アフリカフェ@バラカBlog

タンザニアと日本から、アフリカ情報発信中!
バラカのアフリカングッズとリアルタイムのアフリカ情報で、心ゆったりアフリカンタイムをお楽しみください。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:バラカ
☆づみさん、ジャンボ!
>感染したら進行は止められても、治るわけじゃないこと知っているのかな?
 ↓
そうそう、薬で進行や症状を抑えることはできても、完治はしないんですよね。

きのう12月1日は、エイズデーということで、エイズ感染者や家族、そして、応援している人たちが集まって、エイズ感染予防や差別をなくそうという主旨でのデモ行進と集会を行っていました。
でも、それが、「今日のデモの中に○○もいたよ。あいつもエイズに感染したのかな?」といった好奇な視線からの噂の種になっていたのも事実です。
投稿者:づみ
こんにちは。

日本もエイズのことはわかった人が増えているいるが、予防しようとしている人って少ないと思います
人事のようになってないかな〜って感じます
未だ若い世代で感染者がいることを知っているのかな?
感染したら進行は止められても、治るわけじゃないこと知っているのかな?
って、12月1日になると思います

投稿者:バラカ
☆おやびん、ジャンボ♪
今年もエイズデーに対してのコメントありがとうございます。
>私はバラカさんの記事のおかげでエイズデーを覚えました
 ↓
私が世界エイズデーのことを知ったのも、ティンガティンガアートに関わりだしてから、ここ数年のことです。
お互い住む場所はちがうけれど、こうやって、おやびんと毎年一緒にエイズのこと考えていけたらいいなと思います。

エリザさんのことは、私も今年になって初めてゴドフレイから聞き、絶句でした。
でも、エリザさんの勇気がなかったら、ゴドフレイは、エイズ関連の絵をかくこともなく、私もゴドフレイを取り上げて紹介することもなく、ティンガティンガアートを、楽しく元気の出るアートという角度でしか紹介していなかったと思いますので、エリザさんの命をかけての発言と行動に心から感謝をしています。
投稿者:おやびん
バラカさん、ジャンボ♪

私はバラカさんの記事のおかげでエイズデーを覚えました
本当にありがとうございます!

ゴドフレイさん、中学生の時期に悲しい出来事を目の当たりにしたのですね・・・
本当に言葉もありません・・・

ゴドフレイさんのメッセージ、素晴らしいですね

いつもこうして紹介して下さり、ありがとうございます

http://happy.ap.teacup.com/oyabin/
投稿者:バラカ
☆KYOさん、ジャンボ!
本当にむごい運命だったとしかいいようがないです。

>エリザさんの気持ちや志は、こうしてそちらから見ると裏側にいる私にまで届きましたよ。
 ↓
うれしいです。記事にしてよかったと感じています。KYOさん、ありがとうございます!

中学生の多感な時代に、近所の女性がレイプ事件でエイズに感染して亡くなったというのは、ゴドフレイにとって大きな影響を与えているようです。
ゴドフレイは、ふだん寡黙で、声も小さくて、ぽつりぽつりとしか話さない人なのですが、じっくり向き合っていると、強い意志と深いメッセージ性が伝わってきます。

エリザさんの行動(自らレイプによるエイズ感染を公表した)は、当時のタンザニア社会でとてもセンセーショナルな出来事で、その勇気を評価して彼女の活動を応援する人達と、好奇な偏見の目で見る人たちとに大きく分かれていたそうです。
投稿者:KYO
レイプでエイズをうつされて亡くなるだなんて・・・
言葉が出ません。
でも、それに負けずに生きていったエリザさん、素晴らしいです。
ご本人は亡くなっても、その遺志はちゃんと受け継がれて生きているのですね。

エリザさんの気持ちや志は、こうしてそちらから見ると裏側にいる私にまで届きましたよ。
ゴドフレイさん、そして記事にして知らせてくださったバラカさん、ありがとうございます!

http://brisbane.gday.jp/
投稿者:バラカ
☆shukuさん、ジャンボ!
すっとぼけたあいきょうのあるカバが見つめているというところがいいですよね。
あんたら、何やってんの?っていうカバの声が聞こえてきそうな感じがします。

>動物や植物の方が「生」に対して
>ずっと誠実で一生懸命な気がします。
 ↓
たしかに、動物や植物は、えらそうなことも言わないし、無駄な快楽のために他の動植物を傷つけたりもしない、まっすぐに自分の生を全うしていますね。
投稿者:shuku
バラカさん、ジャンボです♪
ゴドフレイさんのティンガティンガ、
メッセージ性があって、素晴らしいですね。
おろかな人間をカバが見つめている・・
豊かな文明を持っていても争ったり傷つけあったり、
果たして幸せそうに見えるのでしょうか。
動物や植物の方が「生」に対して
ずっと誠実で一生懸命な気がします。

http://wind.ap.teacup.com/shukushuku/
投稿者:バラカ
☆ジュマさん、ジャンボ!
新薬が次々に出て、薬を使えばエイズとある程度共存できるようになってきた頃から、エイズについてのトーンが落ち始めたように思います。
特に日本では、エイズ患者が少ないので、エイズ問題は遠い存在のように聞こえるのかもしれないですね。

啓蒙活動は、地道に継続していくことが一番大切だなあと、ゴドフレイの淡々とした態度を見ていてよく思います。
ゴドフレイが、エイズに倒れたエリザさんの思いをこめて、絵を書き続けているように、私も、ゴドフレイの絵を紹介することで、エイズ問題を皆さんと一緒に考えるていきたいと思います。
投稿者:ジュマ
バラカさんジャンボ!

日本でも過去には「エイズ・エイズ」と騒がれたことがありますが、今は啓蒙活動はあまり目に付かなくなりました。
レッドリボンも車のアクセサリーとして流行したにすぎないのでは・・・・

そしたら、人ごとになってしまうのですよね。

インフルエンザもしかり

世界の一員として何かをしようという風土にはなかなかなれないこの国がお恥ずかしいです。

私もその中の一員であることは否めませんが・・

ゴットフレイさんの想いが多くの人に伝わりますように・・・



http://tabifami.blog40.fc2.com/
1|2345

Welcome!

「アフリカフェ@バラカ」
アフリカフェ」は、タンザニア生まれの極上インスタントコーヒーの製品名、「バラカ」は、スワヒリ語で「祝福」という意味があります。

わたしたち、バラカ・タンザニア
バラカ・ジャパンは、タンザニア製品の輸出で、タンザニア経済発展の一翼を担おうという主旨の元、コーヒー紅茶スパイスアフリカ布カンガ・キテンゲティンガティンガ・アート雑貨などアフリカ製品の輸入&プロモートをしています。
〜アフリカ製品プロジェクトについては、アフリカフェ@バラカHPをご覧ください〜

アフリカ製品輸入元
株式会社バラカ

公式HP:www.africafe.jp
大阪市中央区谷町9-5-15
中田ビル4F
地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「上本町」駅徒歩2分
TEL:06-6763-1155
FAX:06-6763-1145

◆SHOPショールーム
ティンガティンガ・アートとアフリカ タンザニア製品のすべてを手に取ってご覧頂ける、ギャラリー&直営ショップがOPEN!
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

◆Online Shop
アフリカフェ@バラカのセレクトショップ〜アフリカ雑貨・アフリカ布・ティンガティンガ・コーヒー・紅茶・スパイスを直輸入販売!

◆Wholesale
アフリカフェ@バラカ業務用卸販売〜小売店様・業者様向け〜


Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント

メッセージBOX

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