中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2007
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国の世界遺産 新たに2ヵ所新規登録 計35ヵ所に

今日の話題は「中国の世界遺産」です。

 

報道によりますとニュージーランドのクライストチャーチで開催中のユネスコの世界遺産委員会において、「中国南方カルスト」(雲南チワン族自治区・貴州省・重慶市などの雲貴高原に広がる広大なカルストの総称)、「開平望楼と村落」(広東省)の2か所が新たに世界遺産に選出されたそうです。

 

「中国南方カルスト」内の観光地ですが、雲南チワン族自治区の石林、貴州省リー波県、重慶市武隆県が特に有名だそうです。最大の観光地はやはり石林でしょう。知名度も高く、世界各国からの旅行者が絶えません。雲南省昆明の観光地で筆頭に上げられるほどの有名地で同名のタバコも中国各地で見られます。私はたまたまこの夏、石林を旅行先として考えていましたので正直ビックリです。

 

「開平望楼と村落」はこのたびの報道で初めて知りました。紹介記事を引用させてもらいますと、『開平市は華僑のふるさととも呼ばれ、古い西洋風建築「望楼」が林立している。最盛期には3000以上あったといわれる西洋風建築も、現在では開平市内15の村で1833棟のみが残っている。1920年代から30年代に建てられた「望楼」は、主に当時のヨーロッパの雰囲気を色濃く映し出すと同時に、中国伝統の建築様式もふんだんに取り入れられ、「華僑文化の最高傑作」や「中国と西洋が見事に融合した建築芸術群」との高い評価を得ている』そうです。機会があればぜひ行ってみたいと思います。最新版の旅行ガイドブックの出版が待たれます。

 

日本人の考える「世界遺産」は「大切に保存しよう」が真っ先に来ると思いますが、中国の場合では『世界規模で通用する正真正銘「本物」の看板が手に入った。金儲けに結びつけよう』がまず先で「保存は二の次」というのが現状ではないかと考えさせられます。

毎年発行の旅行ガイドブックが追いつかないペースでの入場料金の値上げ、三大祝日(春節、労働節、国慶節)時の入場料金加算など酷いものがあります。

また遺跡内係員、警備員の労働態度の悪さ、及び保存意識の低下。遺跡保存技術の低さに加え向上改善意欲なども感じることが出来ません。

 

私も中国の世界遺産は数多く訪れましたが、遺跡への落書き、破壊、低レベルな修復、さらにはゴミなどガッカリさせられることは多かったです。

偉大な先人は自分たちの子孫に対して嘆いていることでしょう。

 

最後に「中国の世界遺産リスト」を掲載しておきます。この夏休みの旅行先にいかがですか?

 

 

 

 

中国の世界遺産   (遺跡名称、遺産種別、登録年・拡張年)

 

1. 泰山 複合遺産 / 1987

 

2. 万里の長城 文化遺産 / 1987

 

3. 北京故宮と瀋陽故宮及び明・清朝の皇宮群  文化遺産 / 1987、2004

 

4. 敦煌の莫高窟  文化遺産 / 1987

 

5. 秦の始皇陵  文化遺産 / 1987 

 

6. 周口店の北京原人遺跡  文化遺産 / 1987

 

7. 黄山  複合遺産 / 1990 

 

8. 九寨溝の渓谷の景観と歴史地域  自然遺産 / 1992

 

9. 黄龍の景観と歴史地域  自然遺産 / 1992

 

10. 武陵源の自然景観と歴史地域  自然遺産 / 1992

 

11. 承徳の避暑山荘と外八廟  文化遺産 / 1994 

 

12. 曲阜の孔廟、孔林、孔府  文化遺産 / 1994

 

13. 武当山の古代建築物群  文化遺産 / 1994

 

14. ラサのポタラ宮歴史地区 文化遺産 / 1994、2000-2001

 

15. 廬山国立公園  文化遺産 / 1996

 

