの発射時間帯の事前通報をもとに日本海で待機。日米のレーダー網が実戦モードで照射した電波の周波数帯や、MD運用に伴う自衛隊各部隊の役割分担に関する情報を集めたとみられる。日本海を舞台にした激しい情報戦の一端が浮き彫りになった形だ。

 偵察飛行を行っていたのは、ロシア空軍の電子情報収集機「IL20」。防衛省によると、IL20はこれまでにも日本周辺への飛来が確認されている。先月にも2度、日本海を偵察飛行しており、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)している。

 北朝鮮のミサイル発射は今月5日午前11時半。IL20はその約30分前に北海道沖から日本海を南下し、北朝鮮が設定したミサイルの1段目ブースター(推進エンジン)の落下危険区域の上空を通過した。発射時には、さらに南下したところで待機していた。

 ミサイル発射を受け、探知・追尾のため、海上自衛隊のイージス艦3隻のSPY1、地上に配備した空自の2基のFPS−5、4基のFPS−3改のレーダーが一斉に照射。米軍も日本海と太平洋に2隻ずつ展開していたイージス艦、青森県に配備しているXバンドレーダーを稼働させた。

 IL20はMDでの各レーダーの電波の周波数帯、照射方法や探索パターン、レーダー同士の任務分担などを確認したとみられる。周波数帯を把握されると、妨害電波でレーダーが無力化される恐れがある。

 MD任務の際、イージス艦はレーダーの機能をミサイル探知にシフトさせ、航空機などを警戒する防空能力が手薄になる。航空機やほかの護衛艦のレーダーで防空能力を補完するとされ、IL20は海・空自の部隊の連携などMDでの「戦い方」を把握。海自のEP3、空自のYS11Eといった電子偵察機の情報収集任務にも注目していた可能性が高い。

 情報収集機が飛来した場合、訓練であればレーダーの照射を控える。だが、今回は北朝鮮の発射に対処する実任務だったため、自衛隊はレーダー網をフル稼働させざるを得なかった。

 空自戦闘機はスクランブルで警戒し、IL20は領空侵犯はしていない。IL20は2、3時間にわたり、日本近海で偵察を続け、隠岐の島(島根県)付近まで飛行した後、ロシアに戻っていった。

 北朝鮮は発射当日、米中露3カ国に発射時間帯を事前に通報したとされ、ロシア空軍は周到にIL20による偵察飛行の計画を立てたとみられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000131-san-int

 

 

日本メディア14社首脳と初懇談=「良好な世論を」と李長春氏−中国

 

 来日している中国共産党ナンバー5、李長春政治局常務委員(宣伝担当)は30日夜、日本の通信社・新聞社・テレビ局14社の社長ら首脳と、都内のホテルで夕食を共にしながら懇談し、両国国民の相互理解に向けて「良好な世論を作るよう努力してほしい」と求めた。東京の中国大使館によると、中国指導者が日本メディア各社を一斉に招き、意見交換したのは初めて。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000192-jij-int

投稿者:dalian4649

北朝鮮ミサイル発射問題を考える(5)

前回の続きです。

 

大連のブログでありながら、しつこく意固地に北朝鮮の話題で引っ張っています。というのも北朝鮮という国は国体維持、いや今日、今この時間存在するのも中国の存在というのが欠かせないからです。国が生きていくための殆んど全てを中国一国に、大幅に依存している以上、この北朝鮮という国を分析する時はこの一国だけを延々と見詰め、研究していても「真の」姿は絶対に見えてきません。この国を理解し、次なる行動を予測するにはとりあえずその「源泉」である中国を探る必要があります。

 

「信長、秀吉、家康」を例に挙げます。「信長」あっての「秀吉」ですから、「秀吉」を学ぶのなら当然まず先駆けて「信長」の事を学び、同時に「家康」のことも学ばなければなりません。「秀吉」を「深く研究」したければ、当然「信長」を先駆けて「深く研究」し、「家康」のことも同時に「深く研究」しなければならない、ということです。三人の性格を喩えた「鳴かぬなら、○○、ホトトギス」という表現もありますが、やはり視野を広げて考える、学ぶ、研究してこその真相追求、新事実発見に繋がるということです。そうする必要は当然あり、しなければならないということです。

中国に当てはめます。「三国時代」の「蜀」のことを学びたければ、当然「魏」と「呉」を学ばなければならない。「蜀」を「深く研究」したければ、当然「魏」と「呉」のことも「深く研究」しなければならない、ということです。

