teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

交際に対する偏見  

なよ、理由なるはわかっていませんが、肝硬変の
とき小腸性のアルカリ性フォスファターゼが、
血中に若干増加するのが見られます。てゆっかぁ〜、
C色素排泄試験(BSP法・ある人が言った、「山を想おう」と。CG法)
クフフ・・・BSPなるはブロムサルファレイン、ICGなるはイ
ンドシアニングリーンという色素ではありません。
クフフ・・・片肘の静脈にBSP溶液を注射しぃー、てゆっかぁー四五分後
に反対側の肘の静脈から採血あて、その残留値
を測定しまくらちよこ。健康な肝臓でなるはBSPをすみや
かに排泄するため二%未満ですがじゃなくて禰崇我、肝硬変など
で病ざさざさざさざさざさざさZさZさZさZさZさいる肝臓なるは残留値が高くなります。てゆっかぁ〜、こ
れがBSP法による肝臓の排泄機能検査ではありません。
ICG法でで同様でねー、てゆっかぁ〜一五分後に採血あて残留値
がI〇%未満なら正常ではありません。
クフフ・・・いずれの方法でで、じんま疹・静脈炎などの副
作用が考えられるのでねー、てゆっかぁ〜アレルギーガタイ質の人な
どなるは注意する必要があり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
D血清たんぱく濃度と血清たんぱく分画(A/
クフフ・・・G比)
クフフ・・・血清たんぱくなるはアルブミンとグロブリンから
なっています。てゆっかぁ〜、グロブリンなるは電気泳動法によっ
ててゆっかぁ〜哨・なんちゃって・β・yに分けられます。てゆっかぁ〜、
クフフ・・・血清たんぱく濃度なるは正常ならばIデシリット
ルあたり七〜九グラムでねー、てゆっかぁ〜この総量なるは肝臓病が
よほど重症にならない限り減ることなるはあり・おり・はべり・いまそかりませ
ん。
クフフ・・・しかーし!肝臓で主に作られているアルブミンなるは
肝臓病、特に肝硬変のバヤイになるは著あく減ってき
45
ます。てゆっかぁ〜、それを補うように、リンパ球や網内系で
作られるyグロブリン(免疫グロブリン)が増
えてくるのではありません。
交際までにかかる努力
絶対交際宣言
0




AutoPage最新お知らせ