16. 峨眉山と楽山大仏  複合遺産 / 1996 

 

17. 麗江旧市街  文化遺産 / 1997

 

18. 平遥古城  文化遺産 / 1997 

 

19. 蘇州の古典園林  文化遺産 / 1997、2000

 

20. 頤和園、北京の皇帝の庭園  文化遺産 / 1998 

 

21. 天壇:北京の皇帝の廟壇  文化遺産 / 1998

 

22. 武夷山  複合遺産 / 1999

 

23. 大足石刻  文化遺産 / 1999

 

24. 青城山と都江堰水利(灌漑)施設  文化遺産 / 2000

 

25. 安徽南部の古村落−西逓・宏村  文化遺産 / 2000

 

26. 洛陽の龍門石窟  文化遺産 / 2000

 

27. 明・清朝の皇帝陵墓群  文化遺産 / 2000、2003-2004

 

28. 大同の雲崗石窟  文化遺産 / 2001

 

29. 雲南三江併流の保護地域群   自然遺産 / 2003

 

30. 古代高句麗王国の首都と古墳群  文化遺産 / 2004 

 

31. マカオ歴史地区  文化遺産 / 2005

 

32. 河南省安陽の殷墟  文化遺産 / 2006

 

33. 四川ジャイアントパンダ保護区群  自然遺産 / 2006

投稿者:dalian4649

マイレージを貯めてみませんか

MILEAGE今日の話題はマイレージです。       

 

まずマイレージとは何かということですが、マイレージとは飛行機を利用した場合などに、その飛行距離に応じて貯まる各社別のポイントのようなもので互換性も一部あります。

 

中国に関わりを持っている方なら入国、出国、国内移動と飛行機を使う機会は多いと思います。

 

入会は無料、入会方法も空港カウンター、機内、インターネットで、とさまざまで、簡単気軽に行えます。分からなければ地上職員、キャビンアテンダント(スチュワーデス)に聞けば親切に教えてくれます。

 

貯めたマイル数によって、無料航空券、アップグレード券(エコノミークラス→ビジネスクラス→ファーストクラス)、電子マネー、食品、各種グッズ、などさまざまなものに交換できますので、面倒くさがらずに作っておくと後で嬉しい商品に化けます。

必ずしも飛行機に乗らなければ貯まらないのかと言うとそうではなく、一例として挙げると、クレジットカードと提携している(有料)エアラインではカード利用額に応じて貯まっていきます。

 

現在大連・日本線は「日本航空」、「全日空」、「中国国際航空」、「中国南方航空」が直行便を、ソウル経由で「大韓航空」、「アシアナ航空」が運航しています。ソウル経由の2社が就航開始したのは最近のことですが、ソウルで乗り換えをすることによって日本の地方都市へのアクセスも抜群に良くなりました。ただし、全て同日乗継が出来るかというとそういうわけではなく、注意も必要です。またソウル乗り換えによって羽田行きということも選択可能となり、都内在住者にとってはこれも嬉しい限りです。

 

蛇足ながら大連・ソウル線ですが、「大韓航空」、「アシアナ航空」だけではなく、「中国南方航空」(一日2便)、「中国国際航空」も就航しており、全社合わせるとなんと毎日5便就航という凄まじさです。大連に韓国人ビジネスマン、留学生が多い理由が分かっていただけると思います。ソウルからは大連未就航の「ユナイテッド航空」、「ノースウエスト航空」を利用して帰国という選択肢もあります。

 

次回より大連在住者のためのマイレージ獲得作戦を綴っていきたいと思います。またチケットを安く変える場所、中国国内線料金のカラクリなども御紹介していきたいと思います。

 

お楽しみに!

