2013/4/12

「9回裏2アウトチャンスはピンチ!?」  

2アウト満塁。

同点で迎えた最終回「回ってくるな!!」と思った打席が回ってきた。

一打逆転のチャンスであり、わたしにとっては大ピンチだっ。

そんなやつが野球の選手になっていいものなのか?
なんでそもそもそんなやつがこの職業を選んだのだろう…
どうしようもない思いが頭を巡らせている間、
18メートル余りさきの「あいつ」の手から白い球が解き放たれた…。

「どうしよう…」そう思っているうちにみるみる視界が白に覆われてくる。

「ガツン」一気に白くなった視界に、火花が飛び、星が浮かび、歓声が起こりました。
「よくやったバットに当たらなくても、自分で当たるなんて…(笑)」

どうやらデッドボールでお役にたてたようですが、私は立てませんでした。
0

2013/3/14

真夏のある日、電話が鳴った  

― 光葉、アキラが、死んだ ―
その時僕は友達からの電話を待ちながら、ぼんやりと煙草をふかしていた。いつも窓の外で聞こえる車の音も、周囲の騒音も珍しく聞こえない夜だった。僕の唇から放たれた白い煙が透明な空気と混ざり合い、指先で煙草が小さな爆発を繰り返していた。

それはあまりにも突然で、現実味が無く、でも僕はそれが真実だと瞬間的に悟っていた。聞き返すには電話の調子は良すぎたし、その声を妨げる雑音は何一つなかった。沈黙の中で、小さく煙草の爆発は繰り返され、その音はか細い悲鳴のようだった。

葬式の日、実家の僕の部屋に集まった仲間。あの日から痺れたままの体と心には何も響かず、届かず、ただ大きな音が聞きたくてステレオは叫びっぱなしだった。「音を小さくしなさい」と怒鳴るはずの母親は、黒いスーツ姿の僕を見て「かっこいいよ」と言った。だから僕が怒鳴ってやった。「黙れっ」



0

2013/3/13

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