 

「秀吉」は知っているが「信長」、「家康」は知らん。「蜀(劉備)」は「深く研究」しているが「魏(曹操)」、「呉(孫権)」は世間一般人の知識程度しか持ち合わせていない。こんな有様では「真の」姿は見えてこない、見えないという事です。

「視野の狭い」一部の専門家、研究者の言うことなどは真実からは遠い、一聴に値しないと考えます。

 

中国あっての北朝鮮、中国あっての現体制維持ですから、何はともあれ現在の中国をとことん学ぶ、研究する必要があるのです。

さらには「木を見て森を見ず」という言葉もありますしね。

 

北朝鮮という国を「深く見よう」とするなら、やはり中国が「見えていない」とダメです。何故?有史以来、何度もこの国(半島)を管理してきた「主人、親分」は中国という歴史的事実がありますし、絶対的統治者の将軍サマ健在の今現在ですら現状は中国に「ズブズブ」で、その奴ですら中国様には絶対に弓を引けない「現状」があります。人間が生きていくには何はともあれまず衣食住の確保が絶対的条件。「衣食住」つまり生きていられるからこそ「軍事開発」、「先軍政治」に取り掛かれるのであり、生き長らえることができなかったらそもそも元も子もないということです。

「致命傷となる最大の、決定的な急所(=衣食住)は他人(=中国)に握られている」んです。

 

北朝鮮の国内産業はすでに壊滅状態、売り物は「軍事兵器」、それも開発費は海外の同胞からによる送金が頼り、技術も中国の「型落ち」提供でしかない現状では今後の中国依存度は更に「ズブズブ」に、つまり世界的には独立した一国であるも実質的な「自我、自立」は持てない、捨てざるを得ない現状と未来があります。「致命傷となる最大の、決定的な急所」の全てを中国が握っているからです。

 

北朝鮮は中国の「型落ち」国家である。これは有史以来の歴史が証明していますし、現状も、未来もそうです。まあこれは北朝鮮に隣接する満州(現・東北三省)に住む中国人民なら誰でも知っている事ですし、認識している事です。「奴らが自分たち中国人民を未来永劫超える事はない」とね。この考え方は過去の「歴史」という証明、更には元々の「中華思想」(=「中国ナンバーワン!」&「自己中心主義」)とうま〜く混じり合わさった事もあって「自信から確信に変わっている」のです。だから満州の中国人民は北朝鮮人民を侮蔑、蔑視、嘲笑といった対象、いやそもそも眼中にも無い、話題にもしないのです。

 

江戸時代ではないですが、「北朝鮮は生かさぬよう、殺さぬよう」

これが中国の本音でしょう。

 

北朝鮮を深く知りたければ中国を見よ。

「型落ち」である以上、中国のこれまで歩んできた歴史の中には次回北朝鮮が歩むだろう、いや歩むに違いない行動が「前例」(=ヒント)として必ず隠されている。と私は考えます。私が「金王朝全2代終結」論、「将軍サマ亡き後は小中華に原点回帰」論を唱えたのも現在の北朝鮮には実質的な「自我、自立」が無いという事(=「致命傷となる最大の、決定的な急所」を握られている)、中国に全面依存している国家、である以上、必ず過去中国が通ってきた道、それも失敗例を歩むという事が「論理」と「歴史」という武器を使うことで「読める」からです。

 

今や北朝鮮は中国でも抑えられなくなった(笑)なんて報道がたまに聞こえてきますが、いやいや抑えすぎるほど十分に抑えてますよ。北朝鮮がちょっと自己主張したり、反抗した時には鴨緑江にかかっている一本橋(=鴨緑江大橋)をちょっとの間だけ封鎖すればいいのです。電気、ガス、水道、食料品、更には石油、石炭の流入を止めて「お仕置き」をするとあら不思議!数日後には全ての問題が円満解決し、奴等は従順な態度を取り戻します。中国側国境の町・丹東にいる中国人ガイドさんは本当にこのようなガイドを平気でしていますし、私もそれが真実だと思います。北朝鮮の中国依存度の高さは誰もが知っているということです。

まあもともと中国は利用価値のある外国(国家、人、企業)は「来るもの拒まず、去るもの逃がさず」が基本姿勢ということもありますけどね。

 

今回のこのミサイル発射事件は中国にとって本当に、本当に「美味しいこと」尽くめでした。今回のエントリーでその中国の「裏方活動」を述べるつもりでいましたが、ここまでで既に長文になってしまったので、次回こそその点について検証していきたいと思います。御容赦下さい。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