 

(見苦しい写真で申し訳ございません)

投稿者:dalian4649

大連の限定中の限定ビール「最麒麟」

ZUI今日の話題はビールです。

 

最近は大連も日中30度を越すことが多くなり、ビールの美味しい季節となりました。

日本と違い、こちらではお日様が昇っている平日であっても食事時はアルコール類を飲んでいる風景を良く見かけます。こちらでは「仕事の後の一杯」はもちろんのこと「仕事中の一杯」もOKなんですね。

また必ずしもビールは冷やして飲むというわけではありません。春夏秋冬、常温のビールをゴクゴクいくわけですが、これは日本人のみならず欧米人にも理解しがたいこちらの習慣です。常温ビールの洗礼は中国到着前、既に中国系の飛行機の機内サービスで受けた方も多いでしょう。

特に冬場なんかは食堂やレストランでキリリと冷えたビールに出会える確立は外国人客御用達の店でなければまず絶望的です。

 

さて中国滞在の楽しみの一つに、全国各地で星の数とも称される地元限定のビールを味わうということがあります。大連でしたら「大連ビール」や「棒スイ島」のブランド名が有名で、価格も安く、気軽に飲食店、スーパー等で入手できます。

 

今日ご紹介するのは地元限定ビールの中でも入手路、手段(?!)まで限定されているビール、「最麒麟」です。

 

広告によりますと「大連大雪ビール社に資本参加したキリンビール社が全面的な技術指導で作り上げた大連産初の海外ブランドで、厳選した麦芽の一番搾りをキリン独自の製法によって、芳醇な麦芽の香りを残しつつ、すっきりとした味に仕上げている。また、美味しさを閉じ込めるクリーミングな泡、力強いネーミング、劣化を防止する茶色の瓶などが特徴」だそうです。当初は市内主要日本料理店のみの取り扱いということで、星海広場にある某日本料理店に行った時、聞いてみましたが取り扱いしていませんでした。6月からマイカルと新友誼商城で販売開始ということなので「限定販売」の名に弱い典型的日本人の私は早速購入、試飲してみました。

大きさが500mlの小瓶サイズということでやや拍子抜け、価格も一本8元6角と一般的なビールの約2倍以上です。

 

限定販売の名を付加価値として販売する場合、マーケット戦略的には

1、本当にプレミア度が高く、大量生産不可。

 

2、とりあえず商品動向を見るサンプル的戦略。良ければ再販、拡大。悪ければ打ち切り。打ち切りは打ち切りでも販売不振ではなく、「限定販売」の為による打ち切りとしてメンツが保てる。

 

3、「限定販売」の名を逆手に取った悪徳商法。

などがありますが、どうなんでしょう。

 

味、満足度には個人差があるので特に書きませんが、日本企業が関わった海外限定物ですので、話のタネに一度試してみるのもよろしいんじゃないかと思います。

 

読者の皆様、味、コストパフォーマンス等、如何でしたか?

投稿者:dalian4649

中国(大連)の大学と学生 (3)

今日は主に学業面を綴ります。

 

1、授業の出欠席は日本の大学など比べ物にならないほど厳しい。

 

2、学生側に履修科目、曜日、時間、担当教師の選択権は殆ど無い。学校側から時間割を配られ、それに沿っての履修が普通。日本の小中高と一緒。授業は大体朝800から夜730頃まで。一日びっしり授業が入る。授業は1コマ90分ただし半分の45分を境に5〜10分間の休憩が設けられている。

 

3、日本のいわゆる「部、サークル活動」は殆ど見られない。学業第一。

 

4、大学であるにもかかわらず授業では宿題が多く課せられる。また卒業条件に卒論のみならず各種の資格取得(例:日本語科なら日本語能力試験一級など)が義務付けられる。不合格は卒業延期留年及び退学。

 

5、昼休みが長いのが特徴。大体1130頃〜1400ぐらいまで。昼寝もバッチリ。

 

6、評価は90807060点以上、60点未満の5段階制。60点未満は不合格。その場合翌年再受講が基本。

 

7、成績は掲示板による一括掲示。プライバシー無し。ただし最近はパソコンの普及(学籍番号・暗証番号で自己照会)、自殺の増加で各大学年々減少傾向。

 

