アフリカフェ@バラカBlog

タンザニアと日本から、アフリカ情報発信中!
バラカのアフリカングッズとリアルタイムのアフリカ情報で、心ゆったりアフリカンタイムをお楽しみください。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:バラカ
☆づみさん、ジャンボ!
フェリー事故で行方不明の人達への祈りをありがとうございます。
本当にむごい、悲惨な大事故が起こってしまいました。
楽しいお祭りを終えて帰る際の悲惨な事故で、多くの子供たちの命が奪われてしまい、とても、とても悲しいです。

ペンバ島の各村では、村人や子供たちの誰が帰ってきていないかを確かめ、行方不明者をリストアップしているそうです。
投稿者:づみ
こんなに大きな事故が起きていたとは知りませんでした。
事故を防げたのに残念でなりません

安否確認できてない方たちが一日でも早く家族のもとへ帰れる日を祈っています
投稿者:バラカ
☆アラビアさん、ポーレサーナ。
ご主人の御親戚で14人もスパイス号に乗船しておられたとのこと、なんともおかけする言葉がありません。
私も、モザンビークにいる際に連絡を受けた時は、こんなにも詰め込んでいたとは思ってもおりませんでしたが、ザンジバルに帰って様子を聞くごとに、本土の新聞テレビもあわせて報道内容を知るごとに、事故の大きさや犠牲者の多さに悲しみが増しています。
書こうかどうしようか迷ったのですが、やはり、アフリカの現実の中で起こったザンジバルの海難事故として、私がザンジバルの人達から聞いたことと、国内での報道内容を照らし合わせて、書いておきました。

現在、ペンバ島では、村ごとに、住民の安否を確認して、帰郷していない人達をリストアップしているそうです。
投稿者:アラビヤ
バラカさん、アサンテサーナ

ペンバ出身の夫の親族14人がこのフェリーに乗っていたそうです。 今日までに無事が確認できたのは一人だけです。3家族13人は見つかっていません。
 事故の後、「500人乗りの船で400人救助」と聞いたので、私は「80%の確率ならば」と希望を持っていましたが夫は実情を察していたようでした。ラマダン明けのお祝い、厳しい暮らしの中でのささやかな楽しみのあとの悲劇なだけに、いっそう可哀想でなりません。

 しかし、こちらの記事で、事故の詳しい状況を知り、犠牲となられた方達の最期の様子を推しはかることができたことで、タンザニアの皆様と悲しみを分かち合えたような、慰めを得ることができました。
 そして「日々、自分に出来ることをはりきってやりながら過ごす」という言葉に勇気をいただきました。マーシャッラー

 ありがとうございました。
 
 

Welcome!

「アフリカフェ@バラカ」
アフリカフェ」は、タンザニア生まれの極上インスタントコーヒーの製品名、「バラカ」は、スワヒリ語で「祝福」という意味があります。

わたしたち、バラカ・タンザニア
バラカ・ジャパンは、タンザニア製品の輸出で、タンザニア経済発展の一翼を担おうという主旨の元、コーヒー紅茶スパイスアフリカ布カンガ・キテンゲティンガティンガ・アート雑貨などアフリカ製品の輸入&プロモートをしています。
〜アフリカ製品プロジェクトについては、アフリカフェ@バラカHPをご覧ください〜

アフリカ製品輸入元
株式会社バラカ

公式HP:www.africafe.jp
大阪市中央区谷町9-5-15
中田ビル4F
地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「上本町」駅徒歩2分
TEL:06-6763-1155
FAX:06-6763-1145

◆SHOPショールーム
ティンガティンガ・アートとアフリカ タンザニア製品のすべてを手に取ってご覧頂ける、ギャラリー&直営ショップがOPEN!
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

◆Online Shop
アフリカフェ@バラカのセレクトショップ〜アフリカ雑貨・アフリカ布・ティンガティンガ・コーヒー・紅茶・スパイスを直輸入販売!

◆Wholesale
アフリカフェ@バラカ業務用卸販売〜小売店様・業者様向け〜


Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント

メッセージBOX

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