 

投稿者:dalian4649

北朝鮮ミサイル発射問題を考える(4)

1北朝鮮のミサイル発射から4日が経ち、様々な関係各所からの対応もある程度発表されたようなので、引き続きこのテーマで続けていきたいと思います。

 

まず発射された自称人工衛星のミサイルですが、成功か失敗かという討論は無意味です。北朝鮮的には成功、いや大成功と言わなければ対外向けの売り物(=国家の存亡がかかっている究極の外貨獲得手段)にならないし、何より開発者、軍上層部は将軍サマに首を刎ねられてしまいます。まあこの例は「大中華」中国を踏襲しています。中国政府の人民向け発表やスローガンはいつ何時、如何なる状況においても「勝利」と「成功」、「前進」のワンパターンしか有りません。

 

一方のアメリカもまた然りで、北のミサイルは失敗と言わなければなりません。世界ナンバーワンの超大国、民主主義国家総帥、世界の警察というメンツがありますし、迎撃ミサイルは結局使われなかったものの、万一、発射しても当たらなかったなんて事になっていたら北のミサイルの販売促進を手助けする事になります。アメリカ製の武器は信頼性が失墜し、売り物にならなくなります。全世界が見ている以上、何よりもこの事実が露呈されるのだけは絶対に避けなければなりません。世界武力ランキングも一変させる恐れがあるからです。

 

公開された発射映像によれば今回のこのテポドン2号は10年前に発射されたテポドン1号よりもはるかにゴツく、素人目からしても「進化」が見て取れました。また北朝鮮国内から発射され、日本の上空を飛び越えて太平洋上に落ちた、これは本当、事実のようです。

 

今回の発射は北朝鮮にとって成功なのでしょうか?つまり「このミサイルが全て想定通りに機能したのか」ということです。事実は開発者、及び軍上層部しかわからないし、知らされません。将軍サマにさえ「真の事実」は知らされることはありません。将軍サマ自身もこの発射は成功なのか失敗なのか分かっていません。奴は科学者ではないし、奴自身が自分の手足、頭脳を使ってイチから組み立てに関与したわけではないからです。その専門的知識もあるはずがありません。北朝鮮国内から発射され、日本の上空を飛び越えて太平洋上に落ちた、この事実を成功、いや大成功として報告を受けるだけです。

 

独裁者に「真の」一部始終と結果が知らされない。この点は恐怖政治体制を敷いている国家(組織)の致命的な欠点でして、恐怖統治ゆえに下の者は成功という成果を上奏するほかないという実情があります。歴史には前例が有ります。「大中華」中国で毛沢東が主導した「大躍進」政策です。餓死者総数は計測不能(5000万人以上?=現在の韓国の国民総数以上に相当!)という、有史以来の大失敗政策の一つに数えてもいい程の悪政だったにもかかわらず、毛沢東の元には誇大な成果ばかりが届けられ、結果、国は傾きました。

 

この一連のミサイル発射ですが、北朝鮮の開発者、及び軍上層部は日米連合も、その上、将軍サマ自体も欺けるという逃げ道を作った上での発射実験が強いられたという事です。

このミサイル、ピンポイント攻撃まで可能かどうかは別問題ですが、ノドンミサイルに加え、とりあえず日本列島を軽く越える距離までを確実に射程距離内に収めているということは認識しておかなければなりません。

 

ミサイルの見た目「進化」、飛距離(日本列島跳び越し実績)、これだけを証明したことだけでも買い手の噂があるエジプト・イラン・パキスタン・シリア・イラク・イエメン・アラブ首長国連邦・バングラデシュ・スーダン・ミャンマー・リビアには絶好のセールスポイントになったんじゃないですかね。

 

さてこの北朝鮮ミサイル発射に対するロシアの対応ですが、想定通り、弾道ミサイル発射は日米が主張する安保理決議1718(制裁)違反に「あたらず」とし、中国と足並みを揃えています。が、発射前は「もし領内に飛来すれば迎撃する」としたり、ロシア外務省は北朝鮮が発射したのは「人工衛星」であるとの認識を示すも軍幹部からは「衛星は宇宙空間に存在せず」との声が漏れてくるなど、北朝鮮の兄貴分的存在としては何ともしっくりいかない行動が見られます。この「横槍(よこやり)」は何故?!

