いらっしゃいませ  医療





某日本国の片隅で繰り広げられる


雑多な麻酔の日々を


赤裸々に、


時にシビアに


お届けします。


医療崩壊が叫ばれる昨今、


片田舎にもその余波が来ているようです。


果たして、片田舎の麻酔科医は生き残れるのか?








0

2012/8/22

麻酔の安全性  医療

麻酔に限らず、医療の進歩は著しい。

麻酔も色々な薬やデバイスが世に出され、随分と安全になったものだ。

麻酔の安全域が拡がると、適応が拡がり、多くの患者さんの為になっているように思う。

ただ、やっている側からすると、「古き良き匠の技」が失われているような、なんだかセンチメンタルな気持ちもあるような気がする。

その流れで、エコーガイド下神経ブロックが流行っているのも解る。

だから、少し麻酔を離れた身には、敷居が高くなる。

神経ブロックいいなあ。
0

2009/8/11

読めない名前。書けない名前。  医療

最近のマイブームは電カルで小児科病棟を眺めること。


最近の子供たちの名前は読めないし、画数多いし、


思わず、首をひねりたくなるような名前もちらほら・・・


あんまり画数が多いと習字の時、名前がつぶれそうで心配。


あまりにみんなが洒落たというか凝ったというか今風な名前ばかりなので


逆にシンプルな名前のほうが目立って格好いい。


明らかに「音」だけの名前とかあるもんね・・・
1

2009/3/6

初対面の女性のどこを見る?  医療





初対面の女性のどこを観察するか?



「胸」


とか


「足首」


とか


「スタイル」


とかそんなんところではなく、


「あご」


挿管困難ないかなあ。


「手の甲」


点滴(末梢ルート)太いのとれるかな?



それは麻酔科医の職業病のひとつ。


でも、ちゃんと3番目には色々なところを観てます・・・(微笑)




0

2009/3/5

血液と哲学。  医療



交通外傷などによる多発外傷の緊急手術。


例えば、飲酒運転の自損事故などの若者の


肝破裂の開腹止血術。


どこまで輸血をするのだろう?


そんな感じの質問をレジデントにされた。


限りある医療資源の中、


MAP・FFP・PCをどんどんつぎ込んでいく。


止血もままならず、術者は半ばあきらめかけている。


それでも、バイタルを保つ為、


血液条件を少しでも良くする為、


少ない奇跡のような可能性にかける為、


MAP・FFP・PCをどんどんつぎ込んでいく。


結末は神様しか知らないので、


現場の僕らがその血液製剤は無駄とか


だからここらへんで止めようとか


そんなことは言えない。


でも、レジデントはささやかな疑問を抱く。


何か無駄なことをしているんではなかろうか?


僕らは様々な葛藤を抱えて、医療をしている。


僕らは神様じゃないから。


結末が分かっていれば、きっともっと有効な


医療資源の使い方があることも知っている。


きっとそこは哲学の問題だ。


その哲学を模索し、前進するのが


きっと君の仕事だと思う。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