8、日本の大学が入学(苦)、在学(楽)、卒業(楽)であるのに対し中国では入学(苦)、在学(苦)、卒業(苦)、更には就職(苦)である。この上地方小都市、農村出身の学生にとっては物価の違いから生活苦、故郷との生活水準差の実感という精神的なストレスまでもが加わる。

 

9、アルバイトなど平時勤労学生は極めて少ない。基本的に4年間勉強一筋。頼りは親の仕送り、金持ちの恋人(?!)のみ。

 

10、学生の帰郷は年に1、2回が多い。学割使用で鉄道最下等座席による帰郷が一般的。片道数日かけて帰郷という超遠距離帰郷も珍しくない。

 

11、中国では全ての大学、学部、学科で入学直後の約1ヶ月、授業全休、丸一日、人民解放軍指導の下、「軍事訓練」が課せられる。女子も例外ではない。キャンパス内、学徒動員さながらのこの光景は大学一学期開始の風物詩。またカリキュラム開始後も卒業までに必ず「毛沢東思想」、「勝g小平理論」等、「政治」の授業が必修で課せられる。「政治」の授業は院生でも必ず課される。専門科目より「政治」の単位取得の重要性は上位に位置づけられている。例外は無い。

 

12、田舎で農村出身の学生でも大学卒業後には大連の戸籍がもらえる。運命(宿命?!)を自力で変えられる。

 

 

 

 

日本ではゆとり教育に推薦入学の増加、客観問題試験の増加に記述問題試験の減少、進級、卒業条件の緩和、卒論の廃止、大学全入時代の到来、何よりも「競争」の否定、・・・。

 

日本は確実に追い抜かれる!かな。

投稿者:dalian4649

中国(大連)の大学と学生 (2)

前回の続きです。学生の生活を綴ってみます。

 

1、学生は男女別全寮制。日本のように自宅通学、アパート、マンションを借りての通学は認められない。同棲など言語道断、即退学。ただし既婚者(主に院生)はこの限りではない。

 

2、寮はキッチン、風呂無し、トイレ共同の3〜8人の二段、三段ベッドによる相部屋制。基本は一部屋大体4人。寮費により差をつけるところもある(例:東北財経大学)。学生側に使用部屋、部屋の向き(東西南北)、位置(角部屋)、ルームメートなどの選択権は無し。卒業まで基本的に変更無し。一人部屋の設置、認可もまず無い。テレビの持ち込みはまず認められないがパソコンはOK。インターネットも可の大学寮が増えている。

 

3、寮のルームメートとは食事、授業、睡眠、と卒業するまでまさに四六時中の付き合いとなることも。

 

4、消灯時間(2223時ぐらい)有り、ただし週末祝祭日及びその前日は多少延びる。消灯後は懐中電灯、ランタン、またヘッドライト着用で勉強する猛者も。院生寮は消灯時間無し。

 

5、消費電力の大きい電気製品の個人持ち込みはダメ。

 

6、セキュリティーは今一つ。盗難事件も少なくない。

 

7、男子学生は女子学生寮内の訪問不可。反対は可。

 

8、門限、衛生面など寮長による厳しい管理体制。

 

9、ペットは原則ダメだが、金魚、カメ程度なら認めているところも。

 

10、キャンパス内の充実度は日本の大学をはるかに凌ぐ。学食、一般食堂・レストラン、商店、スーパー、銀行、郵便局、書店、風呂屋、床屋、クリーニング屋、各種修理屋、ネットカフェ、DVDCD屋、映画館、プール、卓球・ビリヤード等各種娯楽施設、ホテル、旅行代理店まで。極端なことを言えば4年間キャンパス外に出ずとも生活可能。「小さな街」という表現が妥当か。キャンパス内は物価、各種使用料金共に安い。キャンパス内及びその周辺地域の充実度と大学名門度また外国人留学生の数は比例する。

 

次回に続きます。

 

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