 

かつてはアメリカと両巨頭に数えられた超大国ロシア(当時はソ連)も今やその地位は完全に中国に奪われました。この交代劇は北京オリンピックのメダル獲得総数によって正式に全世界に向けて発信されました。まあ元々朝鮮半島の支配というのは古より殆ど中国が担当しており、中国もそれを自覚、また朝鮮半島自体も「小中華」を自覚、自称していましたからロシアよりも中国にどっぷりのほうが居心地がいいのかもしれません。現在の北朝鮮におけるロシアの依存度というのは中国に次ぐ第2位といったところでしょうか。

 

北朝鮮というのはこのシリーズのエントリーで述べているように何も無い国です。将軍サマ健在の現在ですら何も無く、全てを中国に依存しています。将来的にもこの依存度はますます高くなり、将軍サマの死と共に「小中華イエスマン」として中国の衛星国家に「原点回帰」することが確定しています。

はっきり言ってこのミサイルも北朝鮮製とはいえ殆ど全てが中国の技術供与を受けて作ったものでしょうね。

 

中国は近年その「覇権主義」、台頭ぶりが危険視されて「中国脅威論」が世界各国で認識されています。こんな最中に軍事兵器実験を堂々とやるわけにはいきません。ということで技術供与だけとはいえ、北朝鮮に実験を代行させているのだと思います。今回の中国に課せられた役割は常任理事国として日米が主張する安保理決議1718(制裁)違反に「あたらず」とすることでの「援護射撃」と「後ろ盾」です。

 

中国は新開発したものに対してお約束のように「中国独自の」と枕詞を付けますが、このフレーズの日本語訳は「100%(他国の)パクリ」が相当します。北朝鮮もまた今回のミサイルを「北朝鮮独自の」と枕詞を付けていますが、「蛙の子は蛙」。ということでこれも嘘。今回に限って言えば「Made in北朝鮮 produce by中国」です。

何故?!犯罪心理学ではこんなの初歩的な常識でしょう。「当たり前の事」というのはわざわざ声高に宣言する必要など無いんですよ。更には「特亜3国」では「感情的思考方法」(=感情最優先)というのが義務教育より採用されて「常識化」しており、日本のように「論理的思考方法」(=論理最優先)という考え方は一切導入されていない事もお忘れなく。

 

中国の軍事費は年々凄まじい伸びを見せており、その軍拡は目を見張るものがあります。こうなるとやっぱり必要なのは開発した軍事兵器を机上の空論に終わらせないための「実験」だと思うんですよね。何としても実験の機会は欲しいと思うし、その機会は次回もまた確保しなければならない。

 

ロシアから漏れてくるこのしっくりこない声、つまり「横槍(よこやり)」は自国の技術が入っていないということでロシアの軍事兵器開発として直接メリットが無い、しかし中国には存在感を確実にアピールしておく(=ナメられない)必要がある。そういうことなのでしょうね。外交、交渉術としては目上(?!)の、味方相手にもかかわらず、この釘を刺して置く「テクニック」、やはり巧いといわざるを得ません。1945年以前の日本人政治家なら誰もが持っていた初歩的な「テクニック」だったのになあ〜。「金持ち丸腰」の現状じゃこんなものですかね・・・。

 

次回はこの中国の「裏方活動」について分析したいと思います。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

参考記事:

領内に飛来すれば迎撃 ロシア

 

ロシア太平洋艦隊(司令部・ウラジオストク)幹部は3日、北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルを発射した場合の対応について「ミサイルがロシアの沿海地方などに飛来すれば、防空部隊が迎撃することになる」と明らかにした。

 同幹部によると、太平洋艦隊は北朝鮮のミサイル発射の動向について、ミサイルの飛来方向がロシア方面ではないと予想されることなどから、特別態勢は取らずに通常態勢で監視。衛星や日本海に展開する艦艇のレーダーなどを使用して警戒を続けているという。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090403/kor0904031809003-n1.htm

 

 

露軍幹部「衛星は宇宙空間に存在せず」

 

北朝鮮が打ち上げに成功したと述べた人工衛星について、インタファクス通信は6日、ロシア軍参謀本部幹部が「われわれの宇宙空間を監視するシステムには、北朝鮮の人工衛星が軌道上に打ち上げられたことは記録されていない。そのようなものは宇宙空間には存在しない」と語ったと伝えた。

 ロシア外務省は5日、ネステレンコ情報局長名のコメントを発表し、北朝鮮が発射したのは「人工衛星」であるとの認識を示した上で、「客観的な情報に基づき、抑制した判断や行動を取るよう関係各国に求める」と、日米韓などに冷静な対応を呼びかけていた。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090406/kor0904061806013-n1.htm

