【終戦の詔勅 玉音放送 全文意訳】

2011/8/15 | 投稿者: 渡辺洋之

クリックすると元のサイズで表示します

朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

 抑々(そもそも)帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕(とも)ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々(けんけん)措カサル所曩(さき)ニ米英二国ニ宣戦セル所以(ゆえん)モ亦(また)実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾(しょき)スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固(もと)ヨリ朕カ志ニアラス然(しか)ルニ交戦已(すで)ニ四歳ヲ閲(けみ)シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之(しかのみならず)敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無辜(むこ)ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯(かく)ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子(せきし)ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ

 朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃(たお)レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内(ごだい)為ニ裂ク且(かつ)戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念(しんねん)スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情(ちゅうじょう)モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨(おもむ)ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
 
 朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚(しんい)シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若(も)シ夫(そ)レ情ノ激スル所濫(みだり)ニ事端ヲ滋(しげ)クシ或ハ同胞排擠(はいせい)互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤(あつ)クシ志操ヲ鞏(かた)クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克(よ)ク朕カ意ヲ体セヨ

  御 名 御 璽

  昭和二十年八月十四日
    
  各国務大臣副署


拳々(けんけん):うやうやしく、敬意を持って。
庶幾(しょき):こいねがう事。熱望。
無辜(むこ):罪のない人たち。
赤子(せきし):(天皇を親として)一般の人々。
五内(ごだい):五臓に同じ。心・肝・肺・脾・腎の五つの内臓。
軫念(しんねん):憂い想う事。
衷情(ちゅうじょう):まことの心。
赤誠(せきせい):全く偽らない心。まごごろ。
事端(じたん):物事の始まり。
拝擠(はいせい):押し退けたり、陥れる
志操(しそう):志を変えない事。




終戦の詔勅 意訳

私は深く世界の大勢と日本の現状を考えて特別な方法で

この事態を収拾しようと思い

ここに忠義の気持ちを持った国民に告げます。

私は政府に米英中国ソ連の四国に対して

ポツダム宣言を受諾することを通告させました。

もともと日本国民の安全と世界の安全と世界の共存を

共にすることは、

わが歴代天皇の残した教えで私も大切にしていることです。

アメリカやイギリスと戦争をしたのも

日本の自立とアジアの平和を願うからであり、

もともと他国の主権を犯したり、

領土に新入することは私の気持ちではありません。

開戦以来すでに四年たち、わが陸海軍の将兵が勇ましく戦い、

役人たちが懸命に働き、一億の国民が力を尽くし、

それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、

戦局は必ずしも好転しません。

世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

その上、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、

罪のない人々を殺傷し、その痛ましい被害は計り知れません。

このまま戦争を続ければ我が民族が

滅亡するだけでなく人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば一億の国民を預っている私として

どうやってわが歴代の天皇の霊に謝ることができましょう。

このことが私が政府に対し

共同宣言に応じさせるに至った理由です。

私は日本と共にアジアの開放に協力した国々に

申し訳なく思わずにはいられません。

日本国民で戦地で死んだり、

職場で命を落とした人々と

その遺族のことを思うと悲しみで心が裂ける思いです。

また戦傷を負い災難で家業を失った人々についても

私は大変心配しています。

考えるとこれから日本が受けるであろう苦しみは

大変なものがあると思います。

しかし私は時の運に従って

耐え難きを耐え忍び難きを忍んで

後の世のために平和をもたらしたいと思っているのです。

私は日本の国家を護ることができたので、

忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、

いつも国民と一緒にいます。

感情のままにみだりに事件を起こしたり

国民同士が争って時勢を乱して、

そのために道を誤って世界の信用を失うようなことは

私がもっとも戒めるところです。

国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ

任務は重く道は遠いことを思い、

将来の国の再建に向けて総力をあげ、

道義を厚くして、

志を堅くして日本の優れたところを更に高め、

世界の進歩に送れないよう決意すべきです。

君たち国民よ、

私の気持ちを汲んで身をもって行いなさい。






クリックすると元のサイズで表示します
安岡正篤先生 刪修筆跡(けずって修正した筆の跡)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




