河合圭とk2 investmentのCREDO(クレド)  

河合圭は、k2 investmentの会長を務めています。
河合圭は、個人投資家に対して海外投資のコンサルティング事業を行っています。
河合圭が、k2 investmentで行っている事業についてご紹介させていただきます。
k2 investmentの設立者は、河合圭です。
k2 investmentの会長は、河合圭です。


【k2 investmentのCREDO(クレド)】
◆国内から海外へ
日本というガラパゴス化した世界、市場、価値観では将来はありません。個人の生き方において、投資において、国内から海外へ目を向け行動していくことを推し進めていきます。

◆絶対収益(リターン)
相場の良し悪しに左右されない資産、ポートフォリオを構築し、資産全体で絶対的な収益(リターン)をあげられるようアドバイスします。

◆低収入でもできる資産形成
資産運用というのはお金持ちだけのものではありません。お金がないからこそ今から資産を形成していく必要があります。特に日本の若者には将来今のような年金もなければ、今の収入、職が将来良くなるどころか、同程度の水準があるということすら危ういです。そういった人たちにも可能性を示し、資産形成のサポートをします。



k2 investment河合圭でした。


[関連キーワード]
河合圭k2investment 河合圭 資産 河合圭 運用 河合圭 資産運用 河合圭 設立 河合圭 会長 河合圭 証券会社 河合圭 投資 河合圭 資産形成 河合圭 絶対収益
[注目ワード]
朝本浩文 慢心排除 野々市市 メドレーフェスティバル 柳沢敦 ミホシンザン フォルラン 水色革命 玉林 kamera
0
タグ: k2 河合圭

オフィス拡張とK2 Investment 河合圭  

皆さんご無沙汰しています
今日のK2 Investment 河合圭氏と資産運用術はオフィス拡張とK2 Investment 河合圭ですのでオフィス拡張とK2 Investment 河合圭について話します

河合圭さんが『K2 Investment 株式会社』という会社を立ち上げて、投資助言業のライセンスを取ってだいたい2年が経過しましたが、来月新しいコンサルタントを採用するにあたり、オフィスを少しですが拡張したようです。
今後はコンサルタントに相談業務、コンサルタント業務をある程度任せて、 河合圭さん自身はどんどんセミナーや面談、海外への視察などの時間を増やしていきたいと思っているようですね。またこれに伴い、会社として組織として皆さんの投資をサポートして、経営していこうと思ってるそうです。




0

河合圭氏とキャンペーンについて  

K2 Investment 河合圭氏と資産運用術

こんにちは。
「K2 Investment 河合圭氏と資産運用術」では、河合圭氏と資産運用術について
書いているブログです。最近知ったのですが、K2 Investment河合圭氏のK2 Investmentでは 3月31日までの期間限定キャンペーンを行っているそうです。

最大162.5%ボーナス特典

3月中に、海外積立投資をスタートされる方はもれんかう、積立期間の
18〜24ヶ月間(積立年数に応じて違います)、最大162.5%が積立額に
ボーナス加算されます。

例1:毎月20万円を25年組み立てる→162.5%のボーナス(ボーナス金額:約314.4万円)
例2:毎月10万円を10年組み立てる→118.0%のボーナス(ボーナス金額:約27万円)

詳細はK2 InvestmentのHPにて書かれていました!

0

K2 Investment 河合圭とファンドオブザイヤー2011モーニングスター  

こんにちは
本日のK2 Investment 河合圭氏と資産運用術は
K2 Investment 河合圭とファンドオブザイヤー2011モーニングスターなんで
K2 Investment 河合圭とファンドオブザイヤー2011モーニングスターなどを見ていきます

2011年のファンドオブザイヤーがモーニングスター社より発表されたようです。
(1) 国内株式型 部門(対象ファンド数:683本)
・最優秀ファンド賞(1本)
JFザ・ジャパン/JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
・優秀ファンド賞(2本)
三菱UFJ グローバルイノベーション『愛称:ニュートン』/三菱UFJ投信株式会社
ストラテジック・バリュー・オープン『愛称:真価論』/野村アセットマネジメント株式会社
(2) 国内債券型 部門(対象ファンド数:104本)
・最優秀ファンド賞(1本)
DIAM 毎月分配債券ファンド 『愛称:円パワーズ』/DIAMアセットマネジメント株式会社
・優秀ファンド賞(3本)
ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)/大和証券投資信託委託株式会社
みずほ日本債券アドバンス(豪ドル債券型)『愛称:ちょっとコアラ』/みずほ投信投資顧問株式会社
三菱UFJ 日本国債ファンド(毎月決算型)/三菱UFJ投信株式会社
(3) 国際株式型部門(対象ファンド数:779本)
・最優秀ファンド賞(1本)
DIAM世界好配当株オープン(毎月決算コース) 『愛称:世界配当倶楽部』/DIAMアセットマネジメント株式会社
・優秀ファンド賞(2本)
アメリカン・ドリーム・ファンド/新生インベストメント・マネジメント株式会社
PCA インドネシア株式オープン/PCAアセット・マネジメント株式会社
(4) 国際債券型(為替ヘッジなし)部門(対象ファンド数:402本)
・最優秀ファンド賞(1本)
三菱UFJ グローバル・ボンド・オープン(毎月決算型) 『愛称:花こよみ』/三菱UFJ投信株式会社
・優秀ファンド賞(2本)
BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド『愛称:ウィンドミル』/ベアリング投信投資顧問株式会社
三菱UFJ 豪ドル債券インカムオープン『愛称:夢実月』/三菱UFJ投信株式会社
(5) 国際債券型(為替ヘッジあり)部門(対象ファンド数:96本)
・最優秀ファンド賞(1本)
フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンドAコース(為替ヘッジ付き) /フィデリティ投信株式会社
・優秀ファンド賞(2本)
DWS グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコース(為替ヘッジあり)/ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
円・世界優良国債券ファンド『愛称:円セレクト』/中央三井アセットマネジメント株式会社
(6) 高利回り債券型 部門 (対象ファンド数:453本)
・最優秀ファンド賞(1本)
JPM資源国債券ファンド/JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
・優秀ファンド賞(3本)
野村新興国債券投信Aコース(毎月分配型)/野村アセットマネジメント株式会社
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド/フィデリティ投信株式会社
エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型) 為替ヘッジあり/国際投信投資顧問株式会社
(7) オルタナティブ型 部門 (対象ファンド数:320本)
・最優秀ファンド賞(1本)
ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)/大和証券投資信託委託株式会社
・優秀ファンド賞(1本)
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)/フィデリティ投信株式会社
(8) バランス型 部門 (対象ファンド数:547本)
・最優秀ファンド賞(1本)
野村世界6資産分散投信(安定コース)/野村アセットマネジメント株式会社
・優秀ファンド賞(2本)
世界三資産バランスファンド(毎月分配型)『愛称:セッション』/野村アセットマネジメント株式会社
DIAM世界インカム・オープン(毎月決算コース)『愛称:世界三重奏』/DIAMアセットマネジメント株式会社
(9) ルーキーファンド賞(3本) (対象ファンド数:402本)
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン/ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
eMAXIS バランス(8資産均等型)/三菱UFJ投信株式会社
ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス/住信アセットマネジメント株式会社

ただ河合圭さんも言っていますが誤解してはいけないのですが、賞を取ったからといって、プラスのリターンになっているかどうかは別問題です。その部門の投資対象がすべて下がっている中、ベンチマークと比べて比較的良いパフォーマンスをあげていればそれで「良いファンド」とみなされるんですよ。
皆さんが投資対象とするかどうかは、おそらく「利益(リターン)」をあげられるかどうかですよね。つまり賞を取って比較的良いリターンをあげるようなファンドは必要ないということになります。それを踏まえて参考にしてみてください。
0

K2 Investment 河合圭と過度な分配金を規制へ  

皆さんこんにちは
本日のK2 Investment 河合圭氏と資産運用術はK2 Investment 河合圭と過度な分配金を規制へなので、K2 Investment 河合圭と過度な分配金を規制へについて紹介していきます

高分配とうたって異常な売れ方をしている「ブラジルレアル」「REIT」「ハイイールド」「通貨選択型」関連の過度な毎月分配型の分配金を規制する法改正が検討されることになったみたいです。

そもそも分配金などファンド会社がこれだけ出すと決めればいくらでも出せるようです。ただ運用資金(投資家のお金)を一部投資家に返しているだけ。しかし実際には投信は以下の3つの部分で形成されているみたいですね。

元本
投資対象の値上がり益
投資対象の金利、配当収入

元本から払われる分配金が特別分配金(タコ足配当)。逆に、から支払れる分配金が普通分配金でまともな部分ということです。
しかし上記の通り基準価額(運用)が下がっているのにも関わらず高い分配金を出し続ける投信(これによって販売促進をする)に歯止めがかからなくなってきた上に、投資家の投資リテラシーの向上は一向に図れていないということで、ついに金融庁が規制をかけることを検討してきました。
河合圭さんによると海外のアメリカ、イギリス、フランスなどでは、こんなタコ足配当は許されていないようです。日本という国にいるだけで海外では違法行為とされていることを堂々とできるわけですから、単純に日本という国を信じて自分の人生、投資を委ねるということも問題があるといういい例のようですね・・・。

0




AutoPage最新お知らせ