 

 

北朝鮮ミサイル 安保理、決議違反10カ国「理解」

 

北朝鮮の弾道ミサイル発射で、国連安全保障理事会の理事国15カ国のうち日米が主張する「決議違反」との主張に理解を示している国が10カ国になっていることが6日、わかった。新決議採択に必要な9カ国の支持は得られた形で、日米は中露に拒否権を行使させないための対策に集中する。

 日米は北朝鮮の弾道ミサイル発射は安保理決議1718(制裁)違反との考え。5日の緊急会合で各国が意見表明したが、外交筋によると、日米の考えを支持しなかったのは、常任理事国では中露2カ国、非常任理事国ではリビア、ベトナム、ウガンダの3カ国だったという。米英仏の常任理事国3カ国は明確に決議違反と主張。トルコやオーストリアなど残りの非常任理事国も、「決議違反」との主張に理解を示したという。

 日米英仏4カ国は、北朝鮮の行動を非難する新決議採択を目指している。決議採択の条件は、(1)理事国9カ国以上の支持(2)常任理事国が拒否権を行使しない−−の2点。日米両国は5日の会合の結果、「9カ国以上の支持獲得」というハードルは越えられると判断。中露が拒否権を行使しない場合、新決議が採択できると判断し、安保理常任理事国5カ国と日本の会合を中心に交渉を進めている。

 しかし、これまでの交渉で中露は、決議という形式を支持していないほか、議長声明であっても北朝鮮に対し厳しい文言を入れることには反対しているといい、文言をめぐる駆け引きも続きそうだ。

 また、国連安保理常任理事国5カ国と日本の会合が6日午後4時(日本時間7日午前5時)過ぎから、国連本部で行われたが、中露が引き続き慎重な姿勢を崩さず7日も協議を継続することになった。

 この日の協議は約1時間、行われ、主に北朝鮮への対応について▽決議や議長声明といった形式▽どんな中身にするかといった内容−−の2点について話し合った。

 高須幸雄国連大使は「北朝鮮の行為は許し難いもので、安保理として早急に明確なメッセージを出すべきだとの認識は共有できた」と述べ、一定の歩み寄りがあったとの認識を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000017-maip-int

 

 

中国が声明素案、日本と対立=対北決議の大使会合中止−安保理

 

日米英仏と中ロは7日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する国連安保理の対応を協議するため計画していた3度目の大使級会合の開催を中止した。中国は同日までに、安保理の決定では最も弱い「報道機関向け声明」の素案を提示。法的拘束力を持つ決議の採択を主張する日米と中ロの対立解消は容易ではなく、各国は二国間の調整が必要との判断で一致した。

 高須幸雄大使は同日夕、ライス米大使と個別に協議。外交筋によれば、日本と共同歩調を取ってきた米国がここにきて中国に対し軟化する気配を見せており、早期の交渉妥結に向け、個別協議で日本に何らかの提案を行った可能性もある。

 一方、中国の素案は、発射に懸念を表明する穏健な内容とみられる。同国は、報道機関向け声明と決議の中間に当たる「議長声明」もぎりぎりで受け入れ可能と示唆しているもようだが、日本はあくまで新決議を要求している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000069-jij-int

投稿者:dalian4649

中国では清明節、日本では北朝鮮ミサイル

今日からこちら中国は「清明節」という祭日です。基本的に本日4日(土)から6日(月)まで三連休です。この「清明節」という祭日、日本で言うところの「お盆」に当たります。

 

こちら中国の文化風習において墓参りは午前中に済ませるのが「常識」。午後に行くはダメです。今日は朝早くから道端には生花、線香等をはじめとした「お墓参り必需品」を売る商人がかなり多く見受けられました。

 

さて北朝鮮の通告(宣戦布告)によると、本日午前11時から午後4時の間に奴らのミサイルが発射されるとのことでしたが、結局、本日この時間帯に発射されるとの事はありませんでした。理由は定かでは有りませんが、ここ最近の当ブログのエントリーで述べていましたように、これは「想定内」です。まあ元々この北朝鮮という国の国内で売られている辞書の中には「自由、誠実、真実、正確、本当、本物、約束・・・」こういった類の単語の記載は一切検閲に引っかかって許されていないというのが実情(?!)ですので、今さら特に驚くことでもないでしょう。

 