◇   ◇   ◇

私も師のお側にあって45、6年になるが、自分にその学問を語る資格はない。

ここでは、人口に膾炙されている終戦の詔勅刪修について

正確に記しておきたいと思う。

毎年8月15日、終戦の日が近づくと、マスコミはその秘話を語ってほしいと、

先生に面会を求めて止まなかった。そのつど先生は決まって、

「“綸言りんげん・汗の如し”という。詔勅は、陛下のお言葉で絶対のものである。

これがひとたび渙発されたなら、

その起草にどういうことがあったかなど当事者が語ってはならない」

といって決して語ろうとはされなかった。

その先生が、この詔勅には多少の誤伝があり、私が刪修したと語られるなら、

私の学者として後世より問われる悔いも残るので、君たちだけには話しておく」

と、側近の者に一晩しみじみと語られたことがある。

先生はその刪修に当たって、「義命の存する所」と、

「万世の為に太平を開かむと欲す」の二点を挿入されたほか、

陛下の重いお言葉として文章についても手を入れられた。

「義命」については詔勅の中で、陛下が「堪へ難きを堪へ」よ、

とおおせられておられる宸襟を拝察して、

それにふさわしい天子としての重いお言葉がなくてはならない。

そこで「義命」という言葉を選ばれた。

出典は中国の古典である『春秋左氏伝』。

その中の成公八年の条に「信以て義を行い、義以て命を成す」とある。

従って、普通にいわれる大義名分よりもっと厳粛な意味を持っている。

国の命運は義によって造られて行かねばならない。

その義は列国との交誼においても、

国民との治政においても信でなければならない。

その道義の至上命令の示す所によって終戦の道を選ぶのである。

「万世の為に太平を開かむと欲す」も「永遠の平和を確保せむることを期す」

より強く重々しい。

これは宋初の碩学・張横渠の有名な格言

「天地のために心を立て、生民の為に命を立て、

往聖の為に絶学を継ぎ、万世の為に太平を開く」

からそのままとったものである。

いずれにしても先生は、終戦の詔勅の眼目は、

「義命の存する所」と「万世の為に太平を開かむ」

の二つにあると考えられた。

わが国は、何が故に戦いを収めようとしているのか、

その真の意義を明確にしておかなければならない。

従って、内閣書記長官をしていた迫水氏には、

どのような理由や差し障りがあっても、

この二つの眼目は絶対に譲ってはならない、

とくれぐれも念を押されたのだが、閣議の席で、

閣僚から二つとも難しくて国民には分りにくいから

変えてはとの意見が出されたのである。

結局、「義命の存する所」という一番の眼目を、

「時運の趨く所」という最も低俗というより

不思議な言葉に改められてしまった。

これは永久にとりかえしのつかない、

時の内閣の重大な責任といわねばならない。

「時運の趨く所」の意味はいってみれば成り行き任せ。

終戦が成り行き任せで行われたということは、

天皇道の本義に反する。時運はどうあれ、

勝敗を超越して「義命」という両親の至上命令に従うことで、

はじめて権威が立つのである。

戦後、日本は大きく繁栄した。しかしこの繁栄の基礎に、

「信以て義を行い、義以て命を成す」。

義命が存していたならば、物が栄えて心が亡ぶと識者が顰蹙するほど、

人の心は荒廃せずに済んだであろう。


安岡正篤記念館名誉館長・林 繁之


クリックすると元のサイズで表示します
詔勅に最後の筆を入れられた安岡正篤先生


参考にこちらもお読みください。
http://sky.ap.teacup.com/010310461283/425.html


人気ブログランキングへ
投票のボタン
ブログパーツ
18



2013/8/18  12:09

投稿者:渡辺洋之

源 朝臣さん。

コメントありがとうございます。

今後もよろしくおねがいします。

2013/8/18  12:08

投稿者:渡辺洋之

まさみさんへ。

私達の日常というのは、常に

「忍び難きを忍び、耐え難きを耐え」の

連続のような気がします。

何に対してかというと、

外界の自分への作用に対する、

自分自身の「心の動き」に対してです。


安岡先生の本、是非読んでみて下さいね。

:-)

2013/8/16  0:54

投稿者:まさみ

学生時代の歴史の教授に、「歴史は戒めの鏡」と習いました安岡正篤という人物が草案したのだと、今日はじめて知った本を読んだことがある日本の名だたる政治家や起業家たちに、多大な影響を及ぼしてきた相当の人格者と感じているだったら、スゴく意味深なメッセージが書かれているのではないか?何に対して「忍び難きを忍び、耐え難きを耐えようとしたのか…?」今日くらいはジックリ考えてみたいと思うのです…

なし

2013/8/7  3:23

投稿者:源 朝臣

明治南朝傀儡政府の悪行に耐えた昭和天皇が、日本の再起の念をその天皇の超能力で願った言葉であり臣下の我々に向けた教義である。

2012/11/27  22:31

投稿者:渡辺洋之

爺さん

いつもコメントありがとうございます。

開戦から終戦そして今日まで、

いろいろなことが流れていきました。

不思議な流れが、渦巻いて、

思わぬ方向に流れ、

私達、日本人も生きてきました。

これが歴史というものなら、

目に見えぬ力が

そこに働いているような気がします。 

:-)

2012/11/27  21:17

投稿者:爺

自分では到底入っていけない世界を

見せていただきました。

ありがとうございます。爺

2012/8/20  12:32

投稿者:渡辺洋之

まったく、恥かしいことなど、
ありません。(^◇^)

2012/8/19  22:14

投稿者:拍手コメントさん

意訳ありがとうございました。

恥ずかしいのですが、

原文では十分解釈できなかったので助かりました。

2011/8/20  6:39

投稿者:TM

2011/8/17 23:43

何度か聞いたことあったが、

訳を見て感動しました。

天皇は神様・・・・。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