模範的な北朝鮮人民を育てたい将軍サマにとって初期教育の段階でこういった単語を絶対的に否定する教育は極めて大切です。ひとりの人間を形成する課程においてにとって初期教育というのは極めて大切であり、また極めて影響が大きい。この教育に「成功」すればその人間は死ぬまで、まず「反乱分子」にはなりませんからね。

 

朝昼兼用の食事をとりながら(日本とは1時間の時差があるため、大連の時間は11時すぎ)、インターネットを介して日本の民報テレビ放送をリアルタイムで見ていたら突然画面が切り替わって突如「北朝鮮が発射!」の速報。「野郎、ついにやりやがったか」と思いつつ、今度は部屋のテレビも付け、日中両国のニュース番組をダブルで視聴、チェックすることにしました。この速報、日本側の誤報ということで中国側の放送でも速報として取り挙げられる事は有りませんでしたが、この北朝鮮ミサイル発射問題はこちら中国でもニュース枠でしっかりと報道されています。

 

中国は言論出版報道の自由が認められておらず、マスコミ報道は基本的に前時代=大日本帝国統治時代に行われていた「大本営発表」を踏襲しています。こんな「負の遺産」もお家芸の「コピー」です・・・。「良い事は2,3倍にも誇張して報道、悪い事は縮小、歪曲、または報道しない」というのが基本姿勢です。「知らないということはその事実が無かったというのと同じ事」そういうことです。

まあ記憶に新しい、北京の「中国最大のテレビ局=中央電子台」ビル炎上事故で人民の同情が集まらない、この事実で人民の不平不満がわかるというものです。

 

世論は「中国共産党」が構想し、「造る」ものなのです。中国という国は自国民に対し、かなりの多方面において「自由」に制限を加えています。法治国家ではなく人治国家(党治国家)という国体を採用している以上、最も警戒すべき言葉の一つが「自由」です。つい先日来日した大連出身の大物政治家=中国共産党序列第5位・李長春(「思想統制・世論操作・マスコミ報道規制」担当大臣)も日本メディア14社首脳との懇談会の際、『良好な世論を「作るよう」努力してほしい』という「迷言」を残していきました。もちろんこの言葉は75万人を突破した在日中国人、また日本の一部反日マスコミ、反日政党、反日議員といった同志に向けての「贈る言葉」であり、一般の日本人を対象とした言葉ではありません。当然、普通の日本人ならかなりの違和感を感じた人も多かったのでなかったかと思います。これが日本と中国の違いです。

 

話が脱線しました。ともあれ最近エントリーを続けている「北朝鮮ミサイル発射問題を考える」シリーズですが、ここ数日中と見られるミサイル発射後に改めてシリーズを続行していきたいと思います。御了承下さい。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

参考記事: 

日本メディア14社首脳と初懇談=「良好な世論を」と李長春氏−中国

 

 来日している中国共産党ナンバー5、李長春政治局常務委員(宣伝担当)は30日夜、日本の通信社・新聞社・テレビ局14社の社長ら首脳と、都内のホテルで夕食を共にしながら懇談し、両国国民の相互理解に向けて「良好な世論を作るよう努力してほしい」と求めた。東京の中国大使館によると、中国指導者が日本メディア各社を一斉に招き、意見交換したのは初めて。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000192-jij-int

 

 

在日中国人が75万人を突破、定住者は43万人に―日本

 

2008年12月22日、在日中国人向け新聞「中文導報」は、日本で暮らす中国人の数は75万人を超えたと報じた。中国新聞網が伝えた。

記事によると、昨年1年間に日本国籍を取得した中国人は10万5813人で、永住者は12万8501人に達した。特別永住者は2986人増えて初の13万人台を突破。日本人の配偶者は5万6990人、永住者の配偶者は5212人増えた。日本に定住する中国人の数は43万人を超えるという。

人口の増加に伴い、全国各地に中国人コミュニティが形成されている。横浜の中華街や神戸の南京街は有名だが、最近は東京のお台場(江東区)、立川市、愛知県名古屋市の大須(中区)、大阪の上海新天地(大阪市)など新興の“中華街”も続々と誕生。埼玉県大宮市の東宮下団地や川口市の芝園団地などは居住者の大部分を中国人が占めるという。

http://news.livedoor.com/article/detail/3951220/

 

 

在住中国人が初めて14万人を突破、江戸川区が最多―東京都

 

2008年11月26日、在日中国人向け新聞「中文導報」は、東京都在住の中国人の数が初めて14万人を超えたと報じた。中国新聞網が伝えた。

記事によると、今年7月1日時点で、東京都在住の中国人は前年比1万82人増の14万105人。10月1日には、14万2213人に達した。うち最も多いのは江戸川区の1万221人。次に新宿区の9757人、豊島区の9098人、板橋区の8954人、江東区の8513人、北区の7954人が続いた。

記事は、繁華街が多い新宿区や豊島区より、住みやすい郊外の江戸川区や江東区、足立区で定住用の住宅を購入する中国人が増えていると指摘。中国語教室やピアノ教室を開いて地域に根付いている中国人も多いという。

江戸川区の人口は67万3468人。うち外国人は2万4215人で、中国人は最も多い1万221人。次が北朝鮮・韓国人の6129人で、フィリピン人の2821人、インド人の2103人が続いた。

http://www.recordchina.co.jp/group/g26178.html

投稿者:dalian4649

北朝鮮ミサイル発射問題を考える(3)

1前回の続きです。

 

今回のこのミサイル発射の根本的な原因は「癌の為、将軍サマの命がもう長くない」に起因するという事、またそれに伴う素朴な疑問を一つ一つ私なりに解き明かしてきました。意固地にまだ続けます。

 

前回のエントリーで「朝鮮民主主義人民民共和国」における「金王朝」は2代目・金正日で全てが終焉、崩壊する。3代目の世襲は無い、という自説を主張しました。新政権誕生の折には前暗黒時代を消去、抹消するために「国号」もガラリ、または一部が変えられかもしれません。候補の一つとして、朝鮮半島統一時の国号の一つとして検討されかけた「高麗」という名が使われますかね。まあこんなことはどうでもいいです。

 

今回のエントリーはこのミサイル騒動が結局なんでもなかった、というシナリオで北朝鮮の今後を考えてみます。

 

独裁者国家ですから将軍サマ亡き後、当然のことながら後継者は誰にするか取りだたされるのでしょうが、金王朝3代目が即位し、王位が安定維持され、国際的にも承認される、つまり「トップが代替わりしただけの現形態」の継続などは「絶対に」ありません。前回、前々回のエントリーで述べましたように、奴は今あらゆる「動き」を封じざるを得ない状態です。そして金王朝は「必ず」、奴の死後1年以内に混乱or分裂→滅亡の道を辿ります。それが「歴史の教訓」というものです。

 

また奴の死後、一応核保有国なので、野放しは危険。地続き隣国ということもあって、混乱状態になれば(死亡情報入手の段階で?!)いち早く中国の人民解放軍が入朝し、平定に訪れます。

 

人民と土地が極限にまで疲弊した北朝鮮は将軍サマ健在の現在ですら何も無く、実質的に中国に依存するだけの国です。配給制度も崩壊し、一日3食の食事ですら満足にありつけない人民がとても多いようです。

絶対的な存在の奴が死に、更にはメシですら満足に食べられない状態が続くと当然治安は急速に悪化します。腐敗しきった警察も機能せず、混乱期に入り、リアル「北斗の拳」状態になった時、この国はどうしていけばいいのか。そう、「大中華」中国の衛星国(=「小中華」)に「復帰(原点回帰)」して生きていくほか手段は無いのです。歴史は繰り返されます。

中国は言論、出版等の自由を認めていません。法治国家でもなく、人権など(笑)です。こういう親分の下、子分となった国の運命は・・・。言わずもがなです。それでも衣食足りるだけまだマシでしょうか。

 

ただ中国が、中国人が、表立って統治に出てくる事はありません。今は帝国主義全盛時代ではありませんし、国際社会の理解も得られません。マイナスの方が大きいという事です。あくまで実権だけを握るということです。

 

中国の全面庇護・擁護・(脅迫?!)を受け、表に立たせられる(立たせてもらう)のはあくまで100パーセント親中派(=媚中派)の「北朝鮮国籍人」です。現「金王朝」とは表面上、縁もゆかりも無い人間です。中国的には飼い犬に手を噛まれないようにする為、根本的に「無能」であればなおさら都合が良いといったところでしょうか。

 

でも北朝鮮国籍人で究極の親中派なんているの?

必ずいるでしょうな。日本にもいるでしょ、一応日本国籍だけど、究極の北朝鮮派=福島某や辻元某に代表される連中が腐るほど。あのパターンです。

 

東北三省、中でも北朝鮮国境周辺の町にいる人々で多いのが「朝鮮族」と言われる少数民族です。「中国」国籍で、正真正銘の中国人ですが、学校や家庭では朝鮮語を使うことが多いようです。食生活や文化も朝鮮に由来しています。もちろん中国人でありながら中国語、朝鮮語共にネイティブです。北朝鮮の新政権にはこういった人々が、またはこういった人々と結び付きや関係の強い人々が、「見えない所で」多く登用されることとなるでしょうね。

トップは中国漬けの「北朝鮮国籍人」。その下の組織は全部中国の息のかかった人。そういう新政権が樹立するということです。

「満州国」の現代版です。

覇権主義国家路線で行く以上、中国が今、国際社会的に一番欲しいものは「イエスマン」です。いつでも無条件に1票入れてくれる衛星国家ですね。

この1票の獲得、これこそが北朝鮮介入の究極の、真の、狙いです。

あんな疲弊しきった国土、人民なんかに興味などは「全く」有りません。むしろ迷惑ですかね。

 

あれ?

将軍サマの死後、3人の息子や義弟・張成沢、現ナンバー2・金永南などは?

「ジ・エンド」

それだけです。前王朝、ましてや恐怖政治体系を強いていた王朝の生き残りなんて「百害あって一利無し」です。

 

脱北者の数はとどまる事を知らず、現時点ですらもう民心は離れつつあります。

「大中華」中国では毛沢東が死に、文化大革命の過ちにも気付き、超恐怖政治をきれいさっぱり止めました。そして文革万歳派は皆消えました(消されました)。失う物が多すぎたんです。

将軍サマの死は「小中華」における「文化大革命」の終わりなんです。次世代も苦難の「文革」が続く?そんな気力、体力、手段はもう北朝鮮人民にはありませんよ。やっぱり暖かい家や服が、そして美味しい御飯が腹いっぱい食べたいですよ。

奴の死によって生まれてこのかた監禁されてきた部屋にある唯一のドアがついに半分開くんです。人民はこのドアをまた自ら閉めますか?そんなことはありえないでしょう。必死になってこじ開けて逃げようとするでしょう!

 

前政権の関係者が新政権に関わる事は「絶対」にないです。将来、災いの元となるからです。本人の意思とは関係なく御輿に担がれる可能性もあるし、煽てられて本人の意思で反乱を起こす首領になるかもしれない。「反乱分子」になる可能性のある者は断たれるか、海外に置く(追放)、これが常識です。前政権の「臭い」のするものはきれいさっぱり消える、消される運命なんです。彼らは一般人になって細々と暮らすか、亡命するか、暗殺されるか、それが恐怖政治政権関係者の末路です。

 

中国としても北朝鮮に「平和安定」、「解放」をもたらしたという名目は世界的アピールには「おいしい」ですからね。

「平和安定」「解放」という「名」、「実権は全部握る」という「実」。

名実共に得る。これをビジネスや外交の世界では完全勝利と言います。

偽善?卑怯?いやいやこれは立派な「戦略」です。

ただこのような手段で得た「結び付き」は崩壊も早いとだけ申しておきます。

 

韓国主導の朝鮮半島統一?それも絶対に無いですね。そもそも韓国の国力では「負の遺産」全てを引き受ける気力、体力、財力、維持力が無い。下手をすれば「共倒れ」の可能性すらある。そもそも中国、そしてロシアが地続き隣国に資本主義、かつ民主主義国家が成立することは絶対に認めないでしょう。ここまで中国が強大化した今、異を唱えてくれ、かつ行動に移してくれる支援国家もまず現れません。

韓国という国を一言で表現する。私の定義は「ピエロ」です。

 

北朝鮮の将来(末路)について、日本では多くの専門家、研究者の方々が自説を述べておられます。私は自分なりに会得した「対中ビジネスマン」としての観点を「武器」に、また「歴史」という過去の事例を「武器」に、自説を述べました。

私にはどうしてもこの稀代のキチガイ国家が、専門家や研究者の諸先生方がマスコミ、出版物等を通じて主張しているような将来(末路)を歩むとは思えないのです。

 

仕事柄、「ビジネス戦略」を立てるのはしょっちゅうですが、私の自説どこまで現実を見ますかね。

「事実は小説より奇なり」

全然違っているかも。でも自分なりにこの妄想楽しみましたので。

先生方、私の自説パクらないでね。

 

最後になりましたが、こんな「ならず者国家」の、突然かつ理不尽な「挑戦」に対して、国防、警備に当たられる自衛隊をはじめとする皆様の安全をお祈り致します。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